過酷すぎ?AKB48・乃木坂46・欅坂46…恋愛禁止は必要なのか

こじらぶ ライター
更新日:2020-06-13 09:12
投稿日:2020-06-13 06:00

卒業した元坂道メンバーのデート報道が炎上

ストイックにノースキャンダルを貫いた渡辺麻友(左)と乃木坂46白石麻衣(右)。スキャンダルをネタに躍進した指原莉乃(中央)。恋愛禁止の意義とは…/(C)日刊ゲンダイ
ストイックにノースキャンダルを貫いた渡辺麻友(左)と乃木坂46白石麻衣(右)。スキャンダルをネタに躍進した指原莉乃(中央)。恋愛禁止の意義とは… /(C)日刊ゲンダイ

 2010年代AKB48グループ(以下48G)のブレークをきっかけに一躍世間に知られるところとなった「恋愛禁止」ルール。しかしこれまでに48Gの数々のメンバーがルール違反を犯してきた。公式ライバルの乃木坂46、欅坂46、日向坂46(坂道シリーズ、以下坂道)からも違反者が出てきている。

 先日も、今年3月に卒業した元坂道メンバーが週刊誌にデート写真を撮られた。卒業後は恋愛OKだが、グループ在籍時代からの交際ではないかと炎上してしまった。

 女性アイドルの恋愛発覚は毎回大問題のように騒がれるが、恋愛禁止は主に秋元康プロデュース系アイドルとそれに追随した女性アイドルグループの“村内ルール”である。10代~20代の健全な男女交際自体は“社会のルール”違反ではないし犯罪でもない。

 恋愛を禁止することが人権侵害にあたるという指摘もあった中、プロデューサー秋元康氏自身は12年NHK-FMのラジオで「恋愛禁止なんて言った覚えはない」とした上で、「恋愛しながら甲子園を目指すっていうのは難しいんじゃないか」と、大成するためメンバーにはアイドル活動に集中することを暗黙のルールとして求めているとしていた。

「異性同性問わず恋愛禁止」契約書の存在

熱愛報道に坊主頭で謝罪した峯岸みなみ(左)の姿は社会問題に。それ以降「恋愛禁止」の明文化が減ったとの見方も/(C)日刊ゲンダイ
熱愛報道に坊主頭で謝罪した峯岸みなみ(左)の姿は社会問題に。それ以降「恋愛禁止」の明文化が減ったとの見方も /(C)日刊ゲンダイ

 48Gはかつて「異性同性問わず恋愛禁止」という契約書もあったが、現在は「暗黙のルール(+大衆の圧力)」になっているようだ。坂道も契約書があったというメンバーとその覚えがないというメンバーがいるが48Gとほぼ同じだろう。

 過去の違反者への処遇では「黙認」、「謝罪・謹慎経て活動継続」、「強制・自主卒業」、“社会のルール”を破るなど悪質な場合は「解雇」となってきた。しかし、そこにはメンバー自身の人気により処遇が変わるという格差も存在するように見える。恋愛しつつも“甲子園”で活躍できていればOKというところだろうか。

スキャンダル無縁の白石麻衣と渡辺麻友

 一方で乃木坂46白石麻衣(27)が今年1月に卒業を発表した際、デビューした19歳からノースキャンダルを貫いてきたことが称賛された。

 また13歳でデビューし23歳で卒業した元AKB48渡辺麻友(26)も王道アイドルとして徹底してルールを守ってきた。現役時代に出演した「情熱大陸」(TBS系、2015年放送)では、「(AKBは)まじめな子が損をするような世界」と明かした。この発言の裏には過去の恋愛禁止ルール違反が明るみになった指原莉乃(27)や、同じく熱愛報道され坊主で謝罪した峯岸みなみ(27)がたびたびバラエティーでいじられ活躍していたことが背景にあったのではないか。

 ただ筆者はストイックなアイドルに敬意を持ちつつも、SNS上に多く存在する秋元系の海外ファンの「メンバー本人が幸せならそれでいい」と変わらず応援する姿勢に、恋愛禁止に囚われすぎているのは日本人だけなのではとも感じるようになった。峯岸の坊主事件は海外でも日本の女性アイドルへの恋愛禁止が彼女を追いこんだと大きなニュースになってしまった。

