マッチングアプリで20代男子と熟年男性の違いを考察してみた

内藤みか 作家
更新日:2021-01-07 06:00
投稿日:2021-01-07 06:00
 年末年始、感染が拡大したことで、初詣にも行かず、自宅で時間を持て余していた人はかなり多かったようです。このような時にマッチングアプリに生息していた熟年男性たちにはどんなタイプの人が多かったのでしょうか。

感染拡大でアプリの勢い減

オジサマもマッチングアプリを使いこなす時代(写真:iStock)
オジサマもマッチングアプリを使いこなす時代 (写真:iStock)

 最近はマッチングアプリも細分化されてきました。若い人向けのものや友達作りが目的のものなどもありますが、真剣婚活向けのものや、中高年が多いところも。今まで登録はしていてもあまり深掘りしていなかった50代以上の男性の世界をウォッチしてみました。

 記事を書いている私自身は年下好きなので、普段は、若い男性が多めのところを好んでいます。けれど感染拡大してくると、気軽に会うことが難しくなるからか、アプリの動きはかなり控えめになってきました。そこで50代以上はどんな感じなのかなと大人向けサイトを覗いてみることにしたのです。

40代は若くてモテる!

老後の夢を語るオジサマ多し!(写真:iStock)
老後の夢を語るオジサマ多し! (写真:iStock)

 50代や60代がいるようなサイトにふたつほど登録したのですが、そこでは40代女性は「若い」のでモテます。男性は若い女性が好きだといいますが本当なのかもしれません。なので私のところにも年齢だけでたくさんのいいねがやってきました。ありがたいことです。

 そして若い男性のプロフィールとの決定的な違いを見つけてしまいました。それは、若い人は夢を語っているものなのですが、中高年のかたは老後のプランを語っているのです。

 たとえば「老後は緑に囲まれた温泉付きの土地でゆったり暮らしたい」などと書かれているのです。

アイコン画像に年齢が出る

日本酒にウナギ…渋いッ!(写真:iStock)
日本酒にウナギ…渋いッ! (写真:iStock)

 人口統計によると、日本人男性の5人に1人は一生涯結婚をしないのだそうです。だからなのか、マッチングアプリに登録している中高年男性のなかには未婚のかたもいます。そしてバツイチの男性もいます。中には奥様と死別されたというかたも。

 若い人のサイトは似たような感じが多いですが、中高年は個性の差がプロフィールにくっきり出ています。「思い切って起業し……」「妻の浮気で離婚し……」などなど、読みごたえはかなりあります。もっとプロフィールの続きを聞いてみたい! と感じるのは、中高年男性のプロフィールのほうだと思います。

 そしてアイコン画像にも年齢の違いが出ています。顔画像を出したくない若い男性は、子犬やスイーツなど可愛い写真をアイコンにしていることが多いですが、中高年ではなぜか寺院画像をチョイスしている人が何人も!

 とても荘厳なたたずまいで、シブいです。また食べ物画像もスイーツではなく日本酒やウナギなど、年齢を感じるチョイスがされているのも興味深いです。

さみしいのは何歳でも一緒

年を重ねてもさみしいものはさみしい(写真:iStock)
年を重ねてもさみしいものはさみしい (写真:iStock)

 そしてどの年代にも共通しているのは、さみしいという心境。「年末年始にひとりで寂しくて登録してみました」「ひとり暮らしは味気なくて」などと書いているのは20代も中高年も同じです。このさみしさを埋めたいからこそ、マッチングアプリにやってきているのですね。

 また、出会いがないという点も同じです。特にコロナ禍ということもあり、多くの中高年男性が「リモートワークで新しく女性と知り合う機会がない」と書いています。これは若い男性と同じで、在宅環境でも恋活や婚活をしたいと、女性と知り合いたい、という強い意志を感じます。

中高年は急いでない

素敵なオジサマとまったり絡もう(写真:iStock)
素敵なオジサマとまったり絡もう (写真:iStock)

 そして、やはり中高年の男性は高収入のかたが目立ちました。中には4桁のかたも! そこは、この不安定な社会のなかで、かなりの魅力に感じました。人生の酸いも甘いも知り尽くしている熟年男性とやりとりしてみるのも深みが味わえていいのかもしれませんよ。

 また、落ち着いた年齢なので、若い人のようにがっついてはいません。こちらが気がすむまでメッセージのやりとりをしてくれます。挨拶もそこそこに「会いませんか?」と誘ってくる男性が多い20代の男性に比べるとそこは安心。コロナ禍で外出もままならない時は、中高年男性とまったり絡んでみるのもいいかもしれませんよ。

ラブ 新着一覧


元カレと比べてない?彼氏ができない人の残念な思考パターン
 近ごろ出会った男性とデートをしてもいまいちピンと来ない——。自分の感覚を信じるのはすごくいいことなんですが、歴代彼氏や...
若林杏樹 2021-06-23 06:00 ラブ
デートを断られた…脈ありor脈なしを見極めるポイント&対策
 女性からデートに誘うのは、とても勇気がいること。思い切って誘ったのにも関わらず、あっさりと断られてしまったら、多くの人...
恋バナ調査隊 2021-06-23 06:00 ラブ
嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ
レスの彼との未来はある? 乗り越えるためのおすすめ解消法
 友達同士でもなかなか語り合えない「セックスの頻度」。皆さんはどれくらいでしょうか? パートナーとの夜の営みがない期間が...
若林杏樹 2021-06-16 06:00 ラブ
愛され女子のほっこりLINE♡ 彼氏の仕事の疲れを癒す内容5つ
 仕事が忙しくて、なかなか会えない彼氏……。そんな時には、「なんで会えないの!?」なんて拗ねたLINEよりも、彼氏を癒す...
恋バナ調査隊 2021-06-16 06:00 ラブ
冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