離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-06-17 06:00
投稿日:2021-06-17 06:00
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな出来事や経験をしていくことで、離婚をして別々の道を選ぶ夫婦もいます。しかし、後悔なく進んでいければ良いですが、中には離婚後に別れたことを後悔する人もいるんです。今回は、離婚後に後悔しないために知っておきたいことをご紹介します。

知っておきたい! 離婚してから後悔しがちな5つの理由

 一度離婚を考えると、「早くすっきりさせたい!」と思う人もいるでしょう。しかし、焦って行動をすると、のちのち後悔することが少なくありません。では、離婚後に後悔している人は、どんなことを理由に後悔しているのでしょうか? 

1. 子供に寂しい思いをさせる

 離婚は本来、夫婦二人の問題です。しかし、子供がいるとなれば、二人だけの問題では済みません。当然、子供の環境も大きく変わることになりますから、大きな影響を及ぼすことになるでしょう。

 離婚後に子供が寂しそうにしている姿を見て、「この子から父親を奪ってしまったのか……」と、後悔する人も少なくありません。

2. 経済的に生活が苦しくなった

 離婚後に大きく変わるのは、経済環境。働いていたとしても、単純に収入が一人分に減り、今までのような生活を続けることは難しくなるため、離婚に後悔する人も多いのです。

 実際、離婚後に経済的に苦しんでいる人の中には、子供との生活に切羽詰まり、生活が成り立たなくなる人も。実家に戻ったり、国の支援などでなんとか生活を維持しているケースも多くあります。

3. 離れたことで元夫の良さに気づいた

 夫婦として毎日顔を合わせていると、新婚当初のような新鮮な気持ちはいつの間にか消えてしまうものです。顔を合わせるたびに文句や愚痴が続き、喧嘩ばかりしている夫婦もいるでしょう。

 そんな生活に嫌気がさして離婚したはずなのに、中には、離れたことで元夫の良さに気づき、離婚に後悔する人もいます。「実は、元旦那はいい人だった」「なんだかんだ、気が合う人だった」と、あらためて気づく人もいるでしょう。

4. 孤独を感じる

 離婚を決めた人の中には、「早く、自由になりたい」と思っている人も多いでしょう。

 しかし、実際一人になると孤独を感じ、離婚に後悔する人もいます。「喧嘩する相手がいるって、幸せなことだったんだな」と、感じる人もいるでしょう。

5. 将来が不安になった

 結婚後、「◯才までには出産し、◯才頃にはマイホームを購入する」といった、ある程度の人生設計を立てていた人も多いでしょう。当然ですが、離婚となればその人生設計はすべて白紙に戻ることになります。

 そのため、離婚後に将来が見えなくなり不安を感じ、「これから先、私の人生はどうなるのだろう?」と、離婚を後悔する人も多いです。

離婚で後悔しないために…確認すべき5つのポイント

 離婚は、結婚の何十倍も労力を使うことになると言います。それだけ苦労して離婚するからには、後悔したくないですよね。そこで、離婚後に後悔しないために確認すべきことをご紹介します。

1. 本当に離婚しか道はないのか? 客観的に見直す

 一度離婚が頭によぎると、一直線に向かってしまう人も少なくありません。しかし、勢いや一時の感情で離婚してしまうと、後悔してしまう可能性があります。

 そのため、まずは冷静になって客観的に見つめ直すことが大切。どうして離婚したいのか、離婚する以外の解決方法はないのかなど、冷静に考えてみましょう。

2. 離婚した後、デメリットよりもメリットの方が大きいか?

 離婚したいと思っている人は、「離婚後は自由気ままな生活を楽しもう!」とイメージしている人もいるでしょう。しかし、そのイメージ通りの生活ができるとは限りません。

 あとから後悔しないためには、離婚後のメリットとデメリットを考えることも大切! 今後の暮らしを現実的に考えた時、デメリットが大きいのであれば、今はタイミングではないということ。逆に、メリットのほうが大きいと思えるのであれば、後悔する可能性は少ないでしょう。

3. 経済的に生活を維持できるか?

 離婚に後悔する人の多くは、経済的理由を上げています。女性が活躍できる社会になってきてはいるものの、女性一人で生活を支えていくのはなかなか難しいものです。

 そのため、離婚後の経済状況を具体的に確認しておくことが必要です。「なんとかなるだろう」と、見切り発車してしまうと後悔する可能性は高いです。

4. 子供を一人で育てられるのか?

 離婚を考えている人の中には、お子さんがいる人もいるでしょう。子供を一人で育てていくのは大変なことです。

 そのため、離婚後の育児環境についても、しっかりと考えなければいけません。もちろん、親権を元旦那さんに渡すという方法もありますが、それこそ悔やんでも悔やみきれなくなる可能性があります。お子さんの将来を考え、後悔しない選択をしましょう。

5. 万が一の時に、助けてくれる人はいるか?

