“モテるけどクズ”な男子を好きになる女子が言いがちなセリフ

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2021-01-23 06:00
投稿日:2021-01-23 06:00
 古今東西、モテる男子には理由があるもの。そして、モテる男子ばかり好きになってしまう女子にも、理由があるものです。あなたの恋愛がうまくいかないのは「モテるけどクズ」な男子の毒牙に、あなた自身が気づいていないからかも……?

「他のオンナに取られたくない!」は恋愛なの?

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 モテる男性ばかりを好きになってしまう女性の中には「ライバル女性に取られてしまうのが許せない」と言う人がいます。それは果たして、本当にお相手の男性のことが好きだからでしょうか?

 そもそも普通なら、他の女性の影をあなたの前にチラつかせるわけがありません。ライバルの存在を示唆する時点で、モテ男の罠にハマっている可能性があります。他の女性からも需要があると思うと、なんだかその男性は価値が高いように見えてきます。多くの人が欲しがるものに価値を感じてしまうのはよくあることですが、それは果たして恋愛なのでしょうか。

「ライバル女性に負けることが耐えられない」と思うのなら、それはすでに恋愛ではなく、同性同士のキャットファイトです。恋愛で自分の価値を確かめるのもいいですが、ライバル女性を蹴落とした瞬間に、お相手の男性にも興味がなくなってしまうかも。

「私がいてあげないとダメ」は都合のいい女かも

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 稼ぎが少なかったり、コミュニケーションが粗雑だったり、とにかくダメなところも多い男性に対して「でも、彼は私がいてあげないとダメだから」と言う人がいます。そういう人に限って、彼の愚痴を散々言ったあとに、自分を納得させるかのようにこのセリフを言うのです。

 恋愛関係は、本質的には与え合う関係。どちらかが一方的に与えているだけの関係は歪みが出てきます。どちらかに損得が偏りすぎる関係は、どうしても長続きしづらくなります。損が多い方がつらくなってしまったり、得が多い方が罪悪感を持ったりするからです。

 ダメな彼のために「私がいてあげないと」。そう思うと、毎日に目的意識が生まれてメリハリがつくのかもしれません。しかし、実質的には「都合がいい女」になっているだけの時もあります。

「一緒にいる時は優しい」はその逆も然り?

一緒にいるときは優しい。いないときは?(写真:iStock)
一緒にいるときは優しい。いないときは? (写真:iStock)

 連絡の頻度や彼の態度に不信感をつのらせていても「一緒にいる時は優しいから」と自分を納得させている人もいます。しかしそれは、逆を取れば「一緒にいる時しか優しくない」ということです。

 モテる男性の中には、物事を楽観的に考えられる人も多いものです。現実的な考え方の人が多い女性にとっては、夢を見させてくれる存在にもなるので、モテるのは必然。

 しかし、楽観性は責任感とは真逆の性質です。目の前にいる人に楽観的なことを言って笑わせることはできても、自分の目の届かないところにいる時は放置……そんなあまのじゃくさを、恋のスリルと勘違いしてしまう人もいます。

フラットな第三者の意見にも耳を傾けて

第三者の忠告は聞いたほうがいい(写真:iStock)
第三者の忠告は聞いたほうがいい (写真:iStock)

 クズだけどモテる男性を好きになる女性は、よく自分に言い訳をしています。

「でもいつか変わるかも」「でも彼女は私だけだから」「でも会うと必ずご飯をおごってくれるし」……。自由恋愛の時代なので、自分が納得できていればそれでいいと思いますが、言い訳を聞いている友人たちは違和感に気づきます。第三者として感じることですから、それがあなたの恋愛に対する世間からのイメージです。そしてあなたに「それって大丈夫なの?」と聞いてくれるはずです。

 そういう問いかけを「まあまあ」と流し続けてしまうと、あなたは一生“クズ男子”に寄生され続けてしまうかも。たまにはそういう問いかけに立ち止まって、今の恋愛が自分のためになっているのか、考えてみてください。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


