清楚or小悪魔?特別な夜に“記憶に残る女”になるボディケア術

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-12-08 06:00
投稿日:2020-12-08 06:00
 大好きな彼との特別な夜には、“記憶に残るいい女”を演出したい女性も少なくありませんよね。今年の冬は、外でのデートよりも、おうちデートやホテルデートで愛を温めるカップルも多いようです。
 ボディの乾燥が気になるこの時期には、「いい香り」かつ保湿力が高いボディケアコスメがあると、ラブラブムードを盛り上げるのに役立ちます。彼の好きなタイプに合わせて「清楚系」か「小悪魔系」のいずれかで攻めるのが、モテの鉄板テクにもなるでしょう。
 時短美容家の並木まきが、不動のモテを誇る「清楚系」「小悪魔系」の2パターンで、この冬、彼が喜ぶすべすべボディを狙えるボディソープをご紹介します。

「清楚系」で攻めるなら“もちもち肌ボディ”を意識して

<ダイアンボタニカル プロテクト シリーズ>
<ダイアンボタニカル プロテクト シリーズ>

 もちもちっとした肌は、モテ肌の代表格。湿度が下がり、乾燥しがちな季節には、もちもち肌を狙えるボディソープ&ミルクの組み合わせがおすすめです。

 この冬、数多くのボディケアアイテムをお試しした私が、「これぞ清楚系」と太鼓判を押すのは「ダイアンボタニカル プロテクト シリーズ」。フレッシュで爽快感のあるシトラスに、ほんのりとした甘さを感じる「THE・お風呂上がり」を連想させる清楚系の香りです。

 保湿ケアの実力も優秀。ボディソープとボディミルクの展開で、美容界で注目されている「EC-12乳酸菌(※エンテロコッカスフェカリス:保湿成分)」や「黒はちみつ(※ハチミツエキス:保湿成分)」を含んでいて、植物性洗浄成分が洗うたびに肌のうるおいをプロテクト。

 ボディミルクは、オーガニックエキスが角質層に水分チャージし、ヴェールによってうるおいを守ってくれるから、もちもちっとした肌感を演出しやすいでしょう。

 もちもち肌のうるうるボディは、モテの鉄板。清楚な女性がタイプの彼は、きっとメロメロになるはず。

「小悪魔系」で攻めるなら“吸い付くツヤ肌”を意識して

<ローラメルシエ リュクス インダルジェンス アンバーバニラ ボディ トリプレット>
<ローラメルシエ リュクス インダルジェンス アンバーバニラ ボディ トリプレット>

 小悪魔系女子を狙うなら、ミステリアスな香りが鉄板。そこに、吸い付くようなうるおいとツヤに満ちたボディがあれば、いかにも小悪魔な演出が叶います。香りは、甘めなフローラルよりも、少しユニセックスでセクシーな香りをまとうのがおすすめです。

 小悪魔系を狙うなら、私のイチオシは、「laura mercier(ローラメルシエ)リュクス インダルジェンス アンバーバニラ ボディ トリプレット」。

 クリスマスに向けて限定発売中の「クリームボディウォッシュ アンバーバニラ」「ホイップトボディクリーム アンバーバニラ」「オード トワレ N アンバーバニラ」の組み合わせで、限定復刻のボディウォッシュが入っているスペシャルなアイテムです。

 こちらのボディウォッシュは、しっとりとなめらかな洗い上がりが特長。うるっと吸い付くようなツヤのある肌を狙え、さらにお風呂上がりに同シリーズのボディクリームを重ねることで、やわらかなツヤを持続させやすいでしょう。ボディクリームはホイップクリームのような軽い質感なので、寝る前のボディに塗ってもベタつきを感じにくいはずです。

おわりに

素敵な聖夜になりますように(写真:iStock)
素敵な聖夜になりますように (写真:iStock)

