願いは書けば叶う?ママ活男子の“夢見るプロフィール”の中身

内藤みか 作家
更新日:2020-11-26 06:00
投稿日:2020-11-26 06:00
 願いごとがあるのなら、それを書く(もしくはスマホなどに入力する)ことで、叶いやすくなるという話をよく聞きます。ママ活男子たちのプロフィールにも、夢が書き込まれていることが多いので、ご紹介してみます。

ママ活男子は夢いっぱい

書けば夢はかなう!?(写真:iStock)
書けば夢はかなう!? (写真:iStock)

 景気が良いとは言えないこの頃は、マッチングアプリでママ活行為を始めようとする男性が多くなってきました。見ず知らずの男性にお小遣いをくれるような景気の良いママさんに巡り会える人はほとんどいないと言われますが、ママ活アピールをする彼らはとにかく夢いっぱいでポジティブ。

 暗いニュースが目につくこのご時世なので、その根拠のない明るさがうらやましくなります。そして何より素晴らしいのは、彼らはマッチングアプリのプロフィール欄に、自分の夢を言語化しているというところ。気づかずに「夢は書けば叶う」というジンクスを実践してしまっているわけです。

欲しいものを明記する

サンタさんへの手紙は卒業したでしょ?(写真:iStock)
サンタさんへの手紙は卒業したでしょ? (写真:iStock)

 パパ活でもそうらしいのですが、自己紹介を書くところに「今まで使っていたブランド財布が壊れてしまったので急いで探しています」とか「ポールスミスの服が欲しいです」などと欲しいものを書いて自己主張する人が結構います。欲しいものを書くだなんて、サンタさんへの手紙と間違えているんじゃないかと思うほどです。

「そこの若者よ。お前の願いを叶えてあげましょう」などと大富豪の女性が現れ、それを買ってくれる確率はかなり低そうですし、願いをただ書けばいいというわけではなさそうです。けれど、無邪気に欲しいものを羅列していくと楽しそうなので、自分のスマホのメモ欄に書いていくのはいいかもしれません。

欲しいものの画像をアップする

物欲を満たすため?(写真:iStock)
物欲を満たすため? (写真:iStock)

 マッチングアプリでは、プロフィール画面に画像を数枚アップすることができるところもあります。大抵は1枚目は自分自身の顔画像、そして2枚目以降は別ショットの画像や、全身写真などが載っていますが、なぜかそこに高級ブランドのスニーカーや人気の男性向け高級化粧品などのアイテム画像を出している人がいます。つまりは自分はこれが欲しいのですというアピールなのです。

 なんとも図々しい話ですし、写真を出したからといって買ってもらえるわけでもないでしょう。けれどこれも、夢を叶える方法としては間違ってはいないのかもしれません。なぜなら、夢を書くときに、具体的なイメージを頭に刻み込むためにも画像も並べておくといいと言われているからです。

ダメ元で大きな夢を書く

魔法のランプの精でもありません(写真:iStock)
魔法のランプの精でもありません (写真:iStock)

 また、欲張りすぎてあれもこれもと、買ってもらいたいものを書き連ねたり「一緒にお買い物行ってください」と、何か買ってほしいアピールをする人もいます。もっとすごいと「留学したいのでその費用を支援してください」、「企業したい(なぜか”起業”ではなく”企業”と書く人が大勢いるんです!)ので開業資金お願いします」などスケールが大きいお願いをしている人もいます。

 彼らはどうやら、年上の女性のことを、打ち出の小槌のようになんでも買ってくれる存在だと勘違いしているようです。けれど夢は大きいほうが、スケールが大きい発想ができるようになるのかもしれないし、長い目で見ると、そんな自己紹介にどんな効果があったのかが体験できて、現実を知るいい機会になっているのかもしれませんね。

ママ活男子に不足していること

「期限」の大切さを学ぶいい機会?(写真:iStock)
「期限」の大切さを学ぶいい機会? (写真:iStock)

 このようにかなり具体的におねだりをしているママ活男子たちですが、彼らに決定的に足りていないことがあります。それは「日付」です。たとえば「2021年12月31日まで」などと期限を設けると、その日までに実現させるには今からどんな行動を取っていったらいいだろうと考えるきっかけになるので、スイッチが入りやすくなると言われているのです。

 そして彼らが忘れている最も大切なことは、相手の女性はサンタではなく生身の人間だと言うこと。褒められればうれしいし、ないがしろにされたら腹が立つものです。子どものように甘えておねだり攻撃するよりは、相手の女性を姫扱いしてエスコートしたほうが、お財布の紐をゆるめてもらいやすいはず。そこに気がつかず、自分の欲にまみれている状態のままでは、おいしい思いができる日は遠いと言えるでしょう。

