満月と女性の密接な関係とは? 体や恋愛に与える影響5つ

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-11-30 06:00
投稿日:2020-11-30 06:00
 昔から、満月と女性の体には深い関わりがあると言われてきました。実際に、満月が女性に与える影響は大きく、体調不良になったり、性欲が高まったり、何らかの変化を感じる人も多いようです。そこで今回は、満月が女性の体や恋愛に与える影響や、月のリズムに合わせたおすすめの過ごし方などをご紹介します!

満月と女性の関係とは?

はっきりと解明されていないけど(写真:iStock)
はっきりと解明されていないけど (写真:iStock)

 女性には生理周期があり、その平均周期は「28日前後」と言われています。実は、月の満ち欠けにも周期があり、それは生理周期とほとんど同じ「29.5日」。そのため、古くから、月の満ち欠けは女性の体に密接な関係があると考えられてきました。また、「満月の夜には出産が多い」とも、よく言われますよね。

 月と女性の体との関係については諸説あり、未だにはっきりと解明されてはいません。ただ、人の体の60%は水分でできていて、海の満ち引きは月の引力に関係していることから考えても、何らかの影響を受けていると考えるのが自然なのかもしれませんね。

満月が女性の「体」に与える3つの影響

甘いものに手が伸びる(写真:iStock)
甘いものに手が伸びる (写真:iStock)

 続いては、満月が女性の体にどのような影響を与えるのかをチェックしてみましょう!

1. 体がむくみやすくなる

 満月の日は、「膨らむ」や「蓄える」といった方向への影響が高まると言われています。また、月の引力により、体内の水分も上のほうに引き寄せられるとも言われていて、体がむくみがちになるようです。

2. 食べ過ぎてしまう

 満月には、「吸収力が上がる」という説もありました。水分や栄養を溜め込みやすくなる影響で、人の体の細胞も活性化すると言われているようです。そのため、満月の夜には食欲が旺盛になったり、脂肪分や糖分を摂りたくなったりするかもしれません。

3. 眠りにつきにくい

 満月の夜には、眠りにつきにくくなる人も多いと言われています。スイスにあるバーゼル大学の行った研究では、「満月の夜は脳が興奮状態になりやすく、眠りにつきにくくなる」という結果があるそうです。

 また、人類はその昔、明るい満月の夜に狩猟や採集、農業の収穫などを夜通しして過ごしていたため、その歴史の名残という説もありました。

満月が女性の「恋愛」に与える2つの影響

いつもより「したい」気分(写真:iStock)
いつもより「したい」気分 (写真:iStock)

 続いては、満月が女性の恋愛や精神に与える影響をチェックしてみましょう

1. 情緒不安定になる

 満月の夜には、エネルギーが高まると言われています。また、ポジティブな感情だけでなく、恐れや寂しさ、不安などのネガティブな感情も高まるのだそうです。そのため、満月の夜の恋愛には注意が必要かもしれません。

 特に、男性にとって満月の夜は、身体的欲求が大きくなると言われています。寂しい気持ちから、知らない男性に求められるがまま……なんてことにならないように、注意してくださいね。

2. 性欲が高まる

 満月には、性欲が高まるとも言われています。諸説ありますが、一説には満月の夜は「睡眠ホルモン」とも呼ばれるメラトニンの分泌が減って、甲状腺刺激ホルモンの分泌が増えるため、興奮しやすくなったり、性欲が高まったりするのだそうです。心当たりのある人はいるでしょうか? 

新月や満月など「月の満ち欠け」に合ったおすすめの過ごし方

何らかの影響があるのは間違いない?(写真:iStock)
何らかの影響があるのは間違いない? (写真:iStock)

 月が女性の体に与える影響を知るためには、満月も含めた月のリズムの特徴を掴んでおくと過ごしやすくなります。

月のリズムは大きく分けて4つ

 月には、大きく分けて4つのリズムがあります。それは、「新月」「満ちていく期間」「満月」「欠けていく期間」です。特に、満月や新月など、月が完全に満ちたり欠けたりしたタイミングでは、「心身の緊張感や生命力が高まる」と言われています。

 また、月が満ちたり欠けたりする途中の半月・上弦の月、下弦の月などの期間には「心身が緩んだり、生命力が弱まる」そうです。

満ちていく期間の過ごし方

 新月から満月になるまでの「満ちていく期間」には、吸収力が高まります。取り込む力が強くなるので補給、摂取、休養などを意識した過ごし方がおすすめです。読書や勉強をしても良いですし、しっかり体を休める時間にするのも良いですね。

 また、ビタミンやミネラルの吸収力が増すと言われているので、栄養バランスにも注目してみましょう。ただし、太りやすくむくみやすい傾向もある時期なので、食べ過ぎには注意してくださいね。

欠けていく期間の過ごし方

 満月から新月に「欠けていく期間」には、解毒力が高まると言われています。取り込む力が弱くなるので、掃除、発汗、発散、解毒など「排出する行動」を意識して過ごすと良いでしょう。

 大掃除をする期間にしたり、運動して汗をかいてデトックスするのもおすすめですよ。また、食べ過ぎても太りにくい時期なので、ダイエットにも向いているでしょう。

満月カレンダーをチェックして自然のリズムで過ごそう!

