イライラしたらどうすればよい?対処法&避けるべきNG行動

コクハク編集部
更新日:2020-11-10 06:00
投稿日:2020-11-10 06:00
 人間関係や職場環境、家庭内問題など、日常生活の中でイライラしてしまう原因は人それぞれ。上手に感情をコントロールすることができず、悩んでいる人も多いでしょう。そこで今回は、イライラしてしまった時の5つの対処法と、絶対に避けるべきNG行動をご紹介します。自分のイライラと上手に付き合って、ストレスのない充実した日々を送りましょう♪

イライラした時の5つの対処法

お気に入りのお茶を飲んでリラックス(写真:iStock)
お気に入りのお茶を飲んでリラックス (写真:iStock)

 イライラは何の前触れもなく、急に湧き上がってくる感情。このような感情をどう対処したらよいのかわからず、悩んだ経験がある人も多いはず。まずはじめに、イライラしてしまった時の5つの対処法を見ていきましょう。ぜひ、自分にできることから始めてみてくださいね。

1. 自分に合ったリラックス方法を見つける

 忙しい毎日を送っているとどうしても心に余裕がなくなってしまい、些細なことでもイライラしてしまいがち。これを我慢するとストレスが溜まり、さらにイライラが増幅されてしまうこともありますよね。

 ストレスはできるだけ蓄積しないように、「その日のイライラはその日のうち」に解決することが肝心。そのために、お風呂上がりにゆっくりストレッチをしたり、お気に入りのハーブティーを飲んだりと、自分に合ったリラックス方法を見つけましょう。あなたが大好きだと思うことに時間を使うことで、きっとイライラも上手に消化できるはずですよ。

【あわせて読みたい】おうちで楽しくストレス発散!おすすめ気分転換アイデア4つ

2. 人には人、自分には自分のルールがあることを理解する

 自分のルールや価値観というのは、なかなか変えることができないものです。しかし、当たり前ですが、ほかの人は自分と意外と違う意見を持っているもの。このことを忘れてしまうと、つい自分の意見に賛同してもらえなかった時や否定された時に、イライラしてしまうのです。

 大切なのは、相手の意見を尊重して「理解しよう」と思うことです。人と自分の意見は違うと思えるようになれば、自然とイライラしなくなりますよ。

3. 自分がどんな時にイライラするのかを把握する

 自分がどんな時に、何に対してイライラしやすいのかを把握することも、大事な対処法のひとつ。事前にわかれば、上手く回避することもできるでしょう。

 ただし、忙しい時にイライラする原因を追及するとストレスに感じる場合もあるため、時間に余裕のある時にメモなどに書き出してみると良いでしょう。

4. 信頼できる友人に愚痴を聞いてもらう

 イライラは、一人で悩んでいてもなかなか解決できません。どうしてもイライラを解消できない時は、信頼できる友人に愚痴を聞いてもらうのも一案です。

 誰かに対してイライラしている場合は、たとえ解決しないとしても話を聞いてもらえるだけでスッキリするでしょう。

5. 自立神経を整えて自分をコントロールする

 イライラが続くと自律神経に影響して、体の中のさまざまな部分に不調をもたらすと言われています。「イライラは精神的なもの」と考えている人も多いと思いますが、心因性ストレスは長引くと体の不調につながることもあるのです。

 そうならないためにも、規則正しい生活や質の良い睡眠、栄養バランスの良い食生活で、普段から自立神経を整えておくことも、イライラしないポイントでしょう。

イライラした時に絶対に避けるべき4つのNG行動

暴飲暴食はNG!(写真:iStock)
暴飲暴食はNG! (写真:iStock)

「ストレス解消」という言葉を良く耳にしますが、方法を間違えてしまうと逆効果になってしまうこともあります。続いては、イライラした時に絶対に避けるべきNG行動を見ていきましょう。

1. 自分を責める

 イライラしていると、「こんなことでイライラしている自分はダメな人間だなぁ……」と自分を責めてしまうことがあります。

 しかし、自分を責めても何も解決しません。かえって精神的に不安定になってしまい、イライラを解消するどころか逆効果に。自分を責めてしまいそうになったら、まずは考えることをやめて気分転換をすることに専念しましょう。

2. 人や物に八つ当たりする

 いくらイライラしたとしても、周囲の人に強い口調で文句を言ったり、物に八つ当たりするのは絶対にやめましょう。

 周囲との関係性も悪くなり、あなた自身の信用度も下がってしまう可能性があるので要注意です。感情が爆発しそうになったら、まずその場から離れ、深呼吸をして冷静になりましょう。

