男性に嫌われる!?“重い女性”の特徴&今すぐできる改善策

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-01-03 06:00
投稿日:2021-01-03 06:00
 彼のことが大好きで、ただ一生懸命尽くしているだけなのに「重い」と思われていたらショックですよね……。気持ちが重い女性は、男性から面倒だと思われがち。そこで今回は、男性に嫌われる「重い女性」の特徴と、今すぐ実践できる改善方法をご紹介します。ぜひ、自分の性格や行動と照らし合わせながら読んでみてくださいね。

男性に嫌われる「重い女性」の6つの特徴

 男性から「重い」と思われないためには、重いと思われる女性の特徴を良く知ることが大事です。まずはじめに、「重い女性」の6つの特徴を詳しく見ていきましょう。

1. 彼のすべての予定を知りたがる

 彼のすべての予定を知りたがるのは、重い女性の特徴の1つ。好きな彼の予定を把握したいという気持ちはよく分かりますが、プライベートを追及し過ぎてしまうのは要注意です。

「今日何してるの?」「今どこにいるの?」「誰と一緒なの?」など、あまりしつこく連絡をしてしまうと、「重い」どころか「怖い」と思われてしまうこともあります。

2. とにかく束縛が激しく、嫉妬深い

 重い女性は、とにかく束縛が激しく、ほかの女性に対して嫉妬深い傾向にあります。一度も浮気をしたことがないのに、常に束縛されたり、浮気の心配ばかり口にされては、男性は「信用されていないのかな」と、思ってしまうでしょう。

 カップルが良い関係を長く続けるためには、お互いの信頼関係が大事なポイント。疑いをかけられる窮屈な関係よりも、自由でストレスフリーな関係を望んでいる男性は多いです。

3. いつも「結婚」の話をしてくる

 長く付き合っていれば、結婚の話が出てもおかしいことはありません。しかし、付き合って間もないのに、会うたびに結婚の話をする女性は、男性から「重い女性」だと思われてしまう可能性が高いです。

 特に男性は、女性よりも結婚に対してプレッシャーを感じがち。結婚の話は、ある程度の交際期間を経てからした方が良さそうですね。

4. 何かあるとすぐに泣く

 付き合っていれば、軽い口喧嘩をしてしまうこともあるでしょう。でも、彼が何か意見を言うたびに泣く女性は、男性から「重い」と思われてしまいます。

 本当に悲しい時は仕方がありませんが、大人の女性なら自分の感情をコントロールすることも必要でしょう。

5. 付き合っていることを公表したがる

 彼氏ができるとすぐに周囲に公表したり、SNSで報告する女性がいますが、これも重い女性の特徴です。彼も同じタイプで、お互いがSNSにアップしているのであれば問題はありませんが、勝手にアップすると彼に引かれてしまうことも。

 そもそも、周囲に公表することは彼が望んでいることなのでしょうか。二人のことは単独で決めるのではなく、二人で相談しながら決めた方が良いでしょう。

6. 高いプレゼントを贈ってくる

 好きな人からプレゼントを貰うことは、誰でも嬉しいはず。しかし、毎回高価なプレゼントをもらってしまうと、「自分も高いものをプレゼントしないといけないのかなぁ」と、男性側もプレッシャーを感じてしまい、徐々に「重い」と感じてしまうようです。

 プレゼントは素敵なサプライズですが、お互いが負担に感じない金額がベストだと言えますね。

「重い女性」にならないために今すぐ実践できる改善方法

「自分って重い女性かも?」と思っても、落ち込む必要はありません! 続いては、重い女性にならないために、今すぐ実践できる改善方法を見ていきましょう。少しの我慢と相手を思いやる気持ちがあえば、きっと愛される女性に生まれ変わることができますよ。

1. 彼以外に没頭できる趣味を探す

 好きな人ができると、その人のことで頭がいっぱいになってしまいがち。重い女性にならないためには、彼以外に没頭できる自分の時間を持つことが大事です。

 気の合う友達と遊んだり、大好きな趣味に時間を使うことで、あなた自身の心にも余裕が生まれ、充実した毎日が送れるようになります。生き生きしたあなたを見て、きっと彼も惚れ直すことでしょう。

2. 自分と向き合って冷静になる

 今の自分としっかり向き合うことも、改善方法のひとつ。今一度、彼に対しての自分の言動や行動を見直してみましょう。

 冷静になって自分を見つめ直すことで、自分の気持ちでだけで暴走するのではなく、しっかりと相手の気持ちを考えてから行動できるようになるでしょう。

3. 彼に過度な期待をしすぎない

 男性に「重い」と言われる女性は、彼に過度な期待をしている可能性が高い傾向があります。「彼はこう思っているはず」と期待しているから、受け入れられなかったときのショックが大きくなってしまうのです。

