白石麻衣卒業 いじめ・不遇乗り越えた乃木坂46隆盛の立役者

こじらぶ ライター
更新日:2020-10-31 09:21
投稿日:2020-10-31 06:00

乃木坂46卒業 正統派ド美人白石麻衣の軌跡

学生時代のいじめやデビュー初期の不遇を乗り越えアイドルの頂点を極めた白石。その軌跡を辿る/(C)日刊ゲンダイ
学生時代のいじめやデビュー初期の不遇を乗り越えアイドルの頂点を極めた白石。その軌跡を辿る /(C)日刊ゲンダイ

 今月28日、乃木坂46・白石麻衣(28)の卒業ライブ「NOGIZAKA46 Mai Shiraishi Graduation Concert~Always beside you~」が無観客配信で開催された。白石はグループ結成から9年のアイドル生活に終止符を打った。彼女が残した偉業は燦然と輝くものだが、その道のりは順風満帆というわけではなかった。そんな彼女の軌跡を振り返りたい。

 11年8月、当時隆盛を誇っていたAKB48の公式ライバルとして乃木坂46はお披露目の日を迎えた。約4万人の応募者の中から選ばれた精鋭たちの中でも、ひときわ目立つ正統派ド美人としてアイドルファンの間で話題になったのが白石だった。

 のちに彼女は乃木坂46ドキュメンタリー映画や自身の写真集で、中学時代に先輩や同級生からいじめに遭い不登校になった過去を打ち明けている。そんな辛い境遇も家族や周囲の支えで乗り切った。その経験からか、彼女は常に感謝を忘れずグループや後輩を支える人間であり続けた。

 公式ライバルとしてのデビューは多くの注目を集めた一方で、アンチから叩きの対象にもなった。デビュー時16歳だった生駒里奈(24)が1年超の間にリリースされた5枚のシングルで初代センターとして闘う中、年長組の白石はセンターのすぐ後ろの2列目で主力として彼女を支えた。

発足当初の握手会から「100%全力」対応

デビュー前から完成され過ぎた美貌だった白石。6thシングルで満を持してセンターに/白石麻衣公式ブログ(2011年11月29日付)より
デビュー前から完成され過ぎた美貌だった白石。6thシングルで満を持してセンターに /白石麻衣公式ブログ(2011年11月29日付)より

 まだグループが軌道に乗る前は握手会場も人はまばらだった。それでも白石はめげることなく、100%全力の対応をし続けた。腰が低く、はちきれんばかりの笑顔で「ありがとうございます!」と顔を近づけ手を握りながらブンブン振る。女である筆者含め、それをやられて虜になったファンも多かった。

 白石のそんな姿勢はAKB48ファン界隈にも響き渡っていた。――あれだけのド美人が、必死の全力神対応をしているらしい。多くの新規ファンを引き寄せた白石はグループNo.1の握手人気を勝ち取っていた。そして6枚目シングル「ガールズルール」でついに初センターに選ばれる。新しく乃木坂46の顔となった白石。この変革もあってCDセールスも伸びグループは勢いを加速させた。

新エースの西野七瀬を横で支え続けた

初期はやや距離があったWエース白石と西野もお互いを支え合う盟友に/白石麻衣公式ブログ(2019年1月10日付)より
初期はやや距離があったWエース白石と西野もお互いを支え合う盟友に /白石麻衣公式ブログ(2019年1月10日付)より

 ところがその直後、7枚目シングルでは大人の思惑もあり、まだ研究生で加入したての2期生・堀未央奈(24)が突如センターになった。しかし白石はグループのために右も左も分からなかった後輩センターを隣で支えた。

 8枚目シングルはライバルでもあり、戦友ともなる西野七瀬(26、18年卒業)がセンターを務めた。デビュー以来3列目が多かった西野も、その頃には懸命な握手対応で白石を上回る握手券の完売実績を残していた。以降は西野が連続センターを務めるなど、乃木坂46の顔は彼女という空気になった。

 グループ冠番組内ではメンバーが西野を「王将(王様)」と例え、白石はそれを守る「金」に例えられた。それでも白石は腐ることなく、新エースをまた横で支え続けたのだ。

 その後も、生田絵梨花(23)や齋藤飛鳥(22)など1期年少メンバーなどがセンターに抜擢される中でも、白石は常に彼女たちに近いポジションでグループ人気の加速に貢献し続けた。

 初の東京ドームライブも達成した17年、西野とWセンターを務める「インフルエンサー」で念願の日本レコード大賞(以下、レコ大)に輝いた。発表時には盟友の西野と共に泣いて喜んだ。同賞を争ったAKB48の目の前での受賞で、ついにアイドルの覇権が乃木坂46に移った瞬間でもあった。