思わずゾワ〜ッ…勘違い男性からの“背筋が寒くなるLINE”6選
 LINEに届く内容の中でも、特に困るのが男性からのちょっと痛いLINEです。相手を傷つけたり、面倒なことになったりしな...
結婚相手の選び方♡重視するポイント&男性が求めている条件
結婚は、女性にとって人生を大きく変える最大のイベントです。そのため、結婚願望はあっても「本当にこの人でいいのか……」と、...
恋バナ調査隊 2021-03-02 06:21 ラブ
離婚って人生の汚点なの…? 失敗をチャンスに変える考え方
 離婚するなんて、夢にも思わなかった。離婚経験者の大半はそう思っているでしょう。幸せになるつもりで結婚したのに失敗してし...
七味さや 2021-03-01 06:00 ラブ
結婚相談所での出会いってどう? 利用者から学べる注意点5つ
「結婚したいけど、出会いがないまま30代……」と、婚活を始めようとしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、...
恋バナ調査隊 2021-03-01 06:00 ラブ
浮気する女性の5つの心理や特徴! 浮気中に見せるサインも
 近年、芸能人の浮気や不倫が話題になっていますが、身近な友人で浮気する女性がいるという人も多いでしょう。実は、浮気をする...
恋バナ調査隊 2021-02-28 06:00 ラブ
独身でいた方が良かった…夫が結婚を後悔する一番の不満とは
 結婚は人生の墓場か、はたまた天国なのか——。多くの著名人や偉人が結婚にまつわる恐ろしい名言を残しています。長い人生を共...
山崎世美子 2021-02-27 06:00 ラブ
復縁を望む元カノの心を悟りつつも…応えられない男性の本音
「冷酷と激情のあいだvol.32〜女性編〜」では、元カレと復縁したいのに、あと一歩のところで関係が進まない女性・Yさんの...
並木まき 2021-02-27 03:05 ラブ
恋人時代みたいに話すのに…元彼と復縁できない女性の苛立ち
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-02-27 03:03 ラブ
口癖がうつる?“彼氏に話し方が似てきた”と感じる瞬間6選
 彼氏との付き合いが長くなると、ふとした瞬間に「なんだか彼氏に似てきたな」と思う瞬間がありませんか? 口癖や話し方など、...
恋バナ調査隊 2021-02-26 06:00 ラブ
浮気、音信不通…恋愛のトラウマによる影響&克服する方法
「恋愛はただただ甘くて楽しいもの」そんなふうに思えるあなたは、とても幸せな人かもしれません。実は、元カレの浮気や突然の自...
リタ・トーコ 2021-02-26 06:00 ラブ
コロナ禍に元カノに連絡してしまう男性の心理を分析してみた
 新型コロナウイルスの影響で、男女の出会いのシーンもかなり制限された状態が続いています。そんななか、元カレから連絡が来た...
内藤みか 2021-02-25 06:00 ラブ
実はモテる♡ ツンデレ女子の恋愛の特徴&男性が惚れる瞬間
 いつもクールで冷たく、たまにしか笑わない“ツンデレ女子”。男性の前でも媚びを売らないので、一見モテなさそうなのですが、...
恋バナ調査隊 2021-02-25 06:00 ラブ
彼の部屋が汚い!片付けられない男と付き合うとキケンな理由
 カレの部屋に行ってみたら、ゴミ屋敷……とまではいかないけど、モノが散乱していてごちゃごちゃ。服を置いたらホコリまみれ。...
若林杏樹 2021-02-24 06:00 ラブ
自然消滅の期間はどれくらい?距離を置かれる原因&回避方法
 別れ話が出ているわけでもないのに、彼氏と連絡が途絶えてしまうと「もしかして自然消滅を狙われているの?」と不安に感じてし...
恋バナ調査隊 2021-02-24 06:00 ラブ
浮気やウソ発覚…彼から送られてきたドン引き“誤爆LINE”9選
 恋人やパートナーとの連絡ツールとして、ほとんどの人がLINEを活用していることでしょう。そんなカップルの中でも、今回は...
恋バナ調査隊 2021-02-23 06:00 ラブ
30代になると恋愛するのが難しくなる理由&楽しむポイント
 10代、20代の頃、たくさんの恋愛を経験をしている人は多いでしょう。「好き!」と思ったら、後先考えず、思いのままに行動...
恋バナ調査隊 2021-02-23 06:00 ラブ