人生最悪の運気かも…そんな時に出会う人には注意すべき理由

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2021-01-16 06:00
投稿日:2021-01-16 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。身も心もボロボロの時に何かのキッカケで知りあった相手。その出会いで一時的に元気が出たような気もします。多くの人は“これは運命の人かもしれない”と思うタイミングですが、浮かれず溺れず慎重になるべき相手かもしれないのです。今よりもっと最悪の事態を招く可能性を秘めています。“落ち込んでいる時に現れた人”には細心の注意を払って進めていったほうがいい理由を解説していきたいと思います。

心の落ち込み=運気の落ち込み

その救いの手を信じていいの?(写真:iStock)
その救いの手を信じていいの? (写真:iStock)

 離婚を言い渡された、突然彼氏に振られた、リストラされた、病気になったなど最悪の状態は、人生において幾度か直面します。

 自分の人生のそんなタイミングで登場した人物には注意が必要です。よくない状態の時こそ慎重に事をすすめる、またはお付き合いをしてみましょう。

 お金が欲しい!結婚したい!そんな願望を急ぎすぎるのも、落ち込んでいる時にはおすすめしません。

 心の落ち込み(運気の落ち込み)を感じているなら、新しいことにチャレンジするのは控えて、心が晴れてくるまで待ちましょう。時々、外を見て雨が止むのを待ってから外出したほうがウキウキします。

知らず知らずに人は幸せを求めている

既婚を隠していた男の身勝手な言い分(写真:iStock)
既婚を隠していた男の身勝手な言い分 (写真:iStock)

 幸せになりたいという思いは万人共通の願いです。最悪な事態が起きると、幸せが遠ざかったように思えるのは当然のことです。男女の出会いや金銭的にチャンスだと思えることで判断を誤る理由は焦りからです。

A子さんのケース

 A子さん(31才/保険外交員)には、1年近く親しくしていた男性(36才/医療系)がいました。

 きちんと交際していたわけではなく、セフレ以上恋人未満というのがわかりやすいかもしれません。ナンパされて知り合ってから半年後には、デートの間隔もコンスタントになり定着したことから、自分は彼女だと思うようになったそうです。しかし間もなく彼から既婚者だと告白されてしまいました。

「恋人気分でいられるのが重たかった」という理由からでした。

 あまりに身勝手な男性の言い分ですが、ボーダーラインを越えてきそうなA子さんを警戒したのでしょう。知らない間に不倫関係になっていたA子さんはふさぎ込んでしまいました。

ラブ 新着一覧


これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
“性欲&食欲”忠実あれ!アラフォーの恋愛こそ食の好みも大事
 大人の恋愛の相性を考える時に大事だとされるのが「体の相性」と「食の好み」です。ただ、多くの女性は「体の相性が合わないの...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
「結婚のメリットがわからない」と彼 意識改革“必勝”術あり〼
 パートナーとの関係は良好で自分は結婚したいけれど、相手に将来のことを聞いてみると「結婚のメリットがわからないから……」...
若林杏樹 2022-05-11 06:00 ラブ
「お金を出さない彼氏」のトリセツ!“ヒモ男”を卒業させる法
 楽しみにしていた彼氏とのデートで、「お金がないから」とケチなデート内容にされたり、割り勘になったりすると、なんとなくも...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
「恋愛と結婚は別」ラブラブが続くとは思ってないけども…!
 若い頃はラブラブな結婚生活が続くと思っていた人が多いでしょう。でも、実際に結婚してみると厳しい現実を知ることになります...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