モチベーションを上げる6つの方法♪ キープで効率アップ!

コクハク編集部
更新日:2020-11-15 06:00
投稿日:2020-11-15 06:00
 仕事や家事を楽しく効率的に進めるためには、モチベーションを上げる必要があります。しかし、「やらなくちゃ」と思っているのにも関わらず、なかなかはじめられないことってありますよね。そんな時、スイッチを入れる方法を知っていると無駄な時間を過ごさずに済みますよ! そこで今回は、モチベーションを上げる方法と、上がったモチベーションをキープする方法をご紹介します。

モチベーションを上げる6つの方法

自分のスイッチを入れる方法を知っておく(写真:iStock)
自分のスイッチを入れる方法を知っておく (写真:iStock)

「早く、仕事を終わらせなければ」と思っているのに、なかなか思うように進まないことがあります。そんな時には、モチベーションを上げることが必要。しかし、「やる気を出したい」と思っても、その方法が分からない人も多いのではないでしょうか。そんな時には、これからご紹介する方法を試してみてくださいね!

1. 好きな音楽を聴く

 モチベーションが上がらない時は、“やる気スイッチ”がオフの状態。「早くやらなくちゃ……」と思っているのに、なかなか体を動かせないんですよね。

 そんな時には、スイッチを入れるために好きな音楽を聴きましょう。好きな音楽といっても静かな音楽ではなく、テンションを上げてくれるような明るい曲がおすすめ。気持ちが高まってくると同時に、モチベーションも上がってくるはずです。

2. 軽く体を動かす

 起床直後は、体も心もまだ起きていない状態。ダラダラと過ごしてしまう人が多いのではないでしょうか? 中には、この状態を数時間続けてしまう人もいます。

 そんな人は、心と身体を目覚めさせるために軽い運動をしてみましょう。体を動かせば心身共にパフォーマンス力が上がり、モチベーションをアップできますよ。

3. 好きな香りを嗅ぐ

 モチベーションを上げるには、嗅覚に刺激を与えるのも効果的。人にはそれぞれ、好きな香りがあると思いますが、その香りを嗅ぐことでモチベーションアップにつなげることができます。

 香水だけでなく、アロマオイルやお香、柔軟剤の香りなど、「この香りを嗅ぐと落ち着く」という香りがあれば、それをモチベーションを高めるスイッチにしてみましょう。

4. お気に入りの洋服を身につける

 女性にとって、洋服というのは気持ちを左右させるもの。ちょっとでも「気に入らない」と思うファッションの時には、気持ちが沈んでしまうものです。

 そのため、モチベーションを上げたいと思うのであれば、お気に入りの洋服を身につけましょう。たとえ、家にいる時など誰にも見られない状況であっても、お気に入りの洋服を身につけることで、気分を上げることができるはずです。

5. 達成後のご褒美を決める

 プライベートでも仕事でも、何かを始める時には重い腰を上げなければいけないことがあります。

 そんな時には、達成後のご褒美を決めましょう。「ここの片付けが終わったら、あのお店のケーキを食べよう」「このプロジェクトが成功したら、欲しかった鞄を購入しよう」といったご褒美を決めておけば、一気にモチベーションが上がるはずです。

6. 頑張っている人と会って刺激をもらう

 人は、意外と周りに影響されるもの。モチベーションが上がらない時には、頑張っている人と会い、刺激をもらうことも効果的です。

 一生懸命頑張っている人を見ると、誰だって「私も頑張らなくちゃ」と感じるはず。そうなれば、自然とモチベーションも上がるでしょう。

上がったモチベーションをキープする3つの方法

スケジュールを組めば達成感も(写真:iStock)
スケジュールを組めば達成感も (写真:iStock)

 モチベーションが上がり、仕事などがスムーズに進んでいると「この調子で頑張ろう」と思うでしょう。しかし、疲れてくれば、当然モチベーションは下がりますし、その状態がいつまでも続くとは限りません。そんな時、どのようにキープすればよいのか、その方法をご紹介します。

1. モチベーションが高い人の真似をしてみる

 あなたの周りに、常にモチベーションが高い人はいますか?常にパフォーマンスが落ちることなくモチベーションをキープしている人は、必ず自分なりのキープ方法を身につけています。

 まずは、その方法を真似してみましょう。休憩時に音楽を聞いている、外に出て気分転換しているなど、それらの方法を真似ていくうちに自分なりのキープ方法が見えてくるでしょう。

