LINEでのデートの誘い方! 成功率を上げる6つのポイント♡

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-10-30 06:00
投稿日:2020-10-30 06:00
 初めて男性をLINEでデートに誘う時って、「断られたらどうしよう」と、すごく緊張しますよね。そんな時には、成功率をアップする6つのコツを試してみてください。誘い方一つで、デートをOKしてもらえる率が大きく変わりますよ♡ また、デートに誘うタイミングや、してはいけないNG LINEも一緒にご紹介します!

成功率を上げる♡ LINEでのデートの誘い方6つのポイント

1. 初デートは「ランチタイム」から

 男性とはいえ、やはりしっかりした関係性ができていない女性に対しては、多少の警戒心があるのもです。そこで、二人きりで会う最初の約束をする時は、ランチタイムに誘うのがおすすめ。夜に誘われるよりも抵抗感を感じにくいため、OKしてもらえる率がアップしますよ!

2. いきなりストレートに「デート」とは伝えない

「デートしない?」と、いきなりストレートに誘ってしまうと、あなたに対する恋愛感情がない場合、断られてしまう可能性が高くなります。そこで、デートに誘う時は「美味しいものを食べに行かない?」「あのお店に行かない?」と、目的をデート以外にすり替えてみましょう。

「美味しいものを食べに行く」という目的なら、男性もOKしやすくなるはずです。

美味しいものを食べに行こ♡(写真:iStock)
美味しいものを食べに行こ♡ (写真:iStock)

3. 「あなたと行きたい」ことを伝える

 彼をデートに誘う時には、「◯◯くんと行きたい」ということをしっかり伝えましょう。そうすることで、相手も「行かなければならない」気持ちになるため、心理的に断りづらくなるそうです。また、単純に「自分と行きたいんだ」と相手からの気持ちを感じられたら、嬉しく思う男性も多いでしょう。

4. 事前に共通の趣味や興味のあることを聞いておく

 デートに誘う時には、まず興味のあることや趣味を調査しておきましょう。たとえば、上記のような共通の話題で盛り上がってから、「ワインが美味しいお店見つけたんだけど、一緒に行かない?」と誘うことで、成功率は格段にアップするはずです。

5. LINEで誘うタイミングは「夜」がベスト

 仕事をしている男性の場合、忙しい日中にLINEすると、あなたとデートをしていることを忙しい時間の中でイメージしてしまうので、「面倒」と感じてしまいやすいそう。

 デートに誘うタイミングに最適なのは、戦闘モードが終わって、まったりしている夜の時間帯。リラックスした環境の中でなら、デートもOKの返事をしてもらいやすくなります。

リラックスしている夜がおススメ(写真:iStock)
リラックスしている夜がおススメ (写真:iStock)

6.行き先のURLを添付して想像してもらう

 食事に行こうとただ誘われるよりも、行き先のURLを添付することでデート中の様子を想像することができます。頭でイメージできた方が警戒心が少なくなるので、誘いにもOKしてくれる率が高まるでしょう。できれば、相手の好みに合わせたお店や行き先をチョイスすると、よりgood♡

ドン引きされるかも…絶対やらない方がいいNGなLINE

 気になる男性といい感じになっていたのに、急に恋愛対象外の雰囲気を出されてしまうことってありますよね。そんな「対象外」に格下げになってしまうかもしれない、NGなLINEをご紹介します。

1. 関係性ができていないのに誘わない

 逆の立場で考えてみた時、まだ数回LINEを交換しただけの男性にデートに誘われたら警戒しませんか? それは、男性も同じです。まずは、普段のLINEのやりとりで二人の関係性をしっかり作っておきましょう。

2. 断った理由をしつこく聞かない

 デートに誘ったのに断られてしまった場合、絶対にしてはいけないのが「理由をしつこく聞くこと」です。大抵の場合は「仕事が入っていて……」など、理由を言ってくれるはずですが、その理由を深く追求しようとすると「面倒な女性」だと思われてしまうのがオチです。この場合には、空気を読んで潔く諦めて次の機会を狙いましょう!

3. しつこく誘わない

 デートに断られても、決して諦める必要はありません。ただし、次に誘うのは期間を置いてからにするのが鉄則。断られてすぐに次のデートの誘いを繰り返していると、「しつこい」「ストーカーみたい」と印象はダウンしてしまいます。程よい距離感が大切ですよ。

LINEでの誘い方にはコツがある!上手に誘ってデートを楽しんで♡

素敵なデートになりますように(写真:iStock)
素敵なデートになりますように (写真:iStock)

 コミュニケーションには欠かせないLINE。コツを意識するだけで、デートの誘いにOKしてもらえる率がぐんとアップしますよ。ぜひ、気になる男性を上手に誘って、幸せな初デートの約束をしてくださいね♡

ラブ 新着一覧


“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
“性欲&食欲”忠実あれ!アラフォーの恋愛こそ食の好みも大事
 大人の恋愛の相性を考える時に大事だとされるのが「体の相性」と「食の好み」です。ただ、多くの女性は「体の相性が合わないの...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
「結婚のメリットがわからない」と彼 意識改革“必勝”術あり〼
 パートナーとの関係は良好で自分は結婚したいけれど、相手に将来のことを聞いてみると「結婚のメリットがわからないから……」...
若林杏樹 2022-05-11 06:00 ラブ
「お金を出さない彼氏」のトリセツ!“ヒモ男”を卒業させる法
 楽しみにしていた彼氏とのデートで、「お金がないから」とケチなデート内容にされたり、割り勘になったりすると、なんとなくも...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
「恋愛と結婚は別」ラブラブが続くとは思ってないけども…!
 若い頃はラブラブな結婚生活が続くと思っていた人が多いでしょう。でも、実際に結婚してみると厳しい現実を知ることになります...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
男にモテる「大人女性」を考察 愛されたいなら流行追うな!
 精神的に大人な女性には、男性の心をわしづかみにする魅力がありますよね。でも、ただ年齢を重ねただけでは、「男性に好かれる...
恋バナ調査隊 2022-05-10 06:00 ラブ
シングルマザーへの助成金に根強い偏見…でも優しい人もいる
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...