なぜ平手を守れなかった?櫻坂46新センター森田は守れるか?

こじらぶ ライター
更新日:2020-10-17 06:00
投稿日:2020-10-17 06:00

欅坂46ラスト無観客配信ライブを徹底総括!

欅坂46のセンターを1人で務め続け心身の限界を迎えた平手。過ちを繰り返すことなく櫻坂46初代センター森田を守れるか/(C)日刊ゲンダイ(左)、櫻坂46公式サイトより(右)
欅坂46のセンターを1人で務め続け心身の限界を迎えた平手。過ちを繰り返すことなく櫻坂46初代センター森田を守れるか /(C)日刊ゲンダイ(左)、櫻坂46公式サイトより(右)

 今月12日、13日に欅坂46として最後となった「THE LAST LIVE」が無観客配信ライブで行われた。“静”と“動”に分けた2日間のセットリスト。今はもう改名して「櫻坂46(さくらざかフォーティーシックス)」となったメンバーたちの、欅坂46としての集大成を見せつけられ、その凄さに強く心を動かされた。

 それと同時に、あれだけのパフォーマンスができるメンバーたちがいながら、また曲ごとにセンターを次々と変えて魅せるというスタイルも完成の域にもっていきながら、なぜ平手友梨奈(19)を欅坂46メンバーとして守れなかったのかと何とも行きどころの無い気持ちになった。

 2日目の最後にはサプライズで櫻坂46の1stシングル「Nobody’s fault」(12月9日発売)が2期生・森田ひかる(19)センターで初披露された。すでにグループトップクラスの人気がありパフォーマンスにも定評のある森田を櫻坂46ではセンターで推していく――。そんな大人の思惑もうかがえたが、欅坂46時代の過ちを繰り返してはならない。森田に全ての重圧をかけることなく守ることはできるだろうか。

“平手友梨奈のいた欅坂46”からの見事な脱却

 まずは欅坂46のラストライブ2日間を振り返りたい。“平手のいた欅坂46”と比較することはあっても優劣をつけるものではない。ただとにかく、平手脱退から約9カ月、平手依存から脱却したメンバーたちによるラストライブは秀逸だった。

 初日はグループのパブリックイメージ“笑わないアイドル”に添うような、“ザ・欅坂46”といった楽曲で固められていた。その中でもハイライトは菅井友香(24)センターの13曲目「不協和音」、小林由依(20)センターで初日ラストの17曲目「黒い羊」だろう。

「不協和音」は“魔曲”とも呼ばれ、平手にとって消耗度が高く、ライブではアンコールなど最終盤に組み込まれてきた。しかしこの日のセットリストでは17曲中13曲目と、あくまで全体の流れの中で披露の時を迎えた。

 菅井は力強く放ったセリフ“僕は嫌だ”について、ライブ後に休みなく駆け付けたラジオ生放送で、曲の主人公としてではなく、キャプテンとして自らの等身大の叫びだったことを打ち明けた。「不協和音」のオリジナルストーリーに入り込み過ぎず、彼女なりの解釈で放ったからこそ可能となった「特別扱いはされていないがラスボス感溢れる不協和音」という、欅坂46にとっても会心のパフォーマンスとなった。

黒い羊はメンバーが“僕”=小林に寄り添う

孤独と絶望に包まれた平手版「黒い羊」に対し、小林版「黒い羊」はメンバーに寄り添われるところからスタート/ソニーミュージック公式Twitter(2020年10月14日付)より
孤独と絶望に包まれた平手版「黒い羊」に対し、小林版「黒い羊」はメンバーに寄り添われるところからスタート /ソニーミュージック公式Twitter(2020年10月14日付)より

 同じく平手にあて書きされ彼女を飲み込むほど絶望感あふれる「黒い羊」は、主人公“僕”=平手が厄介者としてメンバーに何度も突き飛ばされ、最後は孤独なまま1人取り残されたり、どこかへ消えて行くという演出がほとんどだった。今回のライブでは冒頭からメンバー全員が“僕”=小林を寄り添うように抱きしめ、最後は理解者の渡邉理佐(22)に手を取られ皆と同じ方向へ歩んでいく結末となった。

 驚きなのは、初日2時間弱、シングル表題曲は上記2曲に「サイレントマジョリティー」を含めたわずか3曲だけだったことだ。それでも物足りなさは全く感じさせない、名曲、名フォーマンスばかりで、あらためてカップリングやアルバム曲も含め、欅坂46楽曲の質の高さを思い知らされた。

