白石麻衣卒業 いじめ・不遇乗り越えた乃木坂46隆盛の立役者

こじらぶ ライター
更新日:2020-10-31 09:21
投稿日:2020-10-31 06:00

乃木坂46卒業 正統派ド美人白石麻衣の軌跡

学生時代のいじめやデビュー初期の不遇を乗り越えアイドルの頂点を極めた白石。その軌跡を辿る/(C)日刊ゲンダイ
学生時代のいじめやデビュー初期の不遇を乗り越えアイドルの頂点を極めた白石。その軌跡を辿る /(C)日刊ゲンダイ

 今月28日、乃木坂46・白石麻衣(28)の卒業ライブ「NOGIZAKA46 Mai Shiraishi Graduation Concert~Always beside you~」が無観客配信で開催された。白石はグループ結成から9年のアイドル生活に終止符を打った。彼女が残した偉業は燦然と輝くものだが、その道のりは順風満帆というわけではなかった。そんな彼女の軌跡を振り返りたい。

 11年8月、当時隆盛を誇っていたAKB48の公式ライバルとして乃木坂46はお披露目の日を迎えた。約4万人の応募者の中から選ばれた精鋭たちの中でも、ひときわ目立つ正統派ド美人としてアイドルファンの間で話題になったのが白石だった。

 のちに彼女は乃木坂46ドキュメンタリー映画や自身の写真集で、中学時代に先輩や同級生からいじめに遭い不登校になった過去を打ち明けている。そんな辛い境遇も家族や周囲の支えで乗り切った。その経験からか、彼女は常に感謝を忘れずグループや後輩を支える人間であり続けた。

 公式ライバルとしてのデビューは多くの注目を集めた一方で、アンチから叩きの対象にもなった。デビュー時16歳だった生駒里奈(24)が1年超の間にリリースされた5枚のシングルで初代センターとして闘う中、年長組の白石はセンターのすぐ後ろの2列目で主力として彼女を支えた。

発足当初の握手会から「100%全力」対応

デビュー前から完成され過ぎた美貌だった白石。6thシングルで満を持してセンターに/白石麻衣公式ブログ(2011年11月29日付)より
デビュー前から完成され過ぎた美貌だった白石。6thシングルで満を持してセンターに /白石麻衣公式ブログ(2011年11月29日付)より

 まだグループが軌道に乗る前は握手会場も人はまばらだった。それでも白石はめげることなく、100%全力の対応をし続けた。腰が低く、はちきれんばかりの笑顔で「ありがとうございます!」と顔を近づけ手を握りながらブンブン振る。女である筆者含め、それをやられて虜になったファンも多かった。

 白石のそんな姿勢はAKB48ファン界隈にも響き渡っていた。――あれだけのド美人が、必死の全力神対応をしているらしい。多くの新規ファンを引き寄せた白石はグループNo.1の握手人気を勝ち取っていた。そして6枚目シングル「ガールズルール」でついに初センターに選ばれる。新しく乃木坂46の顔となった白石。この変革もあってCDセールスも伸びグループは勢いを加速させた。

新エースの西野七瀬を横で支え続けた

初期はやや距離があったWエース白石と西野もお互いを支え合う盟友に/白石麻衣公式ブログ(2019年1月10日付)より
初期はやや距離があったWエース白石と西野もお互いを支え合う盟友に /白石麻衣公式ブログ(2019年1月10日付)より

 ところがその直後、7枚目シングルでは大人の思惑もあり、まだ研究生で加入したての2期生・堀未央奈(24)が突如センターになった。しかし白石はグループのために右も左も分からなかった後輩センターを隣で支えた。

 8枚目シングルはライバルでもあり、戦友ともなる西野七瀬(26、18年卒業)がセンターを務めた。デビュー以来3列目が多かった西野も、その頃には懸命な握手対応で白石を上回る握手券の完売実績を残していた。以降は西野が連続センターを務めるなど、乃木坂46の顔は彼女という空気になった。

 グループ冠番組内ではメンバーが西野を「王将(王様)」と例え、白石はそれを守る「金」に例えられた。それでも白石は腐ることなく、新エースをまた横で支え続けたのだ。

 その後も、生田絵梨花(23)や齋藤飛鳥(22)など1期年少メンバーなどがセンターに抜擢される中でも、白石は常に彼女たちに近いポジションでグループ人気の加速に貢献し続けた。

 初の東京ドームライブも達成した17年、西野とWセンターを務める「インフルエンサー」で念願の日本レコード大賞(以下、レコ大)に輝いた。発表時には盟友の西野と共に泣いて喜んだ。同賞を争ったAKB48の目の前での受賞で、ついにアイドルの覇権が乃木坂46に移った瞬間でもあった。

