満月と女性の密接な関係とは? 体や恋愛に与える影響5つ

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-11-30 06:00
投稿日:2020-11-30 06:00
 昔から、満月と女性の体には深い関わりがあると言われてきました。実際に、満月が女性に与える影響は大きく、体調不良になったり、性欲が高まったり、何らかの変化を感じる人も多いようです。そこで今回は、満月が女性の体や恋愛に与える影響や、月のリズムに合わせたおすすめの過ごし方などをご紹介します!

満月と女性の関係とは?

はっきりと解明されていないけど(写真:iStock)
はっきりと解明されていないけど (写真:iStock)

 女性には生理周期があり、その平均周期は「28日前後」と言われています。実は、月の満ち欠けにも周期があり、それは生理周期とほとんど同じ「29.5日」。そのため、古くから、月の満ち欠けは女性の体に密接な関係があると考えられてきました。また、「満月の夜には出産が多い」とも、よく言われますよね。

 月と女性の体との関係については諸説あり、未だにはっきりと解明されてはいません。ただ、人の体の60%は水分でできていて、海の満ち引きは月の引力に関係していることから考えても、何らかの影響を受けていると考えるのが自然なのかもしれませんね。

満月が女性の「体」に与える3つの影響

甘いものに手が伸びる(写真:iStock)
甘いものに手が伸びる (写真:iStock)

 続いては、満月が女性の体にどのような影響を与えるのかをチェックしてみましょう!

1. 体がむくみやすくなる

 満月の日は、「膨らむ」や「蓄える」といった方向への影響が高まると言われています。また、月の引力により、体内の水分も上のほうに引き寄せられるとも言われていて、体がむくみがちになるようです。

2. 食べ過ぎてしまう

 満月には、「吸収力が上がる」という説もありました。水分や栄養を溜め込みやすくなる影響で、人の体の細胞も活性化すると言われているようです。そのため、満月の夜には食欲が旺盛になったり、脂肪分や糖分を摂りたくなったりするかもしれません。

3. 眠りにつきにくい

 満月の夜には、眠りにつきにくくなる人も多いと言われています。スイスにあるバーゼル大学の行った研究では、「満月の夜は脳が興奮状態になりやすく、眠りにつきにくくなる」という結果があるそうです。

 また、人類はその昔、明るい満月の夜に狩猟や採集、農業の収穫などを夜通しして過ごしていたため、その歴史の名残という説もありました。

満月が女性の「恋愛」に与える2つの影響

いつもより「したい」気分(写真:iStock)
いつもより「したい」気分 (写真:iStock)

 続いては、満月が女性の恋愛や精神に与える影響をチェックしてみましょう

1. 情緒不安定になる

 満月の夜には、エネルギーが高まると言われています。また、ポジティブな感情だけでなく、恐れや寂しさ、不安などのネガティブな感情も高まるのだそうです。そのため、満月の夜の恋愛には注意が必要かもしれません。

 特に、男性にとって満月の夜は、身体的欲求が大きくなると言われています。寂しい気持ちから、知らない男性に求められるがまま……なんてことにならないように、注意してくださいね。

2. 性欲が高まる

 満月には、性欲が高まるとも言われています。諸説ありますが、一説には満月の夜は「睡眠ホルモン」とも呼ばれるメラトニンの分泌が減って、甲状腺刺激ホルモンの分泌が増えるため、興奮しやすくなったり、性欲が高まったりするのだそうです。心当たりのある人はいるでしょうか? 

新月や満月など「月の満ち欠け」に合ったおすすめの過ごし方

何らかの影響があるのは間違いない?(写真:iStock)
何らかの影響があるのは間違いない? (写真:iStock)

 月が女性の体に与える影響を知るためには、満月も含めた月のリズムの特徴を掴んでおくと過ごしやすくなります。

月のリズムは大きく分けて4つ

 月には、大きく分けて4つのリズムがあります。それは、「新月」「満ちていく期間」「満月」「欠けていく期間」です。特に、満月や新月など、月が完全に満ちたり欠けたりしたタイミングでは、「心身の緊張感や生命力が高まる」と言われています。

 また、月が満ちたり欠けたりする途中の半月・上弦の月、下弦の月などの期間には「心身が緩んだり、生命力が弱まる」そうです。

満ちていく期間の過ごし方

 新月から満月になるまでの「満ちていく期間」には、吸収力が高まります。取り込む力が強くなるので補給、摂取、休養などを意識した過ごし方がおすすめです。読書や勉強をしても良いですし、しっかり体を休める時間にするのも良いですね。

 また、ビタミンやミネラルの吸収力が増すと言われているので、栄養バランスにも注目してみましょう。ただし、太りやすくむくみやすい傾向もある時期なので、食べ過ぎには注意してくださいね。

欠けていく期間の過ごし方

 満月から新月に「欠けていく期間」には、解毒力が高まると言われています。取り込む力が弱くなるので、掃除、発汗、発散、解毒など「排出する行動」を意識して過ごすと良いでしょう。

 大掃除をする期間にしたり、運動して汗をかいてデトックスするのもおすすめですよ。また、食べ過ぎても太りにくい時期なので、ダイエットにも向いているでしょう。

満月カレンダーをチェックして自然のリズムで過ごそう!

 満月と女性の体には、科学的根拠はなくてもなんらかの影響があるということがわかりましたね。巷では、「満月カレンダー」といって、月の満ち欠けが記載されたカレンダーも人気です。ぜひ、月のリズムにも着目しながら、自然な過ごし方をしてみるのも良いですね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
“性欲&食欲”忠実あれ!アラフォーの恋愛こそ食の好みも大事
 大人の恋愛の相性を考える時に大事だとされるのが「体の相性」と「食の好み」です。ただ、多くの女性は「体の相性が合わないの...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
「結婚のメリットがわからない」と彼 意識改革“必勝”術あり〼
 パートナーとの関係は良好で自分は結婚したいけれど、相手に将来のことを聞いてみると「結婚のメリットがわからないから……」...
若林杏樹 2022-05-11 06:00 ラブ
「お金を出さない彼氏」のトリセツ!“ヒモ男”を卒業させる法
 楽しみにしていた彼氏とのデートで、「お金がないから」とケチなデート内容にされたり、割り勘になったりすると、なんとなくも...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
「恋愛と結婚は別」ラブラブが続くとは思ってないけども…!
 若い頃はラブラブな結婚生活が続くと思っていた人が多いでしょう。でも、実際に結婚してみると厳しい現実を知ることになります...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