コロナ禍でも不倫が終わらなかった女の3つのしなかったこと

内藤みか 作家
更新日:2020-10-29 06:00
投稿日:2020-10-29 06:00
 コロナ禍で、驚くほど多くの不倫カップルが会うことができなくなり、そのまま別れに至りました。そんななか、今でも仲が続いているカップルもいます。不倫関係を失わずに済んだ女性たちに共通しているのは、3つのことをあえて「しない」ことでした。

会いたがらない

ひとりでも楽しく過ごせるし(写真:iStock)
ひとりでも楽しく過ごせるし (写真:iStock)

 何人かの不倫を続けている女性たちに共通しているのは、実は「自分からは会いたがらなかった」ことでした。逆に、不倫相手から別れを告げられた女性は、コロナ禍でも「いつになったら時間できるの?」などと会うことを要求していました。会ってくれない男性に対して「私のことなんかもうどうでもよくなっちゃったの?」と責め立てた人もいます。

 不倫が続いた女性は、不倫相手に対してあまり思いつめていませんでした。「これで終わりならもうしょうがない」と現実を冷静に受け止めていたのです。そして「今までバレずに会えてきただけでもラッキーだったし」などとポジティブに考えていたのです。自宅で自粛生活を送る彼の邪魔にならないように連絡もしていませんでした。

 会いたがらない女性、連絡もくれなくなった女性、そういう存在のほうが男性は気になります。「もしかして俺の他に男がいるのかも」などと考え、追いかけたくなってしまうのです。コロナ禍では、不倫相手にあえて「会いたがらない」女性が大勝利をあげたのでした。

外に出かけない

おうちで過ごせばいいじゃん(写真:iStock)
おうちで過ごせばいいじゃん (写真:iStock)

 また、不倫が続いた女性たちは、不倫相手とはできるだけ室内で過ごし、外には出かけないようにしていました。コロナ禍なので気をつけていたというのもありますが、もともと人に見つからないほうがいい関係です。あまり出歩くべきではないと謙虚に考えていたのです。感染リスクを減らすためにも、できるだけ室内で過ごす配慮は必要です。

 けれど、不倫相手から別れを告げられた女性たちは「どこかに連れて行ってほしい」「一緒にお出かけしたい」などとコロナ禍でもワガママを言い続けてしまいました。身を隠すことを拒むのは「私こそが彼の運命の相手なのに、どうして隠れなくてはいけないの?」という反発心もあったのでしょう。

 自分の利益ばかりを求める姿は、自粛が呼びかけられているなか、自己中心的に見えてしまいます。コロナ禍では、不倫相手の安全を最優先にし、控えめな行動をとれる女性ほど、株を上げることができたのです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


恋人未満な関係はもうウンザリ…セフレと本命彼女の違いとは
「セフレと本命の彼女の違いってなんだろう……」  友人のアラサー女子に相談されたのですが、皆さんはどう答えますか? そ...
若林杏樹 2021-12-01 06:00 ラブ
仕事を優先する彼氏の隠れた心理&うまく付き合う5つの方法
 彼氏ができたら休日のたびにデートしたり、まったりとおうちで過ごしたいと考えている女性が多いでしょう。しかし、男性の中に...
恋バナ調査隊 2021-12-01 06:25 ラブ
浮ついた心に刺さる! 彼氏に浮気をやめさせる効果的な言葉
 大好きな彼氏がほかの女性と浮気をしていたら、本当に辛く、傷つきますよね。でも、感情に任せて責めたところで、逆効果になっ...
恋バナ調査隊 2021-11-30 06:00 ラブ
自分のお金は自分だけのもの! 鬼嫁たちの呆れた金銭感覚
 鬼嫁は常に自分のことしか考えず、夫は「自分のために存在している人」でしかない様子。金銭的な面についても、“結婚”という...
並木まき 2021-11-30 06:00 ラブ
思わず胸キュン♡ 彼氏が彼女を「可愛い」と思う瞬間5選!
 世の中の男性たちは、彼女のことを「可愛い」と思う瞬間、愛情がさらに深まっていくそう。そこで今回は、彼氏が彼女を「可愛い...
恋バナ調査隊 2021-11-29 06:00 ラブ
彼女持ちの男性の4つの脈ありサイン&上手なアプローチ方法
 人を好きになる気持ちは、自分でコントロールできるものではありません。たまたま好きな人が彼女持ちだった……なんてこともあ...
恋バナ調査隊 2021-11-29 06:00 ラブ
片思いが辛い…距離を置くべきタイミング&意外なメリット♡
 片思いがなかなか進展しないと「辛い」と感じてしまう人もいるでしょう。また、相手の男性との距離感がわからず、悩んでいる人...
恋バナ調査隊 2021-11-28 06:00 ラブ
女性から誘うのはアリ?男性が喜ぶ夜の誘い方&NG行動♡
 女性から男性に夜のお誘いをするのは、なかなか勇気がいるもの。「断られたらどうしよう」「ドン引きさせるのでは?」と不安に...
恋バナ調査隊 2021-11-28 06:05 ラブ
もし離婚したらこのまま…再婚を迫る浮気相手に辟易する男性
「冷酷と激情のあいだvol.66〜女性編〜」では、夫の浮気が発覚し、別居までは進んだものの、離婚には応じてもらえず苦悩を...
並木まき 2021-11-27 06:00 ラブ
夫は浮気相手と同棲中も…離婚話が進まず苦悩を抱える女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-11-27 06:00 ラブ
男性は女性の涙に弱いとは限らない? 状況で変わる男性心理
 昔から、男性は「女性の涙に弱い」と言われてきました。でも実は、“女性の涙”といっても、状況によって男性が感じる感情は大...
恋バナ調査隊 2021-11-27 06:00 ラブ
“縁がある人”って? 5つの特徴&出会いのタイミング♡
 あなたは今まで、「この人とは、なんだか不思議と縁を感じる……」と思った経験はありますか? そんなふうに“縁”を感じられ...
恋バナ調査隊 2021-11-26 06:00 ラブ
彼女がいる人を略奪愛したその後とは? 続かない理由&対処法
 恋は、いつどんなタイミングではじまるかわからないもの。中には、好きになった人に彼女がいて、図らずも略奪愛という形になっ...
恋バナ調査隊 2021-11-26 06:00 ラブ
感染症対策もバッチリ! 出不精な彼と外で楽しむ冬デート3選
 今年のクリスマスもウイルスに気をつけながら過ごさなくてはならないのかもしれません。感染対策の面倒くささからか「彼がデー...
内藤みか 2021-11-25 06:00 ラブ
タイプ別! 彼氏が落ち込んでいる時の正しいなぐさめ方♡
 彼氏が落ち込んでいる時、あなたはどのように励ましていますか?「私ならこうして欲しい」と思う励まし方をする人や、「男性な...
恋バナ調査隊 2021-11-25 06:00 ラブ
返信率が上がる♡ 彼が思わず返信したくなるLINEの内容5選!
 大好きな彼とLINEを交換したのに、結局盛り上がらずにフェードアウトしてしまった……という人は意外と多いようです。それ...
恋バナ調査隊 2021-11-25 06:00 ラブ