開運花師が解説します ピンクのバラを恋愛お助けアイテムに

斑目茂美 開運花師
更新日:2019-05-25 06:00
投稿日:2019-05-25 06:00
 はじめまして。あなたを幸せに導く一番簡単で手軽な開運アイテム「花」を分かりやすく解説させていただきます、ワタクシ、開運花師・斑目茂美と申します。
 毎日を笑顔で過ごせる極意をワタクシの武器である「花」で皆様を導くべく、我が開運花屋猫店長「さぶちゃん」と共に、時には開運アイテム「花」に吸い寄せられてやってくる悩ましくも可笑しなお客様のご紹介もしながら、道案内をさせていただきたく存じます。

みんな大好き「バラ」のお話

今回のお花はバラ(C)斑目茂美
今回のお花はバラ (C)斑目茂美

 さて、「花」がなぜ開運アイテムか……?

 風水においても生き物である「花」は格別。

 生きた花は「生気」という気を生み出しており、周りの気を活性化して良くする効果があるのです。どんな花でもOK。正直、道端にかわいらしく咲いているタンポポを見ただけでも元気が出るってもんでございます。

 家や職場、etc..…。どんな場所でも、たった1本の花があるだけで運気UPに繋がります。とはいえ、「なりたい自分」になるためにはどんな花をチョイスするのか。さらに効果的に飾るには?

 知りたいですよね~~。

 今回は、みんな大好き「バラ」についてお話したいと思います。

愛と美の花「バラ」はエネルギーの塊!

バラの花言葉のキーワードは「愛」(写真:iStock)
バラの花言葉のキーワードは「愛」 (写真:iStock)

 バラの持つ「気」は広範囲にとても強い「愛」や「みなぎる力」のエネルギーをあなたに与えます。たとえ一本でもその効果は絶大!

 色や本数によって変わる多くのバラの花言葉のキーワードは「愛」です。

 美しい地上のバラは愛と美の女神「アフロディーテ」とともにこの世に誕生したと言われています。(そもそもアフロディーテ自体、鎌でたたっ切られた男性自身が海に投げ捨てられて、そこから出てきた泡から生まれたというのですから、別な意味でも「みなぎる力」に間違いござんせん)

 バラの絶大エネルギーは、色によっても花の持つ「気」のエネルギーが変わってきます。目的別に、その日飾る花の色を選んでみるのもいいかもしれませんね。

恋愛と結婚…助けて!ピンクローズ!

寝室にピンクのバラを飾って恋愛運アップ(C)斑目茂美
寝室にピンクのバラを飾って恋愛運アップ (C)斑目茂美

 ピンクのバラは「愛情」のエネルギーを周囲に放ちまくります。このみなぎる「愛情」エネルギーを一体なんに使ってくれようか!

 開運花師としては、やはり恋愛のお助けアイテムとして利用されることをオススメいたします。

 素敵な恋愛をしたい方、幸せな結婚をしたい方は、このピンクバラのラブエネルギーを取り入れてください!

 オススメは……

 白い陶器で寝室に飾りましょう。ガラスの花瓶も恋愛運アップには効果があります。プラスチックはNG。ペットボトルなんてもってのほかでござんす(笑)。

 たった1本でも大丈夫。ただし、必ず生花であること!ここがポイント。短く切れば、しおれる心配も軽減されて、なお良し!!

 できれば器の下に何か敷く事もオススメします。コースターでも布でもなんでも。せっかくの運気が下に流れてしまうので、もったいないですよ。

 そしてもし余裕があったなら、ローズゼラニウムもグリーン代わりに一枝そえてもよいかも。ローズにも似た芳しい香りを寝ている間に取り込むことで、女性ホルモンの分泌を調整してくれる効果もあり、お肌もツヤツヤになるかもしれませんよ。

 眠っている間に女性ホルモンをバンバン出して、どうぞ夢の中で悶絶してください。

 ピンクバラの持つラブパワーを借りて、愛情運をアップしてください!!

 遠いお空の向こうから、ご健闘をお祈り致しますよ~~。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
 すっかり朝晩冷え込むようになりました。猫も人間も、冷えと寝不足は万病のもと。  きょうは、温まった防波堤のコンク...
FILM
 朝活というと「睡眠時間が短くなる」「日中眠くなりそう」など、デメリットばかりに目が行きがち。仕事やプライベートが忙しい...
FILM
 仕事で疲れて帰ってきた時、嫌なことがあった時、お気に入りのお部屋が迎えてくれるとホッとするもの。自分の好きな物、落ち着...
FILM
 ライブ配信は、まさに魑魅魍魎(ちみもうりょう)がうごめく世界。今日も今日とて、多くのライバーやリスナーは、配信をめぐっ...
FILM
 せっせとにゃんたまωのお手入れをしている男の子に出逢いました。  気づかれないようにそっとカメラを構えたつもりが...
FILM
 ここはビル街の袋小路――。その突き当たりの地下に店を構える「パブスナック どろんぱ」には、今日もたくさんの悩めるお客と...
FILM
「ねーさん、こいつはオススメだから今のうちに買っときな」  半袖を着ようか、長袖を着ようか迷うような頃。「本日、ワ...
FILM
 ママ友同士の間で、「◯◯くん、走るの速くてすごいね」とか、「◯◯ちゃんって、お人形さんみたいに可愛いね!」なんて、子ど...
FILM
 きょうは、カッコイイにゃんたまω様の漢(オトコ)の後ろ姿です。  女の子が惚れちゃう男の後ろ姿というのは、トラッ...
FILM
 みなさん、こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。婚活や恋愛のコンサルをしている私自身が、結婚後に女...
FILM
 ライブ配信は、まさに魑魅魍魎(ちみもうりょう)がうごめく世界。今日も今日とて、多くのライバーやリスナーは、配信をめぐっ...
FILM
 きょうは、海を見下ろすお宅の庭、昼下がりのデート中に失礼します。  この地域のマドンナである聡明で美人のサビ猫を...
FILM
 お花屋さんであるワタクシではございますが、毎日のお仕事の中で「あぁ!神様~!」と思ってしまう瞬間がございます。しかも、...
FILM
 日常生活に欠かせなくなったLINEですが、意外にもLINEが原因で「マナーのない人」という悪いイメージを持たれてしまう...
FILM
 きょうは、目を凝らして御覧ください。ニャンタマニアのみなさま、見えるでしょうか?  恋に挑むにゃんたま君が3匹ω...
FILM
 たとえ同じ環境で育ってきたとしても、人はそれぞれ性格が異なります。中には、ポジティブな友達を見るたびに、「羨ましい」と...