恋愛相談が女友達とのケンカに発展した“痛すぎるLINE3選”

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2020-10-30 11:29
投稿日:2020-10-29 06:00
 上手くいかなくて歯がゆい恋愛を友だちに相談して発散……女性のルーティンワークとも言える行動ですよね。女性の多くは、悩みごとや困りごとを自分ひとりで解決するのではなく、仲のいい友人の意見を聞きたいと思っています。
 しかし、何げない恋愛相談や彼氏の愚痴で、なぜか友人との関係もこじれてしまった経験……ありませんか?

彼氏の愚痴に友人からぐさりとくる一言

「私には同棲をはじめて1年ほど経つ彼氏がいるのですが、生活の中で彼と折り合いがつかないことも多く、ことあるごとに親友に愚痴を言っていました。

 ケンカして仲直りできない時や、彼に嘘をつかれた時……自分では不安を抱えきれず、親友に頼っていたのですが、ある日、親友は私にこんなことを言ってきたんです。

 一番つらい時に頼りたい人だったので、こんなこと言われたらもう頼れないじゃん、と最初すごく悲しくなりました。その後、気まずい雰囲気になってしまい、少しのあいだ連絡できませんでした……結局、親友を失いたくなくて、彼女の前で弱音を言わないようにしました」(31歳・IT関係)

 愚痴の増えるダメ男との恋愛は、友人関係もこじらせがち。友だちも、あなたを苦しませる男性との付き合いは応援しづらいはずです。愚痴を言いたい気持ちは分かりますが、毎回同じ相手に相談してしまうと、相手がしんどくなってしまうかも。

ダメ男との悲恋は友人関係もぶち壊す⁉

「昔からクズキラーと呼ばれていて、モテるけれど女遊びが激しい男性ばかり好きになってしまう私。今好きな人も、会社員だけど、土日はボーイズバーで働いている人です。なかなか彼に振り向いてもらえず、努力が空回りするのが悲しくて、メンタルブレイクして友人に連絡してしまうこともしばしば。

 しかし先日、とうとうある友人にこうブチ切れられました。私は過去にも何度かこういう形で友人と大喧嘩になってしまったことがあります。友だちなのに、なんで私の恋を応援してくれないんだろう」(27歳・デザイナー)

 女性は他人の恋愛相談も、ある程度、自分ごとのような感じで聞きますよね。特に仲のいい友人からの相談ならなおさらです。

 あなたを心配して悲恋を止めようとしてくれる友達の中には、最後は「そうまでして傷ついてもその男が好きなあなたに共感できない」ということを理由に、あなたのことを突き放したくなってしまう人もいます。難しい選択ですが、どちらが悪いわけでもないので、友人関係を取るか、恋愛を取るかを選択せざるを得なくなるのでしょう。

恋愛相談だったはずが…友人から人格否定

「私はもともと恋愛に対して重いタイプ。それは自分でも分かっているのですが、その分、恋愛で悩むことも多いので、定期的に恋愛相談にのってくれる友人は大切です。

 しかし、そういう相談の中で、なぜか友人にひどく傷つけられてしまうことも。私が重いことなんて知っているはずなのに、そこを否定されるというか……。何もこんな言い方しなくてもよくない?と思ってしまいました。友人なら、私の性格は分かってくれているはずなのに、彼氏の方ではなく私の性格がおかしいと友人に言われるのはしんどいです」(28歳・不動産関係)

 恋愛相談の中で自分を否定されてしまった時、友人とケンカになってしまったというパターンもよくあることのようです。悪気があるのかないのかによりますが、恋愛の中で自分の悪いところに気づくのも大事なことだとは思いますが……。

傷ついている時は、自分も冷静になれない

あなた自身に余裕がないのかも(写真:iStock)
あなた自身に余裕がないのかも (写真:iStock)

 友人に恋愛相談をしている時は多くの場合、傷ついたり、悩んで繊細になってしまっている時です。そういう時の友人の一言で、イラッとしてしまう時はあるかもしれません。

 しかし、相談される側の友人にもタイミングというものがあって、話を素直に聞きづらい心情の時もあるはずです。まずは少し時間を置いて、冷静になってみましょう。

 あなたにとって大事な友人なら、あなた自身を振り返ることが必要でしょうし、本当に必要のない人なら、あなたを傷つける友人から距離を取ってみてもいいのかもしれません。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


食欲の秋!青空の下でおやつ中の“にゃんたま”後ろ脚にも注目
 きょうは、にゃんたま集合! 食欲の秋がやってきました。  抜けるような青空にシッポを突き上げて、おやつを頬張りま...
小さくても効果絶大!ブルースターは男の子のラッキーカラー
 猫店長「さぶ」率いる我が花屋、さすが店長が猫というだけあって、お子様連れのお客様がとても多いのでございます。  ...
近いのに遠い実家…娘が孫を連れて出戻ってきた時の親の心
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
10月25日~31日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
どれにしようかにゃ♪ 猫じゃらしを吟味する“にゃんたま”君
 たくさんあってどれにじゃれようか目移りしちゃう!  きょうは、風に揺れる天然の「猫じゃらし」で遊びたい放題です。...
角川武蔵野ミュージアムに行ってみた 2021.10.24(日)
 埼玉県所沢市に誕生した「ところざわサクラタウン」は、アニメホテル×ミュージアム×レストラン×多目的ホールなどで構成され...
ママ友のひどいLINE…空気が読めない&常識知らずな内容5選
 保育園や幼稚園の保護者同士でやりとりするママ友LINE。同じクラスのママに誘われて断るわけにもいかず、半ば強制的にグル...
醜すぎる女性同士のバトル! 姑・友人・姉妹のドロドロLINE
 女性同士のケンカって、ドロドロしがちですよね。「本気でぶつかり合えばすっきり解決!」ができる男性に比べて、女性同士のケ...
あなたは大丈夫…? ”不幸中毒”になっていたお客さんの話
 自分のことを「不幸だな」「不運だな」と感じることはありますか?もちろん生活の中でそんなふうに感じる瞬間はあると思います...
断捨離で社会貢献 「古着deワクチン」レポ 2021.10.22(金)
 整理整頓が苦手です。特に洋服。気が付くとクロゼットはいつもパンパン。そのくせ着る服はいつも一緒という残念な事態に。この...
猫は「きもちいい」の天才! 日差しにウットリ“にゃんたま”
 猫は「きもちいい」の天才です。  きょうは柔らかな日差し。ただでさえ気持ちの良い日なのに、にゃんたま君は背中を伸...
「ガーデンシクラメン」攻略法! 間違った園芸方法に決別を
 10月も半ばともなると、あんなに暑かった夏もいつの間にか過ぎ、早くも年末のカウントダウンがはじまった気がいたします。 ...
GU「スタイルヒート」で“ダサ見え”を解決 2021.10.19(火)
 すっかり肌寒くなり、朝晩冷え込んできました。気温が下がってきたら活躍するのは、ヒートテックですよね。急激に気温が下がっ...
シングルマザーになったら突然色眼鏡がかかってしまう不思議
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
10月18日~24日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
男同士の方が楽しいの? 尻尾を絡ませる“にゃんたま”君たち
 美にゃんな三毛猫のお嬢さんと見つめ合うにゃんたま君。  スマートなお尻を見せつけて、自分の魅力をアピールしている...