別れるなら今のうちかも…成長しない彼氏に見切りをつけた女性

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-12-26 08:36
投稿日:2020-12-26 06:00
「冷酷と激情のあいだvol.26〜女性編〜」では、仕事を理由に、デートをしてくれない彼女に恋心を募らせる男の苦悩をご紹介しました。
 では、Sさんの恋人であるMさんの真意はどこにあるのでしょうか。

成長しない彼氏にうんざり

幼稚だな…(写真:iStock)
幼稚だな… (写真:iStock)

「Sとは、一度は別れたこともあったけれど、今のところは、これまでで一番長く交際してきた彼氏ですね。だけど、今の彼は会社をやめて、資格試験の勉強しかしていないので、ふたりの間には、いろいろと問題が出てきているんです」

 Sさんのことを嫌いになったわけではないけれど、と前置きをしながら、それでもMさんは今のSさんと一緒にいてもときめきを感じないばかりか、苛立ちばかり覚えてしまうストレス源だと断言します。

「彼が仕事をしていないから仕方ないのかもしれないけれど、会社をやめてから、成長が止まってしまったように感じるんです。金銭的にも、これまでの貯蓄と親の仕送りで生活しているみたいなので、まるで大学生みたいなお財布事情だし。

 ひとことで言ってしまえば、ケチくさいデートばかりなんですよ。まぁ、お金のことだけなら“今だけ”と割り切って目を瞑れるんですけど、こっちが仕事のこととかで、雑談として何かを話しても、返ってくる返事が幼稚すぎて話になりません。

 話しているとイライラするし、彼は視野が狭いんだなって、呆れてしまうことも多いんです……」

頑張ってきたけれど

なんとなく彼氏と比べてしまう(写真:iStock)
なんとなく彼氏と比べてしまう (写真:iStock)

 パートナーとは、お互いを高めあえる関係が理想と考えているMさんにとって、今のSさんは、物足りなさを感じるうえに、その先の結婚となると、ためらいしかない相手になってしまったのだそう。

 資格勉強中で、行動範囲が限られているのが影響しているのは理解しつつも「他の同世代の男性と比べても、幼稚さが際立つ」と、Mさんは感じています。

「資格試験に合格したとして、そこから実務について、きちんと独り立ちできるまでには、かなりの時間もかかるじゃないですか。彼が成功する保証だって、どこにもないですし。

 長く付き合ってきたので、縁があるんだろうから、簡単には別れるべきじゃないかなってがんばってきたんですけど……、そろそろ自分の気持ちも限界です。

 他に好きな人ができたわけではないのですが、最近では、新しく出会う男性と彼氏のことを無意識に比べてしまい、どんどん彼の未熟さが気になる一方です」

今のうちに別れたほうがいいかもしれない

顔も見たくないほど嫌いになる前に…(写真:iStock)
顔も見たくないほど嫌いになる前に… (写真:iStock)

 これ以上、一緒にいても嫌いになるだけならば、まだ「嫌い」とまではいっていない今の段階で別れたほうがいいのではないかと考えているMさん。自分より時間が自由になるSさんから、しつこくデートをせがまれるのも、徐々に大きなストレスになっていると言います。

「今、別れれば、いい友達でいられるような気がするんです。長く付き合ってきた彼氏だからこそ、別れたから“ハイ、さよなら”という関係ではなく、その後もいい関係を築いていけたらいいなって思うんですよね。

 私のわがままかもしれないけれど、恋人としてではなければ、たまに会って食事をしてもいいかなって、今なら思えますし。だけど、これ以上、恋人としてイライラさせられっぱなしの毎日が続くと、顔も見たくないほど嫌いになりそうで、それが怖いんです」


 恋人同士であれ、夫婦であれ、100%同じ価値観を有する男女は稀です。少しのすれ違いが、大きな溝に発展することも少なくないのが異性間における現実でしょう。まさにこれこそが、男女関係における醍醐味にもなれば致命傷にもなる“冷酷と激情”のはざまなのかもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


