男女問わずモテる“マメ女子”の特徴&なるためのポイント♡

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-01-03 06:00
投稿日:2021-01-03 06:00
 男女問わず人気のある人は、さまざまな魅力を持っています。その一つが「マメさ」。マメな女子こと、“マメ女子”はサポート力が抜群! 異性はもちろん、同性からもウケが良く好かれる傾向にあるんです。そこで今回は、マメ女子の特徴や目指すポイントをご紹介します。

“マメ女子”はモテる♡ マメな女子に見られる5つの特徴

ちょっとした差し入れがうれしい(写真:iStock)
ちょっとした差し入れがうれしい (写真:iStock)

 “マメ女子”は、職場だけでなくプライベートの場でも周りから頼られることが多いでしょう。気遣いができるマメな人は、どんな場所でも重宝がられます。そんな女子を見ると、「私も、あんなふうになりたい」と思う人も多いのではないでしょうか? そこでまずは、“マメ女子”の特徴をご紹介します。

1. レスポンスが早い

 仕事やプライベートでの連絡に、メールやLINEを使うのは当たり前のこと。あなたは、誰かから連絡が来た時、すぐに返信していますか?

 実は、“マメ女子”はレスポンスが早いのが特徴。連絡などはこまめにチェックして、相手に迷惑をかけないように素早い返信を心がけています。だからこそ、スムーズな打ち合わせ、約束をすることができるのです。

2. 気配りができる

 “マメ女子”は、自分のことだけでなく周りのこともしっかりと把握しています。職場に困っている人がいれば、いち早く気づいて「何かあったの?」「大丈夫?」と声をかけることができます。

 人によって態度を変えることなく、このような気配りができるため、心を奪われる男性も多いでしょう。

3. ちょっとした贈り物が得意

 気配り上手な“マメ女子”ですが、その性格からか贈り物が得意なのも特徴の一つです。贈り物というと大々的に贈るイメージがありますが、そのような大袈裟な贈り物だけでなく、ちょっとした贈り物を送ることが上手。

 仕事で煮詰まっている時には、「差し入れだよ」とちょっとしたお菓子を持ってきたり、出張先で買ってきたお土産などをさりげなく渡すことができます。

4. 周りのお祝い事は率先して祝う

 家族や恋人の誕生日などは把握できていても、職場の仲間の誕生日まではなかなか覚えられないというのが普通ではないでしょうか。

 その点、マメな女子は周りのお祝い事に敏感。誕生日はもちろん、結婚などのおめでたいお祝い事は率先して祝います。それにつられて周りも一緒にお祝いムードになるため、雰囲気をハッピーに変える力を持っています。

5. 家事能力が高い

 モテる女子は、家事能力が高い人が多いです。やはり、男性にとって家庭的な女性というのは魅力的に映るもの。

 “マメ女性”もその一人。気が利くゆえに掃除などもこまめに行いますし、お金の管理などもしっかりしている人が多いでしょう。そんな家庭的な部分を見た男性は、「この人と結婚したら、幸せだろうな」と、つい想像してしまうようです。

ズボラ女子から卒業する! “マメ女子”を目指す3つのポイント

常に女性らしさを意識(写真:iStock)
常に女性らしさを意識 (写真:iStock)

 “マメ女子”を見ると、「私は、彼女みたいにはなれないな」と感じる人もいるはず。ズボラな人にとっては、マメになること自体「ハードルが高い」と思ってしまうかもしれませんね。しかし、意識を変えれば、誰でも“マメ女子”になれます! 3つのポイントをチェックしていきましょう。

1. 常に周りの状況を把握する

 友達と会っている時、職場で仕事をこなしている時、あなたは自分のことだけ考えていませんか? 周りに目がいかず、目の前のことだけに一生懸命になってしまう人もいるでしょう。

 もちろん、仕事を行う上で、それは間違いではありません。しかし、“マメ女子”になるには、少し目線を広げることが大切です。自分のことだけでなく、周りの状況を見るように意識することで、自分の仕事への向き合い方などが変わってくるかもしれませんよ。

2. 困っている人がいたら声をかける

 自分の抱えている仕事がひと段落すると、「やっと解放された」とホッとして、ついダラダラと過ごしてしまう人は多いでしょう。

 しかし、そんな時こそ“マメ女子”を目指すタイミング。余裕がある時には、周りをじっくりと見渡してみましょう。困っている人を見つけたら、「何か手伝おうか?」と一言かけてみてはいかがでしょうか? あなたのその一言で、場の雰囲気が良い方向に変わるかもしれません。

3. 常に女性であることを意識して行動する

 ズボラ女子の中には、「面倒だから」といった理由で適当に対応したり、ごまかしたりする人がいます。メイクやヘアスタイル、ファッションなども、手を抜いている人が多いのではないでしょうか。

 しかし、マメな女子を目指すのであれば、常に女性であることを意識することが大切。どんなに忙しくても身だしなみを整えて女性らしい言動を意識することで、新たな視点で物事を見ることができるはずです。

しつこいとマメは違う! 相手の気持ちを考えられる“マメ女子”を目指そう

相手のことを第一に(写真:iStock)
相手のことを第一に (写真:iStock)

 男性からモテるため、同性から好かれるために「これからは、“マメ女子”を目指そう」と考えている人もいるでしょう。しかし、中にはマメとしつこいを取り違えてしまう人がいます。たとえば、好意を抱いている男性に何度もメールをして「私ってマメでしょ?」と、アピールしてしまう人も少なくありません。

 しかし、“マメ女子”になるには、相手の気持ちを第一に考えて行動することが必須。自分の気持ちを押し付けたり、自己満足のしつこい女だと思われないように、くれぐれも気を付けてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


元カレと比べてない?彼氏ができない人の残念な思考パターン
 近ごろ出会った男性とデートをしてもいまいちピンと来ない——。自分の感覚を信じるのはすごくいいことなんですが、歴代彼氏や...
若林杏樹 2021-06-23 06:00 ラブ
デートを断られた…脈ありor脈なしを見極めるポイント&対策
 女性からデートに誘うのは、とても勇気がいること。思い切って誘ったのにも関わらず、あっさりと断られてしまったら、多くの人...
恋バナ調査隊 2021-06-23 06:00 ラブ
嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ
レスの彼との未来はある? 乗り越えるためのおすすめ解消法
 友達同士でもなかなか語り合えない「セックスの頻度」。皆さんはどれくらいでしょうか? パートナーとの夜の営みがない期間が...
若林杏樹 2021-06-16 06:00 ラブ
愛され女子のほっこりLINE♡ 彼氏の仕事の疲れを癒す内容5つ
 仕事が忙しくて、なかなか会えない彼氏……。そんな時には、「なんで会えないの!?」なんて拗ねたLINEよりも、彼氏を癒す...
恋バナ調査隊 2021-06-16 06:00 ラブ
冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