交際後すぐに態度が豹変…彼女からのLINEに恐怖する男性

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-12-12 06:11
投稿日:2020-12-12 06:00
「冷酷と激情のあいだvol.24〜女性編〜」では、「付き合おう」と合意があったはずなのに、彼氏がよそよそしくて悩んでいる女性・Tさんの声をご紹介しました。
 では、Tさんの恋人であるFさんの本心はどうなのでしょうか。

「彼女」になってから態度が豹変

どんどん気持ちが冷めていく(写真:iStock)
どんどん気持ちが冷めていく (写真:iStock)

「確かにTとは、つい最近、電話で話しているときに『付き合おう』って話にはなりましたね。もともとTのことは2年くらい前から知っていて、そこまで親しいわけではなかったんですけど、コロナ禍になってからは、時間がある者同士なんとなくLINEの頻度が増えて、いろんな話をするようになりました。

 それでTとは、“気が合うな”って感じたので、付き合いたいなと思ったのも事実です」

 電話でお互いに気持ちを伝え合い、その日から「恋人同士」になったふたり。しかし、「付き合う」と決めた直後から、Tさんの様子がこれまでとは変わり、困惑しているというFさん。

「付き合うって話をした翌日からですね、いきなり彼女ヅラっていうか、LINEの内容がガラッと変わって驚きました。『どこにいるの? 本当に家?』『何しているの?』としつこくLINEがくる上に、すぐに返信をしないと、すぐコールをしてきて仕事の邪魔をするんです。

 僕は今、テレワークで仕事をしていますが、それでも仕事中にLINEや電話がくれば、やっぱり気が散るし、仕事にも集中できません」

 恋人同士であれば、互いの心のケアをし合い、安心感を与えるのは当然だとは理解するものの、あまりにも自分の存在に依存しているように見えるTさんに、Fさんは恐怖心すら覚えているのだとか。

デートもまだなのに結婚をほのめかされ

勘弁してくれよ……(写真:iStock)
勘弁してくれよ…… (写真:iStock)

「しかも、まだデートもしていないのに、いきなり結婚にも前のめりで……。付き合って3日後くらいに、『私たち、いつ結婚する?』とLINEをしてきたときには、さすがにゾッとしました。

 もちろん、交際を続けていくうちに、“この人と結婚したい”と思えれば、そのときに結婚するのは自然だと思います。だけど、電話で付き合うって話して、まだデートもしていないうちから、『いつ?』なんて聞かれても怖いだけですよ。

 そういうやりとりをしているうちに、Tへの熱が冷めてしまって。付き合うって話したのに、悪いなとは思いつつ、最近はTからの連絡を避けてしまっているのも本音です」

「付き合う」と合意をした手前、あまり冷たくするわけにもいかないけれど、Tさんから連絡がくるたびに、自分の気持ちが冷めていくのを感じるというFさん。

 あんなに楽しかったはずのLINEや電話も、今では着信画面にTさんの名前があるだけでユーウツな気分になってしまうほど、嫌悪感を覚えているのだそう……。

付き合ったのは間違いだったかも

こじれることは目に見えてる(写真:iStock)
こじれることは目に見えてる (写真:iStock)

「会わないまま『やっぱり違った』って言えればベストなんですけど……。今のTのテンションを見る限り、そんなことを僕が言おうものなら、取り乱して大変なことになりそうです。

 正直、付き合うって決めたのは時期尚早だったなと後悔しかないですね。

 今はコロナを理由にデートを先延ばしにしていますが、それでもTの気持ちが冷めないようであれば、どこかで会って本心を伝える必要があるとは覚悟しています」

 ◇  ◇  ◇

 恋人同士であれ、夫婦であれ、100%同じ価値観を有する男女は稀です。少しのすれ違いが、大きな溝に発展することも少なくないのが異性間における現実でしょう。まさにこれこそが、男女関係における醍醐味にもなれば致命傷にもなる“冷酷と激情”のはざまなのかもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