エンタメ 新着一覧


椎名桔平&山寺宏一 50代2人の熱愛が比較されてしまうナゼ
「何とも言えないタイミングでの、熱愛発覚となってしまいましたよね」と苦笑いするのは、スポーツ紙芸能担当デスク。俳優の椎名...
2021-06-23 17:03 エンタメ
岡田健史ここまで覚悟!事務所独立問題は“改名騒動”に発展
 俳優・岡田健史(22)の事務所独立騒動が泥沼化するなか、岡田が新たなアクションを起こしていることがわかった。  岡田...
2021-06-23 17:03 エンタメ
堀ちえみさんを159回中傷 きっかけはスチュワーデス物語?
「私はドジでのろまな亀です」「教官!」「やるっきゃない」――。数々の名ゼリフが飛び出し、平均視聴率は約20%、最高視聴率...
2021-06-23 17:03 エンタメ
Koki,を襲う…本当にあった「撮影現場ホラーエピソード」
 木村拓哉(48)と工藤静香(51)の次女でモデルのKoki,(18)が、映画初出演&初主演でスクリーンデビューする。K...
2021-06-23 17:03 エンタメ
「シェフは名探偵」新鮮な“ヒューマン・グルメミステリー”
【テレビ 見るべきものは!!】  西島秀俊主演「シェフは名探偵」(テレビ東京系)が始まった。料理する西島といえば、「き...
2021-06-23 17:03 エンタメ
駒沢公園で山口洋子の車椅子を押す野口修…晩年の老老介護
【芸能界と格闘技界 その深淵】#15  拙著「沢村忠に真空を飛ばせた男/昭和のプロモーター・野口修評伝」(新潮社)の著...
2021-06-23 17:03 エンタメ
おいでやす小田 奇跡のブレーク引き寄せた強運と糟糠の妻
 昨年末の「M-1グランプリ2020」で準優勝したピン芸人のおいでやす小田(42)とこがけん(42)のユニット「おいでや...
2021-06-23 17:03 エンタメ
松本人志「視聴率ツイート」でテレビ業界再編の可能性も?
 ダウンタウンの松本人志(57)が「視聴率」に一石を投じた。  発端は6月12日に放送された「キングオブコントの会」(...
2021-06-23 17:03 エンタメ
原田龍二の新たな商品価値 不倫謝罪会見の危機管理が結実
 俳優の原田龍二(50)と妻の愛さん(48)が18日、都内で、大麦若葉の新CM発表会見に登場した。  会場は、2年前に...
2021-06-22 17:03 エンタメ
Koki, 女優デビューはホラー映画 静香ママ“さすが”の慧眼
「さすが工藤静香ママとしか言いようがない」とスポーツ紙芸能担当デスクはうなっていた。  工藤と木村拓哉の次女Koki,...
2021-06-22 17:03 エンタメ
キムタク海外ドラマ進出も喜べない裏事情 よぎる山Pの失敗
 木村拓哉(48)の海外ドラマ「THE SWARM」(来年世界同時放送、配信予定)への出演が発表された。国内では日本テレ...
2021-06-22 17:03 エンタメ
下戸の野口修が山口洋子の「姫」に足しげく通った理由
【芸能界と格闘技界 その深淵】#14  野口修はこのとき34歳、働き盛りの敏腕プロモーターである。日大芸術学部卒、剛柔...
2021-06-22 17:03 エンタメ
「孤独のグルメ」超人気を支える主演・松重豊の人柄と気合
7月から「Season9」スタート  金曜の深夜にあの禁断のドラマが戻ってくる。俳優・松重豊(58)が主演の人気グルメ...
2021-06-22 17:03 エンタメ
復興ふるさと大使の岩手県山田町で聖火リレーしてきました
【山田邦子 人生いろいろ】#58  岩手県山田町で聖火リレーしてきました。コロナ禍の中、賛否両論あるけれど結論はやって...
2021-06-22 17:03 エンタメ
仲里依紗YouTubeで別格の存在感!つい真似したくなるワケ
「仲さんの『ヤッホー、皆さんこんにちはぁ』という、あの身振り手振り付きの最初の挨拶、自分の動画でも、つい真似したくなっち...
2021-06-22 17:03 エンタメ
山中秀樹さんの泥酔事件 夜のニュースでろれつが回らず…
【今だから語れる涙と笑いの酒人生】  山中秀樹さん(フリーアナウンサー/62歳)  元フジテレビのアナウンサーで現在...
2021-06-21 17:03 エンタメ