清楚系女子はモテる!6つの特徴&男性心理に隠れたモテ理由

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-01-08 06:00
投稿日:2021-01-08 06:00
 女性には、それぞれタイプがあります。そのタイプによって、男性からのウケが変わってくるもの。そんな中、いつの時代も男性人気が高いのが「清楚系女子」!そこで今回は、清楚系女子の特徴や、隠された男性心理についてご紹介します。

いつの時代も人気♡ 清楚系女子の6つの特徴

根強い人気の清楚系女子(写真:iStock)
根強い人気の清楚系女子 (写真:iStock)

「清楚系女子」というと、お嬢様のような女性をイメージする人が多いでしょう。それゆえに、「私が目指すのは、難しいな」と諦めている女性も多いはず。しかし、男性が思う清楚系女子とは少しズレがあるようです。まずは、清楚系女子の特徴をチェックしていきましょう。

1. 言葉遣いが丁寧で女性らしい

 清楚系女子の基本ともなるのが、言葉遣いです。最近ではサバサバ女子を目指し、雑で汚い言葉遣いをあえて使っている女性も多いですが、男性ウケを考えるとこれは逆効果!

 やはり、男性から好印象を受けるのは丁寧な言葉遣いでしょう。女性らしい言葉を使っているのを見て、ドキッとする男性も多いようです。

2. 身に着けるものが上品

 人には、それぞれ好みがあるもの。洋服やアクセサリー、バックなども好みによって選ぶものが変わってきます。

 そして、その選び方も、清楚系女子かどうか判断される基準になります。男性にとって、派手なものや大ぶりなものは敬遠されがち。逆に、小ぶりで上品なものを身に着けていると、「清楚な女性だな」と判断されやすいようです。

3. マナーや常識が身についている

 清楚系女子というと見た目ばかりイメージしてしまいますが、実は男性は内面もしっかりと見ています。

 男性は、どんなに美人であっても、マナーや常識がない女性に心惹かれることはありません。「素敵な女性だな」と思っても、「常識がない」と分かれば、一気に気持ちが冷めてしまうことも。男性が思う清楚系女子は、マナーや常識が身についていることも大きなポイントのようです。

4. ナチュラルメイク

 時代によって流行のメイクはありますが、清楚系女子といわれる人はどの時代もナチュラルメイクが基本。決して、派手なメイクはしません。

 逆を返せば、ナチュラルメイクが通用するということは、それだけ日頃からスキンケアに手をかけているということ。メイクで隠さなくても綺麗な素肌に、魅力を感じる男性も多いのではないでしょうか。

5. 気遣いができてでしゃばらない

 清楚系女子は、気遣いができるのも特徴的。困っている人がいれば、相手を選ぶことなく自然と手を差しのべることができるため、その優しさに惹かれる男性も多いでしょう。

 また、清楚系女子は、その気遣いをひけらかすようなことはしません。そんな、でしゃばらないところも健気に映るようです。

6. 実は芯がしっかりしている

 清楚系女子というと、「あまり自分の意見を言わない」と思っている人も多いかもしれません。 

 しかし、実は強い芯を持っているのも、清楚系女子の特徴のひとつ。人に流されることなく、違うと思ったら「それは違う」と意見が言えるため、信頼される存在にもなるでしょう。

清楚系女子はなぜモテるのか? 隠された男性心理とは

自分の母親ともうまくやれそう(写真:iStock)
自分の母親ともうまくやれそう (写真:iStock)

 女性からすると、「どうして、清楚系女子はモテるのだろう?」と思っている人も多いかもしれませんね。真面目そうに見える清楚系女子は、同性からすると魅力的だと思えないかもしれません。では、なぜ清楚系女子がモテるのか、その理由を隠された男性心理からご紹介します。

女性らしさに惹かれる

 男性が女性に惹かれるのは、やはり自分になっていないものを持っているから。つまり、女性らしい人に惹かれるのは、男性として当然のことだと言えるでしょう。

 清楚系女子は、言葉遣いからしぐさ、見た目、身に着けるものすべてが女性らしさに溢れています。そんな女性を目の当たりにしたら、オスとしての本能が反応するのは自然なことかもしれません。 

一途で真剣に向き合える

 清楚系女子は、見た目通り真面目な人が多いです。恋愛に対しても一途な人が多いため、男性にとっては信用できる存在。

 それゆえに、真剣に向き合い、本命として真剣に付き合います。一生懸命に向き合ってくれる相手を「守りたい」「裏切りたくない」と思うのも、男性の本能ともいえるでしょう。

誰にでも堂々と紹介できる

 本気で付き合っている相手となれば、将来のことも意識するでしょう。そうなれば、友達や家族に紹介することも考えるようになるのではないでしょうか。

 そんな時、マナーや常識が身についている清楚系女子であれば、何の心配もなく誰にでも会わせることができます。「あの子は、やめた方がいいよ」なんて、反対される心配も少ないでしょう。

清楚系女子を目指して、意中の彼を落とそう!

