別れるなら今のうちかも…成長しない彼氏に見切りをつけた女性

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-12-26 08:36
投稿日:2020-12-26 06:00
「冷酷と激情のあいだvol.26〜女性編〜」では、仕事を理由に、デートをしてくれない彼女に恋心を募らせる男の苦悩をご紹介しました。
 では、Sさんの恋人であるMさんの真意はどこにあるのでしょうか。

成長しない彼氏にうんざり

幼稚だな…(写真:iStock)
幼稚だな… (写真:iStock)

「Sとは、一度は別れたこともあったけれど、今のところは、これまでで一番長く交際してきた彼氏ですね。だけど、今の彼は会社をやめて、資格試験の勉強しかしていないので、ふたりの間には、いろいろと問題が出てきているんです」

 Sさんのことを嫌いになったわけではないけれど、と前置きをしながら、それでもMさんは今のSさんと一緒にいてもときめきを感じないばかりか、苛立ちばかり覚えてしまうストレス源だと断言します。

「彼が仕事をしていないから仕方ないのかもしれないけれど、会社をやめてから、成長が止まってしまったように感じるんです。金銭的にも、これまでの貯蓄と親の仕送りで生活しているみたいなので、まるで大学生みたいなお財布事情だし。

 ひとことで言ってしまえば、ケチくさいデートばかりなんですよ。まぁ、お金のことだけなら“今だけ”と割り切って目を瞑れるんですけど、こっちが仕事のこととかで、雑談として何かを話しても、返ってくる返事が幼稚すぎて話になりません。

 話しているとイライラするし、彼は視野が狭いんだなって、呆れてしまうことも多いんです……」

頑張ってきたけれど

なんとなく彼氏と比べてしまう(写真:iStock)
なんとなく彼氏と比べてしまう (写真:iStock)

 パートナーとは、お互いを高めあえる関係が理想と考えているMさんにとって、今のSさんは、物足りなさを感じるうえに、その先の結婚となると、ためらいしかない相手になってしまったのだそう。

 資格勉強中で、行動範囲が限られているのが影響しているのは理解しつつも「他の同世代の男性と比べても、幼稚さが際立つ」と、Mさんは感じています。

「資格試験に合格したとして、そこから実務について、きちんと独り立ちできるまでには、かなりの時間もかかるじゃないですか。彼が成功する保証だって、どこにもないですし。

 長く付き合ってきたので、縁があるんだろうから、簡単には別れるべきじゃないかなってがんばってきたんですけど……、そろそろ自分の気持ちも限界です。

 他に好きな人ができたわけではないのですが、最近では、新しく出会う男性と彼氏のことを無意識に比べてしまい、どんどん彼の未熟さが気になる一方です」

今のうちに別れたほうがいいかもしれない

顔も見たくないほど嫌いになる前に…(写真:iStock)
顔も見たくないほど嫌いになる前に… (写真:iStock)

 これ以上、一緒にいても嫌いになるだけならば、まだ「嫌い」とまではいっていない今の段階で別れたほうがいいのではないかと考えているMさん。自分より時間が自由になるSさんから、しつこくデートをせがまれるのも、徐々に大きなストレスになっていると言います。

「今、別れれば、いい友達でいられるような気がするんです。長く付き合ってきた彼氏だからこそ、別れたから“ハイ、さよなら”という関係ではなく、その後もいい関係を築いていけたらいいなって思うんですよね。

 私のわがままかもしれないけれど、恋人としてではなければ、たまに会って食事をしてもいいかなって、今なら思えますし。だけど、これ以上、恋人としてイライラさせられっぱなしの毎日が続くと、顔も見たくないほど嫌いになりそうで、それが怖いんです」


 恋人同士であれ、夫婦であれ、100%同じ価値観を有する男女は稀です。少しのすれ違いが、大きな溝に発展することも少なくないのが異性間における現実でしょう。まさにこれこそが、男女関係における醍醐味にもなれば致命傷にもなる“冷酷と激情”のはざまなのかもしれません。

並木まき
記事一覧
ライター・エディター
元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)の肩書きを有する。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。
Instagram公式HP

