過酷すぎ?AKB48・乃木坂46・欅坂46…恋愛禁止は必要なのか

こじらぶ ライター
更新日:2020-06-13 09:12
投稿日:2020-06-13 06:00

卒業した元坂道メンバーのデート報道が炎上

ストイックにノースキャンダルを貫いた渡辺麻友(左)と乃木坂46白石麻衣(右)。スキャンダルをネタに躍進した指原莉乃(中央)。恋愛禁止の意義とは…/(C)日刊ゲンダイ
ストイックにノースキャンダルを貫いた渡辺麻友(左)と乃木坂46白石麻衣(右)。スキャンダルをネタに躍進した指原莉乃(中央)。恋愛禁止の意義とは… /(C)日刊ゲンダイ

 2010年代AKB48グループ(以下48G)のブレークをきっかけに一躍世間に知られるところとなった「恋愛禁止」ルール。しかしこれまでに48Gの数々のメンバーがルール違反を犯してきた。公式ライバルの乃木坂46、欅坂46、日向坂46(坂道シリーズ、以下坂道)からも違反者が出てきている。

 先日も、今年3月に卒業した元坂道メンバーが週刊誌にデート写真を撮られた。卒業後は恋愛OKだが、グループ在籍時代からの交際ではないかと炎上してしまった。

 女性アイドルの恋愛発覚は毎回大問題のように騒がれるが、恋愛禁止は主に秋元康プロデュース系アイドルとそれに追随した女性アイドルグループの“村内ルール”である。10代~20代の健全な男女交際自体は“社会のルール”違反ではないし犯罪でもない。

 恋愛を禁止することが人権侵害にあたるという指摘もあった中、プロデューサー秋元康氏自身は12年NHK-FMのラジオで「恋愛禁止なんて言った覚えはない」とした上で、「恋愛しながら甲子園を目指すっていうのは難しいんじゃないか」と、大成するためメンバーにはアイドル活動に集中することを暗黙のルールとして求めているとしていた。

「異性同性問わず恋愛禁止」契約書の存在

熱愛報道に坊主頭で謝罪した峯岸みなみ(左)の姿は社会問題に。それ以降「恋愛禁止」の明文化が減ったとの見方も/(C)日刊ゲンダイ
熱愛報道に坊主頭で謝罪した峯岸みなみ(左)の姿は社会問題に。それ以降「恋愛禁止」の明文化が減ったとの見方も /(C)日刊ゲンダイ

 48Gはかつて「異性同性問わず恋愛禁止」という契約書もあったが、現在は「暗黙のルール(+大衆の圧力)」になっているようだ。坂道も契約書があったというメンバーとその覚えがないというメンバーがいるが48Gとほぼ同じだろう。

 過去の違反者への処遇では「黙認」、「謝罪・謹慎経て活動継続」、「強制・自主卒業」、“社会のルール”を破るなど悪質な場合は「解雇」となってきた。しかし、そこにはメンバー自身の人気により処遇が変わるという格差も存在するように見える。恋愛しつつも“甲子園”で活躍できていればOKというところだろうか。

スキャンダル無縁の白石麻衣と渡辺麻友

 一方で乃木坂46白石麻衣(27)が今年1月に卒業を発表した際、デビューした19歳からノースキャンダルを貫いてきたことが称賛された。

 また13歳でデビューし23歳で卒業した元AKB48渡辺麻友(26)も王道アイドルとして徹底してルールを守ってきた。現役時代に出演した「情熱大陸」(TBS系、2015年放送)では、「(AKBは)まじめな子が損をするような世界」と明かした。この発言の裏には過去の恋愛禁止ルール違反が明るみになった指原莉乃(27)や、同じく熱愛報道され坊主で謝罪した峯岸みなみ(27)がたびたびバラエティーでいじられ活躍していたことが背景にあったのではないか。

 ただ筆者はストイックなアイドルに敬意を持ちつつも、SNS上に多く存在する秋元系の海外ファンの「メンバー本人が幸せならそれでいい」と変わらず応援する姿勢に、恋愛禁止に囚われすぎているのは日本人だけなのではとも感じるようになった。峯岸の坊主事件は海外でも日本の女性アイドルへの恋愛禁止が彼女を追いこんだと大きなニュースになってしまった。

