白石麻衣卒業 いじめ・不遇乗り越えた乃木坂46隆盛の立役者

こじらぶ ライター
更新日:2020-10-31 09:21
投稿日:2020-10-31 06:00

乃木坂46卒業 正統派ド美人白石麻衣の軌跡

学生時代のいじめやデビュー初期の不遇を乗り越えアイドルの頂点を極めた白石。その軌跡を辿る/(C)日刊ゲンダイ
学生時代のいじめやデビュー初期の不遇を乗り越えアイドルの頂点を極めた白石。その軌跡を辿る /(C)日刊ゲンダイ

 今月28日、乃木坂46・白石麻衣(28)の卒業ライブ「NOGIZAKA46 Mai Shiraishi Graduation Concert~Always beside you~」が無観客配信で開催された。白石はグループ結成から9年のアイドル生活に終止符を打った。彼女が残した偉業は燦然と輝くものだが、その道のりは順風満帆というわけではなかった。そんな彼女の軌跡を振り返りたい。

 11年8月、当時隆盛を誇っていたAKB48の公式ライバルとして乃木坂46はお披露目の日を迎えた。約4万人の応募者の中から選ばれた精鋭たちの中でも、ひときわ目立つ正統派ド美人としてアイドルファンの間で話題になったのが白石だった。

 のちに彼女は乃木坂46ドキュメンタリー映画や自身の写真集で、中学時代に先輩や同級生からいじめに遭い不登校になった過去を打ち明けている。そんな辛い境遇も家族や周囲の支えで乗り切った。その経験からか、彼女は常に感謝を忘れずグループや後輩を支える人間であり続けた。

 公式ライバルとしてのデビューは多くの注目を集めた一方で、アンチから叩きの対象にもなった。デビュー時16歳だった生駒里奈(24)が1年超の間にリリースされた5枚のシングルで初代センターとして闘う中、年長組の白石はセンターのすぐ後ろの2列目で主力として彼女を支えた。

発足当初の握手会から「100%全力」対応

デビュー前から完成され過ぎた美貌だった白石。6thシングルで満を持してセンターに/白石麻衣公式ブログ(2011年11月29日付)より
デビュー前から完成され過ぎた美貌だった白石。6thシングルで満を持してセンターに /白石麻衣公式ブログ(2011年11月29日付)より

 まだグループが軌道に乗る前は握手会場も人はまばらだった。それでも白石はめげることなく、100%全力の対応をし続けた。腰が低く、はちきれんばかりの笑顔で「ありがとうございます!」と顔を近づけ手を握りながらブンブン振る。女である筆者含め、それをやられて虜になったファンも多かった。

 白石のそんな姿勢はAKB48ファン界隈にも響き渡っていた。――あれだけのド美人が、必死の全力神対応をしているらしい。多くの新規ファンを引き寄せた白石はグループNo.1の握手人気を勝ち取っていた。そして6枚目シングル「ガールズルール」でついに初センターに選ばれる。新しく乃木坂46の顔となった白石。この変革もあってCDセールスも伸びグループは勢いを加速させた。

新エースの西野七瀬を横で支え続けた

初期はやや距離があったWエース白石と西野もお互いを支え合う盟友に/白石麻衣公式ブログ(2019年1月10日付)より
初期はやや距離があったWエース白石と西野もお互いを支え合う盟友に /白石麻衣公式ブログ(2019年1月10日付)より

 ところがその直後、7枚目シングルでは大人の思惑もあり、まだ研究生で加入したての2期生・堀未央奈(24)が突如センターになった。しかし白石はグループのために右も左も分からなかった後輩センターを隣で支えた。

 8枚目シングルはライバルでもあり、戦友ともなる西野七瀬(26、18年卒業)がセンターを務めた。デビュー以来3列目が多かった西野も、その頃には懸命な握手対応で白石を上回る握手券の完売実績を残していた。以降は西野が連続センターを務めるなど、乃木坂46の顔は彼女という空気になった。

 グループ冠番組内ではメンバーが西野を「王将(王様)」と例え、白石はそれを守る「金」に例えられた。それでも白石は腐ることなく、新エースをまた横で支え続けたのだ。

 その後も、生田絵梨花(23)や齋藤飛鳥(22)など1期年少メンバーなどがセンターに抜擢される中でも、白石は常に彼女たちに近いポジションでグループ人気の加速に貢献し続けた。

 初の東京ドームライブも達成した17年、西野とWセンターを務める「インフルエンサー」で念願の日本レコード大賞(以下、レコ大)に輝いた。発表時には盟友の西野と共に泣いて喜んだ。同賞を争ったAKB48の目の前での受賞で、ついにアイドルの覇権が乃木坂46に移った瞬間でもあった。