 離婚するということは、それまでつながっていた家族がいなくなるということ。最低でも、「夫」という頼れる存在が一人いなくなります。

 旦那のいない暮らしは自由かもしれませんが、何かあった時に助けてくれる人がいないのは不安なものです。そんな存在がいなくなることが本当に正しい判断なのか、あらためて考えてみましょう。

離婚はいつでもできる! 後悔しないためには冷静な判断が必須

 離婚準備を始めている人の中には、感情に素直に行動している人もいるでしょう。"思い立ったら即行動"というのは、決して悪いことではありませんが、離婚はいつでもできることなのです。

 後悔しないために冷静に判断して、あなたにとって一番ふさわしい道を見つけてくださいね!

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

ラブ 新着一覧


元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ
「将来見据えて倹約したいのに…」妻のお出かけ願望が理解できない30代男
「冷酷と激情のあいだvol.194〜女性編〜」では、結婚早々に節約生活を強いられている生活に嫌気が差している新妻・果穂さ...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
非正規雇用のアラフォーが結婚した男は、“夜のベッド”が生き甲斐のケチ夫
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
「子供欲しい」が夫に言えない…タイムリミットに焦る妻の複雑事情
 夫婦であれば、夫に「子供欲しい」と言うのはそう難しくないはず。でも、言えずにモヤモヤしている女性もいるようです。今回は...
恋バナ調査隊 2024-05-10 06:00 ラブ
結婚に優柔不断な彼はいつ見限るべき?「時間を返して」と嘆く女性たち
 定期的に会い続けている仲の男性がいるけれど、今後のことについて話をしようとすると避けられてしまう。そんな悩みを抱えてい...
内藤みか 2024-05-09 06:00 ラブ
①ナル②浮気③競う④群れ サッカー部だった男の嫌いな特徴5、ラス1は
 モテる男の部活といえば、何を思い浮かべますか? そうですね、サッカー部です。学生時代、サッカー部のイケイケ男子に憧れて...
恋バナ調査隊 2024-05-08 06:00 ラブ
幸せになれるのは超わずか…セフレの終わりは突然やって来る
 付き合ってはいないものの体の関係を持つセフレ。「割り切った関係」「楽な関係」であるため、恋愛が億劫になっている人は憧れ...
恋バナ調査隊 2024-05-07 06:00 ラブ
父が浮気している…? 大人になった今だからできる4つの家庭崩壊回避術
 あなたは自分の父が浮気していると知ってしまった時、どうしますか? もし知ったのが未成年の頃であれば、誰に相談していいか...
恋バナ調査隊 2024-05-06 06:00 ラブ
え、彼氏いたの?処女のままの私と、処女を喪失していたオタ友への嫉妬。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳まで性体験がなかった私ですが、これまで処女...
mirae.(みれ) 2024-05-06 06:00 ラブ
サレ妻「不倫相手に会う」の巻 ママ友、かばう夫…ただで済むと思うなよ
 夫に不倫された“サレ妻”。「ただで済むと思うなよ!」と、怒りや憎しみMAXで不倫相手に会いに行く人もいます。  ...
恋バナ調査隊 2024-05-05 06:00 ラブ
性欲満たしたいだけでしょ?マチアプスピード婚を“汚点”と言い切る40男
「冷酷と激情のあいだvol.193〜女性編〜」では、マッチングアプリで知り合ってスピード結婚へと至った夫とのレスに悩む妻...
並木まき 2024-05-07 10:33 ラブ
子づくり提案→アバズレ認定に絶望しかない…37歳バリキャリ女性の後悔
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-04 06:00 ラブ
圏外男性からの告白LINE、顔を合わせるの気まずっ!上手に断る3本立て
 異性に告白されるのは嬉しいものですが、中には好きになれない相手、恋人として見れない相手からの告白もありますよね。 ...
恋バナ調査隊 2024-05-04 06:00 ラブ
アラフォー世代以上の婚活成功の近道は「ありのまま」より「ちょいモテ」
 アラフォー、アラフィフという年齢に達してから慌てて婚活をスタートさせる女性が少なくありません。  しかし「ありのまま...
内藤みか 2024-05-02 06:00 ラブ
好きになった彼はモテ男でした。ライバルに勝ち、選ばれる女になる法5つ
 たまたま好きになった人がとてもモテると、恋のライバルも当然多いはず。中には積極的なライバルもいて、自分の恋を諦める人も...
恋バナ調査隊 2024-04-29 06:00 ラブ