重い女性と一途な女性の違いはたった1つ! あなたはどっち?

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-06-27 06:00
投稿日:2019-06-27 06:00
 あなたは「重い女性」と「一途な女性」の違いを挙げるとしたら、なんと答えますか? この2タイプの線引きはとても難しいです。男性とお付き合いをする上で、「なんか私、重いかも?」と立ち止まった時、ぜひこの違いを思い出してください。

シーン別に見る「重い女性」と「一途な女性」の違い 

重い女と一途な女の違いは?(写真:iStock)
重い女と一途な女の違いは? (写真:iStock)

 まずは、分かりやすくシーン別に「重い女性」と「一途な女性」の違いをまとめてみました。あなたはどっち? 自分に当てはめながら、考えてみてください。

シーン1:彼が忙しくてなかなか会えない時

 社会人にもなると、彼が忙しくてなかなか会えないということもありますよね。そんな時、あなたはどうしますか?

・重い女性…心配している風に見せかける

 重い女性は「会いたいのに会えない」という自分の不満や、「相手と繋がっていたい」という気持ちを抑えることができません。

 忙しい彼に対して、「仕事終わった?」「ちゃんと眠れてる?」など、なにかと相手を心配している風を装いつつ、昼夜問わず連絡を取ってしまいがちです。

・一途な女性…邪魔にならないよう自分の時間を作る

 一途な女性は、仕事に一生懸命な彼の邪魔になりたくないと思います。

 会いたい気持ちをグッとこらえて自分の時間を作り、彼からの連絡が来たら「無理せずに頑張ってね!」など、即座に返信します。この時、既読スルーなどの駆け引きは一切行わないのも、一途な女性の特徴でしょう。

シーン2:彼が女性のいる飲み会に行く時

 職場やプライベートのお付き合いで彼が女性のいる飲み会に行く時、あなたはどうしますか?

・重い女性…見送るものの、連絡を入れる

 たとえ重くても、大人の女性。プライドもありますし、状況を分かっているからこそ、男性を止めることはしません。むしろ、余裕なそぶりで見送ることもあるでしょう。(中には「行っちゃダメ」と、束縛する女性もいますが。)

 でも、帰った頃合いを見計らって連絡を入れたり、もしも繋がらないようなことがあれば、心配のあまり過度に怒ったり悲しんだりするのが重い女性。「5分あれば返信はできるでしょ!」と、常に思っています。

・一途な女性…見送った後は、ひたすら待ちの姿勢

 一途な女性も、飲みへと笑顔で見送ります。そして、飲み会の途中では水を差さないようにと連絡を極力せず、ひたすら「待ちの姿勢」を貫きます。

 連絡が来ない時には、浮気ではなく「飲みすぎてないかな?」と、彼の体調の心配までしてしまうほど。好きな人をとことん疑いません。

「重い女性」と「一途な女性」の違いは、たった1点だけ!

我慢するだけじゃなくたまにはワガママも(写真:iStock)
我慢するだけじゃなくたまにはワガママも (写真:iStock)

 シーン1、2を見ると分かるように、「重い女性」と「一途な女性」が取っている行動はほとんど同じ。では、どこに違いがあるのか、それはたった1点だけ!

「重い女性」と「一途な女性」の違いは「自分本位であるかどうか」

「重い女性」と「一途な女性」の大きな違い、それは「自分本位であるかどうか」ではないでしょうか。

 何か問題やトラブルなどが発生した時、自分の気持ちを優先して考えるのが「重い女性」。対して、男性の気持ちを優先して考えるのが「一途な女性」ではないかと思います。

彼氏次第!重い女性をやめる必要はない(かも?)

「重い女性」というと、一般的にはあまり良くないイメージがありますよね。自分の重さが嫌になり、「どうしたらやめられるんだろう?」と悩んでしまう女性も多いです。

 でも、リサーチしたところによると、「軽いよりは重い方が良い」と思う男性も多いよう。

 そうなんです。自分本位であれ、なんであれ、重い女性には「彼のことを好き」という気持ちが根本的にあるのです。この気持ちを「可愛い」、「愛情深い」と思ってくれる男性を見つけることができれば、重い女性を卒業する必要はありません。

一途な女性は「都合の良い女性」にならないように気をつけて

 恋愛の上で「一途」というと、一生懸命男性に尽くす女性のイメージが浮かびますね。でも、そのひたむきさは、時に「都合の良い女性」になってしまう可能性も。

 男性本位だけで考えていると、許さざるを得ない事柄がちょくちょく発生します。女性の一途さをありがたく思ってくれる男性であれば良いですが、中には調子に乗ってしまう男性もいます。知らず知らずのうちに、ダメ男にさせてしまう可能性は否めません。

