夫が妻に突然の離婚宣告…決定打となったのは“清潔観の違い”

並木まき ライター・エディター
更新日:2021-04-03 05:53
投稿日:2021-04-03 05:50
冷酷と激情のあいだvol.34〜女性編〜」では、コロナ禍に突如として夫から離婚を突きつけられた妻であるYさんの戸惑いをご紹介しました。では、Yさんの夫であるUさんは、いったいなぜ離婚を突きつけたのでしょうか。

コロナ禍で露呈した清潔感の違い

奥さんの掃除に不満を持っていた(写真:iStock)
奥さんの掃除に不満を持っていた (写真:iStock)

 今回、お話を聞いたのは、Yさんの夫Uさんと親しいOさん。Uさんが離婚をしたことを知っていて、詳しい事情を知っているとのことでした。

「Uさんとは、コロナ禍に入ってからも何度か話をしていました。本人からは、実はコロナ禍になる以前から『離婚したいんだよね』って話は聞いていたんですUさんが言うには、奥さんであるYさんと清潔感が合わないってことが離婚の決定打らしいです。

 食器の洗い方、掃除の仕方から洗濯物の洗い方に至るまで、とにかくUさんから見ると奥さんは不潔にしか見えないってずっと悩んでいましたよ。

 ぶっちゃけた話、僕からするとUさんが潔癖なんじゃないの?ってレベルの話も多いので、奥さんがかわいそうだなぁって思っていましたが、離婚をするほどまでUさんが思い詰めていたと知り、よほど苦痛だったんだなぁと感じました」

テレワークがストレスを増長させた

すぐに弁護士を依頼していた(写真:iStock)
すぐに弁護士を依頼していた (写真:iStock)

 夫婦双方がテレワークになり、一緒に過ごす時間が増えたことで、Uさんの妻へのストレスは増す一方だったと聞いていると語るOさん。

「『家にいるだけだから』って理由で、奥さんが2日に1回くらいしか風呂に入らなくなったことで、離婚を決めたって聞いています。

 もともとレスではあったらしいんですけど、そんな奥さんと一緒に暮らしていく自信がなくなったって落ち込んでいましたね。

 僕は、夫婦は色々あるのが普通だから、そのくらいで離婚なんてしないほうがいいってアドバイスはしたんですけど、Uさんの意思は固かったです。

 奥さんに離婚の話をしたけれど聞き入れてもらえないって相談があって、その数日後には弁護士を依頼したってLINEが入っていました。

 そこまで本気なら、もう止められないなって思ったので静観しましたけど……。

 正直なところ、そんなことって言ったら怒られるかもしれないけれど、生涯を添い遂げるって決めた相手と、その程度のことで離婚しちゃうんですね……」

 別の女性の存在でもあるのかと思い、Uさんにそれとなく探りを入れてみたこともあると言うOさん。しかしUさんは「女は懲り懲りだし、自分より清潔感のある女性と出会える気がしない」と言っていたのだそう。

潔癖症の夫といるよりは…

尋常じゃない潔癖さ(写真:iStock)
尋常じゃない潔癖さ (写真:iStock)

