白石麻衣卒業 いじめ・不遇乗り越えた乃木坂46隆盛の立役者

こじらぶ ライター
更新日:2020-10-31 09:21
投稿日:2020-10-31 06:00

乃木坂46卒業 正統派ド美人白石麻衣の軌跡

学生時代のいじめやデビュー初期の不遇を乗り越えアイドルの頂点を極めた白石。その軌跡を辿る/(C)日刊ゲンダイ
学生時代のいじめやデビュー初期の不遇を乗り越えアイドルの頂点を極めた白石。その軌跡を辿る /(C)日刊ゲンダイ

 今月28日、乃木坂46・白石麻衣(28)の卒業ライブ「NOGIZAKA46 Mai Shiraishi Graduation Concert~Always beside you~」が無観客配信で開催された。白石はグループ結成から9年のアイドル生活に終止符を打った。彼女が残した偉業は燦然と輝くものだが、その道のりは順風満帆というわけではなかった。そんな彼女の軌跡を振り返りたい。

 11年8月、当時隆盛を誇っていたAKB48の公式ライバルとして乃木坂46はお披露目の日を迎えた。約4万人の応募者の中から選ばれた精鋭たちの中でも、ひときわ目立つ正統派ド美人としてアイドルファンの間で話題になったのが白石だった。

 のちに彼女は乃木坂46ドキュメンタリー映画や自身の写真集で、中学時代に先輩や同級生からいじめに遭い不登校になった過去を打ち明けている。そんな辛い境遇も家族や周囲の支えで乗り切った。その経験からか、彼女は常に感謝を忘れずグループや後輩を支える人間であり続けた。

 公式ライバルとしてのデビューは多くの注目を集めた一方で、アンチから叩きの対象にもなった。デビュー時16歳だった生駒里奈(24)が1年超の間にリリースされた5枚のシングルで初代センターとして闘う中、年長組の白石はセンターのすぐ後ろの2列目で主力として彼女を支えた。

発足当初の握手会から「100%全力」対応

デビュー前から完成され過ぎた美貌だった白石。6thシングルで満を持してセンターに/白石麻衣公式ブログ(2011年11月29日付)より
デビュー前から完成され過ぎた美貌だった白石。6thシングルで満を持してセンターに /白石麻衣公式ブログ(2011年11月29日付)より

 まだグループが軌道に乗る前は握手会場も人はまばらだった。それでも白石はめげることなく、100%全力の対応をし続けた。腰が低く、はちきれんばかりの笑顔で「ありがとうございます!」と顔を近づけ手を握りながらブンブン振る。女である筆者含め、それをやられて虜になったファンも多かった。

 白石のそんな姿勢はAKB48ファン界隈にも響き渡っていた。――あれだけのド美人が、必死の全力神対応をしているらしい。多くの新規ファンを引き寄せた白石はグループNo.1の握手人気を勝ち取っていた。そして6枚目シングル「ガールズルール」でついに初センターに選ばれる。新しく乃木坂46の顔となった白石。この変革もあってCDセールスも伸びグループは勢いを加速させた。

新エースの西野七瀬を横で支え続けた

初期はやや距離があったWエース白石と西野もお互いを支え合う盟友に/白石麻衣公式ブログ(2019年1月10日付)より
初期はやや距離があったWエース白石と西野もお互いを支え合う盟友に /白石麻衣公式ブログ(2019年1月10日付)より

 ところがその直後、7枚目シングルでは大人の思惑もあり、まだ研究生で加入したての2期生・堀未央奈(24)が突如センターになった。しかし白石はグループのために右も左も分からなかった後輩センターを隣で支えた。

 8枚目シングルはライバルでもあり、戦友ともなる西野七瀬(26、18年卒業)がセンターを務めた。デビュー以来3列目が多かった西野も、その頃には懸命な握手対応で白石を上回る握手券の完売実績を残していた。以降は西野が連続センターを務めるなど、乃木坂46の顔は彼女という空気になった。

 グループ冠番組内ではメンバーが西野を「王将(王様)」と例え、白石はそれを守る「金」に例えられた。それでも白石は腐ることなく、新エースをまた横で支え続けたのだ。

 その後も、生田絵梨花(23)や齋藤飛鳥(22)など1期年少メンバーなどがセンターに抜擢される中でも、白石は常に彼女たちに近いポジションでグループ人気の加速に貢献し続けた。

