どんなに好きでもやっちゃダメ!愛が冷める恋愛のタブー8選

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-12-30 06:00
投稿日:2020-12-30 06:00
 タブーとは「触れてはいけない・禁止事項・御法度」という意味で、日常でも良く耳にする言葉です。恋愛のタブーも同様で、「やってはいけないこと」を意味します。相手の気持ちを無視して恋愛のタブー行為をしてしまうと、せっかくの愛が冷めてしまうことも。そこで今回は、知っておきたい恋愛のタブーをご紹介します。自分の行動に思い当たる項目がないか、チェックしながら読んでみてくださいね。

「彼のことが好きすぎて」してしまう恋愛のタブー4選

何回も何回も電話をしてしまう…(写真:iStock)
何回も何回も電話をしてしまう… (写真:iStock)

 恋愛に夢中になると、暴走して周りが見えなくなってしまうことがあります。まずはじめに、彼のことが好きすぎるあまりに犯してしまう恋愛のタブー行為を見ていきましょう。後々自己嫌悪に陥ることもあるので、注意が必要ですよ。

1. 彼のスマホをチェックする

「絶対にやってはいけないこと」だとわかっているのに犯してしまいがちな恋愛のタブーは、彼のスマホをチェックすること。「彼の行動を把握したい」「浮気をしていないかチェックしたい」など、理由は人それぞれですが、彼にバレたら一瞬で嫌われてしまう可能性大です。

 どんな理由があっても、彼のスマホを見てあなたにとって良いことはひとつもありません。信用を失ってしまうこともあるので、絶対に避けるべき行動だと言えるでしょう。

2. 過度な束縛をする

 基本的に男性は、過度な束縛を嫌う傾向があります。ほかの女性と話しているだけで機嫌が悪くなったり、彼のスケジュールを管理したがったり、返信がないのに何度も連絡したりしていませんか?

 カップルにとってもっとも重要なのが、「信頼関係」でしょう。束縛された側は「信用されていない」と感じ、あなたとの関係を終わりにしようとするかもしれません。こんなタブー行為で、せっかく作り上げた信頼関係を失わないように注意してくださいね。

3. 彼の友達に彼のことをあれこれ聞く

 彼のことが知りたい一心で、彼の過去の恋愛や行動などを、彼の友達に根掘り葉掘り聞くことも恋愛のタブー行為のひとつだと言えます。

「彼のすべてが知りたい」という気持ちはわかりますが、度が過ぎると引かれてしまいます。また、彼のSNSを細かくチェックして行動に言及することも、嫌がられる可能性が高いので注意しましょう。

4. 毎日何回もしつこく連絡する

 毎日何回もしつこく電話したり、既読スルーされているのに何度もLINEしたり……。しつこくしてしまうのは、多くの女性が陥りやすい恋愛パターンのようですね。

 「嫌われるかも」と思いながらも、犯してしまうのが恋愛のタブー。後で後悔するくらいなら、しつこく連絡してしまう前に我慢する強い気持ちを持ちましょう。

「彼に好かれたくて」してしまう恋愛のタブー4選

わがままはほどほどに(写真:iStock)
わがままはほどほどに (写真:iStock)

 続いてご紹介するのは、「彼に好かれたい」という気持ちから犯してしまう恋愛のタブー行為。やり方を間違えてしまうと、好かれるどころか嫌われてしまうこともあります。彼との良い関係を保つためにも、タブー行為は避けるように心がけましょう。

1. 元カレと彼を比べる

 過去にどんなに素晴らしい男性と付き合っていたとしても、元カレと今カレを比べるような発言は絶対にNGです。

 ヤキモチをやかせたい気持ちもあるのかもしれませんが、逆効果になってしまう可能性が高いので絶対に避けるべきでしょう。

2. 構ってほしくて嘘をつく

 彼が自分のことをどう思っているのか不安になった時、嘘をついて彼の気持ちを確かめる行為は絶対にタブーです。

 後々、嘘がバレて気まずくなったり、嘘をついたことで信頼関係が失われてしまう可能性も。彼のことが本当に好きであれば、あれこれ裏工作するのではなく、真っ直ぐ向き合うことが一番効果的ですよ。

3. おバカな天然キャラを演じる

「男性は無知な天然キャラが好き」と言われていますが、彼女にはしっかりしてほしいのが本音。おバカな天然キャラを演じるのは、やめたほうが身のためです。

 遊び相手であればまだしも、男性は本命の彼女にはある程度の教養を求めています。将来的に結婚を考えているならなおさら、常識があってお互いに尊敬し合えるような関係性を望んでいるはずですよ。

4. わがままを言って彼を振り回す

「私のことが好きなら、どんなわがままも許してくれるはず」と、わがまま放題で男性を振り回す女性もいますが、最終的に「もうついていけない……」と思われ、別れを告げられてしまうことがほとんど。

