風水で地位高し!心身を癒す神秘の花“シンピジューム”の威力

斑目茂美 開運花師
更新日:2020-11-25 06:00
投稿日:2020-11-25 06:00

老婦人のお庭に植えられていたのは…

シンピジュームを見ると思い出すお客様
シンピジュームを見ると思い出すお客様

 お花屋さんは、いろいろな方にお会いできる誠に楽しいお商売でございます。

 以前、定期的にお花を届けに伺っていた、年配のご婦人のお客様がいらっしゃいました。

「そのメガネ、一体どこに売っているんですか?」と心の中でつっこんでしまいたくなる、真ん丸のビン底メガネをかけたご婦人の大邸宅には、お部屋の三分の一を占めているであろう超立派なお仏壇がございました。

 ワタクシは、その大きな仏壇にふさわしい立派なお花をお届けに上がり、今ではソーシャルディスタンスが保てない距離まで顔を近付けて「花屋ですー!」とご挨拶。

 するとご婦人は「ご苦労様〜」と言いながら、ほぼ直角に曲がった腰を上げ、お花の代金をビン底メガネにくっつくほど近づけて確認した後、「は~い」と言って、私から若干ズレた横の位置に差し出す。まるで、ドリフのコントを彷彿とさせるようなやりとり。

 とても面白く可愛らしいおばあちゃまのお客様でございました。

 そんなご婦人の大邸宅のお庭には、伺うたびにギョッとしてしまうものが植えられてございました。

 普通の花壇には絶対にないもの……。シンピジュームなどのいわゆる「ラン」のお花を、まるでパンジーみたいに植えていたのでございます。

 ご婦人は「ずーっと咲いてるよ!」などとおっしゃられていましたが、お歳暮シーズンになると花壇に色とりどりの華やかなシンピジュームがどんどん増える不思議な光景。配達中でありながら、そのご婦人のお宅でおしゃべりに夢中になってしまっていたのを覚えております。

 胡蝶蘭を植えていたのを見た時には、さすがに「これはダメです」とお止めいたしましたけど……。

 ご婦人が体調を崩されてからはお会いすることがなくなってしまいましたが、冬になると今も懐しく思い出すのでございます。

 ということで、今週は「神秘の花 シンピジューム」の解説でございます。

斑目茂美
記事一覧
開運花師
半導体エンジニアを経て花業界に転身。イベント・ホテルなどの装飾も手がける生花店を営む傍ら、コンテストで優勝・入賞を重ね、雑誌・新聞等に作品を発表する。神奈川各所にて花教室を開催。障害者支援も花で実践。悩ましくも素敵なお客様を「花」で幸せへと導く道先案内人。ブサかわ猫店長「さぶ」ともに奮闘中。Facebookやってます。

ライフスタイル 新着一覧


現金より危険な面も…「電子マネートラブル」よくある事例と3つの対策法
 近年、現金を持ち歩かず、電子マネーを利用する人が増えていますが、それに伴って急増しているのが、電子マネートラブルです。...
親子でしっぽシマシマ隊! チビ“たまたま”がすくすく育ちますように
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
命がけで庭の雑草駆除、今年もやるの?ローメンテを叶える夏の雑草対策
 雑草が気になる季節になりました。「雑草」という植物なんて無いねえ~と言われちゃえばそれまでですが、道端はまぁいいとして...
トレンド入り「猫ミーム」インフルエンサーの投稿じゃないのになぜバズる
 2024年春、突如日本のSNSシーンで流行し始めた「猫ミーム」というカルチャー。日本だけでなく、今世界で流行し、そして...
え、ハブられてる? ママ友に嫌われる言動ランキング&上手に付き合う術
 子育て中の女性が必ず直面する「ママ友との付き合い」。気の合う人に出会えれば、情報交換や悩みごとを共有できる仲間として心...
カスハラとクレームの違い 料理が30分経っても出ないから文句言ったら?
 パワハラ、セクハラ、モラハラ…。最近何かと「ハラスメント」という言葉を耳にしますよね。その中でもここ数年でよく見聞きす...
「風呂キャンセル界隈」失敗談 足の臭いでバレ!自分を奮い立たせる方法
 ネットスラングで「風呂キャンセル界隈」というワードが話題になっています。読者の皆さんの中にも、その日の入浴をキャンセル...
丸見え族、参上! うさぎシッポの“たまたま”君にロックオン
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
何をそんなに怒っているのだ?
 何をそんなに怒っているのだ?  東京都庁近くにて。
ほっこり癒し漫画/第75回「ヘルプみーこ」(後編)
【連載第75回】  ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、「コクハク」に登場! 「しっぽのお...
【難解女ことば】「小女子」ってなんて読む? ヒントはご飯が進むもの。
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
最新「グダグダなLINEやり取りの終わらせ方」知らないのは無防備すぎる
 仕事からプライベートまで、コミュニケーションツールとして使えるLINE。便利かつ気軽ではありますが、それゆえにダラダラ...
スマホを持たないサブカル老人の願い「本屋に行く楽しみを奪わないで~」
 コミックや書籍など数々の表紙デザインを手がけてきた元・装丁デザイナーの山口明さん(63)。多忙な現役時代を経て、56歳...
クレクレママの実態 買い換えるなら「車くれない?」っておねだりする!?
 人のものをすぐに欲しがるクレクレママ、あなたの周りにはいませんか? おさがりなどをもらってくれて助かることもあるけれど...
44歳独身、今からでも遅くない?ズル休み→大学進学を決めた“無敵の女”
 八王子の居酒屋で契約社員として働く由紀は、信じていた学生バイトに蔑まれ、客の若者にも罵られる日々。見かねた学生バイトの...
私の時給はパフェより低い…置き去り氷河期世代の苦悩「感覚死んでる」
 八王子の居酒屋で契約社員として働く由紀は、特段面白みのない毎日を過ごしている。元気な学生バイトたちに囲まれ慌ただしい日...