婚活仲間ぶっちゃけどう?仲良くする利点は“ぼっち”よりアリ
 婚活って、想像以上に大変ですよね。一人で婚活パーティーなどのイベントに参加していると、くじけそうになることもしばしば…...
恋バナ調査隊 2022-12-05 06:00 ラブ
モテない女「あるある口グセ」4選!その一言が恋を遠ざける
 自分がモテないのは外見のせい……なんて思っている女性もいるようですが、真の原因はあなたの口グセかもしれません。  今...
恋バナ調査隊 2022-12-04 06:00 ラブ
“一線こえない”の意味深 妻が涙したプラトニック不倫LINE3選
 夫が不倫していたら、とても傷つくしショックですよね。ほかの女性と体の関係を持っていただけで裏切られた気分になります。中...
恋バナ調査隊 2022-12-04 11:20 ラブ
「次はゴム装着」でクロ確定!浮気現場よりも証拠になるLINE
 夫の浮気で慰謝料請求したい場合、やはり浮気現場の写真があれば有力な浮気の証拠になりますよね。でも、探偵に頼むのは料金が...
恋バナ調査隊 2022-12-03 08:54 ラブ
ペットの問題じゃない?恋人との将来に疑問を持ち始めた男性
「冷酷と激情のあいだvol.119〜女性編〜」では、同棲の話が出ている恋人・タケオさん(44歳/仮名)とのペット問題が勃...
並木まき 2022-12-03 06:00 ラブ
「私は犬、彼は猫」同棲前にペット問題勃発!不安を抱く女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-12-03 06:00 ラブ
論理的な男ってステキ♡でも彼氏にするなら絶対要注意のワケ
 合理的に行動できる人や、論理的に話せる人ってかっこいいですよね。私の経験上、こういう人は男性に多い気がします。  で...
おくげちゃん 2022-12-02 06:00 ラブ
“根こそぎ”食べるの勘弁して!「食べ尽くし系夫」賢い対処法
「食べ尽くし系夫」という言葉をご存知ですか? その名の通り、家の中の食べ物を全部食べてしまう夫のことです。家事に仕事に子...
恋バナ調査隊 2022-12-02 06:00 ラブ
“ひとり旅上手”こそ恋の好機 計画時からメリットしかない!
 旅行支援や激安チケットなどをきっかけに、観光地も賑わいを取り戻しつつあります。そんななか、ひとり旅をする女性も目につき...
内藤みか 2022-12-01 06:00 ラブ
これって束縛?彼氏が「女友達」と飲みに行くのは許せない!
 彼氏に対して束縛したくないし、めんどくさい女とも思われたくない……。  し、しかしですよ。 「女友達と飲みに行く」...
若林杏樹 2022-11-30 06:00 ラブ
“はずれ夫”を引いちまった!結婚を後悔させる男の賢い対処法
 結婚が決まったら、誰もが幸せな生活を想像するでしょう。しかし、実際の結婚生活は思った以上に難しいもの。一緒に生活したら...
恋バナ調査隊 2022-11-30 06:00 ラブ
クロ確定の証拠入手先は? ツメ甘男の浮気を見抜いたエピ3選
 あなたは「私の彼は絶対に浮気しない」と言い切れますか? もしかしたら彼は、うまく隠しているだけで、今まさに浮気中かもし...
恋バナ調査隊 2022-11-28 06:00 ラブ
子作りの最後の機会でも…離婚→再婚を迷う女性の2つの悩み
「冷酷と激情のあいだvol.118〜女性編〜」では、不倫相手である菜摘さん(38歳・仮名)が「離婚する」と言いながら一向...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
子なし女とプチ遠距離不倫に悩む男「いつまで待たされる?」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
「パイパイほしいでちゅ」妻号泣!夫⇔不倫女のアウトなLINE
 世間を騒がす芸能人や著名人の不倫報道。いざ自分の身に降りかかったらあなたはどうしますか?  今回は信頼していた...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