初心者は気をつけて!マッチングアプリに潜む“3つのワナ”

内藤みか 作家
更新日:2020-11-12 06:00
投稿日:2020-11-12 06:00
 長引くウィズコロナ生活により、出会いのシーンも大きく変わり始めています。そんななか、活発なのはマッチングアプリ。自宅にいながらにして異性と知り合えるので、巣ごもり生活にはぴったりなのです。けれど初心者が引っかかりやすいワナもあるので気をつけましょう。

コロナ禍でマッチングアプリが人気

「新しい生活様式」でマッチングアプリが人気だけど…(写真:iStock)
「新しい生活様式」でマッチングアプリが人気だけど… (写真:iStock)

 人が大勢集まる婚活パーティーをまだ少し怖いと感じる人が少なくありませんが、アプリで出会うのなら感染の心配は全くありません。そのため、今まではパーティーに出会いを求めていた女性も続々マッチングアプリを始めるようになりました。けれど、初心者ゆえのリスクがそこにはつきまとっています。

「マッチングアプリで知り合った男性に大金をだまし取られた」などという報道も以前からあります。

 アプリには真剣に交際相手を探しているわけではなく、遊びたいだけの人やお金目当ての人も大勢いるということを忘れないようにしましょう。簡単にお金を出さないのは当然として、アプリ初心者が陥りやすいワナを3つご紹介します。

気をつけたい「3つのワナ」

家に誘われたら要注意!(写真:iStock)
家に誘われたら要注意! (写真:iStock)

既婚者が潜んでいる

 マッチングアプリで知り合い、男女の関係になってから「実は既婚者だ」と知らされる……。初心者が既婚者にだまされるケースが何例もあります。初心者ゆえに「アプリで知り合う人は独身ばかり」だと思い込んでしまいがちですが、既婚者が独身だと嘘をついて潜り込むことがあるので、相手を信じすぎないことが必要です。

 本気で好きになってから既婚だと知り、泣く泣く不倫関係をスタートさせた女性もいますが、人を騙すような男性には、勇気を出してこちらからNOと伝えるべきでしょう。こうした男性に遭遇しないためには「独身証明書」の提出を義務づけているようなきちんとした婚活サイトを選ぶのが一番です。

【あわせて読みたい】マッチングアプリで“ヤリ目男”を見抜く術!既婚男性にも注意

密室にならないようにする

 また、新型コロナウイルスを言い訳に「外は危ないから、僕の部屋に来ない?」と誘う男性が急増しています。夜遅く会った時に、夜の街が軒並み時短営業だったため空いている店がなく、誘われるままに彼の部屋で飲むことになった女性がいましたが、お酒が進むにつれて男性のボディタッチが激しくなり、男女関係を強要され窮地に陥ってしまったのです。

 望まない関係にならないためにも、初対面では密室状態にならないことが肝心です。女性の肉体だけが目当ての男性に狙われてしまう危険があります。カラオケボックスやネットカフェも密室のようなものですから慎重になったほうがいいでしょう。地方では待ち合わせ場所で会ってすぐに男性の車に乗る女性がいますが、人がいないところに連れて行かれ、車中で関係を迫られる人もいるのでおすすめできません。

すぐに会わず、じっくりやり取りを

 マッチングアプリですぐに会いたがる男性は、セックスだけが目的である場合が少なくありません。会ったその日にエッチをしたら、それっきり連絡が来なくなったという女性も何人もいます。感染症が流行しているなか、相手の女性の安全に配慮せず、会うことをせかす男性がいたら、誠意を疑ってもいいかと思います。

【あわせて読みたい】それでも出会い系で「すぐ会える人」を探す男性たちの事情

 マッチングアプリで知り合い、結婚まで進むようなカップルは、最初にたくさんのメールを交わし、お互いのことを知り合ってから実際に会うことが多いようです。なかには1年近くずっとメールだけをやり取りしていたというカップルもいるほど。特に遠距離の場合、なかなか会えないのですが、それでもメールをきちんと返してくれるような男性は、信頼度も高いのでしょう。

自分に合うサイトを選んで

アプリ選びは慎重に(写真:iStock)
アプリ選びは慎重に (写真:iStock)

 気になるのは、初心者の女性はアプリのチョイスを間違えやすいところ。婚活をしたい女性なのに、遊び目的の男性が多いアプリを選ぶなど、首をかしげたくなるような選択をしていることがあるのです。

 真剣に婚活をしたいのなら、真剣に結婚相手を探している男性が大勢集まっているようなアプリやサイトを選びましょう。月額料金などがかかる場合もあるかもしれませんが、それだけ良質の出会いがあるのかもしれません。マッチングアプリはたくさんあるので、そのなかから自分の目的に合っているものをしっかりと選びましょう。

ラブ 新着一覧


これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
“性欲&食欲”忠実あれ!アラフォーの恋愛こそ食の好みも大事
 大人の恋愛の相性を考える時に大事だとされるのが「体の相性」と「食の好み」です。ただ、多くの女性は「体の相性が合わないの...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
「結婚のメリットがわからない」と彼 意識改革“必勝”術あり〼
 パートナーとの関係は良好で自分は結婚したいけれど、相手に将来のことを聞いてみると「結婚のメリットがわからないから……」...
若林杏樹 2022-05-11 06:00 ラブ
「お金を出さない彼氏」のトリセツ!“ヒモ男”を卒業させる法
 楽しみにしていた彼氏とのデートで、「お金がないから」とケチなデート内容にされたり、割り勘になったりすると、なんとなくも...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
「恋愛と結婚は別」ラブラブが続くとは思ってないけども…!
 若い頃はラブラブな結婚生活が続くと思っていた人が多いでしょう。でも、実際に結婚してみると厳しい現実を知ることになります...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