コロナ禍で本性発覚?セコい夫たちが妻に請求した生活費事情

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-08-29 06:00
投稿日:2020-08-29 06:00
 コロナ禍に突入し、これまでとは生活スタイルが変化したことによって「生活費」に影響が出ている夫婦も少なくないようです。お金は結婚生活と切っても切れない間柄だけに、ひとたび揉め始めると夫婦間に不穏な空気が流れることも……。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、コロナ禍でセコさが露呈した夫たちの実態をご紹介します。

1:妻が使ったエアコンの電気代を別途請求する夫

それにしても暑すぎる…(写真:iStock)
それにしても暑すぎる… (写真:iStock)

「夫婦ともに3月からテレワークになりました。我が家の生活費は共通口座に毎月決まった額を振り込むスタイルです。それで、エアコンが苦手な私は8月までは扇風機のみで頑張っていたんですけど……。この猛暑で、ついにエアコンデビューをしました(笑)。

 それで、その旨を夫に伝えると『エアコンの電気代を別途払ってね』と言われ、『はぁぁぁぁ⁉︎』って感じです(苦笑)。
 
 私たちは勤務時間中は別々の部屋で過ごしていて、妻が仕事をしている客間のエアコンは夫が自腹で買ったものだから、せめて電気代は自分で払えと言うのが夫の言い分。

 夫はもともと、ノンフライヤーとか低温調理器とか自分が欲しい家電にはお金をかけるタイプ。ですが、私が欲しい食洗機やロボット掃除機とかは買ってくれないんです。これまでは『そういう人なんだな……』と、諦めていたけど……。エアコン代を別途請求してくるセコさには、さすがにうんざり! もちろん払うつもりはありませんけどね!」(43歳・女性)

2:晩酌代を補填しない夫

外で飲んでくれた方がマシだった?(写真:iStock)
外で飲んでくれた方がマシだった? (写真:iStock)

「以前は毎晩のように飲みに行っていた夫も、コロナ禍で家にいる時間が増えました。それで、家にいるので食事も家で食べる機会が増えたのですが、夫からもともと食費として渡されているお金が少なすぎて……。彼が食べる分やお酒代が入っていない額なので、とてもじゃないけれど足りません。

 私は家でお酒を飲まないのですが、夫は毎晩ガンガン晩酌。缶ビール代だってバカにならないのに、私が『足りない』と言っても『そんなわけない。もっと節約してよ』と返ってくるだけ。自炊をしたことがない人なので、食費がどのくらいかかるのか、どんなに説明してもピンとこないみたいで困っています。

 飲み代がかからないんだから、その分を生活費に回してくれればいいのに、夫は趣味の車にお金を注ぎ込んでいますね。だから結局、夫の晩酌代は私の独身時代の貯金を切り崩して補っています。腑に落ちませんし、あまりにも腹が立つので、もう私のお金で補填するのはやめようと決めました!」(36歳・女性)

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


生田緑地ばら苑で「ベルばら」を思う 2021.5.15(土)
 生田緑地ばら苑に行ってきました。雑木林を抜けると春のバラが豪華絢爛に咲き乱れていました。まさに秘密の花園。マスク越しに...
仲良し家族のLINEあるある5選♡ 幸せを感じちゃう面白い内容
 多くの場合、仲良し家族はLINEグループを作っているそう。そんなLINEを覗いてみると、それぞれの家族の独特の世界観を...
カギは後輩にあり!あなたが良い先輩なのかを簡単に知る方法
「自分は先輩としてちゃんとやれているのか」と考えたことはありますか?私は後輩がいる時は常に気になっていたし、考えていまし...
防波堤でほっこり"にゃんたま”君の視線の先には何がある?
 きょうは、お日様で温まった防波堤のコンクリートにぺったりお腹をつけ、ほっこりのにゃんたま君。  お饅頭みたいな平...
“母の日”にもらったカーネーション鉢を長持ちさせる6つの秘訣
 毎年母の日が過ぎて1週間ほど経ったころ、花屋には電話やご来店などでご相談にやってくる方がポツポツいらっしゃいます。「花...
スーパー&コンビニでGet!ご馳走ビール3選 2021.5.11(火)
 ビールが好きです。根っからのビール党です。「ビールはお腹がいっぱいになるから苦手」という意見がわかりません(笑)。むし...
敬遠されがち…思い込みが激しい人の5つの特徴&脱け出す方法
 何気ない人の言葉や行動に傷ついたり、落ち込んだりすることってありますよね。実は、そんな人の中には、思い込みが激しい人も...
やりたいことがわからない…自分の「好き」を見つけるには?
 好きなことで生きていく……なんて言葉がもてはやされる昨今。そんなこと言われても、好きなことなんてわからないよ!という人...
5月10日~5月16日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
フェチ心をくすぐる1枚! "にゃんたま”の毛繕いにドキドキ
 きょうは、毛繕い中に失礼します。視線はにゃんたま様の見事なωに一点集中。  ポロリ(こぼれ落ちる様)やチラリズム...
次に活かせばそれで良し!心をすり減らさない“反省のルール”
 仕事でのミスや人との会話でやらかしたことって、すぐに忘れられますか? 私は何回も反芻してしまい、どんどん凹むタイプです...
「猫の誤飲」疑惑!病院に行くべき?お家でできる確認法は?
 さて、わが家のおてんば猫・虹ちゃんですが、クローゼット閉じ込め以外にも何度も事件や事故を起こしています。  うち...
満月と東京スカイツリーの話 2021.5.9(日)
 4月27日の満月は、ピンクムーン(Pink Moon)でした。  アメリカでは4月の満月を「ピンクムーン」と呼ぶ...
母の日に読み返したい!お母さんの天然すぎて可愛いLINE5選
 連絡ツールとして年代問わず多くの人が使っているLINEアプリは、家族間の連絡にも重宝しますよね。買い物の連絡など、いろ...
真似したい! ストレスフリーな人の5つの特徴&目指す方法
 あなたの周りに、どんな時でも疲れを感じさせないストレスフリーな人はいますか? ストレス社会とも言われる時代ですが、意識...
おいしい晩ごはんが待ってるにゃ♪ 家路を急ぐ“にゃんたま”
 にゃんたま君の住む町は、夕方5時になると町の放送スピーカーからドヴォルザーク作曲「新世界より」第二楽章(邦題は「家路」...