 そんな初日“ザ・欅坂46”の平手代理センターには、前述の安定感ある1期生たちの他、2期生からは櫻坂46新センターとなる森田、未来のエース候補・最年少の山﨑天(15)が入った。もう1人の2期生エース格の田村保乃(21)らも含め、その鋭い眼差しは“欅坂46の眼”であり、この日のパフォーマンスは“平手のいた欅坂46”ではないが、間違いなく“欅坂46”そのものだった。

森田ひかる「10月のプール――」で存在感

 ラストライブ2日目は欅坂46の中でも爽やかなアイドルソングや明るくアップテンポなナンバーが続いた。初日、まぎれもなく“欅の眼”をしていたメンバーたちとは思えない可愛らしい表情から、彼女達の持つ表現の幅を見せつけられた。

 この日も多くの楽曲で1期生たちが平手代理センターを務める中、2期生の森田が1曲を代理センターとして、平手不参加だった「10月のプールに飛び込んだ」ではオリジナルセンターとして存在感を放った(その素晴らしさは以前の記事「Wの衝撃!平手パリコレ出演&欅坂46新センター候補森田の躍動」でも記した)。

エンタメ 新着一覧


FILM
「お世話」になった向きも多いのではないか――。  宅配業者を装った少年3人組に襲われたのは人気AV女優だった。  東...
2020-10-29 17:03 エンタメ
FILM
 今年6月に“多目的トイレ不倫”が報じられ、活動自粛中のお笑いコンビ、アンジャッシュの渡部建(48)の近況を写真誌「フラ...
2020-10-29 17:03 エンタメ
FILM
 BTS、BLACKPINKなど世界的に韓流の快進撃が止まらない。一昔前は日流が韓国を席巻していたが、この10年間でその...
2020-10-30 10:03 エンタメ
FILM
「地上波では絶対に実現しない組み合わせ」と話題なのが、11月1日の午後に生配信となるAbemaTV「新しい別の窓」。とん...
2020-10-30 10:03 エンタメ
FILM
【お笑い界 偉人・奇人・変人伝】#22  上沼恵美子さんがラジオで「大好き! 人柄通知表があったら、“10”やね!」と...
2020-10-29 17:03 エンタメ
FILM
【ラサール石井 東憤西笑】 「老人と子供のポルカ」という歌を覚えているだろうか。黒沢映画などで名脇役であった左卜全さん...
2020-10-29 17:03 エンタメ
FILM
映画「相撲道」坂田栄治監督インタビュー  30日から公開になる映画「相撲道~サムライを継ぐ者たち~」(ライブ・ビューイ...
2020-10-29 17:03 エンタメ
FILM
【それでも物書きになりたい君へ】#8  今日も今日とて青年からメールが届く。何度でも言うがわたしもそれなりに忙しいし、...
2020-10-29 17:03 エンタメ
FILM
 今一番、人を熱狂させている作品といえば、間違いなく『劇場版「鬼滅の刃」 無限列車編』だろう。公開から10日間で興行収入...
2020-10-29 17:03 エンタメ
FILM
 お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史(50)が10月23日、自身のラジオ番組「ナインティナインのオールナイトニッ...
2020-10-29 17:03 エンタメ
FILM
 10月24日からスタートしたTBSの金曜ドラマ「恋する母たち」。主演は女優の木村佳乃(44)で、原作は柴門ふみ氏の同名...
2020-10-28 17:03 エンタメ
FILM
 日韓合同アイドルグループ・NiziUのメンバーに“不協和音”が響いている。きっかけは、23日のメンバーのミイヒ(16)...
2020-10-28 17:03 エンタメ
FILM
【それでも物書きになりたい君へ】#7 「どうすれば脚本家や小説家になれますか?」  作家志望の青年の相談に乗る羽目に...
2020-10-28 17:03 エンタメ
FILM
 週が明けてもお笑い界はこの話題で持ち切りだ。お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史(50)が、ついに一般女性と結婚し...
2020-10-28 17:03 エンタメ
FILM
【テレビ 見るべきものは!!】  玉木宏、絶好調である。先月まで「竜の道」で復讐のために裏社会とつながる男、竜一を好演...
2020-10-28 17:03 エンタメ
FILM
 6月にジャニーズ事務所を退所後、ユーチューバー兼実業家として活躍する元NEWSの手越祐也(32)。独立から4カ月経過し...
2020-10-28 17:03 エンタメ