「正直、僕から見るとUさんの潔癖は尋常ではない気がしますね。病院に行ってみるのを勧めましたが、本人がどうするかはわかりません。

 奥さん、落ち込んでいるんですか? そりゃそうですよね……。友人として、Uさんを説得できればよかったんですけど、できませんでした。

 でも、そんな夫とずっといても奥さんも疲れるでしょうし、他にもっといい人が現れて、幸せになってもらいたいですね……」

 恋人同士であれ、夫婦であれ、100%同じ価値観を有する男女は稀です。少しのすれ違いが、大きな溝に発展することも少なくないのが異性間における現実でしょう。まさにこれこそが、男女関係における醍醐味にもなれば致命傷にもなる“冷酷と激情”のはざまなのかもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男性が手に入れたいと思う女性の特徴&本命相手にする行動♡
 男性から「絶対手に入れたい」と思われるような魅力的な女性って、憧れてしまいますよね。そんな女性には、いったいどんな特徴...
恋バナ調査隊 2021-04-20 06:23 ラブ
モテ仕草にドキッ♡ 男性の心を鷲掴みにする4つのテクニック
 モテる女性を観察してみると、女性目線でもドキっとするようなモテ仕草が身についていたりしますよね。逆に、どんなに美人な女...
恋バナ調査隊 2021-04-19 06:30 ラブ
恋愛に溺れる女性の共通点…自分を大切にしつつ恋をする方法
 恋愛といっても、いろいろな形がありますよね。中には、恋愛をするたびに、食事も喉を通らなくなり、自分のすべてを後回しにし...
恋バナ調査隊 2021-04-18 06:00 ラブ
結婚相談所の知っておくべき3つの実態&よくあるトラブル
 近年の婚活ブームで結婚相談所を利用する人が増加する中、それに伴ってトラブルも増えているようです。せっかく出会いを求めて...
恋バナ調査隊 2021-04-18 06:00 ラブ
片想い中の彼に送った残念な失敗LINE…恋が終わった内容5つ
 片想い中の彼とのLINEって、感情が舞い上がってしまって大失敗をしてしまいがち! 冷静な状態ではないから、つい不自然な...
恋バナ調査隊 2021-04-18 06:00 ラブ
おかん2号になってない? 男性の魂を揺さぶる女性になる秘訣
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。恋愛が下手な人は「わがままが非常に苦手」です。一方、モテる女性は「わがままが...
山崎世美子 2021-04-17 06:00 ラブ
一緒にいると落ち着く男性の5つの特徴&付き合うメリット♡
 刺激的でドキドキする情熱的な恋や、一緒にいると落ち着くほのぼの系の恋など、恋愛のタイプは人によってさまざま。恋にはある...
恋バナ調査隊 2021-04-17 06:00 ラブ
自己肯定感低め女子必見! 本命以外と疑似恋愛を楽しむテク
 男性からちやほやされたり甘やかされたりすると、どこか心が満たされる時がありますよね。本命の恋愛がなかなかうまくいかない...
ミクニシオリ 2021-04-16 06:00 ラブ
男性の低い声が好き♡思わずキュンとしてしまう3つの女性心理
 恋愛と声に関する研究によると、「男性は女性の声の高さにあまり影響を受けないけれど、女性は大きく影響を受ける」という結果...
恋バナ調査隊 2021-04-16 06:00 ラブ
いきなり結婚前提も…恋活アプリで男性が敬遠するメール3選
 なかなか外出しづらい状況の時期は、恋活や婚活などの出会いの場も限られてしまいがち。苦肉の策でアプリを始める人も少なくあ...
内藤みか 2021-04-15 06:00 ラブ
彼氏に疲れると思わせる彼女の特徴6つ&気を付けるポイント
 彼氏がいる人の中には、「最近、彼の様子がおかしい」「デート中、なんだかつまらなそうにしている」と感じている女性もいるで...
恋バナ調査隊 2021-04-15 06:00 ラブ
男性に「一緒にいたい」と思わせる!手っ取り早くモテる方法
 特定の彼氏ができなかったり、付き合ってもすぐに別れて長続きしないと、目標にしている「結婚」まで辿り着けずにどんどん落ち...
若林杏樹 2021-04-14 06:19 ラブ
男性から届いた“意味深LINE”5選…これってどういう意味!?
 男性から届く意味深LINE……。「これって、いったいどういう意味!?」と、一喜一憂していませんか? そんなLINEメッ...
恋バナ調査隊 2021-04-14 06:15 ラブ
「Clubhouse」で明暗…彼氏ができた人と離婚危機に陥った人
 近ごろはブームもひと段落した感のある、アメリカ発の音声SNS「Clubhouse(クラブハウス)」。iPhone利用者...
田中絵音 2021-04-13 06:07 ラブ
どうしてモテるの?小悪魔女性の特徴&5つのモテテクニック♡
 女性からすると、小悪魔女性は「あざとい」と思われがち。しかし、男性はそんなあざとさを感じていても、心惹かれてしまうこと...
恋バナ調査隊 2021-04-13 06:10 ラブ
良いギャップのある女性になるためには? 小手先テクはNG!
 ギャップのある女性って素敵ですよね。ギャップに惹かれて恋に落ちる……というシチュエーションはもはや定番パターンです。で...
七味さや 2021-04-18 20:34 ラブ