結婚予定だった彼の態度が急変…身動きがとれず苦しむ女性

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-11-14 06:11
投稿日:2020-11-14 06:00
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があります。ひとつの出来事への解釈や目的が、男性と女性では異なる場合もしばしば。男性と女性では、夫婦のあり方への認識が大きく異なる場合も少なくありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、結婚の約束をした彼氏が自分を避けているように感じる女性の苦悩をお届けします。

運命の出会いから順調だったはずが

結婚してたはずなのに(写真:iStock)
結婚してたはずなのに (写真:iStock)

 20代後半の女性Tさん。コロナ禍の影響でこれまでの仕事を続けるのが難しくなり、現在は無職です。11歳年上の彼氏であるMさんとは交際1年ちょっとで、交際直後から結婚の話が出ていたものの、最近は具体的な話をしようとすると避けられているように感じるそう。それだけでなく、彼の口から「結婚は、まだいいんじゃない?」などと言われるときもあって、不安に感じているそうです。

「出会いは運命的でした。仲間が企画した飲み会で知り合ったのですが、出会ったその日に直感が“この人だっ!”って教えてくれたくらい、ピンときました。出会った翌日に1回目のデートをし、その日にベッドインして『付き合おう』となってからは、ほぼ毎日会ってきました。

 だけど、コロナ禍になってから、彼の様子が変わってしまって。“仕事”を理由に会えない日も増えて、電話をしても元気がないことも多くて。

 付き合ってすぐに結婚の話が出ていて、最初の話ではもう結婚していたはずなのに、今では結婚の話をすると逃げられてしまいます」

彼の態度に不安が募る

連絡頻度も減ってしまった(写真:iStock)
連絡頻度も減ってしまった (写真:iStock)

 コロナの影響で、彼の仕事にも変化が出たことは承知していると言うTさん。恋人であるMさんは経営者です。

「会ったときには普段どおりなんですけど、どこか表情に陰がある気がしますね……。

 彼は、もともと金遣いが荒く、いつも羽振りがいい人。お酒を飲むのが大好きです。だけど、最近では一緒にお酒を飲んでも、あまり饒舌にならないから心配です。

 “私といても楽しくないのかな”とか、“もう前ほどは好きじゃないのかな”って不安も、日に日に大きくなってしまって……。

 けれども、話し合いをしようとすると、話をそらされてしまうし、何が何だか意味がわかりません」

 もしも自分への気持ちが冷めているならば、その理由もしっかり聞きたいと考えているTさん。

 何度となく、彼に話し合いをしようと試みるも、なかなか核心に迫れないでいるそうです。いつしか連絡頻度も以前ほどではなくなり、時間が経つにつれて、不安ばかりが大きくなっているのだとか。

「何をしていても楽しくない」

彼が何を考えているかわからない(写真:iStock)
彼が何を考えているかわからない (写真:iStock)

「きちんと話してくれれば納得できるかもしれないのに、何も言ってくれないことに腹が立ちますし、私自身も身動きがとれなくて苦しいです。

 そんなふうにされるほど、彼のことが気がかりで、最近では何をしていても楽しくありません。彼の本心を知りたいし、嫌いになったならハッキリ言えばいいのに。

 あまりにもこの状況が長く続けば、私の気持ちがおかしくなってしまいそうです」

 以前ならば、気軽に彼に連絡をして「何を考えているの?」と尋ねることができた仲だったのに、最近では心の壁を感じて、彼にどう接するべきか悩んでしまうというTさん。変な言い方をすれば、その瞬間にふたりの関係が壊れてしまいそうで怖いと話します。

 では、結婚の予定まであった関係なのに、いきなり態度を変えたMさんの真意とは――?

 次回は、Tさんの恋人であるMさんの声をお届けします。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「次はゴム装着」でクロ確定!浮気現場よりも証拠になるLINE
 夫の浮気で慰謝料請求したい場合、やはり浮気現場の写真があれば有力な浮気の証拠になりますよね。でも、探偵に頼むのは料金が...
恋バナ調査隊 2022-12-03 08:54 ラブ
ペットの問題じゃない?恋人との将来に疑問を持ち始めた男性
「冷酷と激情のあいだvol.119〜女性編〜」では、同棲の話が出ている恋人・タケオさん(44歳/仮名)とのペット問題が勃...
並木まき 2022-12-03 06:00 ラブ
「私は犬、彼は猫」同棲前にペット問題勃発!不安を抱く女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-12-03 06:00 ラブ
論理的な男ってステキ♡でも彼氏にするなら絶対要注意のワケ
 合理的に行動できる人や、論理的に話せる人ってかっこいいですよね。私の経験上、こういう人は男性に多い気がします。  で...
おくげちゃん 2022-12-02 06:00 ラブ
“根こそぎ”食べるの勘弁して!「食べ尽くし系夫」賢い対処法
「食べ尽くし系夫」という言葉をご存知ですか? その名の通り、家の中の食べ物を全部食べてしまう夫のことです。家事に仕事に子...
恋バナ調査隊 2022-12-02 06:00 ラブ
“ひとり旅上手”こそ恋の好機 計画時からメリットしかない!
 旅行支援や激安チケットなどをきっかけに、観光地も賑わいを取り戻しつつあります。そんななか、ひとり旅をする女性も目につき...
内藤みか 2022-12-01 06:00 ラブ
これって束縛?彼氏が「女友達」と飲みに行くのは許せない!
 彼氏に対して束縛したくないし、めんどくさい女とも思われたくない……。  し、しかしですよ。 「女友達と飲みに行く」...
若林杏樹 2022-11-30 06:00 ラブ
“はずれ夫”を引いちまった!結婚を後悔させる男の賢い対処法
 結婚が決まったら、誰もが幸せな生活を想像するでしょう。しかし、実際の結婚生活は思った以上に難しいもの。一緒に生活したら...
恋バナ調査隊 2022-11-30 06:00 ラブ
クロ確定の証拠入手先は? ツメ甘男の浮気を見抜いたエピ3選
 あなたは「私の彼は絶対に浮気しない」と言い切れますか? もしかしたら彼は、うまく隠しているだけで、今まさに浮気中かもし...
恋バナ調査隊 2022-11-28 06:00 ラブ
子作りの最後の機会でも…離婚→再婚を迷う女性の2つの悩み
「冷酷と激情のあいだvol.118〜女性編〜」では、不倫相手である菜摘さん(38歳・仮名)が「離婚する」と言いながら一向...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
子なし女とプチ遠距離不倫に悩む男「いつまで待たされる?」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
「パイパイほしいでちゅ」妻号泣!夫⇔不倫女のアウトなLINE
 世間を騒がす芸能人や著名人の不倫報道。いざ自分の身に降りかかったらあなたはどうしますか?  今回は信頼していた...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
浮気男がかます「言い訳あるある」大全 彼の口癖と比べてみて
 浮気している男性は、必死に隠そうとします。ただ「マニュアル本でもあるのか?」とつっこみたくなるくらい、ほとんどの男性が...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
「処女妻」初夜の儀式 夫公認でセレブ義父母の性奴隷に… #1
 セレブ家庭に嫁いで間もないR子さん(25歳主婦/子供なし)。サラサラのセミロングヘアにひな人形のように愛らしい顔立ちは...
蒼井凜花 2022-12-02 13:24 ラブ
新海誠作品「言の葉の庭」は“年下男子に好かれるツボ”だらけ
 年上女性と年下男性を描いた映画はたくさんありますが、そのなかでも男性の人気が高いのは『言の葉の庭』。 『すずめの戸締...
内藤みか 2022-11-24 06:00 ラブ