マッチングアプリで20代男子と熟年男性の違いを考察してみた

内藤みか 作家
更新日:2021-01-07 06:00
投稿日:2021-01-07 06:00
 年末年始、感染が拡大したことで、初詣にも行かず、自宅で時間を持て余していた人はかなり多かったようです。このような時にマッチングアプリに生息していた熟年男性たちにはどんなタイプの人が多かったのでしょうか。

感染拡大でアプリの勢い減

オジサマもマッチングアプリを使いこなす時代(写真:iStock)
オジサマもマッチングアプリを使いこなす時代 (写真:iStock)

 最近はマッチングアプリも細分化されてきました。若い人向けのものや友達作りが目的のものなどもありますが、真剣婚活向けのものや、中高年が多いところも。今まで登録はしていてもあまり深掘りしていなかった50代以上の男性の世界をウォッチしてみました。

 記事を書いている私自身は年下好きなので、普段は、若い男性が多めのところを好んでいます。けれど感染拡大してくると、気軽に会うことが難しくなるからか、アプリの動きはかなり控えめになってきました。そこで50代以上はどんな感じなのかなと大人向けサイトを覗いてみることにしたのです。

40代は若くてモテる!

老後の夢を語るオジサマ多し!(写真:iStock)
老後の夢を語るオジサマ多し! (写真:iStock)

 50代や60代がいるようなサイトにふたつほど登録したのですが、そこでは40代女性は「若い」のでモテます。男性は若い女性が好きだといいますが本当なのかもしれません。なので私のところにも年齢だけでたくさんのいいねがやってきました。ありがたいことです。

 そして若い男性のプロフィールとの決定的な違いを見つけてしまいました。それは、若い人は夢を語っているものなのですが、中高年のかたは老後のプランを語っているのです。

 たとえば「老後は緑に囲まれた温泉付きの土地でゆったり暮らしたい」などと書かれているのです。

アイコン画像に年齢が出る

日本酒にウナギ…渋いッ!(写真:iStock)
日本酒にウナギ…渋いッ! (写真:iStock)

 人口統計によると、日本人男性の5人に1人は一生涯結婚をしないのだそうです。だからなのか、マッチングアプリに登録している中高年男性のなかには未婚のかたもいます。そしてバツイチの男性もいます。中には奥様と死別されたというかたも。

 若い人のサイトは似たような感じが多いですが、中高年は個性の差がプロフィールにくっきり出ています。「思い切って起業し……」「妻の浮気で離婚し……」などなど、読みごたえはかなりあります。もっとプロフィールの続きを聞いてみたい! と感じるのは、中高年男性のプロフィールのほうだと思います。

 そしてアイコン画像にも年齢の違いが出ています。顔画像を出したくない若い男性は、子犬やスイーツなど可愛い写真をアイコンにしていることが多いですが、中高年ではなぜか寺院画像をチョイスしている人が何人も!

 とても荘厳なたたずまいで、シブいです。また食べ物画像もスイーツではなく日本酒やウナギなど、年齢を感じるチョイスがされているのも興味深いです。

さみしいのは何歳でも一緒

年を重ねてもさみしいものはさみしい(写真:iStock)
年を重ねてもさみしいものはさみしい (写真:iStock)

 そしてどの年代にも共通しているのは、さみしいという心境。「年末年始にひとりで寂しくて登録してみました」「ひとり暮らしは味気なくて」などと書いているのは20代も中高年も同じです。このさみしさを埋めたいからこそ、マッチングアプリにやってきているのですね。

 また、出会いがないという点も同じです。特にコロナ禍ということもあり、多くの中高年男性が「リモートワークで新しく女性と知り合う機会がない」と書いています。これは若い男性と同じで、在宅環境でも恋活や婚活をしたいと、女性と知り合いたい、という強い意志を感じます。

中高年は急いでない

素敵なオジサマとまったり絡もう(写真:iStock)
素敵なオジサマとまったり絡もう (写真:iStock)

 そして、やはり中高年の男性は高収入のかたが目立ちました。中には4桁のかたも! そこは、この不安定な社会のなかで、かなりの魅力に感じました。人生の酸いも甘いも知り尽くしている熟年男性とやりとりしてみるのも深みが味わえていいのかもしれませんよ。

