ほっこり冬の幸せ!天使の口づけ「パンジー&ビオラ」の育て方

斑目茂美 開運花師
更新日:2020-11-11 06:35
投稿日:2020-11-11 06:00
 暦は立冬を迎えました。ぼちぼち寒くなり、あたりが秋から冬の気配へと変わり始めると、お花好きの皆さま「今年もそろそろよね〜」のワクワクが始まるのでございます。そう。冬のガーデニングのド定番! パンジー&ビオラでござんすよ。
 天候・気温を気にしながら、毎年「今年はいつからスパートかけるか!」と探っているお花屋さんが多いと思われます。それだけ、冬のド定番であるこの商材は売れるのでございますよ。ということで、今回は「全部の運気をあげちゃうか!?パンジー&ビオラ」の解説でございます。

パンジー&ビオラの違いってなんですか?

 “愛の神キューピットが地上に咲く白いスミレの花に自分たちの面影をうつすため、3回キスをしたから色が三色になった……”と、ローマ神話の中に書かれている「パンジー」、昔は「三色スミレ」なんぞと呼ばれておりました。

 ですが、いまや三色の色どころか、もはやその形すら「え~っ!」と思わず声が出ちゃうような変貌を遂げているパンジー&ビオラ。スタンダードな花弁、淵にフリルがついた花弁、全部がフリフリもっこりな花弁……象の鼻みたいな形もあればウサギの耳みたいな形もございます。

 パンジーとビオラの違いは、花の大きさの違い

 花径が5センチ以上はパンジー、以下ならビオラと言われておりますが、大きさですらバリエーションが多すぎて曖昧。ゆえに、「可愛いからもうどっちでもいいや」って言いたくなるのは、ワタクシだけではないはず。さまざまな種類、色、形があるのも、それだけ超が付くほどの人気品種だ、ということでございます。

 品種改良を重ねてきたパンジー&ビオラは園芸ビギナーでも抵抗なく秋から春にかけて長い期間楽しませてくれる、本当に最高の優良選手なお花でございますわよね。

 ワタクシ、正直に申し上げると、最初にちゃんとした土で植え込みさえすれば、あとは放置プレイでも勝手に綺麗に咲くのがパンジー&ビオラぐらいに思っております。

 ですが、実は彼らが自ら持つポテンシャルをフルに発揮するか否かはアナタ次第だということを、ここでお伝えさせていただきます。

パンジー&ビオラを上手に育てる3つのコツ

 気負いなく育てられるのが、パンジー&ビオラの良いところ。

 ですが、アナタがちょっとしたコツを知って実践することで、あまりの素晴らしい成果に「やればできる子だったわ、私」という気分に浸れるかもしれません。

1. こんもりモッコリお花をいっぱいつけるためには?

 お花屋さんであるワタクシにお客様からよく聞かれる質問の一つが、「思ったより株が大きくならないけど、栄養が足らないせい?」ということ。

 それもなきにしもあらずですが……。実はパンジー&ビオラは、「頂芽優勢(ちょうがゆうせい)」という性質を持っております。これは、“茎の先端にある芽(頂芽)の生長の方が、茎の脇につく脇芽よりも優先されちゃう、という意味なのでございます。

 一般的な植物って、たいがいは「頂芽優勢」の性質を持っております。この性質を持つ植物を上手に育てるには、芯の茎の先端をカットする「摘心(てきしん)」と呼ばれる作業を行うのがコツ。ワタクシはこの作業を「先っちょピンチ」と呼んでおりますが、摘心をしないでそのまま育ててしまうと優先された茎だけが伸びて、脇芽の生長は抑制されてしまうのでございます。

 別に摘心をしなくても勝手に分枝することもございますが、パンジー&ビオラは摘心してあげるとモッコリこんもりと脇枝が繁り、たくさんのお花を株いっぱいにつけてくれるので、ぜひ摘心(先っちょピンチ)をされることをオススメいたします。

 作業のタイミングは、植え込んでしっかり根付いてから……と言いたいところですが、意外と植えてすぐでも大丈夫。株元に葉を数枚残す程度でバッサリ切るので、まだ苗が小さいうちにやらないとアナタの決心が揺らぎます。早めの御決断を。2、3週間もすればモリモリと脇芽が出てきて、「おー!」ってなりますわよ。

2. 切り戻しはこまめに

 お客様からよくあるご質問のもう一つは、「茎だけがヒョロヒョロ伸びて花が咲かない」ということ。

 この状態を、「徒長(とちょう)」と呼びますが、徒長した茎を発見したときは迷わず成敗!でございます。茎が枝分かれしている部分のもとをたどると脇芽が出ておりますので、その脇芽のチョイと上で切っていただければ大丈夫。結構、バッサリいっちゃってくださいませ。

 ですが、株全体がどうやら病いだわ〜っていうぐらい、ヒョロヒョロって場合もございます。そんな時は、思い切りバッサリ成敗でお願いいたします。でも、葉は多少残してくださいね。

 切れば切るほど次の花が咲くまでに時間がかかりますが、いずれはしっかりとした茎にたくさんの花が咲くことが期待できますので、ご安心くださいませ。

3. 枯れた花は早めに取り除く

 当然でございますが、お花が咲き終わると子孫を残すために種ができます。パンジー&ビオラは株いっぱいにお花を咲かせるので、これがみんな種を作ってしまうと、花株の立場に立ってみたらたまったもんではございません。

