交際後すぐに態度が豹変…彼女からのLINEに恐怖する男性

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-12-12 06:11
投稿日:2020-12-12 06:00
「冷酷と激情のあいだvol.24〜女性編〜」では、「付き合おう」と合意があったはずなのに、彼氏がよそよそしくて悩んでいる女性・Tさんの声をご紹介しました。
 では、Tさんの恋人であるFさんの本心はどうなのでしょうか。

「彼女」になってから態度が豹変

どんどん気持ちが冷めていく(写真:iStock)
どんどん気持ちが冷めていく (写真:iStock)

「確かにTとは、つい最近、電話で話しているときに『付き合おう』って話にはなりましたね。もともとTのことは2年くらい前から知っていて、そこまで親しいわけではなかったんですけど、コロナ禍になってからは、時間がある者同士なんとなくLINEの頻度が増えて、いろんな話をするようになりました。

 それでTとは、“気が合うな”って感じたので、付き合いたいなと思ったのも事実です」

 電話でお互いに気持ちを伝え合い、その日から「恋人同士」になったふたり。しかし、「付き合う」と決めた直後から、Tさんの様子がこれまでとは変わり、困惑しているというFさん。

「付き合うって話をした翌日からですね、いきなり彼女ヅラっていうか、LINEの内容がガラッと変わって驚きました。『どこにいるの? 本当に家?』『何しているの?』としつこくLINEがくる上に、すぐに返信をしないと、すぐコールをしてきて仕事の邪魔をするんです。

 僕は今、テレワークで仕事をしていますが、それでも仕事中にLINEや電話がくれば、やっぱり気が散るし、仕事にも集中できません」

 恋人同士であれば、互いの心のケアをし合い、安心感を与えるのは当然だとは理解するものの、あまりにも自分の存在に依存しているように見えるTさんに、Fさんは恐怖心すら覚えているのだとか。

デートもまだなのに結婚をほのめかされ

勘弁してくれよ……(写真:iStock)
勘弁してくれよ…… (写真:iStock)

「しかも、まだデートもしていないのに、いきなり結婚にも前のめりで……。付き合って3日後くらいに、『私たち、いつ結婚する?』とLINEをしてきたときには、さすがにゾッとしました。

 もちろん、交際を続けていくうちに、“この人と結婚したい”と思えれば、そのときに結婚するのは自然だと思います。だけど、電話で付き合うって話して、まだデートもしていないうちから、『いつ?』なんて聞かれても怖いだけですよ。

 そういうやりとりをしているうちに、Tへの熱が冷めてしまって。付き合うって話したのに、悪いなとは思いつつ、最近はTからの連絡を避けてしまっているのも本音です」

「付き合う」と合意をした手前、あまり冷たくするわけにもいかないけれど、Tさんから連絡がくるたびに、自分の気持ちが冷めていくのを感じるというFさん。

 あんなに楽しかったはずのLINEや電話も、今では着信画面にTさんの名前があるだけでユーウツな気分になってしまうほど、嫌悪感を覚えているのだそう……。

付き合ったのは間違いだったかも

こじれることは目に見えてる(写真:iStock)
こじれることは目に見えてる (写真:iStock)

「会わないまま『やっぱり違った』って言えればベストなんですけど……。今のTのテンションを見る限り、そんなことを僕が言おうものなら、取り乱して大変なことになりそうです。

 正直、付き合うって決めたのは時期尚早だったなと後悔しかないですね。

 今はコロナを理由にデートを先延ばしにしていますが、それでもTの気持ちが冷めないようであれば、どこかで会って本心を伝える必要があるとは覚悟しています」

 ◇  ◇  ◇

 恋人同士であれ、夫婦であれ、100%同じ価値観を有する男女は稀です。少しのすれ違いが、大きな溝に発展することも少なくないのが異性間における現実でしょう。まさにこれこそが、男女関係における醍醐味にもなれば致命傷にもなる“冷酷と激情”のはざまなのかもしれません。

並木まき
記事一覧
ライター・エディター
元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)の肩書きを有する。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。
Instagram公式HP

日刊ゲンダイ掲載「あの人は今」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/277865

関連キーワード

ラブ 新着一覧


夫の不倫相手はまだ独身w 離婚を思いとどまってよかった~な、瞬間5つ
 喧嘩、不倫、借金、教育方針の違いなど理由はさまざまありますが、現在進行形で「夫と離婚しようかな」と考える女性もいるので...
恋バナ調査隊 2024-05-28 06:00 ラブ
妻だけが知る夫の正体「つまらない男なのよ~」は愚痴か、それとも惚気か
 よく既婚女性から「うちの夫ったらつまらない男なのよ〜」なんて愚痴を耳にしますよね。でもつまらないから離婚したいと言う人...
恋バナ調査隊 2024-05-27 06:00 ラブ
マンネリ? 彼じゃない感? 「理由ないけど別れたい」4つのフシギ
「浮気された」「喧嘩が絶えない」など、カップルが別れるにはきっかけや原因があるもの。ですが、「理由はないけど別れたい」と...
恋バナ調査隊 2024-05-26 06:00 ラブ
旦那の帰りが早い時は「ママ友とホムパ中♪」と嫌がる系をぶっ込んで操縦
 世間には旦那の帰りが遅くてストレスを抱える女性もいる一方、旦那の帰りが早いことでつらい気持ちになる人もいるようです。 ...
恋バナ調査隊 2024-05-26 06:00 ラブ
大学生の一人息子にべったりな再婚妻。子離れと浪費癖改善を画策する夫
「冷酷と激情のあいだvol.196〜女性編〜」では、結婚後に“鬼夫”と化したマコトさん(仮名)に不快感が深まっている妻・...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
入籍後に本性見せたモラハラ鬼夫と離婚したい、でも…。躊躇する47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
自宅の別室で“不倫未満”に溺れる夫。ギリギリ行動5つ、どこまで許せる?
 夫が不倫していたら「許せない!」と怒る女性がほとんどですよね。でも“不倫未満”の関係なら…⁉  あなたは夫のこんな行...
恋バナ調査隊 2024-05-25 06:00 ラブ
古希声優・古谷徹は37歳差…枯れ専通り越し、老け専女性が“おじいちゃん”を求める心理
 5月22日に『文春オンライン』に37歳年下女性・A子さん(33)との不倫が報じられた声優・古谷徹(70)。古谷は『機動...
年下男にモテるアラフィフ女達 褒めより気を遣う“たった1つ”のNG行為
 アラフィフでありながら、若い人と恋愛をする人がいます。有名人で10歳以上年下の男性と結婚するケースもあるので、「もしか...
内藤みか 2024-05-23 06:00 ラブ
サレ妻の“暴走投稿”は危険! 不倫されても泣きを見ない「5文字」の結論
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  最近、X(旧...
まめ 2024-05-21 06:00 ラブ
「家族なのに!」無関心な夫にブチ切れる前に…旦那の本音と有効な対策法
「家族なのにどうして無関心なの?」と、夫の態度に頭を抱えている女性もいるでしょう。無責任に見えて、イラッとするときもあり...
恋バナ調査隊 2024-05-20 06:00 ラブ
初めて自慰行為を知った日。母激怒、当時はセルフプレジャーなんて皆無
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳までセックスをしたことはなくても「セルフプ...
mirae.(みれ) 2024-05-20 08:09 ラブ
押し広げて奥に進む! ハードな愛撫を求める上級者におすすめ
 ピストンバイブを試してみたいという女性は、ハードな刺激を求めているとみて間違いありません。  しかし、ハードとひ...
桃子 2024-05-19 06:00 ラブ
サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