エンタメ 新着一覧


芸能人は猫も杓子も必死に「好感度アップ」狙い…ってどうよ?
【桧山珠美 あれもこれも言わせて】  ここ数週間、やたらと広末涼子を見かける。初エッセー集「ヒロスエの思考地図 しあわ...
2022-05-15 17:03 エンタメ
ネタをやり続けている自信から吉住は芸人としてブレないでいられる
【今週グサッときた名言珍言】 「笑わせたいんですけどね。みんなの笑顔が見たいだけなのに」(吉住/テレビ朝日系「イワクラ...
2022-05-15 17:03 エンタメ
安達祐実“完全別居”の真相は? 元ステージママの有里さんを直撃すると…
 NHKの連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」で、25年ぶりに朝ドラ出演を果たした女優・安達祐実(40)に夫婦危機が取...
2022-05-15 17:03 エンタメ
満島ひかり&多部未華子の女優としての「賞味期限」…キムタクvs二宮“子弟対決”の明暗分ける
 4月期の民放ドラマは、久々に各局とも“エース級”の名前が顔を揃えたと言っていいだろう。なかでもオンエア前から盛り上がり...
2022-05-15 17:03 エンタメ
なぜ皇族はテレビ局の密着取材を受けないのか? 圧倒的に少ない情報発信
【皇室のトリビア】#66  皇室の尊厳を守るには、「開かれた皇室」よりも、むしろ閉じるべきだという説がある。しかし、そ...
2022-05-15 17:03 エンタメ
トレンド入り岡山天音「恋愛モノ」もハマる可愛いキャラで大ブレークの予感
 俳優・岡山天音(27)の名前が5月10日にトレンドワードに。岡山は同日夜10時放送、広瀬アリス(27)主演の連ドラ「恋...
2022-05-15 17:03 エンタメ
みやぞん、中岡が…日テレ看板番組「イッテQ」相次ぐ不祥事でいよいよ崖っぷち
 さすがにもう番組打ち切りか……。日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」でまたまた不祥事が続いている。「ANZEN漫才...
2022-05-16 09:53 エンタメ
神尾楓珠“ワイプ芸”を刮目せよ!「3年A組」出世頭の演技力は
 神尾楓珠が凄いことになっています。水曜22時「ナンバMG5」(フジテレビ系)、金曜23時30分「青野くんに触りたいから...
上島竜兵さんは芸人の“矜持”忘れず…「リアクション芸」の凄みと功績
 ダチョウ倶楽部の上島竜兵さん(享年61)が急逝したことで、芸能界だけでなく日本中から悲しみの声が上がっている。  上...
2022-05-14 17:03 エンタメ
内田有紀が低迷キムタクドラマを救う? 快進撃を支える圧倒的美貌と“事実婚”柏原崇の存在
 木村拓哉(49)初の学園スポーツドラマ「未来への10カウント」(テレビ朝日系)が苦戦している。第4話でついに視聴率が1...
2022-05-14 17:03 エンタメ
渡辺裕之さんと上島竜兵さんの思い出…一生懸命で優しい人だった
【芸能界ぶっちゃけトーク】(城下尊之)  先週、渡辺裕之さん(享年66)が亡くなったと思ったら、今週はダチョウ倶楽部の...
2022-05-14 17:03 エンタメ
在日3世を公言する上方落語家・笑福亭銀瓶さんが明かす「芸の磨き方」
 落語は日本を代表する伝統芸能の一つだが、同じ噺でも噺家によっては全く別の表情を見せ、噺家によってもそれぞれスタイルが違...
2022-05-14 17:03 エンタメ
(5)営業マンになったが成績は最下位…フィンガー5時代のヒット曲を歌うと
【晃が語る「フィンガー5」とその時代】#5  歌手をやめて、きょうだいそれぞれ第二の人生がスタートした。当然、住まいも...
2022-05-14 17:03 エンタメ
上島竜兵さんのキープボトルは今でも…誰からも愛された優しき「飲んべえ伝説」
 ダチョウ倶楽部の上島竜兵さんとお酒は、切っても切れない関係だった。  酒の席で酔っぱらっても、店員や他のお客の迷惑に...
2022-05-14 17:03 エンタメ
いしだ壱成が衝撃の告白!人気絶頂から転落のきっかけ「大麻所持逮捕」は罠だったと
 現在、再起を図ろうとしている俳優のいしだ壱成(47)が、12日配信のABEMA「迷えるとんぼちゃん」に出演。これまでの...
2022-05-14 17:03 エンタメ
平手&長濱“欅坂46両雄”ドラマ界本格復帰記念にプレイバック
 元欅坂46の平手友梨奈(20)が今月10日、22年7月期放送のドラマ「六本木クラス」(テレビ朝日系)に出演することが番...
こじらぶ 2022-05-14 06:00 エンタメ