リアルが怖い時は…バーチャルセックスでいいんじゃない?

内藤みか 作家
更新日:2020-12-03 06:00
投稿日:2020-12-03 06:00
 冬を迎え、新型コロナウイルスの感染が加速しています。こんな時は濃厚感染なセックスをするのが怖い、という女性たちも増えているようです。そこで、リアルセックスを避け、自宅でバーチャルセックスする方法を考えてみました。

セックスを避ける理由

ディープキスで感染したら…(写真:iStock)
ディープキスで感染したら… (写真:iStock)

 先日まで盛んにGOTOトラベルやGOTOイートキャンペーンが呼びかけられていて、旅行を楽しむカップルも多かったのではないでしょうか。しかし感染が拡大してきたため、彼氏との旅行を断る女性も出てきています。「彼があまり感染対策をしてくれない」という不満がある女性は少なくありません。

 唾液で感染するという話なのに、彼氏がディープキスをしてくるので、感染したらどうなるんだろうと悩む女性もいます。性的な接触に関してのお互いの意識が違うため、慎重な女性は「しばらく彼氏とセックスしたくない」と言う人も出てきました。

感染の心配がないバーチャルセックス

 生身の男性と怖い思いをしてセックスするよりはバーチャルセックスでしのぎたいという声もあります。バーチャルだったら、感染の心配はありません。彼氏と動画チャットで遠隔セックスをする方法もありますが、彼氏だと実際に会いたくなってしまうので、彼氏ではない相手と楽しみたいのだとか。

 そこでおすすめなのは「等身大タオル」や「等身大シーツ」です。イケメンタレントやイケメンアニメキャラでそうした商品が売り出されることがあります。等身大ですので、ベッドに敷いたら、お互いの体が重なる感じがして、幸せな気持ちに。これならいやらしいイマジネーションがいっぱい湧きそうです。

イケボを聴いて耳から感じる夜

イケメンボイス(イケボ)に感じて…(写真:iStock)
イケメンボイス(イケボ)に感じて… (写真:iStock)

 自宅にいる時間が増えている最近は、耳で楽しむオーディオドラマが人気上昇中です。さまざまなタイプのストーリーがありますが、実は、イケメンが耳元で熱い吐息で淫らなことを囁きかけてくれるものも出回っています。たとえばAmazon audibleに入っている「秘め事カレシ」もそういった作品です。

「愛してるよ」と耳元で言われるだけでも十分ドキドキするのに、もっともっと濃厚な、ベッドの上で戯れている時のなまめかしい会話と息づかいが収録されているものもあり「ほら、ココが濡れてるよ……?」などと、とてもリアル!

 ベッドに入り、等身大シーツの上に横たわり、ヘッドフォンをして、エッチなボイスドラマを再生すると、好みのイケメンに囁かれているかのような感覚に陥るかもしれません。

イケメン男優のVR動画なら臨場感満載

 スマホでもVR動画が楽しめるようになってきたこの頃、イケメン男優のVR動画を鑑賞すると、目の前には裸の男性が飛び出して見えます。手を伸ばせば触れられそうなくらいの距離の近さは、ソーシャルディスタンスなんて全く関係ない感じ。間近でイケメンに見つめられたり、チュー顔されたり。忘れかけていたイチャイチャ感が、VRで蘇ります。

 VR動画を試していない人は、この機会にぜひ体験してみるといいかもしれません。目の前に男性がいるかのような安心感も得られて、心も落ち着けちゃいます。たとえばSILK LABOが出しているエロメンのVR動画だったら、30分以上も楽しめて、1週間のレンタル料金はたったの700円。生身の男性と入るラブホ代よりずっと安いのです。

会えない寂しさはヴァーチャルで

「そろそろ」と思えるときまで…(写真:iStock)
「そろそろ」と思えるときまで… (写真:iStock)

 ひとくちにヴァーチャルセックスと言っても、方法はさまざま。自分が一番しっくりくる方法で楽しみましょう。目で楽しみたい人は等身大シーツ、耳で楽しみたい人はイケボCD、臨場感が欲しい人はイケメンVR動画がおすすめです。お部屋生活がしばらく続いても、こうしたヒミツの楽しみがあれば、さみしくはなさそうです。

 男性に呼び出されても、感染について不安がある場合は、断る勇気を持つことも必要です。「拒否したら彼に嫌われちゃうんじゃないか」と心配で、断れない人もいるようですが、ウイルスを怖がりながらのセックスでは安心して快感を得られないのではないでしょうか。安心を感じる尺度は人それぞれ違います。自分自身が「そろそろいいかな」と思える時が来た時は、リアルセックスも思い切り楽しみましょう。

