ノルマ達成に焦って…恐喝まがいに“投げ銭乞い”をするひと

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-12-24 23:33
投稿日:2020-10-30 06:00
 ライブ配信は、まさに魑魅魍魎(ちみもうりょう)がうごめく世界。今日も今日とて、多くのライバーやリスナーは、配信をめぐってアレやコレやの大騒ぎでございます。メンタル心理カウンセラーであり、配信者としての顔も有する並木まきが、“ライブ配信にいるアレなひとびと”を解説するこちらの連載。第5回は「恐喝まがいに投げ銭を要求するひとびと」でございます。

アレな人図鑑5:露骨に“投げ銭乞い”をするひと

課金!課金!課金!(写真:iStock)
課金!課金!課金! (写真:iStock)

 こちらの連載で何度となく申し上げておりますけれども、ライブ配信の世界は「配信と投げ銭の絶妙なバランス」によって成り立っております。さらには、ライバーとして活動するひとびとの中には、個々の切実なる事情によって、指定されたノルマを達成せねばならないひとも数多く存在しております。

 しかし、どんな稼業においても、いいときもあれば悪いときもあるのは常。思うように投げ銭が飛ばず、焦りばかりが強くなっている配信者も少なくないのが現実でございます。

 そんな環境に過度に追い詰められてしまった配信者は、リスナーに対して露骨に投げ銭を求め、暴挙に出ているシーンも散見されます。

「給料日はいつ?早く課金して投げてよ!」「最近、遊びに来るだけで全然投げてくれないけれど、なんで?」「○△さん(別の配信者)には、投げているのを見たよ?なんでウチには投げないの?今すぐ投げてよ」などと、露骨に投げ銭を求める発言を口にするひとも……。

 暇つぶし程度にスマホ画面を開き、顔見知り(正確には、画面越しだけですが)の配信を見て楽しもうと思ったリスナーからすれば、なんともびっくり仰天な展開でございましょう。

 対面で、顔見知りの人を相手に「お金をよこせ」などと口にすれば、品格を疑われるのが世の常。

 しかしながら、配信画面を通じてしまえば、いとも易々とそんな暴言を口にしてしまうひともいるのは、ライブ配信界ならではの“怪”でございましょうか……。

月末になると本性を垣間見せる配信者たち

お金がすべて(写真:iStock)
お金がすべて (写真:iStock)

 多くの配信者は、月ごとの成績を気にしながら毎日コツコツと配信を続けているのが現状でございます。そのため、月末が近づくにつれて、ノルマを達成できていない配信者には焦りの色が見え始めるのも、おなじみの光景でございましょう。

 ここで、自分なりにリスナーを楽しませる企画を考え、なんとかして投げ銭を増やそうと努力を惜しまないひともいる一方で、なんの努力もせずに、訪れたリスナーを相手に恐喝まがいの“投げ銭乞い”をする配信者も存在するわけでございます。

 言うまでもなく「アレなひと」に映りがちなのは後者で、まるでリスナーを「使い捨てのお財布」としか見ていない様子には、唖然を通り越して嘲笑しかないひとも多いでしょう。

 実際、こういった配信者に対しては「手切れ金」よろしく、小銭を投げて去るリスナーもいるわけですが、果たしてこういった活動方針の配信者が、いつまでライブ配信界で生き残れるのか……。

 余計なお世話ながらも、傍観者はヒヤヒヤしながら、一部始終を眺めているのもありがちな光景なのでございます。

おわりに

その言動、親に見られても平気?(写真:iStock)
その言動、親に見られても平気? (写真:iStock)

 ライブ配信は、スマホやタブレットの小さな画面を通じて、配信者の品格が垣間見えるのも醍醐味でございましょう。しかし、顔もまともに存じないリスナーを相手に、露骨にお金をせびる様子を、親御さんや親族、友人たちが見てしまったら……と思うと、同情の念をぬぐえません。

 このように良くも悪くも、その人の本性が垣間見えやすいライブ配信は、知る必要のなかった“人となり“までも配信してくれる、精巧な人間観察ツールなのかもしれません。

並木まき
記事一覧
ライター・エディター
元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)の肩書きを有する。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。
Instagram公式HP

日刊ゲンダイ掲載「あの人は今」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/277865

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


BTSハグキス騒動は日本人犯人説も…弁護士に聞く“推し活セクハラ”境界線
 韓国のアイドルグループBTS(防弾少年団)のJIN(ジン)が開催したイベント「2024 FESTA」に参加した女性ファ...
若いなぁ…語尾に「!」連打が止まらない。青春炸裂の面白いLINE3選
 青春真っ盛りの頃って、大きな夢と希望に溢れていますよね! まさに怖いもの知らず。40代になって若い子からのLINEが届...
接待はキャバクラより断然スナック! “クセつよ”ママが教えるメリット5つ
 スナックといえば、近所の人や馴染みの常連さんだけでワイワイやる飲み屋なイメージですが、実はけっこう接待で使っていただけ...
上司の理不尽なセリフ5選「奢るから飲みに行こう」に発狂しそうなワケ
 上司にイラついている人、集合! 今回は、よくある上司の理不尽なセリフを特集してみました。上司にイライラしている人はあな...
本当にいらない…結婚式「地雷な引き出物」と「喜ばれるギフト」の線引き
 結婚式参列時にもらう引き出物。嬉しいものもある反面、「正直いらない…」と迷惑系もありますよね…。今回はもらっても正直困...
今日は大事な集会にゃん♪ お手入れに余念のない“たまたま”を激写
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
私が“孫”を会わせたくない理由3つと円満解決術 何かあってからでは遅い
 祖父母にとって、孫は目に入れても痛くないほど可愛い存在ですよね。でも、時には親として「どうしても祖父母(実の両親や義両...
青い星「ブルースター」は夏の暑さに強い!ポット苗見つけたら即買いで☆
 ご近所にとても仲良くしてくださっている老夫婦が住んでいます。四六時中仕事で不在のワタクシを見るにみかねて、我が家でじっ...
噂のローソン福袋でYES節約、NOダイエット!発見したら即GETすべし
 ローソンは2024年6月で49周年。49周年のローソン創業祭はお得な企画が盛りだくさんです!  その中でも「ロー...
夫の会社でマウントされモヤモヤ…私が女友達に抱いた違和感の正体とは?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  今回は、先日...
恋のカリギュラ効果? 追えば追うほど逃げる“たまたま”にメロメロ
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
風のない日に思うこと
 風は吹いていないのに草は吹かれた時のままの姿。  強い力に身を任せて生きていると曲がった姿のまま、  戻れ...
【難解女ことば】漢検準2級「嫡嗣」なんて読む?画数は「27」
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
【45歳からの歯科矯正】ワイヤー装着し14カ月、別のワイヤー着けた!?
 昨年4月に歯科矯正(表側のワイヤー矯正)を始め、14カ月が経ちました。「やり始めてしまえば、あっという間ですよ」(主治...
【独自】ホスト嫌いのラッパーが歌舞伎町に喝!「ポンコツどもを俺が鍛える」RYKEY DADDY DIRTYインタ
 東京・八王子に生まれ、中学生の頃から暴走族やギャングといったアウトローの世界を生きてきたラッパー、RYKEY DADD...
【独自】全身タトゥーや元受刑者も⁉️ 歌舞伎町に誕生したラッパーだらけのホストクラブが異次元だった
 なにかと悪評が絶えないホストクラブ業界の聖地、新宿・歌舞伎町に斬新すぎるお店が誕生。人気ラッパーで発信力も持ち、インフ...