 彼と過ごすスペシャルな夜には、特別なケアで、記憶に残るいい女を演出。今年最後の素敵な思い出をつくるべく、ラブラブな夜を楽しんでくださいね……♡

(※筆者注 画像は筆者の私物です。文中の効果は筆者の個人的な感想です。)

並木まき
記事一覧
ライター・エディター
元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)の肩書きを有する。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。
Instagram公式HP

日刊ゲンダイ掲載「あの人は今」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/277865

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


化粧水ジプシー脱出!敏感肌が落ち着く“千円以下”の最適解はあんな所に…
 長年愛用してきた化粧水が、自分の肌に合わなくなったことに気づいたのは昨年末のこと。そこから半年間は“化粧水ジプシー”だ...
小ジワもたるみも無問題!美容家ベタ惚れ“高発色”プチプラアイカラー3選
 40代、50代…と年齢を重ねるにつれ「アイシャドウの色がのらない…」と感じてはいませんか?  悲しいけれど大人世...
40代痩せたいなら背中を鍛える!見落としがちな「美スタイル」習慣3つ
 ダイエットをする際、お腹や足への成果を求めがちですが、ちょっと待って。40代で痩せたいと思うなら、見落としがちな「背中...
VIO脱毛のきっかけとメリット もじゃもじゃの自己処理から卒業したい!
 VIO脱毛は、ほかの部位と比べてハードルが高いと感じますよね。実際にVIOの脱毛をしてみたいけれど、なかなか勇気が出な...
湿気で髪が制御不能! 梅雨入り前に対策したい3つのこと&応急処置
 梅雨の季節の悩み事といえば、髪の毛のうねりや広がりですよね…。特に、癖っ毛や天然パーマ、猫っ毛の人は激しく共感している...
ファンデ不要?「プリマヴィスタの下地」だけ。40代10時間耐久の結果は
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
毛穴の黒ずみを抹殺したくてVOCEの付録にダイブ!高額美容液がめちゃ得
 毛穴が気になっていたので、VOCE7月号 通常版「毛穴ケア決定版BOX」の付録に飛びつきました! いろいろな種類のアイ...
雨の日のアホ毛どう封印? バックに忍ばせたいスティックと“最後”の対策
 梅雨の季節ですね…。湿気で髪の毛がうまくまとまらない日々が続くので、女性にとっては憂鬱なことこの上なし。特に、アホ毛に...
品薄なヴァセリンパック。試しにバームを直塗りしたら“ギョッ”な事態に…
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
BAの接客が苦手ですが何か?エトヴォス新作アイシャドーで意外なアプデ
 久しぶりにアイシャドーを新調しました。気になっていたETVOS(エトヴォス)のミネラルウォータリーシャドーです。 ...
40代、黒いおりものに不安MAX!もしや病気?薬剤師監修の原因と対策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
“スキンケア迷子”必見! 更年期のワガママ肌へのご自愛ブランド3選
 40代、50代と年齢を重ねるに従って、避けて通りにくいのが更年期のあれこれ。悲しいことにお肌の状態も、体調次第で左右さ...
鏡が恐怖!白髪染めの色落ちにゲンナリ、1日でも長持ちさせるセルフケア
 40代といえば、白髪が気になる年代。白髪は染めても数週間も経てばすぐに色落ちしてくるのでげんなりしますよね…。何回も繰...
「白Tシャツの捨て時わからない」問題ついに解決!黄ばみ&ヨレの改善法
 清潔感があり、いろいろなコーディネートに着回しができる白Tは、毎日の着こなしに重宝しますよね! でも、いつも迷ってしま...
これはバグですか?美STの付録価格がお得すぎ。6,200円→1,480円とな
『美ST』6月号 特別版の付録は「ラブミータッチ スキンバリアナノミルク」の現品と、話題の微弱電流マスク「GENiS イ...
Tバックを試したい!意外と知らない種類&男性からの好感度5つ星評価
 40代になったら一度は試してみたいTバック! Tバックは大人の女性の魅力を引き立てて、男性からの好感度をアップするだけ...