関連キーワード

エンタメ 新着一覧


群馬の「暴威」は手の付けられない不良だった
【ロフト創業者が見たライブハウス50年】#67  1984年10月に世界放浪の旅に出掛けたことは、前回の当コラムで書い...
2021-10-18 17:03 エンタメ
江口のりこ「SUPER RICH」でフジ挑戦 “脱キラキラ系女優”がドラマを変える!
 14日にスタートした江口のりこ(41)主演の連ドラ「SUPER RICH」(フジテレビ=木曜夜10時)の初回視聴率は世...
2021-10-18 17:03 エンタメ
小室圭さん母子の金銭トラブルでスポーツ紙の誤報を垂れ流す「ゴゴスマ」に疑問(成城大学教授・森暢平)
 小室圭さん(30)の母親の金銭トラブルについて、TBS系(CBC制作)の「ゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜」(10月...
2021-10-18 17:03 エンタメ
占い師・タレント濱口善幸さん 母親の喫茶店で「1人1000円占い」が裏メニューに
濱口善幸さん(占い師・タレント/40歳)  よゐこの濱口優さんの弟で、タロット占い師としてテレビで注目されている濱口善...
2021-10-18 17:03 エンタメ
森田豊さんが明かす「ドクターX」モデルの正体 「テレ朝とアイデアを出し合った」
森田豊さん(医師・医療ジャーナリスト/58歳)  14日から新シリーズがスタートした「ドクターX~外科医・大門未知子~...
2021-10-18 17:03 エンタメ
NYタイムズ紙「国際TVドラマTOP10」に唯一選ばれた韓国本格サスペンス
韓流ドラマ「秘密の森~深い闇の向こうに~」(BS-TBS)  政府や警察など行政組織の不正を暴くポリティカル・スリラー...
2021-10-18 17:03 エンタメ
東出昌大"飼い殺し"で引退危機…ハーフ美女「呼び寄せ愛」の重すぎる代償
 杏(35)との電撃離婚から1年3カ月、東出昌大(33)が5歳年下のハーフ美女と熱愛中であることを「週刊文春」(10月2...
2021-10-18 17:03 エンタメ
田中みな実は“持ってる女優”? 元カレとの復縁願う赤裸々告白が追い風に
〈可愛い〉〈お手本にしたい〉〈憧れてる〉という声が多い時もあれば、〈どこを目指してるの?〉〈なんとなくわざとらしい〉なん...
2021-10-17 17:03 エンタメ
追悼・柳家小三治さん 「なんだか江戸の長屋が消えたような気分に」(高田文夫)
 久しぶりに柳家小三治師を見て聞いておこうと思って先月、9月14日、新宿の紀伊國屋ホールへ。小三治の盟友だった入船亭扇橋...
2021-10-17 17:03 エンタメ
速報!2021年秋ドラマ前半戦を採点「恋です!」「日本沈没」「スナックキズツキ」
【桧山珠美 あれもこれも言わせて】  秋ドラマが続々とスタート。今期の特徴は若者をターゲットにした学園モノ、大人も楽し...
2021-10-17 17:03 エンタメ
自身の呪いを解くために費やした DJ松永の4年間に及んだ世界一への挑戦
【今週グサッときた名言珍言】 「全員ぶち抜くけど、これから俺」(DJ松永/テレビ東京「考えすぎちゃん ON TV~ワン...
2021-10-17 17:03 エンタメ
Matt化した松嶋菜々子が次に目指すものは? 「Uber Eats」のCMで新境地
 抜群のスタイルと美貌を誇り、声も可愛く身のこなしも上品で華がある。20代の頃に“視聴率女王”と呼ばれていた松嶋菜々子も...
2021-10-17 17:03 エンタメ
NHK朝ドラ「舞い上がれ!」ヒロインは誰が? 異例オーディション選考に芸能プロは疑心暗鬼
 NHK制作局ドラマ番組部の周辺が騒がしくなっている。今月初めに、2022年度前期に放送予定の「ちむどんどん」がクランク...
2021-10-17 17:03 エンタメ
眞子さま結婚で皇位継承さらに先細り…「旧宮家の復活」「愛子さまとの養子縁組」って何だ?
【皇室のトリビア】#37  眞子さまと小室さんの結婚が確定したことで、やがて眞子さまは皇室典範に基づいて皇籍を離脱して...
2021-10-17 17:03 エンタメ
大越健介キャスターがつまらない! テレ朝「報ステ」は何に遠慮しているのか
【テレビが10倍面白くなるコラム】 「なんだ、ニュースウオッチ9(NHK総合夜9時)のテレビ朝日版かよ。いや、NHK時...
2021-10-17 17:03 エンタメ
生見愛瑠に羽生結弦…こんなにいた!自転車に乗れない有名人
 タレントの生見愛瑠(19)が10月13日、自身が自転車に乗れないことについてラジオ番組「レコメン!」(文化放送)で言及...