エロコク 新着一覧


リモコン&温感付きのハンズフリー! 中からも外からもW刺激
 ラブグッズにもトレンドがありますが、その中でも最近勢いがあると感じるのは、ハンズフリーで使えるバイブです。  具...
桃子 2022-12-04 06:00 エロコク
初夜は近親相姦の序章 ウェディングドレスを切り裂かれ… #2
 元保育士のR子さん(25歳主婦/子供なし)は、昨年、都内にある総合病院の御曹司の妻となった。まさに「玉の輿婚」だ。 ...
蒼井凜花 2022-12-02 06:00 エロコク
ホステスも愛人も両立させなきゃ! 四十路熟女のマル秘テク
 今回ご登場いただいたのは東京は江東区の下町、亀戸のスナックでホステスをしている彩花さん。彼女、お店の常連さん数人を相手...
中山美里 2022-11-29 06:00 エロコク
かわいいだけじゃない!挿入すると自然と膣のお腹側も刺激♡
 野菜やフルーツにエロチックな妄想を刺激されるのは世界で広く見られる現象ですが、お国柄もあるようですね。アメリカではナス...
桃子 2022-12-02 17:35 エロコク
月のお手当30万円のはずが…ヤリ逃げされた31歳主婦の後悔
 今年もあとわずか。年末年始は還付金詐欺が増えるそうなので「医療費控除を払い戻す」なんて甘言にご注意いただきたいものです...
中山美里 2022-11-22 06:00 エロコク
挿入しながらクリ刺激OK!ペニスリングとしても優秀
 数え切れないほどのラブグッズを試してきた私ですが、いまだに飽きることはありません。それは年に数度はアッと驚くようなグッ...
桃子 2022-11-20 06:00 エロコク
足先を終始舐められ…ドM美青年のペニス欲しがり同時イキ #4
 かつて六本木の高級クラブでホステスとして働いていたP子さん(41歳主婦/子供アリ)。クールビューティを体現するかのよう...
蒼井凜花 2022-11-18 06:00 エロコク
“デキちゃった婚”の巨乳人妻が援助額より重要視しているコト
 今回お話を聞かせてくれたのは東京・豊島区在住の人妻で、巨乳が魅力的な小百合さん。  彼女には8歳になる息子さんが...
中山美里 2022-11-15 06:00 エロコク
吸引+舌の衝撃!ピンクの舌が敏感な部分を力強く舐め上げる
「SU-SHITA-吸う舌-」=「吸う舌」。疑似オーラルセックスを多角的に楽しめるグッズが登場しました。「吸う」といえば...
桃子 2022-11-13 06:00 エロコク
「勃起させてすみません!」顔面騎乗で詫びる20歳下M男 #3
 かつて六本木の高級クラブのホステスだったP子さん(41歳主婦/子供アリ)。  ロングヘアのクール美人の彼女には、...
蒼井凜花 2022-11-19 02:18 エロコク
パパにするなら50代独身男性! 20歳の学生がハマった愛人沼
 男女の「生涯未婚率」(調査年に50歳である男女のうち結婚歴がない人の割合)は、40年以上にわたり、男女ともに右肩上がり...
中山美里 2022-11-08 06:00 エロコク
コスパ最高! 吸われて敏感になったところを先端から刺激♡
 物価高に悩まされる日が続いています。なんでもかんでも値上がりするご時世では、ラブグッズを買うにも“お得感”を求めるのは...
桃子 2022-11-06 06:00 エロコク
「僕の股間をいたぶって」20歳下ドM男のペニスを爪先で…#2
 かつて六本木の高級クラブで働いていたP子さん(41歳主婦/子供アリ)。  彼女はクラブ時代の仲間と定期的に行われ...
蒼井凜花 2022-11-11 17:42 エロコク
「閉経前に女を楽しみたい」バツ1美魔女がプチ愛人になった
 超高齢社会の日本ですが、いつの時代も変わらないのが「いくつになっても女でいたい」という女心です。  現在、愛人を...
中山美里 2022-11-01 06:00 エロコク
人気の「し」の字形バイブ、“指振愛撫”でGスポットを刺激♡
 お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、2週連続で「し」の字形バイブの紹介です。それだけ、いま市場ではこのタイプが...
桃子 2022-10-30 06:00 エロコク
実の娘と“親子丼”!? 41歳バツ1女性が愛人とお別れしたワケ
 読者のみなさんは親子丼はお好きですか? だしの染みた軟らかい鶏肉とトロ~リとした卵をご飯と一緒に口の中に……って、そっ...
中山美里 2022-10-25 06:00 エロコク