 初の東京ドームライブも達成した17年、西野とWセンターを務める「インフルエンサー」で念願の日本レコード大賞(以下、レコ大)に輝いた。発表時には盟友の西野と共に泣いて喜んだ。同賞を争ったAKB48の目の前での受賞で、ついにアイドルの覇権が乃木坂46に移った瞬間でもあった。

エンタメ 新着一覧


松原みき「真夜中のドア」突如世界で大ヒットの意外な理由
 1979年にリリースされた松原みきのデビュー曲「真夜中のドア/stay with me」が、サブスクリプション(定額聴...
2020-11-26 17:03 エンタメ
ジャニーズ大みそかネット重視の戦略と商魂 紅白眼中なし
 ことしの大みそかは紅白歌合戦の紅白対決ではなく、NHK対ジャニーズの構図が浮き彫りになってきた。年内いっぱいで活動を休...
2020-11-26 17:03 エンタメ
チャンバラトリオ山根伸介 巨人負けならラジオをゴミ箱に
【お笑い界 偉人・奇人・変人伝】#26  山根伸介(チャンバラトリオ)  ◇  ◇  ◇  チャンバラトリオのメン...
2020-11-26 17:03 エンタメ
時代と社会の歪みの中で不幸にも交差してしまった2人…
【ラサール石井 東憤西笑】#33  なんとも痛ましい事件である。  ホームレスの老人女性が、渋谷区のバス停で殴り殺さ...
2020-11-26 17:03 エンタメ
バービーに高い支持 女芸人“脱ブス”に「いじり」の難しさ
 女性芸人の“脱ブス”路線に拍車がかかっている。代表格はフォーリンラブのバービー(36)。女性としての生きにくさや、性の...
2020-11-26 17:03 エンタメ
マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ
 まさに身から出たさび。ジャニーズ事務所の“長男”として我が世の春を謳歌してきた近藤真彦(56)が絶体絶命の危機にひんし...
2020-11-25 17:03 エンタメ
“オタ”宇垣美里が独自の結婚観を熱弁 気になるお相手は?
 フリーアナウンサーの宇垣美里(29)が、自身の美容とライフスタイルについてつづった「宇垣美里のコスメ愛 BEAUTY ...
2020-11-25 17:03 エンタメ
柴咲コウに拍手 主演「35歳の少女」で“素の10歳”も見せる
【テレビ 見るべきものは!!】  柴咲コウ主演「35歳の少女」は奇抜な設定のドラマだ。25年前、事故で昏睡状態に陥った...
2020-11-25 17:03 エンタメ
桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け
 大晦日に放送される「第71回NHK紅白歌合戦」で4度目の総合司会を務める内村光良(56)とともに俄然、脚光を浴びている...
2020-11-25 17:03 エンタメ
松坂慶子の父は最後まで結婚反対し孫を見ることもなく他界
【芸能記者稼業 血風録】  両親の後押しで児童劇団に入り、女優を目指していた松坂慶子。高校卒業後、大映専属に。1980...
2020-11-25 17:03 エンタメ
村本大輔さん 大切なのは「出会い」その瞬間から僕は動く
【その日その瞬間】  2013年に「THE MANZAI」で優勝、テレビ番組などでの発言が話題のウーマンラッシュアワー...
2020-11-25 17:03 エンタメ
宮迫博之&中田敦彦が超豪華YouTube番組で人気復活か
 雨上がり決死隊の宮迫博之(50)とオリエンタルラジオの中田敦彦(38)によるYouTube番組「Win Win Wii...
2020-11-25 17:03 エンタメ
ほんこんさん「藤山寛美先生のような人情喜劇をやりたい」
【死ぬまでにやりたいこれだけのこと】  ほんこんさん(タレント・57歳)  板尾創路との漫才コンビ「130R」のツッ...
2020-11-24 17:03 エンタメ
目の前のテーブルで“出待ち”の中島みゆきさんが飲み物を
【ロフト創業者が見たライブハウス50年】#22  晩秋の空が一番美しいと言ったのは誰だったか? 1975年、秋が深まり...
2020-11-24 17:03 エンタメ
山口紗弥加“アプリでイケメン漁り”の可愛い演技がスゴイ!
 有村架純(27)主演「姉ちゃんの恋人」(カンテレ・フジテレビ系)、森七菜(19)主演「この恋あたためますか」(TBS)...
2020-11-24 17:03 エンタメ
鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由
 この数年、年末年始になると恒例のように浮上するのが、女優・鈴木京香(52)の結婚話だ。もちろん、相手はひそかに“10年...
2020-11-25 10:33 エンタメ