願いは書けば叶う?ママ活男子の“夢見るプロフィール”の中身

内藤みか 作家
更新日:2020-11-26 06:00
投稿日:2020-11-26 06:00
 願いごとがあるのなら、それを書く(もしくはスマホなどに入力する)ことで、叶いやすくなるという話をよく聞きます。ママ活男子たちのプロフィールにも、夢が書き込まれていることが多いので、ご紹介してみます。

ママ活男子は夢いっぱい

書けば夢はかなう!?(写真:iStock)
書けば夢はかなう!? (写真:iStock)

 景気が良いとは言えないこの頃は、マッチングアプリでママ活行為を始めようとする男性が多くなってきました。見ず知らずの男性にお小遣いをくれるような景気の良いママさんに巡り会える人はほとんどいないと言われますが、ママ活アピールをする彼らはとにかく夢いっぱいでポジティブ。

 暗いニュースが目につくこのご時世なので、その根拠のない明るさがうらやましくなります。そして何より素晴らしいのは、彼らはマッチングアプリのプロフィール欄に、自分の夢を言語化しているというところ。気づかずに「夢は書けば叶う」というジンクスを実践してしまっているわけです。

欲しいものを明記する

サンタさんへの手紙は卒業したでしょ?(写真:iStock)
サンタさんへの手紙は卒業したでしょ? (写真:iStock)

 パパ活でもそうらしいのですが、自己紹介を書くところに「今まで使っていたブランド財布が壊れてしまったので急いで探しています」とか「ポールスミスの服が欲しいです」などと欲しいものを書いて自己主張する人が結構います。欲しいものを書くだなんて、サンタさんへの手紙と間違えているんじゃないかと思うほどです。

「そこの若者よ。お前の願いを叶えてあげましょう」などと大富豪の女性が現れ、それを買ってくれる確率はかなり低そうですし、願いをただ書けばいいというわけではなさそうです。けれど、無邪気に欲しいものを羅列していくと楽しそうなので、自分のスマホのメモ欄に書いていくのはいいかもしれません。

欲しいものの画像をアップする

物欲を満たすため?(写真:iStock)
物欲を満たすため? (写真:iStock)

 マッチングアプリでは、プロフィール画面に画像を数枚アップすることができるところもあります。大抵は1枚目は自分自身の顔画像、そして2枚目以降は別ショットの画像や、全身写真などが載っていますが、なぜかそこに高級ブランドのスニーカーや人気の男性向け高級化粧品などのアイテム画像を出している人がいます。つまりは自分はこれが欲しいのですというアピールなのです。

 なんとも図々しい話ですし、写真を出したからといって買ってもらえるわけでもないでしょう。けれどこれも、夢を叶える方法としては間違ってはいないのかもしれません。なぜなら、夢を書くときに、具体的なイメージを頭に刻み込むためにも画像も並べておくといいと言われているからです。

ダメ元で大きな夢を書く

魔法のランプの精でもありません(写真:iStock)
魔法のランプの精でもありません (写真:iStock)

 また、欲張りすぎてあれもこれもと、買ってもらいたいものを書き連ねたり「一緒にお買い物行ってください」と、何か買ってほしいアピールをする人もいます。もっとすごいと「留学したいのでその費用を支援してください」、「企業したい(なぜか”起業”ではなく”企業”と書く人が大勢いるんです!)ので開業資金お願いします」などスケールが大きいお願いをしている人もいます。

 彼らはどうやら、年上の女性のことを、打ち出の小槌のようになんでも買ってくれる存在だと勘違いしているようです。けれど夢は大きいほうが、スケールが大きい発想ができるようになるのかもしれないし、長い目で見ると、そんな自己紹介にどんな効果があったのかが体験できて、現実を知るいい機会になっているのかもしれませんね。

ママ活男子に不足していること

「期限」の大切さを学ぶいい機会?(写真:iStock)
「期限」の大切さを学ぶいい機会? (写真:iStock)

 このようにかなり具体的におねだりをしているママ活男子たちですが、彼らに決定的に足りていないことがあります。それは「日付」です。たとえば「2021年12月31日まで」などと期限を設けると、その日までに実現させるには今からどんな行動を取っていったらいいだろうと考えるきっかけになるので、スイッチが入りやすくなると言われているのです。

 そして彼らが忘れている最も大切なことは、相手の女性はサンタではなく生身の人間だと言うこと。褒められればうれしいし、ないがしろにされたら腹が立つものです。子どものように甘えておねだり攻撃するよりは、相手の女性を姫扱いしてエスコートしたほうが、お財布の紐をゆるめてもらいやすいはず。そこに気がつかず、自分の欲にまみれている状態のままでは、おいしい思いができる日は遠いと言えるでしょう。

ラブ 新着一覧


これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
“性欲&食欲”忠実あれ!アラフォーの恋愛こそ食の好みも大事
 大人の恋愛の相性を考える時に大事だとされるのが「体の相性」と「食の好み」です。ただ、多くの女性は「体の相性が合わないの...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
「結婚のメリットがわからない」と彼 意識改革“必勝”術あり〼
 パートナーとの関係は良好で自分は結婚したいけれど、相手に将来のことを聞いてみると「結婚のメリットがわからないから……」...
若林杏樹 2022-05-11 06:00 ラブ
「お金を出さない彼氏」のトリセツ!“ヒモ男”を卒業させる法
 楽しみにしていた彼氏とのデートで、「お金がないから」とケチなデート内容にされたり、割り勘になったりすると、なんとなくも...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
「恋愛と結婚は別」ラブラブが続くとは思ってないけども…!
 若い頃はラブラブな結婚生活が続くと思っていた人が多いでしょう。でも、実際に結婚してみると厳しい現実を知ることになります...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