恋愛相談が女友達とのケンカに発展した“痛すぎるLINE3選”

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2020-10-30 11:29
投稿日:2020-10-29 06:00
 上手くいかなくて歯がゆい恋愛を友だちに相談して発散……女性のルーティンワークとも言える行動ですよね。女性の多くは、悩みごとや困りごとを自分ひとりで解決するのではなく、仲のいい友人の意見を聞きたいと思っています。
 しかし、何げない恋愛相談や彼氏の愚痴で、なぜか友人との関係もこじれてしまった経験……ありませんか?

彼氏の愚痴に友人からぐさりとくる一言

「私には同棲をはじめて1年ほど経つ彼氏がいるのですが、生活の中で彼と折り合いがつかないことも多く、ことあるごとに親友に愚痴を言っていました。

 ケンカして仲直りできない時や、彼に嘘をつかれた時……自分では不安を抱えきれず、親友に頼っていたのですが、ある日、親友は私にこんなことを言ってきたんです。

 一番つらい時に頼りたい人だったので、こんなこと言われたらもう頼れないじゃん、と最初すごく悲しくなりました。その後、気まずい雰囲気になってしまい、少しのあいだ連絡できませんでした……結局、親友を失いたくなくて、彼女の前で弱音を言わないようにしました」(31歳・IT関係)

 愚痴の増えるダメ男との恋愛は、友人関係もこじらせがち。友だちも、あなたを苦しませる男性との付き合いは応援しづらいはずです。愚痴を言いたい気持ちは分かりますが、毎回同じ相手に相談してしまうと、相手がしんどくなってしまうかも。

ダメ男との悲恋は友人関係もぶち壊す⁉

「昔からクズキラーと呼ばれていて、モテるけれど女遊びが激しい男性ばかり好きになってしまう私。今好きな人も、会社員だけど、土日はボーイズバーで働いている人です。なかなか彼に振り向いてもらえず、努力が空回りするのが悲しくて、メンタルブレイクして友人に連絡してしまうこともしばしば。

 しかし先日、とうとうある友人にこうブチ切れられました。私は過去にも何度かこういう形で友人と大喧嘩になってしまったことがあります。友だちなのに、なんで私の恋を応援してくれないんだろう」(27歳・デザイナー)

 女性は他人の恋愛相談も、ある程度、自分ごとのような感じで聞きますよね。特に仲のいい友人からの相談ならなおさらです。

 あなたを心配して悲恋を止めようとしてくれる友達の中には、最後は「そうまでして傷ついてもその男が好きなあなたに共感できない」ということを理由に、あなたのことを突き放したくなってしまう人もいます。難しい選択ですが、どちらが悪いわけでもないので、友人関係を取るか、恋愛を取るかを選択せざるを得なくなるのでしょう。

恋愛相談だったはずが…友人から人格否定

「私はもともと恋愛に対して重いタイプ。それは自分でも分かっているのですが、その分、恋愛で悩むことも多いので、定期的に恋愛相談にのってくれる友人は大切です。

 しかし、そういう相談の中で、なぜか友人にひどく傷つけられてしまうことも。私が重いことなんて知っているはずなのに、そこを否定されるというか……。何もこんな言い方しなくてもよくない?と思ってしまいました。友人なら、私の性格は分かってくれているはずなのに、彼氏の方ではなく私の性格がおかしいと友人に言われるのはしんどいです」(28歳・不動産関係)

 恋愛相談の中で自分を否定されてしまった時、友人とケンカになってしまったというパターンもよくあることのようです。悪気があるのかないのかによりますが、恋愛の中で自分の悪いところに気づくのも大事なことだとは思いますが……。

傷ついている時は、自分も冷静になれない

あなた自身に余裕がないのかも(写真:iStock)
あなた自身に余裕がないのかも (写真:iStock)

 友人に恋愛相談をしている時は多くの場合、傷ついたり、悩んで繊細になってしまっている時です。そういう時の友人の一言で、イラッとしてしまう時はあるかもしれません。

 しかし、相談される側の友人にもタイミングというものがあって、話を素直に聞きづらい心情の時もあるはずです。まずは少し時間を置いて、冷静になってみましょう。

 あなたにとって大事な友人なら、あなた自身を振り返ることが必要でしょうし、本当に必要のない人なら、あなたを傷つける友人から距離を取ってみてもいいのかもしれません。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


“たまたま”撮影に丸2日! 透明感抜群の美少年にゃんたま♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 5月16日~5月22日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
妻たちよ、結婚後のめんどくさい親戚付き合いは諦めも肝心!
 大好きな人と結婚できたら「それだけで幸せ!」と、思っていた人も多いでしょう。しかし、結婚後は思いもよらないことが起こり...
イタリアンの有名シェフが“国民的調味料”と恋に落ちた!? 2022.5.14(土)
 黄色いキャップのキミは物心ついたときから、我が家の食卓にあったよねぇ~と親しみが湧く人は多いのではないでしょうか。 ...
「卓越下着術で見惚れました」職場仲間におもしろ誤変換LINE
 仕事でのやりとりにも使われるLINEですが、気軽に送れるぶん、さまざまなおもしろ誤変換が生まれているようです。特に、職...
愛され女に共通の秘訣!「返報性の原理」を巧みに使っている
 みなさんの周りに「あの人愛されてるな~」って感じる人はいませんか? 私はそんな人が羨ましくてたまらないのですが、周りか...
自分大好き「性悪女」の生態 こんなトラブルメーカーに注意
 人付き合いに悩んでいる人の中には、“性悪女”の存在に苦しんでいるケースもあるでしょう。職場にひとりでも性悪女がいると、...
親の負担軽減「おむつサブスク」が神だった 2022.5.12(木)
 この4月から、下の子(1歳5カ月)を保育園に入れて職場復帰をすることになったのですが、上の子の時にはなかった「おむつの...
極レア三毛“たまたま”パワーにあやかろう!穏やかなお顔も◎
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「東京って物価高い」メンタルを削るデパ地下通いの義母LINE
 義母って不思議な存在ですよね。家族とはいえ、ぶっちゃけ「赤の他人」じゃないですか。お互い笑顔で過ごしていても、イマイチ...
水族館の新アイドル「フウセンウオ」に遭遇 2022.5.10(火)
 みなさんは「フウセンウオ」を見たことがありますか? 小さくて丸いカラダのお魚なのですが、最近では水族館の密かなアイドル...
浪費癖をやめたい…脱出法5つ、クレカの持ち方にヒントあり
 金銭感覚は人によってそれぞれで、お金の使い方は大きく違います。計画的に貯蓄を増やしている人がいる反面、節約ができずにな...
あなたは受け恋?追い恋? 5月9日~5月15日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“たまたま”同士がイチャイチャ♡にゃんたま島でBL現場を激写
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「茹でた孫食べた」平和だー!天然ママとの“爆笑”誤変換LINE
 家族同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。実は、毎日何気なく送り合っているLINEの中には、見過ごせない爆笑誤変換...
LINEで嫁姑バトル勃発!「といいますと?」連発攻撃の行方は
 近年、お姑さんと同居する二世帯住宅が増えています。経済的、子育て的にもメリットがあるのは事実ですが、やはり嫁姑バトルが...