“モテるけどクズ”な男子を好きになる女子が言いがちなセリフ

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2021-01-23 06:00
投稿日:2021-01-23 06:00
 古今東西、モテる男子には理由があるもの。そして、モテる男子ばかり好きになってしまう女子にも、理由があるものです。あなたの恋愛がうまくいかないのは「モテるけどクズ」な男子の毒牙に、あなた自身が気づいていないからかも……?

「他のオンナに取られたくない!」は恋愛なの?

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 モテる男性ばかりを好きになってしまう女性の中には「ライバル女性に取られてしまうのが許せない」と言う人がいます。それは果たして、本当にお相手の男性のことが好きだからでしょうか?

 そもそも普通なら、他の女性の影をあなたの前にチラつかせるわけがありません。ライバルの存在を示唆する時点で、モテ男の罠にハマっている可能性があります。他の女性からも需要があると思うと、なんだかその男性は価値が高いように見えてきます。多くの人が欲しがるものに価値を感じてしまうのはよくあることですが、それは果たして恋愛なのでしょうか。

「ライバル女性に負けることが耐えられない」と思うのなら、それはすでに恋愛ではなく、同性同士のキャットファイトです。恋愛で自分の価値を確かめるのもいいですが、ライバル女性を蹴落とした瞬間に、お相手の男性にも興味がなくなってしまうかも。

「私がいてあげないとダメ」は都合のいい女かも

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 稼ぎが少なかったり、コミュニケーションが粗雑だったり、とにかくダメなところも多い男性に対して「でも、彼は私がいてあげないとダメだから」と言う人がいます。そういう人に限って、彼の愚痴を散々言ったあとに、自分を納得させるかのようにこのセリフを言うのです。

 恋愛関係は、本質的には与え合う関係。どちらかが一方的に与えているだけの関係は歪みが出てきます。どちらかに損得が偏りすぎる関係は、どうしても長続きしづらくなります。損が多い方がつらくなってしまったり、得が多い方が罪悪感を持ったりするからです。

 ダメな彼のために「私がいてあげないと」。そう思うと、毎日に目的意識が生まれてメリハリがつくのかもしれません。しかし、実質的には「都合がいい女」になっているだけの時もあります。

「一緒にいる時は優しい」はその逆も然り?

一緒にいるときは優しい。いないときは?(写真:iStock)
一緒にいるときは優しい。いないときは? (写真:iStock)

 連絡の頻度や彼の態度に不信感をつのらせていても「一緒にいる時は優しいから」と自分を納得させている人もいます。しかしそれは、逆を取れば「一緒にいる時しか優しくない」ということです。

 モテる男性の中には、物事を楽観的に考えられる人も多いものです。現実的な考え方の人が多い女性にとっては、夢を見させてくれる存在にもなるので、モテるのは必然。

 しかし、楽観性は責任感とは真逆の性質です。目の前にいる人に楽観的なことを言って笑わせることはできても、自分の目の届かないところにいる時は放置……そんなあまのじゃくさを、恋のスリルと勘違いしてしまう人もいます。

フラットな第三者の意見にも耳を傾けて

第三者の忠告は聞いたほうがいい(写真:iStock)
第三者の忠告は聞いたほうがいい (写真:iStock)

 クズだけどモテる男性を好きになる女性は、よく自分に言い訳をしています。

「でもいつか変わるかも」「でも彼女は私だけだから」「でも会うと必ずご飯をおごってくれるし」……。自由恋愛の時代なので、自分が納得できていればそれでいいと思いますが、言い訳を聞いている友人たちは違和感に気づきます。第三者として感じることですから、それがあなたの恋愛に対する世間からのイメージです。そしてあなたに「それって大丈夫なの?」と聞いてくれるはずです。

 そういう問いかけを「まあまあ」と流し続けてしまうと、あなたは一生“クズ男子”に寄生され続けてしまうかも。たまにはそういう問いかけに立ち止まって、今の恋愛が自分のためになっているのか、考えてみてください。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