婚活仲間ぶっちゃけどう?仲良くする利点は“ぼっち”よりアリ
 婚活って、想像以上に大変ですよね。一人で婚活パーティーなどのイベントに参加していると、くじけそうになることもしばしば…...
恋バナ調査隊 2022-12-05 06:00 ラブ
モテない女「あるある口グセ」4選!その一言が恋を遠ざける
 自分がモテないのは外見のせい……なんて思っている女性もいるようですが、真の原因はあなたの口グセかもしれません。  今...
恋バナ調査隊 2022-12-04 06:00 ラブ
“一線こえない”の意味深 妻が涙したプラトニック不倫LINE3選
 夫が不倫していたら、とても傷つくしショックですよね。ほかの女性と体の関係を持っていただけで裏切られた気分になります。中...
恋バナ調査隊 2022-12-04 11:20 ラブ
「次はゴム装着」でクロ確定!浮気現場よりも証拠になるLINE
 夫の浮気で慰謝料請求したい場合、やはり浮気現場の写真があれば有力な浮気の証拠になりますよね。でも、探偵に頼むのは料金が...
恋バナ調査隊 2022-12-03 08:54 ラブ
ペットの問題じゃない?恋人との将来に疑問を持ち始めた男性
「冷酷と激情のあいだvol.119〜女性編〜」では、同棲の話が出ている恋人・タケオさん(44歳/仮名)とのペット問題が勃...
並木まき 2022-12-03 06:00 ラブ
「私は犬、彼は猫」同棲前にペット問題勃発!不安を抱く女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-12-03 06:00 ラブ
論理的な男ってステキ♡でも彼氏にするなら絶対要注意のワケ
 合理的に行動できる人や、論理的に話せる人ってかっこいいですよね。私の経験上、こういう人は男性に多い気がします。  で...
おくげちゃん 2022-12-02 06:00 ラブ
“根こそぎ”食べるの勘弁して!「食べ尽くし系夫」賢い対処法
「食べ尽くし系夫」という言葉をご存知ですか? その名の通り、家の中の食べ物を全部食べてしまう夫のことです。家事に仕事に子...
恋バナ調査隊 2022-12-02 06:00 ラブ
“ひとり旅上手”こそ恋の好機 計画時からメリットしかない!
 旅行支援や激安チケットなどをきっかけに、観光地も賑わいを取り戻しつつあります。そんななか、ひとり旅をする女性も目につき...
内藤みか 2022-12-01 06:00 ラブ
これって束縛?彼氏が「女友達」と飲みに行くのは許せない!
 彼氏に対して束縛したくないし、めんどくさい女とも思われたくない……。  し、しかしですよ。 「女友達と飲みに行く」...
若林杏樹 2022-11-30 06:00 ラブ
“はずれ夫”を引いちまった!結婚を後悔させる男の賢い対処法
 結婚が決まったら、誰もが幸せな生活を想像するでしょう。しかし、実際の結婚生活は思った以上に難しいもの。一緒に生活したら...
恋バナ調査隊 2022-11-30 06:00 ラブ
クロ確定の証拠入手先は? ツメ甘男の浮気を見抜いたエピ3選
 あなたは「私の彼は絶対に浮気しない」と言い切れますか? もしかしたら彼は、うまく隠しているだけで、今まさに浮気中かもし...
恋バナ調査隊 2022-11-28 06:00 ラブ
子作りの最後の機会でも…離婚→再婚を迷う女性の2つの悩み
「冷酷と激情のあいだvol.118〜女性編〜」では、不倫相手である菜摘さん(38歳・仮名)が「離婚する」と言いながら一向...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
子なし女とプチ遠距離不倫に悩む男「いつまで待たされる?」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
「パイパイほしいでちゅ」妻号泣!夫⇔不倫女のアウトなLINE
 世間を騒がす芸能人や著名人の不倫報道。いざ自分の身に降りかかったらあなたはどうしますか?  今回は信頼していた...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