願いは書けば叶う?ママ活男子の“夢見るプロフィール”の中身

内藤みか 作家
更新日:2020-11-26 06:00
投稿日:2020-11-26 06:00
 願いごとがあるのなら、それを書く(もしくはスマホなどに入力する)ことで、叶いやすくなるという話をよく聞きます。ママ活男子たちのプロフィールにも、夢が書き込まれていることが多いので、ご紹介してみます。

ママ活男子は夢いっぱい

書けば夢はかなう!?(写真:iStock)
書けば夢はかなう!? (写真:iStock)

 景気が良いとは言えないこの頃は、マッチングアプリでママ活行為を始めようとする男性が多くなってきました。見ず知らずの男性にお小遣いをくれるような景気の良いママさんに巡り会える人はほとんどいないと言われますが、ママ活アピールをする彼らはとにかく夢いっぱいでポジティブ。

 暗いニュースが目につくこのご時世なので、その根拠のない明るさがうらやましくなります。そして何より素晴らしいのは、彼らはマッチングアプリのプロフィール欄に、自分の夢を言語化しているというところ。気づかずに「夢は書けば叶う」というジンクスを実践してしまっているわけです。

欲しいものを明記する

サンタさんへの手紙は卒業したでしょ?(写真:iStock)
サンタさんへの手紙は卒業したでしょ? (写真:iStock)

 パパ活でもそうらしいのですが、自己紹介を書くところに「今まで使っていたブランド財布が壊れてしまったので急いで探しています」とか「ポールスミスの服が欲しいです」などと欲しいものを書いて自己主張する人が結構います。欲しいものを書くだなんて、サンタさんへの手紙と間違えているんじゃないかと思うほどです。

「そこの若者よ。お前の願いを叶えてあげましょう」などと大富豪の女性が現れ、それを買ってくれる確率はかなり低そうですし、願いをただ書けばいいというわけではなさそうです。けれど、無邪気に欲しいものを羅列していくと楽しそうなので、自分のスマホのメモ欄に書いていくのはいいかもしれません。

欲しいものの画像をアップする

物欲を満たすため?(写真:iStock)
物欲を満たすため? (写真:iStock)

 マッチングアプリでは、プロフィール画面に画像を数枚アップすることができるところもあります。大抵は1枚目は自分自身の顔画像、そして2枚目以降は別ショットの画像や、全身写真などが載っていますが、なぜかそこに高級ブランドのスニーカーや人気の男性向け高級化粧品などのアイテム画像を出している人がいます。つまりは自分はこれが欲しいのですというアピールなのです。

 なんとも図々しい話ですし、写真を出したからといって買ってもらえるわけでもないでしょう。けれどこれも、夢を叶える方法としては間違ってはいないのかもしれません。なぜなら、夢を書くときに、具体的なイメージを頭に刻み込むためにも画像も並べておくといいと言われているからです。

ダメ元で大きな夢を書く

魔法のランプの精でもありません(写真:iStock)
魔法のランプの精でもありません (写真:iStock)

 また、欲張りすぎてあれもこれもと、買ってもらいたいものを書き連ねたり「一緒にお買い物行ってください」と、何か買ってほしいアピールをする人もいます。もっとすごいと「留学したいのでその費用を支援してください」、「企業したい(なぜか”起業”ではなく”企業”と書く人が大勢いるんです!)ので開業資金お願いします」などスケールが大きいお願いをしている人もいます。

 彼らはどうやら、年上の女性のことを、打ち出の小槌のようになんでも買ってくれる存在だと勘違いしているようです。けれど夢は大きいほうが、スケールが大きい発想ができるようになるのかもしれないし、長い目で見ると、そんな自己紹介にどんな効果があったのかが体験できて、現実を知るいい機会になっているのかもしれませんね。

ママ活男子に不足していること

「期限」の大切さを学ぶいい機会?(写真:iStock)
「期限」の大切さを学ぶいい機会? (写真:iStock)

 このようにかなり具体的におねだりをしているママ活男子たちですが、彼らに決定的に足りていないことがあります。それは「日付」です。たとえば「2021年12月31日まで」などと期限を設けると、その日までに実現させるには今からどんな行動を取っていったらいいだろうと考えるきっかけになるので、スイッチが入りやすくなると言われているのです。