3. 暴飲暴食する

 ストレスが溜まりすぎるとお酒を飲んだり、好きな物を好きなだけ食べたくなってしまいがちですが、結果的に何の解決にもなりません。

 翌日、胃もたれや二日酔いで気分が悪くなってしまうなど、健康面から見ても良くないため、暴飲暴食以外のストレス解消法を見つけておくことが大切です。

4. イライラする原因の人と話し合いをする

 物事に対しての考え方は人それぞれ。ルールや価値観があるため、残念ながら絶対に共感し合えない人間も存在します。しかし、「話せばわかるかも?」と、無理にイライラの原因を作っている相手と話し合うのはNG。合わない相手とは、ある程度の距離を持って接するのもトラブルを回避するポイントでしょう。

イライラの対処法をマスターしてストレスフリーの毎日を♡

穏やかな毎日を(写真:iStock)
穏やかな毎日を (写真:iStock)

 イライラする気持ちは、思わぬ瞬間に前触れもなくやってきます。イライラすることに悩んだり、自己嫌悪になって自分を責めたりしてしまう人もいると思いますが、解決するためには、自分を責めないことが一番大切。

 忙しい毎日の中、ついイライラしてしまう時もあるかもしれませんが、できることなら笑顔でハッピーに過ごしたいですよね。イライラの対処法をしっかりマスターして、ストレスフリーの充実した毎日を送ってくださいね♡

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


“たまたま”撮影に丸2日! 透明感抜群の美少年にゃんたま♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 5月16日~5月22日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
妻たちよ、結婚後のめんどくさい親戚付き合いは諦めも肝心!
 大好きな人と結婚できたら「それだけで幸せ!」と、思っていた人も多いでしょう。しかし、結婚後は思いもよらないことが起こり...
イタリアンの有名シェフが“国民的調味料”と恋に落ちた!? 2022.5.14(土)
 黄色いキャップのキミは物心ついたときから、我が家の食卓にあったよねぇ~と親しみが湧く人は多いのではないでしょうか。 ...
「卓越下着術で見惚れました」職場仲間におもしろ誤変換LINE
 仕事でのやりとりにも使われるLINEですが、気軽に送れるぶん、さまざまなおもしろ誤変換が生まれているようです。特に、職...
愛され女に共通の秘訣!「返報性の原理」を巧みに使っている
 みなさんの周りに「あの人愛されてるな~」って感じる人はいませんか? 私はそんな人が羨ましくてたまらないのですが、周りか...
自分大好き「性悪女」の生態 こんなトラブルメーカーに注意
 人付き合いに悩んでいる人の中には、“性悪女”の存在に苦しんでいるケースもあるでしょう。職場にひとりでも性悪女がいると、...
親の負担軽減「おむつサブスク」が神だった 2022.5.12(木)
 この4月から、下の子(1歳5カ月)を保育園に入れて職場復帰をすることになったのですが、上の子の時にはなかった「おむつの...
極レア三毛“たまたま”パワーにあやかろう!穏やかなお顔も◎
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「東京って物価高い」メンタルを削るデパ地下通いの義母LINE
 義母って不思議な存在ですよね。家族とはいえ、ぶっちゃけ「赤の他人」じゃないですか。お互い笑顔で過ごしていても、イマイチ...
水族館の新アイドル「フウセンウオ」に遭遇 2022.5.10(火)
 みなさんは「フウセンウオ」を見たことがありますか? 小さくて丸いカラダのお魚なのですが、最近では水族館の密かなアイドル...
浪費癖をやめたい…脱出法5つ、クレカの持ち方にヒントあり
 金銭感覚は人によってそれぞれで、お金の使い方は大きく違います。計画的に貯蓄を増やしている人がいる反面、節約ができずにな...
あなたは受け恋?追い恋? 5月9日~5月15日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“たまたま”同士がイチャイチャ♡にゃんたま島でBL現場を激写
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「茹でた孫食べた」平和だー!天然ママとの“爆笑”誤変換LINE
 家族同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。実は、毎日何気なく送り合っているLINEの中には、見過ごせない爆笑誤変換...
LINEで嫁姑バトル勃発!「といいますと?」連発攻撃の行方は
 近年、お姑さんと同居する二世帯住宅が増えています。経済的、子育て的にもメリットがあるのは事実ですが、やはり嫁姑バトルが...