 相手に期待しすぎるのではなく、相手を思いやる優しい気持ちを持って接することが大切です。お互いが思いやりを大事にすれば、きっと二人の関係性も良くなるでしょう。

「重い女性」は今すぐ卒業して幸せな恋をしよう♡

「重い」と言われる女性は寂しい気持ちや不安が強く、「良くないこと」だとわかっていても、つい相手を追いつめる行動をしてしまう傾向があります。

 まずは、自分の気持ちを上手にコントロールすることが大事。彼の気持ちを第一に考えて、彼が喜ぶことを探してみましょう。きっと、「重い女性」から「愛される女性」に生まれ変われるはずですよ♡

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

ラブ 新着一覧


夫婦喧嘩は“自ら折れる”で片付ける!賢い妻は謝罪感謝をポチってハイ終了
 夫婦喧嘩をする時、自分から折れるのは悔しいと感じてしまいがち…。  でも実は、夫婦喧嘩は自ら謝ったほうが問題は解...
恋バナ調査隊 2024-07-24 06:00 ラブ
「レス離婚」は夫に慰謝料請求可能?弁護士に相談したら意外な答えが…
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  実は先日...
豆木メイ 2024-07-23 06:00 ラブ
封筒の中からオンナの毛髪が…もう恋愛したくない! ゾッとした体験談4選
 あなたは、恋愛で怖い思いをした経験があるでしょうか?  今回は、女性たちに“ゾッとした体験談”について話してもらいま...
恋バナ調査隊 2024-07-22 06:00 ラブ
すべてクロ!夫の不倫を見抜いた 探偵級妻たちの鋭すぎる「女の勘」5選
「ん? なんか怪しい…」、そんな女の勘は意外と当たるもの。実際に夫の不倫を、女の勘によって見抜いた女性たちがたくさん存在...
恋バナ調査隊 2024-07-21 06:00 ラブ
婚活市場で「尊敬婚」が増加中。男性に選ばれる女性は若さよりも収入?
 近年、「尊敬婚」が非常に増えています。以前の多くの男性の価値観は、若くて気立ての良い女性を好み、「夫を支える良き妻」が...
植草美幸 2024-07-20 06:00 ラブ
「妻とはマジで離婚」自分の親への非礼に我慢しバカにされ続けた41歳男
「冷酷と激情のあいだvol.205〜女性編〜」では、結婚12年目にして、レスを理由に夫から離婚を突きつけられた妻・絢音さ...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
「もう限界だ」レスを理由に夫から離婚届を突きつけられた41歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
夜職彼氏との付き合い方「虎の巻」全方位モテ男を骨抜きに♡
「付き合い始めた彼氏が夜職で、女性との接点が多くて不安…」「彼にとって、お客様とは違う特別な女性になるにはどうすればいい...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
暑すぎる…!彼氏との幸せ気分をぶち壊す「夏の失敗デートスポット」4選
 いや日本の夏、暑すぎ〜(泣)! 最近は朝からクーラーつけないと滝汗かいちゃう毎日で、彼氏とのあまあまデートにも支障を来...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
『バチェロレッテ・ジャパン』S3“本当”の楽しみ方 偏差値高めな人の“頭で恋する恋愛学”が詰まっている!
 恋愛リアリティー番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3(Amazon Prime Video)が、今まで観たことが...
内藤みか 2024-07-18 06:00 ラブ
元彼と友達になるメリットとデメリット。完全に縁切りする時はいつ?
 彼氏と別れるとき、バッサリ縁を切るべきか、それとも友達になるべきか悩みませんか? そんな悩みを抱えている女性に、元彼と...
恋バナ調査隊 2024-07-18 06:00 ラブ
妻の「レスだけど仲良し」に潰された夫の本音 無言の圧力をかけてない?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  セックス...
豆木メイ 2024-07-16 06:00 ラブ
恋愛感情ない結婚の「夜事情」5選 アラフォー夫婦の“その後”を聞く
「お金のために結婚した」「親を安心させるためにお見合い結婚した」など、恋愛感情がない相手と結婚している人もいます。そんな...
恋バナ調査隊 2024-07-15 06:00 ラブ
意中の彼と“宿泊デート”。自宅まで押しかけ、時計の針は21時を過ぎた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った遠い北の地...
mirae.(みれ) 2024-07-15 06:00 ラブ
既婚女性と独身男性“禁断愛”の終わり方5選。縁はあっけなく切れるもの?
 読者の女性のなかには、独身男性と不倫している方もいるのではないでしょうか。でも、残念ながら既婚女性と独身男性の不倫はバ...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ
友情か恋愛か。友達と同じ人が好きになり“カマかけLINE”を送ったら…
 友達と同じ人が好きになってしまい、友情か恋愛かを選べずに苦しんでいる人は多いようです。  中には、自分の気持ちを...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