開運花師が解説します ピンクのバラを恋愛お助けアイテムに

斑目茂美 開運花師
更新日:2019-05-25 06:00
投稿日:2019-05-25 06:00
 はじめまして。あなたを幸せに導く一番簡単で手軽な開運アイテム「花」を分かりやすく解説させていただきます、ワタクシ、開運花師・斑目茂美と申します。
 毎日を笑顔で過ごせる極意をワタクシの武器である「花」で皆様を導くべく、我が開運花屋猫店長「さぶちゃん」と共に、時には開運アイテム「花」に吸い寄せられてやってくる悩ましくも可笑しなお客様のご紹介もしながら、道案内をさせていただきたく存じます。

みんな大好き「バラ」のお話

今回のお花はバラ(C)斑目茂美
今回のお花はバラ (C)斑目茂美

 さて、「花」がなぜ開運アイテムか……?

 風水においても生き物である「花」は格別。

 生きた花は「生気」という気を生み出しており、周りの気を活性化して良くする効果があるのです。どんな花でもOK。正直、道端にかわいらしく咲いているタンポポを見ただけでも元気が出るってもんでございます。

 家や職場、etc..…。どんな場所でも、たった1本の花があるだけで運気UPに繋がります。とはいえ、「なりたい自分」になるためにはどんな花をチョイスするのか。さらに効果的に飾るには?

 知りたいですよね~~。

 今回は、みんな大好き「バラ」についてお話したいと思います。

愛と美の花「バラ」はエネルギーの塊!

バラの花言葉のキーワードは「愛」(写真:iStock)
バラの花言葉のキーワードは「愛」 (写真:iStock)

 バラの持つ「気」は広範囲にとても強い「愛」や「みなぎる力」のエネルギーをあなたに与えます。たとえ一本でもその効果は絶大!

 色や本数によって変わる多くのバラの花言葉のキーワードは「愛」です。

 美しい地上のバラは愛と美の女神「アフロディーテ」とともにこの世に誕生したと言われています。(そもそもアフロディーテ自体、鎌でたたっ切られた男性自身が海に投げ捨てられて、そこから出てきた泡から生まれたというのですから、別な意味でも「みなぎる力」に間違いござんせん)

 バラの絶大エネルギーは、色によっても花の持つ「気」のエネルギーが変わってきます。目的別に、その日飾る花の色を選んでみるのもいいかもしれませんね。

恋愛と結婚…助けて!ピンクローズ!

寝室にピンクのバラを飾って恋愛運アップ(C)斑目茂美
寝室にピンクのバラを飾って恋愛運アップ (C)斑目茂美

 ピンクのバラは「愛情」のエネルギーを周囲に放ちまくります。このみなぎる「愛情」エネルギーを一体なんに使ってくれようか!

 開運花師としては、やはり恋愛のお助けアイテムとして利用されることをオススメいたします。

 素敵な恋愛をしたい方、幸せな結婚をしたい方は、このピンクバラのラブエネルギーを取り入れてください!

 オススメは……

 白い陶器で寝室に飾りましょう。ガラスの花瓶も恋愛運アップには効果があります。プラスチックはNG。ペットボトルなんてもってのほかでござんす(笑)。

 たった1本でも大丈夫。ただし、必ず生花であること!ここがポイント。短く切れば、しおれる心配も軽減されて、なお良し!!

 できれば器の下に何か敷く事もオススメします。コースターでも布でもなんでも。せっかくの運気が下に流れてしまうので、もったいないですよ。

 そしてもし余裕があったなら、ローズゼラニウムもグリーン代わりに一枝そえてもよいかも。ローズにも似た芳しい香りを寝ている間に取り込むことで、女性ホルモンの分泌を調整してくれる効果もあり、お肌もツヤツヤになるかもしれませんよ。

 眠っている間に女性ホルモンをバンバン出して、どうぞ夢の中で悶絶してください。

 ピンクバラの持つラブパワーを借りて、愛情運をアップしてください!!

 遠いお空の向こうから、ご健闘をお祈り致しますよ~~。

ライフスタイル 新着一覧


「ナンキンハゼ」知ってる? 白い実×♡の葉で“ずるかわいい”
 本格的な寒さを迎え、楽しいイベントが目白押しで心が躍る気分でございます。加えて、通勤途中、車窓から眺める公園や道路脇に...
予言より的中!七色翡翠の12星座別パワーワード占い【12月】
 日本ではタロットカードやオラクルカードに比べると、知名度が低いルノルマンカード(※)ですが、「ルノルマンのほうが当たる...
おばあちゃんになっても恋したい? 2022.11.30(水)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
値上げの冬に負けない!一人暮らしの「防寒術」侮るべからず
 冬の一人暮らしって、家族と過ごすよりも寒く感じますよね……。とはいえ、値上がりする電気代に困っている人も多いはず。今回...
あなたは受け恋?追い恋?11月28日~12月4日エレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“たまたま”のごはん場へGO!みんなで仲良くたくさん食べてね
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
観葉植物がすぐ枯れる!購入前に知りたい5つの原因と選び方
 部屋の中に観葉植物があると、それだけで素敵な雰囲気に変わりますよね。しかし、観葉植物を枯らしてしまった経験があると、欲...
最期のLINEは「大好きだよ」忘れられない女友達の感動の言葉
 あなたにとって女友達とはどのような存在でしょうか? もしかしたらその友達は、あなたを救う女神様かもしれません。  今...
この季節特有? 浮足立つ気持ちは何だろう 2022.11.27(日)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
誰かに紹介する?したくない?付き合う人の選び方は単純明快
 親や先輩から「付き合う人は選んだほうがいいよ」と言われた経験はありませんか?  お恥ずかしいのですが、私は30歳に...
「授乳するの気持ち悪い」と落ち込んだ日 2022.11.25(金)
 皆さん、授乳にどんなイメージを持っていますか。母と子が触れ合う大切な時間? 母親が自らの栄養を子に分け与える神聖な行為...
汚部屋ではないけれど…「片づけられない女」を卒業したい!
 自分の部屋を見回したとき「ぐちゃぐちゃしてる」「誰にも見られたくない」と感じる人は、もしかすると「片付けられない女」か...
日向ぼっこで免疫力アップ! 自慢の“たまたま”もフワフワに
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
花屋解説!コロナ禍の「喪中ハガキ・メール」お悔やみマナー
 今年もあと1カ月程度。猫店長「さぶ」率いる我がお花屋さんも、年末の準備をしなければいけない時期になっておりました。 ...
【アラフォー子羊の悩み】夫と10年レス、女として終わり?
 「予言より当たる!」と話題沸騰! 毎月お届けしているルノルマンカード(※)の「星座別パワーワード占い」が人気を集めてい...
「勤労感謝の日」働く自分やあの人に感謝!2022.11.23(水)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...