男性がドキっとする女性のギャップとは? 作り方4つのコツ♡

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-11-25 06:00
投稿日:2020-11-25 06:00
 恋愛を進展させるためには、「ギャップ」が効果的。コツさえ掴めば誰にでも簡単に身につけられる恋愛テクニックですが、何から始めて良いのかわからず、微妙な行動をとってしまって失敗してしまう人も多いはず。そこで今回は、男性がドキっとする女性のギャップと、作り方のコツをご紹介します。ぜひ、あなたの恋愛テクニックの一つに加えてみてくださいね。

男性が思わずドキっとしてしまう女性のギャップとは

あれ、こんな子だったっけ?(写真:iStock)
あれ、こんな子だったっけ? (写真:iStock)

 ギャップには、好感を感じる「良いギャップ」と、がっかりしてしまう「悪いギャップ」が存在します。今回恋愛で身につけたいのは、もちろん、男性が思わずドキっとしてしまう良いギャップ! 男性は、女性のどんなギャップに魅力を感じるのでしょうか? まずはじめに、男性が女性に好感を持つギャップを詳しく見ていきましょう。

1. しっかりしてそうだと思ったら、天然な一面も

 しっかりしている女性は周囲から頼られることも多く、「ひとりでも生きていけそう」と思われてしまうがちです。そのため、しっかり者の印象が強い女性が「少し抜けている」など、天然な一面を見た時に、男性はドキっとしてしまうそう。

 常に天然系だと一緒にいて疲れてしまいますが、たまに見せるギャップなら男性から好感を持たれますよ。

2. ふんわり系に見えるけど、実はアクティブ系

 ふんわりして可愛らしい雰囲気の女性は、ギャップがなくても「モテ女子」の代表。それに加えて、実はアクティブな一面があったりすると、男性はより魅力的に感じるでしょう。

 たとえば、アウトドアが大好きだったり、4WDの大きな車をすいすい運転していたり、バイクの免許があったり……など。男前な一面に「カッコ良さ」を感じて、好意を持ち始めることもあるようです。

3. 普段はクールなのに、二人の時には甘えてくる

 クールな印象の女性は、どちらかというと近寄りがたいイメージが強いですよね。でも、そんな女性が二人になった途端に甘えてきたら、ほとんどの男性はそのギャップにノックアウトされてしまうことでしょう。

 また、自分にだけ甘える姿を見せてくれることに優越感を感じ、さらに「大事にしよう」という気持ちになるようですよ。

4. 派手系なのに、実は家庭的

 派手なファッションの女性に対し、男性は見た目で「遊んでそう」「家事ができなさそう」というイメージを持つもの。ですが、見た目が派手でも、中身が家庭的な女性だった場合、男性はそのギャップを魅力に感じます。

 男性は、彼女や結婚相手に家庭的な女性を求めていることが多いので、このギャップを上手に使うことができれば、きっとあなたの最大の武器になるでしょう。

5. いつもと全く違うファッションを見た時

 女性はファッションやメイク、ヘアスタイルで印象が大きく変わります。いつもまとめ髪の女性が髪の毛を下ろしたり、スーツが私服に変わったりするだけで、別人のように雰囲気が変わりますよね。

 外見のギャップはチャレンジしやすいので、初心者にもおすすめの方法ですよ。

恋愛に効果的なギャップの作り方♡ 4つのポイント

自分だけが知ってる特別感(写真:iStock)
自分だけが知ってる特別感 (写真:iStock)

 恋愛にどんなギャップが効果的なのかを理解できても、実践に至っていないという人も多いでしょう。続いては、恋愛に効果的なギャップの作り方をご紹介します。ギャップの作り方をしっかりマスターして、恋のアピールに役立ててくださいね。

1. 自分の印象を良く知る

 恋愛に効果的なギャップの作り方の第一歩は、他人から見た自分の印象を良く知ること。自分ではわかりにくい部分でもあるので、親しい友人に聞いてみると良いでしょう。

 周囲があなたに持っている印象と逆のことをしなければ、ギャップとは言えません。まずは、自分の印象を細かくリサーチすることから始めてみましょう。

2. 自分にとって「意外性」のあることを探す

 ギャップとは、良い意味で周囲の期待を裏切ることを言います。そのため、周りから「やっていそう」「得意そう」と思われることではなく、自分にとって「意外性」があることを探す必要があります。

 内面的なものから外見的なものまで、自分に合うギャップを見つけることも大事なポイントです。

3. モテギャップを出すのは二人きりの時に

 気になる男性がいる場合、ギャップを出すのは二人きりの時がより効果的。男性は、自分だけにギャップを見せてくれることに「特別感」を抱くため、好感度がぐっと高まりやすいのです。

 また、見た目のギャップもデートの時が一番効果的なので、二人で会う時はファッションでもギャップを狙いましょう。

4. マイナスのギャップは絶対にNG

 ギャップには好感度をアップする良いギャップと、がっかりされてしまう悪いギャップがあることをお伝えしましたが、恋愛時はマイナスのギャップは見せないように気を付けましょう。

