交際後すぐに態度が豹変…彼女からのLINEに恐怖する男性

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-12-12 06:11
投稿日:2020-12-12 06:00
「冷酷と激情のあいだvol.24〜女性編〜」では、「付き合おう」と合意があったはずなのに、彼氏がよそよそしくて悩んでいる女性・Tさんの声をご紹介しました。
 では、Tさんの恋人であるFさんの本心はどうなのでしょうか。

「彼女」になってから態度が豹変

どんどん気持ちが冷めていく(写真:iStock)
どんどん気持ちが冷めていく (写真:iStock)

「確かにTとは、つい最近、電話で話しているときに『付き合おう』って話にはなりましたね。もともとTのことは2年くらい前から知っていて、そこまで親しいわけではなかったんですけど、コロナ禍になってからは、時間がある者同士なんとなくLINEの頻度が増えて、いろんな話をするようになりました。

 それでTとは、“気が合うな”って感じたので、付き合いたいなと思ったのも事実です」

 電話でお互いに気持ちを伝え合い、その日から「恋人同士」になったふたり。しかし、「付き合う」と決めた直後から、Tさんの様子がこれまでとは変わり、困惑しているというFさん。

「付き合うって話をした翌日からですね、いきなり彼女ヅラっていうか、LINEの内容がガラッと変わって驚きました。『どこにいるの? 本当に家?』『何しているの?』としつこくLINEがくる上に、すぐに返信をしないと、すぐコールをしてきて仕事の邪魔をするんです。

 僕は今、テレワークで仕事をしていますが、それでも仕事中にLINEや電話がくれば、やっぱり気が散るし、仕事にも集中できません」

 恋人同士であれば、互いの心のケアをし合い、安心感を与えるのは当然だとは理解するものの、あまりにも自分の存在に依存しているように見えるTさんに、Fさんは恐怖心すら覚えているのだとか。

デートもまだなのに結婚をほのめかされ

勘弁してくれよ……(写真:iStock)
勘弁してくれよ…… (写真:iStock)

「しかも、まだデートもしていないのに、いきなり結婚にも前のめりで……。付き合って3日後くらいに、『私たち、いつ結婚する?』とLINEをしてきたときには、さすがにゾッとしました。

 もちろん、交際を続けていくうちに、“この人と結婚したい”と思えれば、そのときに結婚するのは自然だと思います。だけど、電話で付き合うって話して、まだデートもしていないうちから、『いつ?』なんて聞かれても怖いだけですよ。

 そういうやりとりをしているうちに、Tへの熱が冷めてしまって。付き合うって話したのに、悪いなとは思いつつ、最近はTからの連絡を避けてしまっているのも本音です」

「付き合う」と合意をした手前、あまり冷たくするわけにもいかないけれど、Tさんから連絡がくるたびに、自分の気持ちが冷めていくのを感じるというFさん。

 あんなに楽しかったはずのLINEや電話も、今では着信画面にTさんの名前があるだけでユーウツな気分になってしまうほど、嫌悪感を覚えているのだそう……。

付き合ったのは間違いだったかも

こじれることは目に見えてる(写真:iStock)
こじれることは目に見えてる (写真:iStock)

「会わないまま『やっぱり違った』って言えればベストなんですけど……。今のTのテンションを見る限り、そんなことを僕が言おうものなら、取り乱して大変なことになりそうです。

 正直、付き合うって決めたのは時期尚早だったなと後悔しかないですね。

 今はコロナを理由にデートを先延ばしにしていますが、それでもTの気持ちが冷めないようであれば、どこかで会って本心を伝える必要があるとは覚悟しています」

 ◇  ◇  ◇

 恋人同士であれ、夫婦であれ、100%同じ価値観を有する男女は稀です。少しのすれ違いが、大きな溝に発展することも少なくないのが異性間における現実でしょう。まさにこれこそが、男女関係における醍醐味にもなれば致命傷にもなる“冷酷と激情”のはざまなのかもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


