ダメな恋愛に終止符! ダメ男の見分け方&良い女になる方法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-12-27 06:00
投稿日:2020-12-27 06:00
 気づけばいつもダメな恋愛にハマってしまって、苦しんでいる人は多いようです。「どうして、会う人会う人ダメ男なの?」と、自暴自棄になる人も……。そこで今回は、そんなダメな恋愛に終止符を打つべく、ダメ男の見分け方&幸せを掴む良い女になる方法をご紹介します!

身を滅ぼすダメな恋愛をしてしまう人の特徴

ダメな恋愛していませんか?(写真:iStock)
ダメな恋愛していませんか? (写真:iStock)

 まずは、ダメな恋愛をしてしまいがちな人の特徴をご紹介します。あなたは、いくつ当てはまりますか?

1. 尽くすのが大好き

 ダメな恋愛にハマりやすい人に多いのが、人に尽くすことに喜びを覚えるタイプの女性です。人を助けてあげたいという願望が強いため、世話をしてあげたくなるようなダメ男に惹かれやすいのです。

 しかし、皮肉なことに、尽くせば尽くすほど調子にのって、彼のダメ男ぶりを助長させてしまうこともあります。

2. 自分に自信がない

 自分に自信がない女性は、「自分のことを認めてくれる人は、そうそういない」と思っています。そのため、相手に褒め言葉や口説き文句を言われると、相手を選ぶという選択肢に考えが及ぶ前に、すぐに相手のことを好きになってしまいます。

 さらに、自信がないことから自分から積極的になれず、相手がダメ男でも“来る者は拒まず”の状態になってしまうこともあります。

3. 寂しがり屋

 寂しがり屋の人は、ダメな恋愛にズルズルとはまってしまう傾向があります。1人でいることに耐えられないため、ひどい扱いを受けても結局自分から別れを切り出すことができません。さらに、自分から別れを切り出せたとしても、寂しさに耐えられず結局自分から復縁を迫ってしまうのです。

 次の人が見つかるまででもいいから、とにかく誰か側にいて欲しいと思ってしまい、不倫や浮気、ダメ男との関係を自分から断つことが難しいようです。

4. 依存しやすい

 依存体質の人は、ダメな恋愛を繰り返してしまいます。日常生活のすべてが彼色に染まってしまい、たとえ嫌なことがあっても嫌と言うことができず、なんでもOKしてしまうのです。そのため、恋愛をしていく上で完全な主従関係ができてしまうことも……。

 彼が優位に立つので、言いなりになってしまい、辛い日々を送ることになる人もいます。

ダメな恋愛をやめたい! ダメ男の見分け方

逃げ癖のある男性はダメ男かも(写真:iStock)
逃げ癖のある男性はダメ男かも (写真:iStock)

 続いては、あなたをダメな恋愛に引きずり込む「ダメ男」の見分け方をご紹介します。

店員に偉そうにする

 普段、目上の人にはゴマをすっているのに、店員に対しては途端に横柄な態度になる人は、ダメ男の可能性が高いです。特に、女性の店員に偉そうにする人と付き合ってしまうと、ひどい目に合ってしまうかもしれません。また、女性のことを、「女」と呼ぶ人は要注意です。

建設的な話し合いができない

 普段は穏やかに仲良くできていても、何か問題が起こった時に話し合いをせず、その問題から逃げる傾向のある男性はダメ男かもしれません。人の根本的な性格は、なかなか治らないもの。問題が起きるたびに建設的な話し合いができない男性を見て、幻滅してしまうかもしれません。

「別れよう」と言って脅してくる

 何か問題が起こるたびに、すぐに「そんなことなら別れよう」と言って脅してくる男性は、ダメ男だと言えるでしょう。彼女よりも優位に立ちたいという気持ちや、どこまで自分のことを好きなのかと気持ちを試している場合もあります。

 また、中には問題に直面した時にすべて投げ出したくなって、「別れよう」と言ってくるタイプの男性もいます。

嫉妬深い

 嫉妬深い男性は、彼女を束縛したがります。人から嫌われることを恐れたり、他人の評価を常に気にしたりする人も多く、彼女がほかの男性と話をしているだけでも怒ります。

 また、独占欲が強く、自分が一番でないと気が済まない人もいます。

もうダメな恋愛はしない! 幸せを掴む良い女になる方法

やってみたかったことに挑戦してみて!(写真:iStock)
やってみたかったことに挑戦してみて! (写真:iStock)

 最後に、幸せな恋愛を掴む良い女になる方法をご紹介します。

1人の時間を楽しむ

 あなたが自分1人の時間を楽しむことができるようになると、恋愛に依存する、寂しくて別れられないといったことがなくなります。また、あなたの魅力もアップするので、もっと自立した素敵な男性と出会う可能性も高くなるでしょう。

新しいことに挑戦する

 新しいことに挑戦すると、目の前の世界が広がります。自分が一歩成長すると、相手の新しい一面も見えてくるでしょう。お互いに向かい合って見つめ合う恋愛も時には良いのですが、お互いが自立した恋愛のほうが、より深い意味でお互いを大切にできるはずです。

自分の心の声を無視しない

 相手と付き合っていて辛いと感じた時には、心の声に従いましょう。辛いという気持ちに向き合うと、別れや喧嘩など嫌なイメージのことが待っていますよね。でも、ここで心の声を無視してしまうと、結局は2人の関係に終わりがきてしまいます。心の声に素直になることが、ダメな恋愛を乗り越えるコツですよ。

ダメな恋愛は終わり! 大人の恋愛のルールは“自立した関係”

幸せの第一歩を踏み出して♡(写真:iStock)
幸せの第一歩を踏み出して♡ (写真:iStock)

 辛い恋愛を続けている人は、まず自分自身が自立できるように自分の時間や夢を大切にしましょう。自立した個人の間にしか、本当の愛は生まれないのかもしれません。ぜひ、今日から幸せへの第一歩を踏み出してくださいね!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
“性欲&食欲”忠実あれ!アラフォーの恋愛こそ食の好みも大事
 大人の恋愛の相性を考える時に大事だとされるのが「体の相性」と「食の好み」です。ただ、多くの女性は「体の相性が合わないの...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
「結婚のメリットがわからない」と彼 意識改革“必勝”術あり〼
 パートナーとの関係は良好で自分は結婚したいけれど、相手に将来のことを聞いてみると「結婚のメリットがわからないから……」...
若林杏樹 2022-05-11 06:00 ラブ
「お金を出さない彼氏」のトリセツ!“ヒモ男”を卒業させる法
 楽しみにしていた彼氏とのデートで、「お金がないから」とケチなデート内容にされたり、割り勘になったりすると、なんとなくも...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
「恋愛と結婚は別」ラブラブが続くとは思ってないけども…!
 若い頃はラブラブな結婚生活が続くと思っていた人が多いでしょう。でも、実際に結婚してみると厳しい現実を知ることになります...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
男にモテる「大人女性」を考察 愛されたいなら流行追うな!
 精神的に大人な女性には、男性の心をわしづかみにする魅力がありますよね。でも、ただ年齢を重ねただけでは、「男性に好かれる...
恋バナ調査隊 2022-05-10 06:00 ラブ
シングルマザーへの助成金に根強い偏見…でも優しい人もいる
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...