 子孫を残すことにエネルギーを使い果たして死んじゃったり、花がらにカビが生えたり腐ったりで、株自体が病気になったりしてしまいますのよ。

 ゆえに、花がら摘みの目的は「見た目をよくする」ということも勿論ですが、「健康な株の寿命を守る」という大きな意味があるのでございます。ぜひ、こまめなお掃除をお願い致します。

幸運を呼ぶパンジー&ビオラの飾り方

パンジーのお庭は巡回パトロールのコースに入っています by さぶ店長
パンジーのお庭は巡回パトロールのコースに入っています by さぶ店長

 前述の通り、パンジー&ビオラはお色が大変豊富であるがゆえ、バラカーネーションのように、色によって花言葉も違いますし、期待できる風水の効能などが変わってくるようでございます。

 健康・恋愛・金運etc……なんでもかんでも「ラッキーCome on!!」と思っているアナタ。

 パンジー&ビオラを、とにかくいろいろな色でカラフルに植え込むことをおススメ致します。黄色、ピンク、ラベンダー、オレンジなど、景気よく華やかに。お庭だけでなく、できればお玄関にも寄せ鉢として飾られてはいかがでしょうか?

【あわせて読みたい】四季を感じて心の癒しと希望をアナタに…植物生活のススメ#1

 玄関はまさしく「運気の入口」でございます。そして、「土」「花」「水」という縁起を呼ぶものがある、というのも大きなポイントでございますよ。ぜひお試しあれ。

 色とりどりのパンジーとビオラがアナタのお家に幸運を呼び寄せてくれることを、遠いお空の向こうからお祈りしておりますよ~。

斑目茂美
記事一覧
開運花師
半導体エンジニアを経て花業界に転身。イベント・ホテルなどの装飾も手がける生花店を営む傍ら、コンテストで優勝・入賞を重ね、雑誌・新聞等に作品を発表する。神奈川各所にて花教室を開催。障害者支援も花で実践。悩ましくも素敵なお客様を「花」で幸せへと導く道先案内人。ブサかわ猫店長「さぶ」ともに奮闘中。Facebookやってます。

ライフスタイル 新着一覧


【45歳からの歯科矯正】ワイヤー装着し14カ月、別のワイヤー着けた!?
 昨年4月に歯科矯正(表側のワイヤー矯正)を始め、14カ月が経ちました。「やり始めてしまえば、あっという間ですよ」(主治...
【独自】ホスト嫌いのラッパーが歌舞伎町に喝!「ポンコツどもを俺が鍛える」RYKEY DADDY DIRTYインタ
 東京・八王子に生まれ、中学生の頃から暴走族やギャングといったアウトローの世界を生きてきたラッパー、RYKEY DADD...
【独自】全身タトゥーや元受刑者も⁉️ 歌舞伎町に誕生したラッパーだらけのホストクラブが異次元だった
 なにかと悪評が絶えないホストクラブ業界の聖地、新宿・歌舞伎町に斬新すぎるお店が誕生。人気ラッパーで発信力も持ち、インフ...
大バズり流行語5選、理解してる?40代でも話についていけるように解説
 2024年も半分が過ぎ、振り返ると今年の上半期もさまざまな流行語が登場しました。40代の皆さんが聞き馴染みのない言葉も...
330円って本気? 職人が作る高見えグッズ、ダイソー姉妹店で見つけた!
 ダイソーが提案する新しいブランド「スタンダードプロダクツ」で、日本が誇る職人技の商品をコスパ良くゲットしてきました。 ...
現金より危険な面も…「電子マネートラブル」よくある事例と3つの対策法
 近年、現金を持ち歩かず、電子マネーを利用する人が増えていますが、それに伴って急増しているのが、電子マネートラブルです。...
親子でしっぽシマシマ隊! チビ“たまたま”がすくすく育ちますように
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
命がけで庭の雑草駆除、今年もやるの?ローメンテを叶える夏の雑草対策
 雑草が気になる季節になりました。「雑草」という植物なんて無いねえ~と言われちゃえばそれまでですが、道端はまぁいいとして...
トレンド入り「猫ミーム」インフルエンサーの投稿じゃないのになぜバズる
 2024年春、突如日本のSNSシーンで流行し始めた「猫ミーム」というカルチャー。日本だけでなく、今世界で流行し、そして...
え、ハブられてる? ママ友に嫌われる言動ランキング&上手に付き合う術
 子育て中の女性が必ず直面する「ママ友との付き合い」。気の合う人に出会えれば、情報交換や悩みごとを共有できる仲間として心...
カスハラとクレームの違い 料理が30分経っても出ないから文句言ったら?
 パワハラ、セクハラ、モラハラ…。最近何かと「ハラスメント」という言葉を耳にしますよね。その中でもここ数年でよく見聞きす...
「風呂キャンセル界隈」失敗談 足の臭いでバレ!自分を奮い立たせる方法
 ネットスラングで「風呂キャンセル界隈」というワードが話題になっています。読者の皆さんの中にも、その日の入浴をキャンセル...
丸見え族、参上! うさぎシッポの“たまたま”君にロックオン
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
何をそんなに怒っているのだ?
 何をそんなに怒っているのだ?  東京都庁近くにて。
ほっこり癒し漫画/第75回「ヘルプみーこ」(後編)
【連載第75回】  ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、「コクハク」に登場! 「しっぽのお...
【難解女ことば】「小女子」ってなんて読む? ヒントはご飯が進むもの。
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...