エンタメ 新着一覧


笠智衆3部作編(3)「岸本さんからは生命感があふれていて、笠さん演じる老人との対比になっている」
【鈴木敏夫 新・映画道楽 体験的女優論】  笠智衆3部作編(3)   ◇  ◇  ◇  山田太一による笠智衆3部作...
2022-12-05 17:03 エンタメ
宮前真樹さんは料理研究家を経て再び芸能界へ「アイドルも料理も経験しているのは私だけ」
【あの人は今こうしている】  宮前真樹さん(アイドルグループCoCo元メンバー)  ◇  ◇  ◇ 「やってますね...
2022-12-05 17:03 エンタメ
東出昌大「三好達治が別れた妻子に仕送りしたかった気持ちは、もちろんボクには分かる」
【注目の人 直撃インタビュー】  東出昌大(俳優)  ついに本格復帰に向けて動きだした。2年前、女優・杏(36)との...
2022-12-05 17:03 エンタメ
崔洋一が『血と骨』の原作者・梁石日に「小さな破滅」を迫ったわけ
【佐高信「追悼譜」】  崔洋一(2022年11月27日没 享年73)  ◇  ◇  ◇  崔洋一にインタビューした...
2022-12-05 17:03 エンタメ
唐田えりか“アンチの声”はね返す完全復活 こぼれる涙に「お帰り!」と迎えたファンの声
 11月26日に主演映画「の方へ、流れる」の初日舞台挨拶に登場した女優の唐田えりか(25)。20年1月に当時既婚者だった...
2022-12-05 17:03 エンタメ
アジャコングさん女子プロレスデビュー3年目までは壮絶貧乏…「勝たなきゃ明日は食えない」
【役者・芸人 貧乏物語】  アジャコング(プロレスラー)  女子プロレスのヒールといえばこの人、アジャコングさん。い...
2022-12-05 17:03 エンタメ
中居正広が「休養延長」を発表も…大物芸能人ほど《ゆっくり休んで》というコメントが嫌い?
 中居正広(50)が2日に“休養延長”を発表し、ファンはやきもきしている。  今年7月に急性虫垂炎の手術を受けた中居は...
2022-12-04 17:03 エンタメ
村川透監督が崔洋一氏の死を悼む 最初の仕事で「君たち、本当に助監督か」
 崔さん! あなたは多難な世情の中、我々日本映画監督協会の理事長という重責を担い、体を張ってことに当たり、見事果たし、前...
2022-12-04 17:03 エンタメ
2022年「テレビの顔」は麒麟・川島明で決まり! レギュラー8本、番組出演本数1位を狙う
【桧山珠美 あれもこれも言わせて】  2022年も残すところ1カ月。流行語大賞や話題の商品など、この一年を振り返る企画...
2022-12-04 17:03 エンタメ
ずっと根拠なき自信をみなぎらせ 小島よしおは新天地を開拓し続ける
【今週グサッときた名言珍言】 「当時のマネジャーさんからは『花屋になった方がいい』って言われた」  (小島よしお/テレ...
2022-12-04 17:03 エンタメ
戸田恵梨香"おめでた"に水を差す映画「母性」興行成績 敗因は永野芽郁のキャスティング?
 戸田恵梨香(34)が11月28日、所属事務所の公式サイトを通じて第1子妊娠を発表した。この祝福ムードに水を差しているの...
2022-12-04 17:03 エンタメ
ディベート対決もラッパーもお金になっている 「負の感情」がアウトプットの源泉に
【とろサーモン久保田の「玉手箱人生」】#14  最近はお笑いだけじゃなく、いろんなタイプの番組に呼んでもらうことも増え...
2022-12-04 17:03 エンタメ
愛子さまと悠仁さまだけで未来の皇統は大丈夫なのか?
【皇室のトリビア】#95  前回、早く女性宮家を創設して秋篠宮家の佳子さまに当主になっていただきたいと書いたが、これに...
2022-12-04 17:03 エンタメ
NHK大河「鎌倉殿の13人」アッと驚く最終回…義時は惨殺され、八重は生きている?
 NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」もいよいよ大詰め、18日放送の最終回で北条義時(小栗旬)の最期が描かれる。どんな死に...
2022-12-04 17:03 エンタメ
岸田首相は“雑誌の底力”を甘く見ていた 田中角栄も宇野宗佑も安倍晋三も射止めているのだ
 昔、週刊誌記者は「首輪のない猟犬」といわれた。  上品ぶった新聞・テレビがやらない、権力者たちのカネと下半身問題を容...
2022-12-04 17:03 エンタメ
流行語大賞で毎年指摘される“野球偏重説”に終止符? やくみつる氏が「ゴリ押し」否定発言
 12月1日、今年の「ユーキャン 新語・流行語大賞」が発表された。年間大賞にはプロ野球・ヤクルトスワローズの村上宗隆(2...
2022-12-04 17:03 エンタメ