別れるなら今のうちかも…成長しない彼氏に見切りをつけた女性

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-12-26 08:36
投稿日:2020-12-26 06:00
「冷酷と激情のあいだvol.26〜女性編〜」では、仕事を理由に、デートをしてくれない彼女に恋心を募らせる男の苦悩をご紹介しました。
 では、Sさんの恋人であるMさんの真意はどこにあるのでしょうか。

成長しない彼氏にうんざり

幼稚だな…(写真:iStock)
幼稚だな… (写真:iStock)

「Sとは、一度は別れたこともあったけれど、今のところは、これまでで一番長く交際してきた彼氏ですね。だけど、今の彼は会社をやめて、資格試験の勉強しかしていないので、ふたりの間には、いろいろと問題が出てきているんです」

 Sさんのことを嫌いになったわけではないけれど、と前置きをしながら、それでもMさんは今のSさんと一緒にいてもときめきを感じないばかりか、苛立ちばかり覚えてしまうストレス源だと断言します。

「彼が仕事をしていないから仕方ないのかもしれないけれど、会社をやめてから、成長が止まってしまったように感じるんです。金銭的にも、これまでの貯蓄と親の仕送りで生活しているみたいなので、まるで大学生みたいなお財布事情だし。

 ひとことで言ってしまえば、ケチくさいデートばかりなんですよ。まぁ、お金のことだけなら“今だけ”と割り切って目を瞑れるんですけど、こっちが仕事のこととかで、雑談として何かを話しても、返ってくる返事が幼稚すぎて話になりません。

 話しているとイライラするし、彼は視野が狭いんだなって、呆れてしまうことも多いんです……」

頑張ってきたけれど

なんとなく彼氏と比べてしまう(写真:iStock)
なんとなく彼氏と比べてしまう (写真:iStock)

 パートナーとは、お互いを高めあえる関係が理想と考えているMさんにとって、今のSさんは、物足りなさを感じるうえに、その先の結婚となると、ためらいしかない相手になってしまったのだそう。

 資格勉強中で、行動範囲が限られているのが影響しているのは理解しつつも「他の同世代の男性と比べても、幼稚さが際立つ」と、Mさんは感じています。

「資格試験に合格したとして、そこから実務について、きちんと独り立ちできるまでには、かなりの時間もかかるじゃないですか。彼が成功する保証だって、どこにもないですし。

 長く付き合ってきたので、縁があるんだろうから、簡単には別れるべきじゃないかなってがんばってきたんですけど……、そろそろ自分の気持ちも限界です。

 他に好きな人ができたわけではないのですが、最近では、新しく出会う男性と彼氏のことを無意識に比べてしまい、どんどん彼の未熟さが気になる一方です」

今のうちに別れたほうがいいかもしれない

顔も見たくないほど嫌いになる前に…(写真:iStock)
顔も見たくないほど嫌いになる前に… (写真:iStock)

 これ以上、一緒にいても嫌いになるだけならば、まだ「嫌い」とまではいっていない今の段階で別れたほうがいいのではないかと考えているMさん。自分より時間が自由になるSさんから、しつこくデートをせがまれるのも、徐々に大きなストレスになっていると言います。

「今、別れれば、いい友達でいられるような気がするんです。長く付き合ってきた彼氏だからこそ、別れたから“ハイ、さよなら”という関係ではなく、その後もいい関係を築いていけたらいいなって思うんですよね。

 私のわがままかもしれないけれど、恋人としてではなければ、たまに会って食事をしてもいいかなって、今なら思えますし。だけど、これ以上、恋人としてイライラさせられっぱなしの毎日が続くと、顔も見たくないほど嫌いになりそうで、それが怖いんです」


 恋人同士であれ、夫婦であれ、100%同じ価値観を有する男女は稀です。少しのすれ違いが、大きな溝に発展することも少なくないのが異性間における現実でしょう。まさにこれこそが、男女関係における醍醐味にもなれば致命傷にもなる“冷酷と激情”のはざまなのかもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
“性欲&食欲”忠実あれ!アラフォーの恋愛こそ食の好みも大事
 大人の恋愛の相性を考える時に大事だとされるのが「体の相性」と「食の好み」です。ただ、多くの女性は「体の相性が合わないの...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
「結婚のメリットがわからない」と彼 意識改革“必勝”術あり〼
 パートナーとの関係は良好で自分は結婚したいけれど、相手に将来のことを聞いてみると「結婚のメリットがわからないから……」...
若林杏樹 2022-05-11 06:00 ラブ
「お金を出さない彼氏」のトリセツ!“ヒモ男”を卒業させる法
 楽しみにしていた彼氏とのデートで、「お金がないから」とケチなデート内容にされたり、割り勘になったりすると、なんとなくも...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
「恋愛と結婚は別」ラブラブが続くとは思ってないけども…!
 若い頃はラブラブな結婚生活が続くと思っていた人が多いでしょう。でも、実際に結婚してみると厳しい現実を知ることになります...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
男にモテる「大人女性」を考察 愛されたいなら流行追うな!
 精神的に大人な女性には、男性の心をわしづかみにする魅力がありますよね。でも、ただ年齢を重ねただけでは、「男性に好かれる...
恋バナ調査隊 2022-05-10 06:00 ラブ
シングルマザーへの助成金に根強い偏見…でも優しい人もいる
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...