 自分に無理のない一途さであれば良いですが、少しでも自分に我慢を強いているのであれば、時には意見をぶつけたり、わがままを言ってみるのも関係を保つ上で大切なことだと思います。

「重い」と「一途」は男性の捉え方1つでどちらにも転ぶ

好きになったら重くなるのは当たり前なのでは?(写真:iStock)
好きになったら重くなるのは当たり前なのでは? (写真:iStock)

「重い女性はダメ、一途な女性が良い」なんて、誰が言い始めたんでしょうね。男性の都合の良い解釈の上でできた説ではないか? なんて思ってしまう今日このごろ。

「(自分が)好きな時には一途、好きじゃなくなったら重い」という男性もいますが、要は男性の捉え方1つで、どちらにも転ぶ可能性があるということ。

 でも、確かにほんの一握り、少しも無理せずに一途でいられる女性はいます。男性を疑わず、とにかく信じて愛してやまない。それはもう、天性のものとしか言えません。でも、それ以外の女性は、自分に潜む「重さ」と戦っていくしかないのです。

 とはいえ、個人的には「好きになったら重くなるのは当たり前」と考えています。素のままを分かってくれる男性、けっこういるんじゃないかな? と思ったり。あなたはどう思いますか?

孔井嘉乃
記事一覧
作詞作曲家・ライター
3歳からピアノを始め、現在は作詞作曲家&シンガーソングライターとして活動中。2014年からウェブライターとしての活動を開始。得意ジャンルは美容、恋愛、ライフスタイル。コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、ベビーマッサージ資格、乳児心理+児童心理資格取得。
2016年、ママユニット「mamakanon」を結成。活動5年目にして、YouTube再生回数1,200万回達成。2020年、フレンチシンガーバイオリニストソングライターとのDuo「ellipsis」を結成。両者の絶対音感を活かしてカバー演奏などを行う。
1児のママ。特技は早起き。ウィスキーが好き。

◇孔井嘉乃公式サイトmamakanon公式 YouTubeチャンネルellipsis公式 YouTubeチャンネル

ラブ 新着一覧


大学生の一人息子にべったりな再婚妻。子離れと浪費癖改善を画策する夫
「冷酷と激情のあいだvol.196〜女性編〜」では、結婚後に“鬼夫”と化したマコトさん(仮名)に不快感が深まっている妻・...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
入籍後に本性見せたモラハラ鬼夫と離婚したい、でも…。躊躇する47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
自宅の別室で“不倫未満”に溺れる夫。ギリギリ行動5つ、どこまで許せる?
 夫が不倫していたら「許せない!」と怒る女性がほとんどですよね。でも“不倫未満”の関係なら…⁉  あなたは夫のこんな行...
恋バナ調査隊 2024-05-25 06:00 ラブ
古希声優・古谷徹は37歳差…枯れ専通り越し、老け専女性が“おじいちゃん”を求める心理
 5月22日に『文春オンライン』に37歳年下女性・A子さん(33)との不倫が報じられた声優・古谷徹(70)。古谷は『機動...
年下男にモテるアラフィフ女達 褒めより気を遣う“たった1つ”のNG行為
 アラフィフでありながら、若い人と恋愛をする人がいます。有名人で10歳以上年下の男性と結婚するケースもあるので、「もしか...
内藤みか 2024-05-23 06:00 ラブ
サレ妻の“暴走投稿”は危険! 不倫されても泣きを見ない「5文字」の結論
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  最近、X(旧...
まめ 2024-05-21 06:00 ラブ
「家族なのに!」無関心な夫にブチ切れる前に…旦那の本音と有効な対策法
「家族なのにどうして無関心なの?」と、夫の態度に頭を抱えている女性もいるでしょう。無責任に見えて、イラッとするときもあり...
恋バナ調査隊 2024-05-20 06:00 ラブ
初めて自慰行為を知った日。母激怒、当時はセルフプレジャーなんて皆無
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳までセックスをしたことはなくても「セルフプ...
mirae.(みれ) 2024-05-20 08:09 ラブ
押し広げて奥に進む! ハードな愛撫を求める上級者におすすめ
 ピストンバイブを試してみたいという女性は、ハードな刺激を求めているとみて間違いありません。  しかし、ハードとひ...
桃子 2024-05-19 06:00 ラブ
サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-24 15:14 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ
元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