バチェロレッテに学ぶ!「運命の男」を選ぶためのポイント

内藤みか 作家
更新日:2020-10-15 06:00
投稿日:2020-10-15 06:00
 依然人気の恋愛リアリティーショー。近頃は、女性が大勢の男性のなかから1人を選ぶという逆バチェラー形式も出ています。こうした番組ではどの男性を残し、どの男性とサヨナラするか、選択に迷うシーンが多々出てきます。セレブ美女の選択から、運命の男性を選ぶコツを学んでみました。

女性はセレブ級の美しさ

運命の男性を選ぶには?(写真:iStock)
運命の男性を選ぶには? (写真:iStock)

 大勢の男性の中から最愛のひとりを選ぶ、という恋愛リアリティーショーの「かぐや姫と7人の王子たち」(AbemaTV)。7人の男性たちと共同生活を送り、視線を独り占めするという、まるで乙女ゲームのような素敵な設定でした。そして10月9日より、いよいよ「バチェラー」の逆版である「バチェロレッテ」(amazonプライム)が満を持してスタート! こちらはなんと、17人の男性に囲まれています。

「かぐや姫……」ではモデルなお嬢様が、「バチェロレッテ」ではモデルでスポーツトラベラーのお嬢様がご出演。どちらも大変お美しいかたで、実家がホテルを所有されていたり大地主だったりと、生まれながらのセレブさを備えていて、世界のあちこちに足を運んだ経験を持ち、しかも優しく賢いのだから、非の打ちどころがありません。

本音で話をしているか

うわべだけじゃない?(写真:iStock)
うわべだけじゃない? (写真:iStock)

 そんな彼女たちと結ばれることを夢見て、集まってきた男性たち。社長もいれば役者やシンガーもと職業はさまざまです。番組では、セレブな彼女たちが果たしてどの男性を落としていくかが見どころとなっていて、そこには実際の恋愛にも応用できそうなチェックポイントがたくさんあります。

 まず、彼女たちは「男性たちが本音で話しているか」を見ています。男性のなかには、彼女に好かれようと嘘をついてごまかしたり、うわべだけのお世辞でその場を盛り上げようとする人も。番組を見ていると、本音で話をする男性とそうでない男性の差は明らかで、かっこつけずに自然に会話ができる男性が優先的に選ばれていました。

自分に好意を持っているか

恋愛感情を持ってエスコートしてくれる(写真:iStock)
恋愛感情を持ってエスコートしてくれる (写真:iStock)

 そして忘れてはいけないポイントは、「自分に恋愛感情を持ってくれているか」です。どんなに素敵な男性であっても、愛がなければ何も始まりません。目の前の女性そのものではなく、その向こうにあるセレブな生活だけに憧れているような男性を彼女たちは必要としません。

 番組でも、自分のアピールばかりに精を出して女性を思いやることを忘れる男性が続出していましたが、見事に落とされていきます。ほかの男性たちと火花を散らしながらも、女性を大切にし、守ることやエスコートすることを優先できる男性こそがセレブ女性に愛されるのです。

人生に真剣か

人生設計がきちんとしているか(写真:iStock)
人生設計がきちんとしているか (写真:iStock)

 そして大切なのは人生観。恋人や婚約者になったら長く一緒に過ごすわけですから、彼の「人生計画」も知っておきたいところ。番組でも、自分の人生の目的や将来の仕事の目標などを尋ねられたときに言葉に詰まる男性がいましたが、そこを彼女たちは見逃しません。

 人生に本気で挑んでいたら、目的や目標を常に自問自答しているはずなので、即答できるはずなのです。ただ毎日を流して過ごしていると、深い質問にはなかなか答えられません。自分のどういう力をどのように世の中に役立てていくかを考えられる社会的意識の高い男性が、セレブ女性に高く評価されるのです。

最もチェックしたいのは真心

真心を持って接してくれるのが一番!(写真:iStock)
真心を持って接してくれるのが一番! (写真:iStock)

 番組の中では、女性を喜ばせようと男性たちがあの手この手でアタックしてきますが、豪華な品よりも効果があったのは、「素朴であってもその男性の想いがしっかり伝わるプレゼント」でした。お金よりも時間をかけてくれた手作りの品に、深い想いを感じるのです。

 女性の心を動かす贈り物には、必ずと言っていいほど愛情もたっぷり詰まっています。その女性にぴったり似合うプレゼントを渡すことができる男性は、その人のことをしっかり理解できているということになります。なので、女性も「そんなに私のことをわかってくれているなんて」と、感動できるのです。

 自分を愛してくれるたったひとりの大切な人を間違えずに選ぶためにも、その男性の生きざまや愛情深さ、そして正直さは外せないポイントなのです。複数の男性の間で心が揺れた時には、彼女らの選択眼を参考にしながら、間違えずに選択していきたいものです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。現在のシングルマザーの平均年齢は33歳、再婚率は26%と言われています。離婚...
山崎世美子 2020-10-24 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-10-24 07:48 ラブ
FILM
「冷酷と激情のあいだvol.18〜女性編〜」では、ダブル不倫の相手と再婚をしたくて夫に離婚を切り出した女性・Wさんの心情...
並木まき 2020-10-24 07:49 ラブ
FILM
 離婚後、新しい恋愛のチャンスがやってきた!?……と思ったのも束の間、元夫の方が自分に合ってたのかもしれないなぁ。そんな...
七味さや 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 あなたは恋人と別れ話をする時に、LINEや電話で話す派ですか? それとも会って話す派ですか?「重要な話ほど、きちんと話...
ミクニシオリ 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 今、かつてないほどの出張ホスト人気が起きています。コロナ禍で夜の街に行きづらくなった女性たちが、マンツーマンで相手をし...
内藤みか 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 好きな人とデートに行った後、「楽しかったね!」とLINEしたのに既読スルーされた……なんて経験はありませんか? 多くの...
恋バナ調査隊 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 則夫の内縁の妻の連れ子が不憫で、養護施設に寄付をしたいと加奈子さんが言ったとき、則夫は最初、そのお金は預かれない、そこ...
神田つばき 2020-10-21 06:00 ラブ
FILM
 失恋した時や彼氏がいない時、「そうだ! 何か習い事をして自分磨きをしよう」という思考になることがあります。それはとても...
田中絵音 2020-10-20 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-10-21 23:04 ラブ
FILM
 世間では草食男子の増殖に比例するように、グイグイ攻めることができる肉食女子も増えておりますね。自分から攻めずとも女性か...
若林杏樹 2020-10-19 06:50 ラブ
FILM
 彼氏がいるのに好きな人ができてしまうと、本当に辛くて悩みますよね……。彼氏のことも好きだけど、新しい人のことも好きにな...
恋バナ調査隊 2020-10-19 06:43 ラブ
FILM
 メリさんこんにちは。今年30歳になる独身の女です。付き合って1年5カ月、1歳年上の彼氏がいるのですが、私は子どもが大好...
神崎メリ 2020-10-18 06:00 ラブ
FILM
 あなたの彼は、いつもあなたを大切にしてくれますか? 「大切にされていない!」と感じた人もいるかもしれませんね。でも実は...
恋バナ調査隊 2020-10-18 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。この人とはもう無理!やっていけない!と離婚が頭をよぎる人って多いはずです。本...
山崎世美子 2020-10-17 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-10-17 06:16 ラブ