夫が妻に突然の離婚宣告…決定打となったのは“清潔観の違い”

並木まき ライター・エディター
更新日:2021-04-03 05:53
投稿日:2021-04-03 05:50
冷酷と激情のあいだvol.34〜女性編〜」では、コロナ禍に突如として夫から離婚を突きつけられた妻であるYさんの戸惑いをご紹介しました。では、Yさんの夫であるUさんは、いったいなぜ離婚を突きつけたのでしょうか。

コロナ禍で露呈した清潔感の違い

奥さんの掃除に不満を持っていた(写真:iStock)
奥さんの掃除に不満を持っていた (写真:iStock)

 今回、お話を聞いたのは、Yさんの夫Uさんと親しいOさん。Uさんが離婚をしたことを知っていて、詳しい事情を知っているとのことでした。

「Uさんとは、コロナ禍に入ってからも何度か話をしていました。本人からは、実はコロナ禍になる以前から『離婚したいんだよね』って話は聞いていたんですUさんが言うには、奥さんであるYさんと清潔感が合わないってことが離婚の決定打らしいです。

 食器の洗い方、掃除の仕方から洗濯物の洗い方に至るまで、とにかくUさんから見ると奥さんは不潔にしか見えないってずっと悩んでいましたよ。

 ぶっちゃけた話、僕からするとUさんが潔癖なんじゃないの?ってレベルの話も多いので、奥さんがかわいそうだなぁって思っていましたが、離婚をするほどまでUさんが思い詰めていたと知り、よほど苦痛だったんだなぁと感じました」

テレワークがストレスを増長させた

すぐに弁護士を依頼していた(写真:iStock)
すぐに弁護士を依頼していた (写真:iStock)

 夫婦双方がテレワークになり、一緒に過ごす時間が増えたことで、Uさんの妻へのストレスは増す一方だったと聞いていると語るOさん。

「『家にいるだけだから』って理由で、奥さんが2日に1回くらいしか風呂に入らなくなったことで、離婚を決めたって聞いています。

 もともとレスではあったらしいんですけど、そんな奥さんと一緒に暮らしていく自信がなくなったって落ち込んでいましたね。

 僕は、夫婦は色々あるのが普通だから、そのくらいで離婚なんてしないほうがいいってアドバイスはしたんですけど、Uさんの意思は固かったです。

 奥さんに離婚の話をしたけれど聞き入れてもらえないって相談があって、その数日後には弁護士を依頼したってLINEが入っていました。

 そこまで本気なら、もう止められないなって思ったので静観しましたけど……。

 正直なところ、そんなことって言ったら怒られるかもしれないけれど、生涯を添い遂げるって決めた相手と、その程度のことで離婚しちゃうんですね……」

 別の女性の存在でもあるのかと思い、Uさんにそれとなく探りを入れてみたこともあると言うOさん。しかしUさんは「女は懲り懲りだし、自分より清潔感のある女性と出会える気がしない」と言っていたのだそう。

潔癖症の夫といるよりは…

尋常じゃない潔癖さ(写真:iStock)
尋常じゃない潔癖さ (写真:iStock)

「正直、僕から見るとUさんの潔癖は尋常ではない気がしますね。病院に行ってみるのを勧めましたが、本人がどうするかはわかりません。

 奥さん、落ち込んでいるんですか? そりゃそうですよね……。友人として、Uさんを説得できればよかったんですけど、できませんでした。

 でも、そんな夫とずっといても奥さんも疲れるでしょうし、他にもっといい人が現れて、幸せになってもらいたいですね……」

 恋人同士であれ、夫婦であれ、100%同じ価値観を有する男女は稀です。少しのすれ違いが、大きな溝に発展することも少なくないのが異性間における現実でしょう。まさにこれこそが、男女関係における醍醐味にもなれば致命傷にもなる“冷酷と激情”のはざまなのかもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


実践!結婚後ずーっと“愛され妻”でいるための「3つの心得」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。結婚したらずっと仲良くしたいし、ずっと愛されたいと誰しもが願います。年を重ね...
山崎世美子 2022-05-21 06:00 ラブ
「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫
「冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟を...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
パパ活発覚から半年…やめたフリする夫に42歳妻は“制裁”計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
「犬好き? 猫好き?」恋愛モードに突入!気になる彼に聞け
 あなたは犬好きですか? それとも猫好きですか? 実は、この「犬派or猫派」によって恋愛傾向が変わってくるそう。というこ...
恋バナ調査隊 2022-05-21 06:00 ラブ
社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
“長年不倫愛”継続中の40代女性に衝撃の予言! 人生初「電話占い」で“第2の男”の存在が…
 不倫などの誰にも言えない悩みを胸に秘め、苦しい思いをした経験、ありませんか? 誰かに相談したい、話を聞いてもらいたい、...
内藤みか [PR] 2022-05-18 12:30 ラブ
「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