 満月と女性の体には、科学的根拠はなくてもなんらかの影響があるということがわかりましたね。巷では、「満月カレンダー」といって、月の満ち欠けが記載されたカレンダーも人気です。ぜひ、月のリズムにも着目しながら、自然な過ごし方をしてみるのも良いですね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ
いくら美形でも…付き合いたくないモンスターイケメン体験談
 外見の良さは、人から評価されやすいものです。しかし、あまりに外見でちやほやされすぎると、コミュニケーション能力の欠如し...
ミクニシオリ 2021-06-15 06:00 ラブ
現実と向き合って!夫婦の問題から逃げるパートナーとの末路
 結婚って幸せの入り口だと思っていたのに……結婚生活を重ねるほどに浮上してくる、現実的な問題の数々。もしパートナーがこの...
七味さや 2021-06-14 06:00 ラブ
美魔女はモテる?モテない?年齢に負けずちやほやされるコツ
 少し前に流行った、「美魔女」という言葉をご存知ですか? 一般的な定義としては、“35歳以上の才色兼備の女性”のを指すよ...
恋バナ調査隊 2021-06-14 06:00 ラブ
すぐに実践♡ 男性を虜にする効果抜群の恋愛テクニック8選
 気になる男性ができた時、「誰にでも効果のある恋愛テクニックがあればいいのになぁ」と感じたことはありませんか? 今回は、...
恋バナ調査隊 2021-06-13 06:01 ラブ
もはや誤変換の神! 彼女から届いた笑える可愛いLINE5選♡
 恋人同士の連絡ツールであるLINEには、2人のいろいろな物語が詰まっています。今回はその中でも、愛しい彼女から届いた、...
恋バナ調査隊 2021-06-12 06:00 ラブ
妻一筋で不倫しません! 夫を虜にする妻が持つ“4つの共通点”
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。芸能人の不倫スクープが山ほどクローズアップされ、今や“女遊びは芸の肥やし”と...
山崎世美子 2021-06-12 11:11 ラブ
別居してお互い自由にしているし…離婚に応じない夫の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.42〜女性編〜」では、別居をして何度も離婚の話をするも、夫が合意してくれない女性・Sさんの苦...
並木まき 2021-06-13 22:12 ラブ
冷え切った関係なのに…夫に離婚を認めてもらえない妻の悲嘆
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-12 06:09 ラブ
キスは何回目のデートで?最適なタイミング&男性のサイン♡
 待ちに待った初デート♡「もしかしてキスされるのでは?」と、ドキドキしてしまいますよね。でも、それと同時に何度目のデート...
恋バナ調査隊 2021-06-11 06:05 ラブ
見極めが肝心! 不倫をする男性の7つの特徴&行動パターン
 永遠の愛を誓って結婚したはずが、夫の不倫で人生どん底……そんな目にあいたくないのは皆同じ。でも、リサーチしたところによ...
リタ・トーコ 2021-06-11 10:49 ラブ
フラれるかも…仕事人間の彼に言ってはいけない3つのセリフ
 仕事に没頭する彼。そしてそれを待つ女性。今までもよく見られた光景です。けれど、仕事を頑張る彼にNGワードを投げる女性が...
内藤みか 2021-06-10 06:00 ラブ
夫の二股浮気に愛想が尽き…離婚を決意した40代女性のケース
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-06-10 06:00 ラブ
興味ない男性からのありがちな勘違いアプローチ5選&対処法
 男性から好きになってもらえるのは、嬉しいものですよね。でも、その相手が自分が好意を抱いている男性とは限りません。時には...
恋バナ調査隊 2021-06-09 06:00 ラブ
スメハラは恋人しか気づけない? 100年の恋も冷めるニオイ話
 どんなに顔が好きでも、性格が合っていても。そのすべてを凌駕して恋愛関係を終わらせるものがあります。100年の恋も冷める...
ミクニシオリ 2021-06-08 06:00 ラブ
結婚相談所に初登録!“婚活スイッチ”が入ったまさかの一言
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 09:11 ラブ