2. スケジュールを立て、一つずつ目標をクリアしていく

 何かに一生懸命に取り組むというのは素敵なことではありますが、ただただ頑張り続けるというのは辛いものです。

 そのため、モチベーションを維持し続けるためには、区切りを作ったスケジュールを立てるのがおすすめ。その区切りを一つの目標とすれば、一つずつをクリアしていくことで達成感を得ることができます。そうなれば、モチベーションもキープしやすくなるでしょう。

オフの時間をしっかりつくる

 没頭してしまうと、ついつい休憩することを忘れてしまう人もいます。確かに、気分が乗っている時には何時間でも頑張り続けることができる人もいるでしょう。

 しかし、モチベーションをキープするためには、オフの時間を作ることも忘れてはいけません。オンオフをしっかりと作れば心身共にクリアな状態にすることができ、モチベーションを維持しやすくなるはずです。

モチベーションを上げて、仕事もプライベートを充実させよう!

やるなら楽しんじゃおう♪(写真:iStock)
やるなら楽しんじゃおう♪ (写真:iStock)

 仕事も家事も、モチベーションが上がらなければダラダラと時間をかけてしまうことになります。しかしこれでは、効率的に物事を進めることができません。

 そんな時には、ご紹介した方法で上手にモチベーションを上げることがおすすめ。スイッチが入れば何事もスムーズに進み、時間や心に余裕が生まれるはずです。「思い通りに進まない」という時こそ、ぜひ試してみてくださいね!

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


“たまたま”撮影に丸2日! 透明感抜群の美少年にゃんたま♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 5月16日~5月22日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
妻たちよ、結婚後のめんどくさい親戚付き合いは諦めも肝心!
 大好きな人と結婚できたら「それだけで幸せ!」と、思っていた人も多いでしょう。しかし、結婚後は思いもよらないことが起こり...
イタリアンの有名シェフが“国民的調味料”と恋に落ちた!? 2022.5.14(土)
 黄色いキャップのキミは物心ついたときから、我が家の食卓にあったよねぇ~と親しみが湧く人は多いのではないでしょうか。 ...
「卓越下着術で見惚れました」職場仲間におもしろ誤変換LINE
 仕事でのやりとりにも使われるLINEですが、気軽に送れるぶん、さまざまなおもしろ誤変換が生まれているようです。特に、職...
愛され女に共通の秘訣!「返報性の原理」を巧みに使っている
 みなさんの周りに「あの人愛されてるな~」って感じる人はいませんか? 私はそんな人が羨ましくてたまらないのですが、周りか...
自分大好き「性悪女」の生態 こんなトラブルメーカーに注意
 人付き合いに悩んでいる人の中には、“性悪女”の存在に苦しんでいるケースもあるでしょう。職場にひとりでも性悪女がいると、...
親の負担軽減「おむつサブスク」が神だった 2022.5.12(木)
 この4月から、下の子(1歳5カ月)を保育園に入れて職場復帰をすることになったのですが、上の子の時にはなかった「おむつの...
極レア三毛“たまたま”パワーにあやかろう!穏やかなお顔も◎
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「東京って物価高い」メンタルを削るデパ地下通いの義母LINE
 義母って不思議な存在ですよね。家族とはいえ、ぶっちゃけ「赤の他人」じゃないですか。お互い笑顔で過ごしていても、イマイチ...
水族館の新アイドル「フウセンウオ」に遭遇 2022.5.10(火)
 みなさんは「フウセンウオ」を見たことがありますか? 小さくて丸いカラダのお魚なのですが、最近では水族館の密かなアイドル...
浪費癖をやめたい…脱出法5つ、クレカの持ち方にヒントあり
 金銭感覚は人によってそれぞれで、お金の使い方は大きく違います。計画的に貯蓄を増やしている人がいる反面、節約ができずにな...
あなたは受け恋?追い恋? 5月9日~5月15日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“たまたま”同士がイチャイチャ♡にゃんたま島でBL現場を激写
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「茹でた孫食べた」平和だー!天然ママとの“爆笑”誤変換LINE
 家族同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。実は、毎日何気なく送り合っているLINEの中には、見過ごせない爆笑誤変換...
LINEで嫁姑バトル勃発!「といいますと?」連発攻撃の行方は
 近年、お姑さんと同居する二世帯住宅が増えています。経済的、子育て的にもメリットがあるのは事実ですが、やはり嫁姑バトルが...