 もし不安がある場合は、ギャップを見てがっかりされてしまう前に、あらかじめ自分のマイナス部分を伝えておくと良いでしょう。

ギャップは恋愛に効果的!作り方を習得してモテ女子を目指そう♡

モテる女子は意外性を持っている(写真:iStock)
モテる女子は意外性を持っている (写真:iStock)

 恋愛に効果的なギャップの作り方を習得するためには、他人からの自分の印象を良く知ることと、自分にとって意外性のあることを見つけることが大事。ギャップは誰でも簡単に作ることができますが、恋愛での効果は絶大です。

 ぜひ、あなたに合ったギャップの作り方で、男性をドキっとさせる魅力的なモテ女子を目指してくださいね♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


人生最悪の運気かも…そんな時に出会う人には注意すべき理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。身も心もボロボロの時に何かのキッカケで知りあった相手。その出会いで一時的に元...
山崎世美子 2021-01-16 06:00 ラブ
彼氏といちゃいちゃする6つの方法!サインを見逃さないで♡
恋人といちゃいちゃする時間は、とても幸せな時間です。どんなに付き合いが長くなっても、日々のいちゃいちゃタイムがあれば、マ...
恋バナ調査隊 2021-01-16 06:00 ラブ
いまだに関白宣言?九州出身男性の特徴&好きな女性のタイプ
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、九州出身の男性についてご紹介します。九州は、福岡...
彼氏が「キスしたい」と思うのはいつ? 6つの瞬間&サイン
 女性にとって、彼氏からの不意打ちのキスは驚きながらも嬉しいものです。しかし、時には「なぜこのタイミングで?」なんて思う...
恋バナ調査隊 2021-01-15 06:00 ラブ
緊急事態宣言中なのに?マッチングアプリの男性に聞いてみた
 首都圏は再び緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出の自粛が呼びかけられています。そんななかでも、マッチングアプリで知り...
内藤みか 2021-01-14 06:00 ラブ
彼氏の親に結婚の挨拶!女性の印象が決まる9つのポイント♪
 結婚の挨拶は、人生の中でも特に緊張するイベントですよね。どんな服装をしたらいいの? 会話は? 手土産は? と、疑問と不...
恋バナ調査隊 2021-01-14 06:00 ラブ
気を抜いたら…男性がドン引きするデート中の女性の行動とは
 待ちに待ったデート! 当日はお洒落して1%でも可愛い要素をプラスしてカレに会いたいですよね? 私は会う前、ついつい鏡を...
若林杏樹 2021-01-13 06:26 ラブ
恋の始まり!? 女性が思わず“胸キュン”する男性の行動9選
 恋愛対象として意識したことがなかった男性でも、ふとした行動や言葉で、思わず新鮮さを感じて「胸キュン」してしまうことって...
恋バナ調査隊 2021-01-13 06:29 ラブ
出会いはナンパ!他とは比較にならないほどカラダの相性が…
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-12 06:14 ラブ
喧嘩別れするカップルの5つの特徴! 後悔しないためには?
 恋人ができた時、誰も別れることなんて考えないでしょう。しかし、交際を続けていると思いがけないことで喧嘩になり、別れてし...
恋バナ調査隊 2021-01-12 06:00 ラブ
付き合ったらヤバい男性が送るLINEの特徴&見抜く方法
 世の中には、かっこいい顔をしていながらも、浮気男やマザコン、サイコパス男、ストーカーなど、中身がヤバい男性が存在します...
恋バナ調査隊 2021-01-11 06:00 ラブ
友人の“恋愛アドバイス”はどこまで聞く? 困った時の考え方
 アドバイスと言う名のダメ出しを食らったことってありませんか? 正しいことを言われているし、欠点は直すべきなんだろうけど...
七味さや 2021-01-11 06:00 ラブ
尽くされる女性の8つの特徴&彼氏にもっと愛される方法♡
 女性の中には、「男性に尽くす女性」と「男性から尽くされる女性」がいます。尽くし続ける恋愛に疲れてしまう女性もいる一方、...
恋バナ調査隊 2021-01-10 06:00 ラブ
頑張りすぎないで…絶対的に愛される“程よい手抜き”のススメ
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。愛されたい、大事にされたいという思いが強ければ強いほど頑張ってしまうものです...
山崎世美子 2021-01-09 06:00 ラブ
幸せだったのに…わずか結婚1年で妻に出て行かれた夫の困惑
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-01-09 06:00 ラブ
離婚の裏に2つのエピソード…結婚1年で軌道修正した妻の激白
「冷酷と激情のあいだvol.28〜男性編〜」では、わずか結婚1年で、年上妻から離婚された男性・Hさんの困惑をご紹介しまし...
並木まき 2021-01-09 06:06 ラブ