 また、落ち着いた年齢なので、若い人のようにがっついてはいません。こちらが気がすむまでメッセージのやりとりをしてくれます。挨拶もそこそこに「会いませんか?」と誘ってくる男性が多い20代の男性に比べるとそこは安心。コロナ禍で外出もままならない時は、中高年男性とまったり絡んでみるのもいいかもしれませんよ。

ラブ 新着一覧


彼と目が合うのは脈ありだから? 男性心理&彼の心を掴む仕草
 ふと、男性と目が合う時ってありますよね。そんな時、脈ありなのか、ただの偶然なのかがわかったらいいのに……と思う人も多い...
恋バナ調査隊 2021-10-26 06:00 ラブ
純愛と恋愛の違いは? 一途な愛を貫く男性の特徴も紹介♡
「純愛」と「恋愛」。それぞれよく聞く言葉ですが、いまいち違いについてわからないという人も多いかもしれませんね。そして、ど...
恋バナ調査隊 2021-10-26 06:00 ラブ
甘え下手な女子必見♡ 男性に上手に甘える3つの方法&注意点
 男性に上手に甘えることができない「甘え下手」な女性って、意外と多いんですよね。媚びていると思われたくない、負けず嫌いで...
恋バナ調査隊 2021-10-25 06:00 ラブ
“コロナ破局”するカップルの価値観の違い5つ&避けるポイント
 私たちの生活は、過去に経験したことのないコロナウイルスによって一変しました。恋愛にも、その影響が出ているカップルは少な...
恋バナ調査隊 2021-10-24 06:00 ラブ
男性のお金目当てで結婚する女性の特徴5つ&後悔するケース
 女性が結婚相手を選ぶ時は、人生を大きく左右するターニングポイントとも言えるでしょう。高収入男性と結婚したほうが将来の不...
恋バナ調査隊 2021-10-24 06:00 ラブ
元カノに嫉妬してつらい…気になる4つの原因&上手な対処法
 自分が彼にとってはじめての彼女でない限り、どんな男性にも存在する「元カノ」。もう関係が終わっているのはわかっているのに...
恋バナ調査隊 2021-10-23 06:00 ラブ
結婚もしてないのに…嫁姑問題を気にする恋人に辟易する男性
「冷酷と激情のあいだvol.61〜女性編〜」では、結婚を考えている彼氏・ヒロさんの母親であるユキエさんに嫌悪感を抱く女性...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
あの人が義母に…恋人の母親を好きになれなず結婚を迷う女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
振った側だけど復縁したい!確認すべきこと&やり直す方法
 交際している時には嫌な部分ばかりが目について、彼を振ってしまった人もいるでしょう。しかし、離れてから、彼の良さに気づく...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
ついつい自慢したくなる彼氏の特徴5つ&自慢の彼氏を作る方法
 あなたは、彼氏自慢をした経験がありますか?「自慢話」は、聞く側にとっては面倒なもの。それをわかっているはずなのに、つい...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
コロナ禍で明暗…結婚できた女性とできなかった女性の違いは
 寒くなってくると、どうしてもお家デートが増えてしまいがち。マンネりしがちなその雰囲気の中、結婚話に進んだカップルと、結...
内藤みか 2021-10-21 06:00 ラブ
“年の差婚”はうまくいかない? 後悔してしまう3つのパターン
 年齢が大きく離れた男女が結婚する“年の差婚”。「愛に年の差は関係ない!」と、熱い愛情で結ばれた二人。もちろん、うまくい...
恋バナ調査隊 2021-10-21 06:00 ラブ
浮気させない究極の方法…バレて振られるのが怖い“いい女”に!
 “男性は浮気する生き物”なんて言いますが、女性としては到底納得できませんよね。年齢が上がるにつれて「仕方ない」と諦める...
若林杏樹 2021-10-20 06:00 ラブ
甘え下手な女性必見♡ 男性に上手に甘える3つの方法&注意点
 男性に上手に甘えることができない「甘え下手」な女性って、意外と多いんですよね。媚びていると思われたくない、負けず嫌いで...
恋バナ調査隊 2021-10-20 06:00 ラブ
納得!結婚相手は優しい人より正直な人の方が失敗しないワケ
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。今回は番外編です。のべ3000人以上の離婚案件の相談に乗ってい...
内埜さくら 2021-10-19 06:00 ラブ
付き合って3年目の男性心理…結婚してくれない理由&対処法
 付き合って3年目は、男女共に心境に変化が訪れやすい時。結婚を目的として彼と付き合っている女性は、なかなか進展がないこと...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