目指せ!清楚系女子(写真:iStock)
目指せ!清楚系女子 (写真:iStock)

 男性からモテると言われると「私も真似をしてみよう」と思うものですが、清楚系と言われると抵抗感を感じたり、「私には無理だな」と諦めてしまう女性が少なくありません。

 しかし、男性から清楚系女子と判断されるのは見た目だけではありません。特徴を意識すれば、あなただって清楚系女子を目指せるはずですよ♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


人生最悪の運気かも…そんな時に出会う人には注意すべき理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。身も心もボロボロの時に何かのキッカケで知りあった相手。その出会いで一時的に元...
山崎世美子 2021-01-16 06:00 ラブ
彼氏といちゃいちゃする6つの方法!サインを見逃さないで♡
恋人といちゃいちゃする時間は、とても幸せな時間です。どんなに付き合いが長くなっても、日々のいちゃいちゃタイムがあれば、マ...
恋バナ調査隊 2021-01-16 06:00 ラブ
いまだに関白宣言?九州出身男性の特徴&好きな女性のタイプ
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、九州出身の男性についてご紹介します。九州は、福岡...
彼氏が「キスしたい」と思うのはいつ? 6つの瞬間&サイン
 女性にとって、彼氏からの不意打ちのキスは驚きながらも嬉しいものです。しかし、時には「なぜこのタイミングで?」なんて思う...
恋バナ調査隊 2021-01-15 06:00 ラブ
緊急事態宣言中なのに?マッチングアプリの男性に聞いてみた
 首都圏は再び緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出の自粛が呼びかけられています。そんななかでも、マッチングアプリで知り...
内藤みか 2021-01-14 06:00 ラブ
彼氏の親に結婚の挨拶!女性の印象が決まる9つのポイント♪
 結婚の挨拶は、人生の中でも特に緊張するイベントですよね。どんな服装をしたらいいの? 会話は? 手土産は? と、疑問と不...
恋バナ調査隊 2021-01-14 06:00 ラブ
気を抜いたら…男性がドン引きするデート中の女性の行動とは
 待ちに待ったデート! 当日はお洒落して1%でも可愛い要素をプラスしてカレに会いたいですよね? 私は会う前、ついつい鏡を...
若林杏樹 2021-01-13 06:26 ラブ
恋の始まり!? 女性が思わず“胸キュン”する男性の行動9選
 恋愛対象として意識したことがなかった男性でも、ふとした行動や言葉で、思わず新鮮さを感じて「胸キュン」してしまうことって...
恋バナ調査隊 2021-01-13 06:29 ラブ
出会いはナンパ!他とは比較にならないほどカラダの相性が…
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-12 06:14 ラブ
喧嘩別れするカップルの5つの特徴! 後悔しないためには?
 恋人ができた時、誰も別れることなんて考えないでしょう。しかし、交際を続けていると思いがけないことで喧嘩になり、別れてし...
恋バナ調査隊 2021-01-12 06:00 ラブ
付き合ったらヤバい男性が送るLINEの特徴&見抜く方法
 世の中には、かっこいい顔をしていながらも、浮気男やマザコン、サイコパス男、ストーカーなど、中身がヤバい男性が存在します...
恋バナ調査隊 2021-01-11 06:00 ラブ
友人の“恋愛アドバイス”はどこまで聞く? 困った時の考え方
 アドバイスと言う名のダメ出しを食らったことってありませんか? 正しいことを言われているし、欠点は直すべきなんだろうけど...
七味さや 2021-01-11 06:00 ラブ
尽くされる女性の8つの特徴&彼氏にもっと愛される方法♡
 女性の中には、「男性に尽くす女性」と「男性から尽くされる女性」がいます。尽くし続ける恋愛に疲れてしまう女性もいる一方、...
恋バナ調査隊 2021-01-10 06:00 ラブ
頑張りすぎないで…絶対的に愛される“程よい手抜き”のススメ
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。愛されたい、大事にされたいという思いが強ければ強いほど頑張ってしまうものです...
山崎世美子 2021-01-09 06:00 ラブ
幸せだったのに…わずか結婚1年で妻に出て行かれた夫の困惑
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-01-09 06:00 ラブ
離婚の裏に2つのエピソード…結婚1年で軌道修正した妻の激白
「冷酷と激情のあいだvol.28〜男性編〜」では、わずか結婚1年で、年上妻から離婚された男性・Hさんの困惑をご紹介しまし...
並木まき 2021-01-09 06:06 ラブ