日刊ゲンダイ掲載「あの人は今」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/277865

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「マチアプで知り合った女と人生歩めます?」肉体関係を拒む50男の疑念
「冷酷と激情のあいだvol.190〜女性編〜」では、マッチングアプリで知り合った50歳の恋人と、1年にもわたって肉体関係...
並木まき 2024-04-13 06:00 ラブ
淡泊すぎて蛇の生殺し…マチアプ交際1年、肉体関係ゼロな彼に悩む46歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-04-13 06:00 ラブ
イワクラ×オズワルド伊藤も破局復縁おかわり 時間を無駄にする男女なぜ
 お笑いコンビ「蛙亭」のイワクラ(34)が、9日放送の冠バラエティー「イワクラと吉住の番組」(テレビ朝日系)で、恋人であ...
「推し活の私が韓国男子と交際?」アラフォー女性が告白 #1
 2024年1月からオンエアされ話題となったドラマ「Eye Love You」にハマった女性も多いだろう。  心の...
蒼井凜花 2024-04-12 10:18 ラブ
お育ちのいい男を見極めるポイント6つ 好物件は絶対に逃がしちゃダメ!
 今回は育ちのいい男を見極める基準を解説します。育ちのいい男は自分のことも周りの人のことも大切にするので、結婚するといい...
恋バナ調査隊 2024-04-12 06:00 ラブ
ママ活で小遣い稼ぎする男性が増殖中!彼氏が沼って稼いだらどうする?
「彼氏がママ活のやり取りをしてるかも!?」と悩む人が増えています。熟女と会う日程を決めようとしているメッセージを見つけて...
内藤みか 2024-04-11 06:00 ラブ
職場のバツイチ男性を好きになっちゃった! 社内恋愛成就の最大のコツ
 社内で好きになった男性が、実はバツイチだった…。社会人をしていれば、こんなこともあるでしょう。  今回はバツイチ男性...
恋バナ調査隊 2024-04-11 06:00 ラブ
40代女性実家暮らし「やばい」認定は当然? 恋愛・結婚“対象外”のワケ
 40代女性で、実家暮らしをしている人はたくさんいますよね。でも実は恋愛面においては、「40代女性の実家暮らしはやばい」...
恋バナ調査隊 2024-04-10 06:00 ラブ
離婚後にイチから恋愛できるモチベ残ってる? 年々臆病になる自分に喝を
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  夫との長年の...
まめ 2024-04-09 06:00 ラブ
正論で返してくる彼氏への対抗策 愚痴や不満をこぼすのも許されない…
 彼氏は心を許している身近で特別な存在。そんな彼に、日々の愚痴や不満をこぼすときもあるでしょう。でも、彼氏が正論しか言わ...
恋バナ調査隊 2024-04-09 06:00 ラブ
妻が怒り狂う夫の呆れた浪費先4選 家計は家族みんなのものでしょ!
 今回は「夫の無駄遣い」をテーマに、女性たちの怒りや不満を集めてみました。  使う金額こと以上にその使い道に納得がいっ...
恋バナ調査隊 2024-04-08 06:00 ラブ
2年前の48歳まで処女として過ごした“こじらせ恋愛観”の根源
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳まで性体験がなかったよもやま話を綴っていま...
mirae.(みれ) 2024-04-08 06:00 ラブ
課長「なにが楽しみで会社に?」の業務LINEで崩壊!不倫きっかけは些細
 不倫カップルがいつどうやって一線を越えたのか気になりませんか? 「ダメだ」と分かっている中、なにがきっかけで盛り上がっ...
恋バナ調査隊 2024-04-07 06:00 ラブ
処女バレは絶対回避!必死過ぎる見栄を張ったあの頃の私たち
 女性なら共感すること間違いなし! 今回は、女性が処女バレしないように見栄を張るときの、あるあるエピソードを紹介します。...
恋バナ調査隊 2024-04-06 06:00 ラブ
モラハラ夫って本気ですか? 再婚妻の態度に我こそ被害者だと主張する男
「冷酷と激情のあいだvol.189〜女性編〜」では、新婚1年にして、すでに夫との離婚を真剣に考えている42歳の美香さん(...
並木まき 2024-04-06 06:00 ラブ
「夜のアッチも前妻と比較され…」再婚1年で離婚を覚悟した42歳女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-04-06 06:00 ラブ