バチェロレッテに学ぶ!「運命の男」を選ぶためのポイント

内藤みか 作家
更新日:2020-10-15 06:00
投稿日:2020-10-15 06:00
 依然人気の恋愛リアリティーショー。近頃は、女性が大勢の男性のなかから1人を選ぶという逆バチェラー形式も出ています。こうした番組ではどの男性を残し、どの男性とサヨナラするか、選択に迷うシーンが多々出てきます。セレブ美女の選択から、運命の男性を選ぶコツを学んでみました。

女性はセレブ級の美しさ

運命の男性を選ぶには?(写真:iStock)
運命の男性を選ぶには? (写真:iStock)

 大勢の男性の中から最愛のひとりを選ぶ、という恋愛リアリティーショーの「かぐや姫と7人の王子たち」(AbemaTV)。7人の男性たちと共同生活を送り、視線を独り占めするという、まるで乙女ゲームのような素敵な設定でした。そして10月9日より、いよいよ「バチェラー」の逆版である「バチェロレッテ」(amazonプライム)が満を持してスタート! こちらはなんと、17人の男性に囲まれています。

「かぐや姫……」ではモデルなお嬢様が、「バチェロレッテ」ではモデルでスポーツトラベラーのお嬢様がご出演。どちらも大変お美しいかたで、実家がホテルを所有されていたり大地主だったりと、生まれながらのセレブさを備えていて、世界のあちこちに足を運んだ経験を持ち、しかも優しく賢いのだから、非の打ちどころがありません。

本音で話をしているか

うわべだけじゃない?(写真:iStock)
うわべだけじゃない? (写真:iStock)

 そんな彼女たちと結ばれることを夢見て、集まってきた男性たち。社長もいれば役者やシンガーもと職業はさまざまです。番組では、セレブな彼女たちが果たしてどの男性を落としていくかが見どころとなっていて、そこには実際の恋愛にも応用できそうなチェックポイントがたくさんあります。

 まず、彼女たちは「男性たちが本音で話しているか」を見ています。男性のなかには、彼女に好かれようと嘘をついてごまかしたり、うわべだけのお世辞でその場を盛り上げようとする人も。番組を見ていると、本音で話をする男性とそうでない男性の差は明らかで、かっこつけずに自然に会話ができる男性が優先的に選ばれていました。

自分に好意を持っているか

恋愛感情を持ってエスコートしてくれる(写真:iStock)
恋愛感情を持ってエスコートしてくれる (写真:iStock)

 そして忘れてはいけないポイントは、「自分に恋愛感情を持ってくれているか」です。どんなに素敵な男性であっても、愛がなければ何も始まりません。目の前の女性そのものではなく、その向こうにあるセレブな生活だけに憧れているような男性を彼女たちは必要としません。

 番組でも、自分のアピールばかりに精を出して女性を思いやることを忘れる男性が続出していましたが、見事に落とされていきます。ほかの男性たちと火花を散らしながらも、女性を大切にし、守ることやエスコートすることを優先できる男性こそがセレブ女性に愛されるのです。

人生に真剣か

人生設計がきちんとしているか(写真:iStock)
人生設計がきちんとしているか (写真:iStock)

 そして大切なのは人生観。恋人や婚約者になったら長く一緒に過ごすわけですから、彼の「人生計画」も知っておきたいところ。番組でも、自分の人生の目的や将来の仕事の目標などを尋ねられたときに言葉に詰まる男性がいましたが、そこを彼女たちは見逃しません。

 人生に本気で挑んでいたら、目的や目標を常に自問自答しているはずなので、即答できるはずなのです。ただ毎日を流して過ごしていると、深い質問にはなかなか答えられません。自分のどういう力をどのように世の中に役立てていくかを考えられる社会的意識の高い男性が、セレブ女性に高く評価されるのです。

最もチェックしたいのは真心

真心を持って接してくれるのが一番!(写真:iStock)
真心を持って接してくれるのが一番! (写真:iStock)

 番組の中では、女性を喜ばせようと男性たちがあの手この手でアタックしてきますが、豪華な品よりも効果があったのは、「素朴であってもその男性の想いがしっかり伝わるプレゼント」でした。お金よりも時間をかけてくれた手作りの品に、深い想いを感じるのです。

 女性の心を動かす贈り物には、必ずと言っていいほど愛情もたっぷり詰まっています。その女性にぴったり似合うプレゼントを渡すことができる男性は、その人のことをしっかり理解できているということになります。なので、女性も「そんなに私のことをわかってくれているなんて」と、感動できるのです。

 自分を愛してくれるたったひとりの大切な人を間違えずに選ぶためにも、その男性の生きざまや愛情深さ、そして正直さは外せないポイントなのです。複数の男性の間で心が揺れた時には、彼女らの選択眼を参考にしながら、間違えずに選択していきたいものです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“長年不倫愛”継続中の40代女性に衝撃の予言! 人生初「電話占い」で“第2の男”の存在が…
 不倫などの誰にも言えない悩みを胸に秘め、苦しい思いをした経験、ありませんか? 誰かに相談したい、話を聞いてもらいたい、...
内藤みか [PR] 2022-05-18 12:30 ラブ
「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