仕事と俺とどっちが大事?多忙な彼女に寂しさを募らせる男性

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-12-26 08:34
投稿日:2020-12-26 06:00
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があります。ひとつの出来事への解釈や目的が、男性と女性では異なる場合もしばしば。男性と女性では、夫婦のあり方への認識が大きく異なる場合も少なくありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、仕事を理由にデートをしてくれない彼女に恋心を募らせる男の苦悩をお届けします。

交際4年目の彼女が会ってくれない

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 Sさんはまもなく30歳を迎えようとする独身男性。一度は就職したものの、現在は夢である国家試験の合格を目指し、アルバイトをしながら専門学校に通う毎日です。恋人であるMさんとは、一度は別れたもののヨリを戻し、通算すると交際4年目を迎えるのだそう。

「Mとは、腐れ縁って気がしています。出会いは飲み会で、共通の知人が多いので、以前は、わいわいとグループで遊ぶ機会も多かったですね。今はコロナ禍なので、仲間で集まる機会は激減していますが。

 それで、グループで会えないのもつまらないのですが、彼女のMが、最近は仕事を理由にデートをしてくれなくなりまして……。

 コロナ禍なので、むやみに出かけるデートは僕も控えたいのですが、お互いの自宅でデートをするならさほど問題ないんじゃないかと思うのに、こっちから誘っても『仕事が忙しいから、もう少し落ち着くまで、待ってね』と言うばかりで、なかなか会ってくれなくなったんですよ」

仕事と自分、どちらが大切なんだろう

仕事ばかりの彼女にヤキモキ(写真:iStock)
仕事ばかりの彼女にヤキモキ (写真:iStock)

 同年齢である彼女Mさんは、大学を卒業してから就職した会社にそのまま勤めており、30歳を迎えようとする今は、部下もでき、仕事に夢中になっているようだと語るSさん。

 そんな彼女を誇らしく思いつつも、“仕事、仕事”と言っては恋人のことをほったらかしにしている様子には、少し苛立ちも抱いているそうです。

「社会人ですので、仕事が最優先っていうのは理解できます。僕自身も、働いていたときはそうでしたし。だけど以前は月に数回会っていたのが、ここ数ヶ月は、月に1回会えればいいほうです。これじゃあ付き合っているって言っても形式的だし、納得できません」

 正直なところ「仕事と恋人とどっちが大事なんだよ」と尋ねたくなったことも一度や二度ではないと語るSさん。仕事と同じくらい、自分のことも大事にしてもらいたいと、一抹の寂しさを覚えているそうです。

仕事は応援したいけど…寂しい

LINEの返信も遅いしそっけない(写真:iStock)
LINEの返信も遅いしそっけない (写真:iStock)

「まぁ、コロナ禍でも仕事が忙しいっていうのは感謝すべきことなんでしょうね。だけど最近では、LINEをしても返事が遅い上にそっけないし。 

 会わない時間が長くなると、それで気持ちまで冷めてしまうのではないかと、正直不安です。

 コロナ禍が明ければ、もとに戻るんだとは思いますが、それまではなんともキツいですね。

 僕は毎日、国家試験に向けて勉強をしているので、彼女に会えるのが唯一の息抜きでもありますし。もうすぐクリスマスですが、今年はイブにも当日にも会ってくれそうにないから、初詣くらいは一緒に行きたいなと思っているんですけどね……」

 寂しさは感じつつも、彼女の仕事は応援したいと葛藤するSさん。しかし実は、恋人であるMさんの思惑は、Sさんが考えているものとはかなり異なるようです。次回に続きます。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「次はゴム装着」でクロ確定!浮気現場よりも証拠になるLINE
 夫の浮気で慰謝料請求したい場合、やはり浮気現場の写真があれば有力な浮気の証拠になりますよね。でも、探偵に頼むのは料金が...
恋バナ調査隊 2022-12-03 06:00 ラブ
ペットの問題じゃない?恋人との将来に疑問を持ち始めた男性
「冷酷と激情のあいだvol.119〜女性編〜」では、同棲の話が出ている恋人・タケオさん(44歳/仮名)とのペット問題が勃...
並木まき 2022-12-03 06:00 ラブ
「私は犬、彼は猫」同棲前にペット問題勃発!不安を抱く女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-12-03 06:00 ラブ
論理的な男ってステキ♡でも彼氏にするなら絶対要注意のワケ
 合理的に行動できる人や、論理的に話せる人ってかっこいいですよね。私の経験上、こういう人は男性に多い気がします。  で...
おくげちゃん 2022-12-02 06:00 ラブ
“根こそぎ”食べるの勘弁して!「食べ尽くし系夫」賢い対処法
「食べ尽くし系夫」という言葉をご存知ですか? その名の通り、家の中の食べ物を全部食べてしまう夫のことです。家事に仕事に子...
恋バナ調査隊 2022-12-02 06:00 ラブ
“ひとり旅上手”こそ恋の好機 計画時からメリットしかない!
 旅行支援や激安チケットなどをきっかけに、観光地も賑わいを取り戻しつつあります。そんななか、ひとり旅をする女性も目につき...
内藤みか 2022-12-01 06:00 ラブ
これって束縛?彼氏が「女友達」と飲みに行くのは許せない!
 彼氏に対して束縛したくないし、めんどくさい女とも思われたくない……。  し、しかしですよ。 「女友達と飲みに行く」...
若林杏樹 2022-11-30 06:00 ラブ
“はずれ夫”を引いちまった!結婚を後悔させる男の賢い対処法
 結婚が決まったら、誰もが幸せな生活を想像するでしょう。しかし、実際の結婚生活は思った以上に難しいもの。一緒に生活したら...
恋バナ調査隊 2022-11-30 06:00 ラブ
クロ確定の証拠入手先は? ツメ甘男の浮気を見抜いたエピ3選
 あなたは「私の彼は絶対に浮気しない」と言い切れますか? もしかしたら彼は、うまく隠しているだけで、今まさに浮気中かもし...
恋バナ調査隊 2022-11-28 06:00 ラブ
子作りの最後の機会でも…離婚→再婚を迷う女性の2つの悩み
「冷酷と激情のあいだvol.118〜女性編〜」では、不倫相手である菜摘さん(38歳・仮名)が「離婚する」と言いながら一向...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
子なし女とプチ遠距離不倫に悩む男「いつまで待たされる?」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
「パイパイほしいでちゅ」妻号泣!夫⇔不倫女のアウトなLINE
 世間を騒がす芸能人や著名人の不倫報道。いざ自分の身に降りかかったらあなたはどうしますか?  今回は信頼していた...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
浮気男がかます「言い訳あるある」大全 彼の口癖と比べてみて
 浮気している男性は、必死に隠そうとします。ただ「マニュアル本でもあるのか?」とつっこみたくなるくらい、ほとんどの男性が...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
「処女妻」初夜の儀式 夫公認でセレブ義父母の性奴隷に… #1
 セレブ家庭に嫁いで間もないR子さん(25歳主婦/子供なし)。サラサラのセミロングヘアにひな人形のように愛らしい顔立ちは...
蒼井凜花 2022-12-02 13:24 ラブ
新海誠作品「言の葉の庭」は“年下男子に好かれるツボ”だらけ
 年上女性と年下男性を描いた映画はたくさんありますが、そのなかでも男性の人気が高いのは『言の葉の庭』。 『すずめの戸締...
内藤みか 2022-11-24 06:00 ラブ