料金は?リスクは?「ママ活」と「出張ホスト」どう違うの?

内藤みか 作家
更新日:2020-11-19 06:00
投稿日:2020-11-19 06:00
 近ごろは、密を避けてマンツーマンで遊ぶ人が増えています。そんな時に便利なのが彼氏代行的な存在。けれど最近は「ママ活」という方法で彼氏代行を請け負う人がいます。「出張ホスト」とはどこが違うのでしょうか?

料金が明示されないママ活

ぼったくられる危険性アリ!(写真:iStock)
ぼったくられる危険性アリ! (写真:iStock)

 ママ活とは、パパ活の逆です。パパ活は女性が男性とデートをしてお小遣いをもらうものですが、ママ活は男性が女性とデートをするのです。ただしママ活はまだあまり浸透していません。

 お金を払ってでも素人男性とデートしたいと考える女性がほとんどいないからです。マッチングアプリにタダで女性と会う男性がゴロゴロいるので払う必要を感じないのでしょう。

 そしてママ活は個人で行っているので、明白な料金がありません。

 お金持ちそうな女性には高額をふっかける男性もいるため、相場をしっかり調べておかないとぼったくられるリスクがあります。

 逆にいえば料金が高いと文句を言えば、値引きに応じてくれる可能性があり、値段は交渉により変動するのです。

明朗会計の出張ホスト

出張ホストは明瞭会計(写真:iStock)
出張ホストは明瞭会計 (写真:iStock)

 意外に思われるかもしれませんが、出張ホストは料金がはっきりと決まっています。

 たとえば午後6時から9時まで3時間レンタルしたら、3時間の料金にプラスして交通費や指名料がかかるという感じです。請求に明細もしっかりと記載されています。

 なぜこんなにしっかりしているかというと、出張ホストや彼氏代行は業者が運営しているからなのです。

 男性の言い値のママ活は、その時々によって、同じ時間なのに料金が変動します。

 たとえば「今月ピンチだからちょっと多めにお小遣いちょうだい」などと甘えられてしまうのです。

 料金が固定の出張ホストの場合はそうしたことがないので安心です。もちろんホストにチップを渡すことはできますが、どちらかというとそれは女性からの「お気持ち」となります。

すっぽかしやドタキャンがあるママ活

ドタキャンなんてことも…(写真:iStock)
ドタキャンなんてことも… (写真:iStock)

 ママ活は個人がSNSやマッチングアプリを利用して活動しているものです。なので、突然アカウントを削除し、連絡が取れなくなるリスクがあります。

 また、デート当日になっていきなり「体調が悪い」などとドタキャンされたり、ひどい場合は初回デートをすっぽかし、そのまま行方をくらます人もいるのだとか。

 その点、出張ホストや彼氏代行の場合、運営業者がいるため、万が一急病でドタキャンになった時には、代理のホストを派遣してくれたり、次回料金を割引してくれたりと、なんらかの対応をしてくれるところがほとんどです。

 パーティーの同伴など、欠席できない大事な用事の場合は、登録ホストが大勢いる業者のほうが安心かもしれません。

お姫様扱いしてくれる出張ホスト

出張ホストのレディーファーストでお姫様気分(写真:iStock)
出張ホストのレディーファーストでお姫様気分 (写真:iStock)

 幸せな気持ちでデートを楽しみたいのなら、出張ホストや彼氏代行など、プロの男性のほうがおすすめです。特にランキング上位のホストは、女性を心地よくさせる言葉づかいを心得ているものです。

「その洋服かわいいね」などとちょっとしたことを褒めてくれたり、荷物を持ってくれたりドアを開けてくれたりと、レディーファーストに振る舞ってくれるので、お姫様気分も味わえるでしょう。

 普通の男性とデートしたいと考えるのなら、ママ活の男性かもしれません。彼らはただ食事やデートに寄り添ってくれるだけで、何かサービスをしてくれる存在ではなく、どちらかというと「付き合って”あげている”」という感覚を持っている人が多いのです。

 運が悪いとデート中に「欲しいものがある」と何かをおねだりされてしまうかもしれません。

 総合的にみて、支払ったお金に見合う幸せを得られるのは、プロの男性たちだと言えるでしょう。

 また、ママ活は個人間の取引となるため、相手の住所や本名がわからないまま会うことになるため、トラブルになった時に連絡先がわからず、間に入ってくれる業者も存在しません。