 そして彼らが忘れている最も大切なことは、相手の女性はサンタではなく生身の人間だと言うこと。褒められればうれしいし、ないがしろにされたら腹が立つものです。子どものように甘えておねだり攻撃するよりは、相手の女性を姫扱いしてエスコートしたほうが、お財布の紐をゆるめてもらいやすいはず。そこに気がつかず、自分の欲にまみれている状態のままでは、おいしい思いができる日は遠いと言えるでしょう。

ラブ 新着一覧


冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ
いくら美形でも…付き合いたくないモンスターイケメン体験談
 外見の良さは、人から評価されやすいものです。しかし、あまりに外見でちやほやされすぎると、コミュニケーション能力の欠如し...
ミクニシオリ 2021-06-15 06:00 ラブ
現実と向き合って!夫婦の問題から逃げるパートナーとの末路
 結婚って幸せの入り口だと思っていたのに……結婚生活を重ねるほどに浮上してくる、現実的な問題の数々。もしパートナーがこの...
七味さや 2021-06-14 06:00 ラブ
美魔女はモテる?モテない?年齢に負けずちやほやされるコツ
 少し前に流行った、「美魔女」という言葉をご存知ですか? 一般的な定義としては、“35歳以上の才色兼備の女性”のを指すよ...
恋バナ調査隊 2021-06-14 06:00 ラブ
すぐに実践♡ 男性を虜にする効果抜群の恋愛テクニック8選
 気になる男性ができた時、「誰にでも効果のある恋愛テクニックがあればいいのになぁ」と感じたことはありませんか? 今回は、...
恋バナ調査隊 2021-06-13 06:01 ラブ
もはや誤変換の神! 彼女から届いた笑える可愛いLINE5選♡
 恋人同士の連絡ツールであるLINEには、2人のいろいろな物語が詰まっています。今回はその中でも、愛しい彼女から届いた、...
恋バナ調査隊 2021-06-12 06:00 ラブ
妻一筋で不倫しません! 夫を虜にする妻が持つ“4つの共通点”
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。芸能人の不倫スクープが山ほどクローズアップされ、今や“女遊びは芸の肥やし”と...
山崎世美子 2021-06-12 11:11 ラブ
別居してお互い自由にしているし…離婚に応じない夫の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.42〜女性編〜」では、別居をして何度も離婚の話をするも、夫が合意してくれない女性・Sさんの苦...
並木まき 2021-06-13 22:12 ラブ
冷え切った関係なのに…夫に離婚を認めてもらえない妻の悲嘆
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-12 06:09 ラブ
キスは何回目のデートで?最適なタイミング&男性のサイン♡
 待ちに待った初デート♡「もしかしてキスされるのでは?」と、ドキドキしてしまいますよね。でも、それと同時に何度目のデート...
恋バナ調査隊 2021-06-11 06:05 ラブ
見極めが肝心! 不倫をする男性の7つの特徴&行動パターン
 永遠の愛を誓って結婚したはずが、夫の不倫で人生どん底……そんな目にあいたくないのは皆同じ。でも、リサーチしたところによ...
リタ・トーコ 2021-06-11 10:49 ラブ
フラれるかも…仕事人間の彼に言ってはいけない3つのセリフ
 仕事に没頭する彼。そしてそれを待つ女性。今までもよく見られた光景です。けれど、仕事を頑張る彼にNGワードを投げる女性が...
内藤みか 2021-06-10 06:00 ラブ
夫の二股浮気に愛想が尽き…離婚を決意した40代女性のケース
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-06-10 06:00 ラブ
興味ない男性からのありがちな勘違いアプローチ5選&対処法
 男性から好きになってもらえるのは、嬉しいものですよね。でも、その相手が自分が好意を抱いている男性とは限りません。時には...
恋バナ調査隊 2021-06-09 06:00 ラブ
スメハラは恋人しか気づけない? 100年の恋も冷めるニオイ話
 どんなに顔が好きでも、性格が合っていても。そのすべてを凌駕して恋愛関係を終わらせるものがあります。100年の恋も冷める...
ミクニシオリ 2021-06-08 06:00 ラブ
結婚相談所に初登録!“婚活スイッチ”が入ったまさかの一言
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 09:11 ラブ