 彼のことを大事に思っているなら、彼を試すような行動はせずに、彼が喜ぶことを探してあげましょう。

「恋愛のタブー」は避けて幸せな恋をしよう♡

思いやりの心を忘れずに(写真:iStock)
思いやりの心を忘れずに (写真:iStock)

 恋人だからといって、何をしても良いというわけではありません。親しい間柄だからこそ、絶対に犯してはいけない恋愛のタブーが存在します。でも、相手の気持ちをしっかり理解していれば、恋愛のタブーを避けることは可能ですよね。

 自分が彼に対してタブー行為をしていないか今一度しっかりチェックして、彼との関係を見直してみてくださいね♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


もしかして生まれつき!?色気がある女性になる方法6選♡
 特別美人なわけではないのに、なぜか男性からモテる女性っていますよね。そんな女性には、独自の「色気」がある気がします。色...
恋バナ調査隊 2022-01-23 06:00 ラブ
「スマホを見た」と言えず別れを…男性が引きずる過去の恋愛
「冷酷と激情のあいだvol.74〜女性編〜」では、結婚前提で交際していた恋人。マコトさんから振られた理由を知りたい女性・...
並木まき 2022-01-22 06:00 ラブ
結婚前提からの突然の別れ…今でも理由を知りたい女性の苦悩
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-01-22 06:00 ラブ
もはや尊敬!?ナルシスト男性からの神がかったLINE5選
 ナルシスト男性から、LINEが送られてきたことはありますか? 読んでみると、まるでドラマに出てくるイケメンヒーローにな...
恋バナ調査隊 2022-01-22 06:00 ラブ
小悪魔女子が使う恋愛術5つ♡ 本気で彼を落としたい人必見
 男性の心を射止める術を身につけている「小悪魔女子」っていますよね。気まぐれな言動や、ドキッとさせる仕草、ツンデレや褒め...
恋バナ調査隊 2022-01-22 06:00 ラブ
「毒親育ちの会」の彼、ほろ酔いの抱擁から全てが始まった
「毒親」「親ガチャ」という言葉が使われるようになって久しい。そんな中、「毒親育ち」の男女が集う会で、運命的な出会いを果た...
蒼井凜花 2022-01-21 06:00 ラブ
女性が年上の年齢差結婚ってどう?メリット&長続きのコツ
 少し前までは女性が年上というカップルは珍しく、周囲から注目されることに悩んでいた人も多かったよう。でも、最近では、女性...
恋バナ調査隊 2022-01-21 06:00 ラブ
手のつなぎ方でわかる男性心理4選&つなぎたくなる瞬間♡
 気になっている男性と手をつなぐと、一気に二人の距離が縮まったような気持ちになりますよね♡ 実は、手のつなぎ方で男性が自...
恋バナ調査隊 2022-01-20 06:00 ラブ
年上男性と付き合いたい♡キュンとさせる恋愛テクニック6選
 年上男性を好きになると、どうやって自分のほうに振り向かせればいいのか悩んでしまいますよね。アピールの仕方を間違えて、「...
恋バナ調査隊 2022-01-19 06:00 ラブ
私に冷めたの…?冷たい彼氏に焦る時の対処法3つ&NG行動
 大好きな彼氏に冷たくされて、焦ることってありますよね。「嫌いになったの?」「ほかに好きな人ができた?」など、いろいろネ...
恋バナ調査隊 2022-01-19 06:00 ラブ
別れ際が綺麗な女性にはメリットがある! 上手な別れ方5つ
 彼から突然別れを切り出されたら、多くの女性は取り乱してしまうでしょう。追いすがってしまう人もいるかもしれません。しかし...
恋バナ調査隊 2022-01-18 06:00 ラブ
モテない女性に共通する残念LINE5選…男性が引く内容5つ
 モテるモテないには、それなりに理由があるよう。もしもあなたが、見た目に問題がないのにまったくモテないんだとしたら、こん...
恋バナ調査隊 2022-01-18 06:00 ラブ
いつでも新婚気分♡ 別居婚のメリット&向いている夫婦の特徴
 ひと昔前までは、結婚したら一緒に住むというのが当たり前の世の中でした。しかし今は、夫婦のライフスタイルによっては「別居...
恋バナ調査隊 2022-01-16 06:00 ラブ
不倫夫が憎い…!サレ妻が決意した恐ろしい制裁LINE5選
 夫に不倫されてしまった「サレ妻」の女性は、毎日悲しくて涙に暮れる日々を送っているかもしれません……。でも、中には、男性...
恋バナ調査隊 2022-01-15 06:00 ラブ
今が正常な状態…交際3ヶ月でデート頻度を減らした男性の事情
「冷酷と激情のあいだvol.73〜女性編〜」では、「仕事」を理由にデートを減らしている恋人・ソウタさん(仮名・29歳男性...
並木まき 2022-01-15 06:00 ラブ
仕事を理由にデート激減…恋人の真意がわからない女性の不安
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-01-15 06:00 ラブ