 リスクが高めだということをよく考え、慎重な行動を心がけましょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


28歳で優良物件男とお見合いしたが、どうしても無理だった。
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビ...
内埜さくら 2020-11-24 06:00 ラブ
100年の恋も冷める…たった一言で女性が幻滅する恐怖のLINE
 第一印象はよかったのに……会えない期間、LINEでコミュニケーションをしているうちに、なんだか異性に幻滅してしまった経...
ミクニシオリ 2020-11-24 06:06 ラブ
愛想がいい女性は意外とモテない? 男性たちの7つの本音
 誰に対してもニコニコ愛想のいい女性は、モテるイメージがありますよね。実際に、愛想を良くしようと、意識的に笑顔を振りまい...
恋バナ調査隊 2020-11-24 06:00 ラブ
過去の恋愛に決別を…元カレに別れたことを後悔させる方法!
 自分が振られた立場でも振った立場でも、元カレって特別な存在ですよね。一番近かった相手なのに、友達よりも遠い存在になって...
若林杏樹 2020-11-23 06:00 ラブ
陽気で豪快!四国出身の女性の特徴や恋愛観&相性の良い男性
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、四国出身の女性についてご紹介します。香川県、徳島...
熱しやすく冷めやすい?四国出身の男性の性格や特徴&恋愛観
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、四国出身の男性の性格や特徴、恋愛傾向についてご紹...
あなたのタイプはどう?“何系女子”の種類や特徴を徹底分析!
 ◯系女子や◯ガールなど、女性の系統を分ける言葉を耳にする機会も多くなりましたが、自分が何系女子かわからない人も多いはず...
恋バナ調査隊 2020-11-22 06:00 ラブ
妻と子供が溺れたら…夫は迷わず妻を助けるという衝撃の事実
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。「いい夫婦の日(11月22日)」に関するアンケート調査を明治安田生命が発表し...
山崎世美子 2020-11-21 06:00 ラブ
妻から何度も「離婚」突きつけられ…ついに覚悟を決めた男性
「冷酷と激情のあいだvol.21〜女性編〜」では、夫に対してたびたび「離婚したい」と口にするものの、本心は揺れている妻の...
並木まき 2020-11-21 06:01 ラブ
夫婦喧嘩をするたびに「離婚」を口にしてしまう女性の本音
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-11-21 06:02 ラブ
職場内離婚…どうやって後処理する!?速やかにやるべきこと
 出会いのきっかけランキングで必ずトップ3に入っている「職場での出会い」。そう、社内恋愛はとってもメジャーなものなんです...
七味さや 2020-11-20 07:06 ラブ
恋愛するなら冬♡ 恋の季節と言われる理由&おすすめデート
 美しい四季のある日本は、季節によって大きく雰囲気が異なりますよね。特に、冬は肌寒く人恋しくなるため、「恋愛したくなる」...
恋バナ調査隊 2020-11-20 06:00 ラブ
結婚すると苦労する男性の6つの特徴&男性選びのポイント
 日本の離婚率は現在35%ほどとも言われていますが、誰だって「離婚するかも?」なんて考えて、結婚をしているわけがありませ...
恋バナ調査隊 2020-11-19 06:00 ラブ
恋愛は焦ると失敗する!うまくいかない5つの原因&対処法♪
「恋愛に焦りは禁物」と言われますが、実際、恋愛中に焦って行動してしまい、うまくいかなかった経験がある人は多いでしょう。し...
恋バナ調査隊 2020-11-18 06:00 ラブ
ネットで話題 LINEのマッチングアプリ「HOP」を使ってみた
 コミュニケーションアプリの「LINE」を運営などを行うLINE株式会社が、2020年9月にマッチングアプリをリリース。...
ミクニシオリ 2020-11-18 06:00 ラブ
面倒くさい? 男性から「重い女」認定される残念ポイント3つ
 綺麗でモテるはずの女性でも、知れば知るほど男性から「重い」と思われ、最終的には「ウザい」と敬遠されてしまう残念な女性が...
田中絵音 2020-11-17 06:00 ラブ