男性がドキっとする女性のギャップとは? 作り方4つのコツ♡

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-11-25 06:00
投稿日:2020-11-25 06:00
 恋愛を進展させるためには、「ギャップ」が効果的。コツさえ掴めば誰にでも簡単に身につけられる恋愛テクニックですが、何から始めて良いのかわからず、微妙な行動をとってしまって失敗してしまう人も多いはず。そこで今回は、男性がドキっとする女性のギャップと、作り方のコツをご紹介します。ぜひ、あなたの恋愛テクニックの一つに加えてみてくださいね。

男性が思わずドキっとしてしまう女性のギャップとは

あれ、こんな子だったっけ?(写真:iStock)
あれ、こんな子だったっけ? (写真:iStock)

 ギャップには、好感を感じる「良いギャップ」と、がっかりしてしまう「悪いギャップ」が存在します。今回恋愛で身につけたいのは、もちろん、男性が思わずドキっとしてしまう良いギャップ! 男性は、女性のどんなギャップに魅力を感じるのでしょうか? まずはじめに、男性が女性に好感を持つギャップを詳しく見ていきましょう。

1. しっかりしてそうだと思ったら、天然な一面も

 しっかりしている女性は周囲から頼られることも多く、「ひとりでも生きていけそう」と思われてしまうがちです。そのため、しっかり者の印象が強い女性が「少し抜けている」など、天然な一面を見た時に、男性はドキっとしてしまうそう。

 常に天然系だと一緒にいて疲れてしまいますが、たまに見せるギャップなら男性から好感を持たれますよ。

2. ふんわり系に見えるけど、実はアクティブ系

 ふんわりして可愛らしい雰囲気の女性は、ギャップがなくても「モテ女子」の代表。それに加えて、実はアクティブな一面があったりすると、男性はより魅力的に感じるでしょう。

 たとえば、アウトドアが大好きだったり、4WDの大きな車をすいすい運転していたり、バイクの免許があったり……など。男前な一面に「カッコ良さ」を感じて、好意を持ち始めることもあるようです。

3. 普段はクールなのに、二人の時には甘えてくる

 クールな印象の女性は、どちらかというと近寄りがたいイメージが強いですよね。でも、そんな女性が二人になった途端に甘えてきたら、ほとんどの男性はそのギャップにノックアウトされてしまうことでしょう。

 また、自分にだけ甘える姿を見せてくれることに優越感を感じ、さらに「大事にしよう」という気持ちになるようですよ。

4. 派手系なのに、実は家庭的

 派手なファッションの女性に対し、男性は見た目で「遊んでそう」「家事ができなさそう」というイメージを持つもの。ですが、見た目が派手でも、中身が家庭的な女性だった場合、男性はそのギャップを魅力に感じます。

 男性は、彼女や結婚相手に家庭的な女性を求めていることが多いので、このギャップを上手に使うことができれば、きっとあなたの最大の武器になるでしょう。

5. いつもと全く違うファッションを見た時

 女性はファッションやメイク、ヘアスタイルで印象が大きく変わります。いつもまとめ髪の女性が髪の毛を下ろしたり、スーツが私服に変わったりするだけで、別人のように雰囲気が変わりますよね。

 外見のギャップはチャレンジしやすいので、初心者にもおすすめの方法ですよ。

恋愛に効果的なギャップの作り方♡ 4つのポイント

自分だけが知ってる特別感(写真:iStock)
自分だけが知ってる特別感 (写真:iStock)

 恋愛にどんなギャップが効果的なのかを理解できても、実践に至っていないという人も多いでしょう。続いては、恋愛に効果的なギャップの作り方をご紹介します。ギャップの作り方をしっかりマスターして、恋のアピールに役立ててくださいね。

1. 自分の印象を良く知る

 恋愛に効果的なギャップの作り方の第一歩は、他人から見た自分の印象を良く知ること。自分ではわかりにくい部分でもあるので、親しい友人に聞いてみると良いでしょう。

 周囲があなたに持っている印象と逆のことをしなければ、ギャップとは言えません。まずは、自分の印象を細かくリサーチすることから始めてみましょう。

2. 自分にとって「意外性」のあることを探す

 ギャップとは、良い意味で周囲の期待を裏切ることを言います。そのため、周りから「やっていそう」「得意そう」と思われることではなく、自分にとって「意外性」があることを探す必要があります。

 内面的なものから外見的なものまで、自分に合うギャップを見つけることも大事なポイントです。

3. モテギャップを出すのは二人きりの時に

 気になる男性がいる場合、ギャップを出すのは二人きりの時がより効果的。男性は、自分だけにギャップを見せてくれることに「特別感」を抱くため、好感度がぐっと高まりやすいのです。

 また、見た目のギャップもデートの時が一番効果的なので、二人で会う時はファッションでもギャップを狙いましょう。

4. マイナスのギャップは絶対にNG

 ギャップには好感度をアップする良いギャップと、がっかりされてしまう悪いギャップがあることをお伝えしましたが、恋愛時はマイナスのギャップは見せないように気を付けましょう。

 もし不安がある場合は、ギャップを見てがっかりされてしまう前に、あらかじめ自分のマイナス部分を伝えておくと良いでしょう。

ギャップは恋愛に効果的!作り方を習得してモテ女子を目指そう♡

モテる女子は意外性を持っている(写真:iStock)
モテる女子は意外性を持っている (写真:iStock)

 恋愛に効果的なギャップの作り方を習得するためには、他人からの自分の印象を良く知ることと、自分にとって意外性のあることを見つけることが大事。ギャップは誰でも簡単に作ることができますが、恋愛での効果は絶大です。

 ぜひ、あなたに合ったギャップの作り方で、男性をドキっとさせる魅力的なモテ女子を目指してくださいね♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


積極的だと逆効果? “恋愛やりすぎアプローチ”7選&注意点
 女性から男性にアプローチするのは、とても勇気がいること。本気だからこそ「絶対に彼を振り向かせたい!」と、意気込んでいる...
恋バナ調査隊 2021-06-24 06:00 ラブ
元カレと比べてない?彼氏ができない人の残念な思考パターン
 近ごろ出会った男性とデートをしてもいまいちピンと来ない——。自分の感覚を信じるのはすごくいいことなんですが、歴代彼氏や...
若林杏樹 2021-06-23 06:00 ラブ
デートを断られた…脈ありor脈なしを見極めるポイント&対策
 女性からデートに誘うのは、とても勇気がいること。思い切って誘ったのにも関わらず、あっさりと断られてしまったら、多くの人...
恋バナ調査隊 2021-06-23 06:00 ラブ
嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ
レスの彼との未来はある? 乗り越えるためのおすすめ解消法
 友達同士でもなかなか語り合えない「セックスの頻度」。皆さんはどれくらいでしょうか? パートナーとの夜の営みがない期間が...
若林杏樹 2021-06-16 06:00 ラブ
愛され女子のほっこりLINE♡ 彼氏の仕事の疲れを癒す内容5つ
 仕事が忙しくて、なかなか会えない彼氏……。そんな時には、「なんで会えないの!?」なんて拗ねたLINEよりも、彼氏を癒す...
恋バナ調査隊 2021-06-16 06:00 ラブ