仕事帰りの隙間が正解! 警戒する彼を自然に誘うLINEテク3選
 気になる彼ができた時、あなたは積極的に誘うほうですか?  実は男性の中には、下心が見え隠れするあからさまな誘いには...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「少人数結婚式」意外なメリット 財布に優しいだけじゃない
 長引くコロナ禍で、今までのように盛大な結婚式を挙げにくくなってしまいましたよね。そこで今、人気なのが「少人数結婚式」で...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「相手男だろ?」って嫉妬!?寝る前に届いた甘い胸キュンLINE
 好きな男性からキュンとするLINEが届いて眠れなくなった……なんて経験をしている女性は意外と多いようです。  今回は...
恋バナ調査隊 2022-08-13 06:00 ラブ
「僕の妻はよく分からない人」空虚な夫婦関係を正当化する男
「冷酷と激情のあいだvol.103〜女性編〜」では、夫のユウキさんに対して“演じている自分”を崩せないまま8年もの歳月が...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ
ハイスぺ男との結婚を逃すな!自分を偽り続けた40歳妻の限界
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ
若さアピールは危険! 年上男性に恋を意識させる6つのテク♡
 恋した相手が年上男性だった場合、「恋愛対象だと思われていないかも……」と不安になってしまいますよね。  今回は年上男...
恋バナ調査隊 2022-08-13 06:00 ラブ
その手があった!物欲のない彼が喜ぶプレゼントを考えてみる
 付き合いが長くなってくると、彼への誕生日プレゼントをあげ尽くしてしまい、どうしたらいいのかわからないと悩む人も多いです...
恋バナ調査隊 2022-08-12 06:00 ラブ
マッチングアプリで選ぶべき男性は? ポイント3つを押さえる
 感染症が拡大すると増えるのが、マッチングアプリをする女性たち。婚活イベントが中止になったり、規模が縮小され、出会いの機...
内藤みか 2022-08-11 06:00 ラブ
【苦痛】夫婦喧嘩、マジ疲れた…意外な原因を知っていますか
 大好きな人との結婚生活とはいえ、時には喧嘩をしてしまうこともあるでしょう。しかし、夫婦喧嘩が増えていくにつれて関係が悪...
恋バナ調査隊 2022-08-11 06:00 ラブ
私のことまだ好き? 彼氏との温度差を感じちゃった時の対処法
「尽くしていても、相手からは気持ちが感じられない……」  交際中、自分とパートナーとの間に気持ちの温度差を感じると不安...
若林杏樹 2022-08-10 06:00 ラブ
「この人はATM」夫が大嫌いでも絶対に離婚しない妻の本音
 まったく家事をする気がない、何歳になってもマザコン……。結婚生活を経て「年々夫を嫌いになっていく」なんて人もいるでしょ...
恋バナ調査隊 2022-08-10 06:00 ラブ
彼氏の体臭がきつい(涙)傷つかない3つの対処法を考えた
 40代の同世代カップルに多い悩みが「彼氏の体臭がきつい」というもの。理由は、40代を過ぎた男性は、特に加齢臭も強くなり...
恋バナ調査隊 2022-08-10 06:00 ラブ
ハロワで不採用続出!子育て真っ最中・転勤族妻の働き方事情
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
少女漫画さながら“胸キュン”シチュエーションで心に栄養を!
 恋愛では「シチュエーション」って大切ですよね。告白シーンなんかも、どんなシチュエーションかによって成功率が変わってくる...
恋バナ調査隊 2022-08-09 06:00 ラブ
おもちゃを使いたくて…彼氏へのプレゼントで失敗しちまった
 誕生日や記念日には、プレゼントで彼氏を喜ばせようと考える人が多いですよね。しかし彼の気持ちを汲み取ることができないと、...
恋バナ調査隊 2022-08-08 18:22 ラブ
男性が思わず周囲に紹介したくなる女性の特徴~行動&外見編
 長くお付き合いをしているのに、彼がなかなか友達や家族に紹介してくれなかったら、なんだか不安になってしまいますよね。男性...
恋バナ調査隊 2022-08-08 06:00 ラブ