ラブ 新着一覧


コロナ禍で明暗…結婚できた女性とできなかった女性の違いは
 寒くなってくると、どうしてもお家デートが増えてしまいがち。マンネりしがちなその雰囲気の中、結婚話に進んだカップルと、結...
内藤みか 2021-10-21 06:00 ラブ
“年の差婚”はうまくいかない? 後悔してしまう3つのパターン
 年齢が大きく離れた男女が結婚する“年の差婚”。「愛に年の差は関係ない!」と、熱い愛情で結ばれた二人。もちろん、うまくい...
恋バナ調査隊 2021-10-21 06:00 ラブ
浮気させない究極の方法…バレて振られるのが怖い“いい女”に!
 “男性は浮気する生き物”なんて言いますが、女性としては到底納得できませんよね。年齢が上がるにつれて「仕方ない」と諦める...
若林杏樹 2021-10-20 06:00 ラブ
甘え下手な女性必見♡ 男性に上手に甘える3つの方法&注意点
 男性に上手に甘えることができない「甘え下手」な女性って、意外と多いんですよね。媚びていると思われたくない、負けず嫌いで...
恋バナ調査隊 2021-10-20 06:00 ラブ
納得!結婚相手は優しい人より正直な人の方が失敗しないワケ
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。今回は番外編です。のべ3000人以上の離婚案件の相談に乗ってい...
内埜さくら 2021-10-19 06:00 ラブ
付き合って3年目の男性心理…結婚してくれない理由&対処法
 付き合って3年目は、男女共に心境に変化が訪れやすい時。結婚を目的として彼と付き合っている女性は、なかなか進展がないこと...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
男性に飽きられる女性に共通する5つの特徴&卒業する方法
 せっかく彼氏ができたのに、飽きられて振られてしまう女性がいます。そんな女性の多くは、過去にも同じような経験をしているの...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
付き合ってはいけない!? LINEで垣間見えるダメ男の特徴5つ
 素敵な男性がいる一方、女性を不幸にするダメ男っているんですよね……。なんとなく違和感を感じながらも、結局流されて付き合...
恋バナ調査隊 2021-10-17 06:00 ラブ
別れ話をせず約2年…自然消滅に期待も彼女の執着に驚く男性
「冷酷と激情のあいだvol.60〜女性編〜」では、自分とはコロナ禍を理由に会わないのに、他の人とは出かけている恋人・エツ...
並木まき 2021-10-17 03:46 ラブ
仲間とは遊ぶのに…約2年ほとんど会えない彼氏に苛立つ女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-16 06:00 ラブ
結婚後は別人に豹変! 嫁の本性が露見した強気すぎるLINE5選
「結婚前と結婚後で、相手の性格が別人になった」という話は、よく聞きますよね。今回は、そんな事例の中でも、結婚後に本性が見...
恋バナ調査隊 2021-10-16 06:00 ラブ
元カノに嫉妬してつらい…気になる4つの原因&上手な対処法
 自分が彼にとってはじめての彼女でない限り、どんな男性にも存在する「元カノ」。もう関係が終わっているのはわかっているのに...
恋バナ調査隊 2021-10-16 06:00 ラブ
要注意!“地雷男”の5つの見分け方&付き合うデメリット
 一見普通そうに見えるのに、付き合うと問題が勃発しやすい「地雷男」は、誰だって敬遠したいものでしょう。でも、多くの地雷男...
恋バナ調査隊 2021-10-15 06:00 ラブ
男性から突然告白された…彼に隠れた5つの心理&答え方
 男性から告白されるのは嬉しいことではありますが、異性として意識していなかった相手から突然告白されてしまったら戸惑ってし...
恋バナ調査隊 2021-10-15 06:00 ラブ
付き合うべき? プライドの低い男性のメリット&デメリット
 好きになった人がプライドの低い男性だと、なんとなく頼りがいがなさそうと感じて、少し不安を覚えてしまうことってありますよ...
恋バナ調査隊 2021-10-14 06:00 ラブ
彼をキュン死にさせる♡ 恋愛上級者の大胆LINEテク5つ
 モテるとモテないの違いって、実はとても些細なことだったりします。恋愛上級者たちは、その小さな違いをさりげなく言動に織り...
恋バナ調査隊 2021-10-14 06:00 ラブ