“モテるけどクズ”な男子を好きになる女子が言いがちなセリフ

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2021-01-23 06:00
投稿日:2021-01-23 06:00
 古今東西、モテる男子には理由があるもの。そして、モテる男子ばかり好きになってしまう女子にも、理由があるものです。あなたの恋愛がうまくいかないのは「モテるけどクズ」な男子の毒牙に、あなた自身が気づいていないからかも……?

「他のオンナに取られたくない!」は恋愛なの?

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 モテる男性ばかりを好きになってしまう女性の中には「ライバル女性に取られてしまうのが許せない」と言う人がいます。それは果たして、本当にお相手の男性のことが好きだからでしょうか?

 そもそも普通なら、他の女性の影をあなたの前にチラつかせるわけがありません。ライバルの存在を示唆する時点で、モテ男の罠にハマっている可能性があります。他の女性からも需要があると思うと、なんだかその男性は価値が高いように見えてきます。多くの人が欲しがるものに価値を感じてしまうのはよくあることですが、それは果たして恋愛なのでしょうか。

「ライバル女性に負けることが耐えられない」と思うのなら、それはすでに恋愛ではなく、同性同士のキャットファイトです。恋愛で自分の価値を確かめるのもいいですが、ライバル女性を蹴落とした瞬間に、お相手の男性にも興味がなくなってしまうかも。

「私がいてあげないとダメ」は都合のいい女かも

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 稼ぎが少なかったり、コミュニケーションが粗雑だったり、とにかくダメなところも多い男性に対して「でも、彼は私がいてあげないとダメだから」と言う人がいます。そういう人に限って、彼の愚痴を散々言ったあとに、自分を納得させるかのようにこのセリフを言うのです。

 恋愛関係は、本質的には与え合う関係。どちらかが一方的に与えているだけの関係は歪みが出てきます。どちらかに損得が偏りすぎる関係は、どうしても長続きしづらくなります。損が多い方がつらくなってしまったり、得が多い方が罪悪感を持ったりするからです。

 ダメな彼のために「私がいてあげないと」。そう思うと、毎日に目的意識が生まれてメリハリがつくのかもしれません。しかし、実質的には「都合がいい女」になっているだけの時もあります。

「一緒にいる時は優しい」はその逆も然り?

一緒にいるときは優しい。いないときは?(写真:iStock)
一緒にいるときは優しい。いないときは? (写真:iStock)

 連絡の頻度や彼の態度に不信感をつのらせていても「一緒にいる時は優しいから」と自分を納得させている人もいます。しかしそれは、逆を取れば「一緒にいる時しか優しくない」ということです。

 モテる男性の中には、物事を楽観的に考えられる人も多いものです。現実的な考え方の人が多い女性にとっては、夢を見させてくれる存在にもなるので、モテるのは必然。

 しかし、楽観性は責任感とは真逆の性質です。目の前にいる人に楽観的なことを言って笑わせることはできても、自分の目の届かないところにいる時は放置……そんなあまのじゃくさを、恋のスリルと勘違いしてしまう人もいます。

フラットな第三者の意見にも耳を傾けて

第三者の忠告は聞いたほうがいい(写真:iStock)
第三者の忠告は聞いたほうがいい (写真:iStock)

 クズだけどモテる男性を好きになる女性は、よく自分に言い訳をしています。

「でもいつか変わるかも」「でも彼女は私だけだから」「でも会うと必ずご飯をおごってくれるし」……。自由恋愛の時代なので、自分が納得できていればそれでいいと思いますが、言い訳を聞いている友人たちは違和感に気づきます。第三者として感じることですから、それがあなたの恋愛に対する世間からのイメージです。そしてあなたに「それって大丈夫なの?」と聞いてくれるはずです。

 そういう問いかけを「まあまあ」と流し続けてしまうと、あなたは一生“クズ男子”に寄生され続けてしまうかも。たまにはそういう問いかけに立ち止まって、今の恋愛が自分のためになっているのか、考えてみてください。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男性のヒゲから読み解く深層心理&性格♡ 彼はどのタイプ?
 あなたは、男性のヒゲが好きですか?「ヒゲは不潔なイメージがあるから苦手」という人や「ヒゲの生えている男性のほうがワイル...
恋バナ調査隊 2021-06-25 06:00 ラブ
“体の相性”が良いってどういうこと? 判断する5つのポイント
 女友達と赤裸々に恋愛トークをしている時、彼氏との“体の相性”について話すこともあるのではないでしょうか? でも、中には...
恋バナ調査隊 2021-06-25 06:00 ラブ
積極的だと逆効果? “恋愛やりすぎアプローチ”7選&注意点
 女性から男性にアプローチするのは、とても勇気がいること。本気だからこそ「絶対に彼を振り向かせたい!」と、意気込んでいる...
恋バナ調査隊 2021-06-24 06:00 ラブ
元カレと比べてない?彼氏ができない人の残念な思考パターン
 近ごろ出会った男性とデートをしてもいまいちピンと来ない——。自分の感覚を信じるのはすごくいいことなんですが、歴代彼氏や...
若林杏樹 2021-06-23 06:00 ラブ
デートを断られた…脈ありor脈なしを見極めるポイント&対策
 女性からデートに誘うのは、とても勇気がいること。思い切って誘ったのにも関わらず、あっさりと断られてしまったら、多くの人...
恋バナ調査隊 2021-06-23 06:00 ラブ
嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