プロポーズ間近かも? 彼の気持ちがわかる「3つのポイント」
 彼は結婚するつもりがあるのかどうかは、恋愛中の女性ならどうしても気になってしまうところ。彼が将来のことを考えているのか...
内藤みか 2021-10-28 06:00 ラブ
会えない時間に対する男女の違い&会いたい女性になるコツ♡
 女性は、好きな男性と会えない時間が増えてくると、「彼はもう私のこと好きじゃないのかな……」と、そんなふうに感じる人も多...
恋バナ調査隊 2021-10-28 06:00 ラブ
「終わらせたい…」ズルズル続いてしまった不倫をやめる方法
「不倫なんて良くない」と頭では分かっていながら続けてしまったこの恋。もうやめたいなと思っても、なかなかやめるタイミングや...
若林杏樹 2021-10-27 06:00 ラブ
あなたは甘え上手or甘え下手? 6つの特徴&原因から診断!
 あなたは人に甘えることに対して、どんな考えを持っていますか? もしも甘え下手なタイプなら、「人に甘えるのは弱い証拠」「...
恋バナ調査隊 2021-10-27 06:00 ラブ
彼と目が合うのは脈ありだから? 男性心理&彼の心を掴む仕草
 ふと、男性と目が合う時ってありますよね。そんな時、脈ありなのか、ただの偶然なのかがわかったらいいのに……と思う人も多い...
恋バナ調査隊 2021-10-26 06:00 ラブ
純愛と恋愛の違いは? 一途な愛を貫く男性の特徴も紹介♡
「純愛」と「恋愛」。それぞれよく聞く言葉ですが、いまいち違いについてわからないという人も多いかもしれませんね。そして、ど...
恋バナ調査隊 2021-10-26 06:00 ラブ
甘え下手な女子必見♡ 男性に上手に甘える3つの方法&注意点
 男性に上手に甘えることができない「甘え下手」な女性って、意外と多いんですよね。媚びていると思われたくない、負けず嫌いで...
恋バナ調査隊 2021-10-25 06:00 ラブ
“コロナ破局”するカップルの価値観の違い5つ&避けるポイント
 私たちの生活は、過去に経験したことのないコロナウイルスによって一変しました。恋愛にも、その影響が出ているカップルは少な...
恋バナ調査隊 2021-10-24 06:00 ラブ
男性のお金目当てで結婚する女性の特徴5つ&後悔するケース
 女性が結婚相手を選ぶ時は、人生を大きく左右するターニングポイントとも言えるでしょう。高収入男性と結婚したほうが将来の不...
恋バナ調査隊 2021-10-24 06:00 ラブ
結婚もしてないのに…嫁姑問題を気にする恋人に辟易する男性
「冷酷と激情のあいだvol.61〜女性編〜」では、結婚を考えている彼氏・ヒロさんの母親であるユキエさんに嫌悪感を抱く女性...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
あの人が義母に…恋人の母親を好きになれなず結婚を迷う女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
振った側だけど復縁したい!確認すべきこと&やり直す方法
 交際している時には嫌な部分ばかりが目について、彼を振ってしまった人もいるでしょう。しかし、離れてから、彼の良さに気づく...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
ついつい自慢したくなる彼氏の特徴5つ&自慢の彼氏を作る方法
 あなたは、彼氏自慢をした経験がありますか?「自慢話」は、聞く側にとっては面倒なもの。それをわかっているはずなのに、つい...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
コロナ禍で明暗…結婚できた女性とできなかった女性の違いは
 寒くなってくると、どうしてもお家デートが増えてしまいがち。マンネりしがちなその雰囲気の中、結婚話に進んだカップルと、結...
内藤みか 2021-10-21 06:00 ラブ
“年の差婚”はうまくいかない? 後悔してしまう3つのパターン
 年齢が大きく離れた男女が結婚する“年の差婚”。「愛に年の差は関係ない!」と、熱い愛情で結ばれた二人。もちろん、うまくい...
恋バナ調査隊 2021-10-21 06:00 ラブ
浮気させない究極の方法…バレて振られるのが怖い“いい女”に!
 “男性は浮気する生き物”なんて言いますが、女性としては到底納得できませんよね。年齢が上がるにつれて「仕方ない」と諦める...
若林杏樹 2021-10-20 06:00 ラブ