関連キーワード

エンタメ 新着一覧


ダイアモンド✡ユカイさん来年還暦「ロックを再生したい」
ダイアモンド✡ユカイさん(58歳)  3月の誕生日で59歳になるとは思えない若いルックスのミュージシャン・ダイアモンド...
2021-02-24 17:03 エンタメ
小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策
〈国民の間でさまざまな意見があることは私も承知しております。眞子内親王が、ご両親とよく話し合い、秋篠宮が言ったように、多...
2021-02-24 17:28 エンタメ
榮倉奈々も関心 占い業界で話題「風の時代」これから何が
 今、占い業界でホットな「風の時代」というワードを聞いたことがあるだろうか。昨年12月22日の冬至に木星と土星の位置が重...
2021-02-23 17:03 エンタメ
吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点
〈イケメンの花園〉なんて見出しを打った女性週刊誌もあった。14日にスタートしたNHK大河ドラマ「青天を衝け」の話である。...
2021-02-23 17:03 エンタメ
キンコン、オリラジ…退所後もグループ継続組が増えるワケ
 旧態依然とした封建主義が色濃く残る芸能界だが、時代は確実に動いている。一部で報じられたKinKi Kidsの堂本剛(4...
2021-02-23 17:03 エンタメ
29年ぶり抜擢昇進…披露パーティーはコロナ禍時代に即して
【桂宮治 大いに語る】#1  2月11日から新宿末広亭を振り出しに桂宮治の真打ち披露興行が始まった。落語芸術協会で先輩...
2021-02-23 17:03 エンタメ
五輪開催まであと5カ月 橋本聖子新会長がんばってください
【山田邦子 人生いろいろ】  開催まであと5カ月に迫る東京五輪・パラリンピック。揉めてる場合じゃないのに胸焼けがするよ...
2021-02-23 17:03 エンタメ
高橋伴明監督「痛くない死に方」終末医療の現実と理想の死
 高橋伴明監督(71)が新作「痛くない死に方」で描いたのは、終末医療の現場である。いや応なく訪れる人生の末期、病院では延...
2021-02-23 17:03 エンタメ
反トランプで中国と利害が一致「アクアマン」の仰天戦略
【日米中韓 映画業界最前線】#6  一昔前まで中国とハリウッドの関係といえば、豊富な資金にモノを言わせる傲慢さが話題の...
2021-02-23 17:03 エンタメ
宮迫博之YouTubeで墓穴…吉本会長“決別宣言”でTV復帰絶望
「いや、もう戻らんでええと思うで。いちいちユーチューブでネタにすんなって話や。辞めてまで吉本のことネタにすんなよって。今...
2021-02-24 10:03 エンタメ
YOASOBIの1stアルバムを解析 配信王者が伝えるCDの魅力
 キャッチーなメロディラインと、透明感溢れるどこか人間離れしたボーカル。昨年を代表する一曲といえる「夜に駆ける」で、昨年...
2021-02-23 17:03 エンタメ
桑名正博さんの周りはイイ女だらけだった
【ロフト創業者が見たライブハウス50年】#34  2012年10月26日だった。いくら何でも59歳は早過ぎる。大阪に戻...
2021-02-22 17:03 エンタメ
長州力と前田日明 “コワモテの2人”なぜYouTubeで人気に?
 プロレス黄金期の80〜90年代に数々の名勝負を繰り広げ、スター選手として活躍。その後引退したプロレスラーたちが現在、Y...
2021-02-22 17:03 エンタメ
フジ「朝顔」最終章へ 昭和世代に刺さる作りに抜かりなし
 上野樹里(34)主演の「監察医 朝顔」第2シーズン(フジテレビ=月曜夜9時)は、22日から最終章「家族の時間編」がスタ...
2021-02-22 17:03 エンタメ
森七菜の主演ドラマがフリーズ状態 抜けた穴を埋める女優
 前所属事務所「アーブル」から独立し、先月、「ソニー・ミュージックアーティスツ(SMA)」と業務提携を結んだ森七菜(19...
2021-02-22 21:33 エンタメ
流れ星ちゅうえい語る“芸人コンプリート女”との最低の恋愛
流れ星 ちゅうえいさん(42歳) 【最低の恋愛 最高の恋愛】  流れ星 ちゅうえいさん(42歳)  お笑いコンビ・...
2021-02-22 17:03 エンタメ