40代エリート男性の告白~「夫婦交換」という愛のカタチ#2

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2021-07-09 06:06
投稿日:2021-07-09 06:00
 皆さんは「夫婦交換」という言葉を耳にしたことはあるだろうか。
 外資系IT企業に勤めるWさん(46歳・妻子アリ)は、夫婦のセックスレスを解消するため、さらには、夫婦生活のあり方を見直し、今後の人生を価値あるものにするため、「夫婦交換」の道を選んだ。

 第一回目はコチラ

「夫婦交換」サークルとは

お互いのパートナーを交換する(写真:iStock)
お互いのパートナーを交換する (写真:iStock)

――夫婦交換とは、どのようなサークルでしょうか?

「端的に申しますと、二組の夫婦が承諾のうえで、互いのパートナーを交換してセックスをすることです」

――そのようなサークルが現在も存在しているとは驚きです。

「はい、かつてはスワッピングや乱交パーティと言った下世話な位置づけが否めませんでしたが、話を聞くうちに、僕のように性の悩みを抱える夫婦の救いの場となる貴重なサークルだと思えました。しかも、身元審査も厳しく、夫婦で入会という意味でも、妻に後ろめたさを感じることなく、男としての自分を取り戻せると強く感じました」

――入会には奥さまのご承諾も必要でしたよね。どのように、説得されました?

「高校生の息子が合宿で不在の日、妻に『大事な話がある』とリビングに呼びました。あ……妻の紹介をしていませんでしたね。

 妻・U子(44歳)とは知人の紹介で知り合いました。女子大卒業後は旅行会社に勤めており、海外経験が豊富で語学も堪能。現在は専業主婦ですが、フラダンス教室に通う明るく活発な女性です。

 夫の僕が見ても、いい妻をもったと感謝しています。で、僕は率直に『U子のことは愛しているし、大切に思う。これからもいい夫婦関係を続けたいからこそ』と前置きをして、夫婦交換サークルに入会したい旨を打ち明けました」

妻の了承を得、夫婦で入会

あなたを信頼しているから(写真:iStock)
あなたを信頼しているから (写真:iStock)

――奥さまの反応はどのような感じでしたか?

「当然ですが、驚いていました。しかし、妻もセックスレスには悩んでいたようで……実は、夫婦のセックスで僕のモノが何度か中折れしたり、勃起しなかったこともあり、妻も女としての自信を失っていたのです。そして、教えてもらったパスワードで夫婦交換サークルのHPにアクセスし、妻にじっくり読んでもらいました。

 しばらくして、『あなたを信頼しているし、夫婦の絆が深まるなら』とOKしてくれました。彼女は、旅行会社時代、添乗員として様々な国を訪れたせいか、性に対する考え方や文化の違いに偏見はないようです。それが幸いしました。

 その後は夫婦で申し込み、無事、会員となることができました。翌週には、会員歴の長い「Sクラス会員」と呼ばれるご夫婦と、高級ホテルでディナーをする運びになりました」

――入会後、すぐに他の会員さんとお会いするのですか?

「はい、このようなことは初回が大事で、延び延びにすると妻側のほうが『やっぱりやめます』という場合が多いらしく、入会からはスピーディーですね。ご紹介されたご夫婦は、開業医のHさんご夫妻です。夫が47歳、

 奥さまが43歳と同年代とのことで、安心しました。この時点では、まだ互いの顔は知らされません。

 当日、僕はスーツ、妻のU子はロングヘアをアップにし、鮮やかなオレンジ色のワンピースで指定されたホテルに向かいました。お相手のHさんご夫妻は、一目でわかりましたよ。

 旦那さまはダンディな感じで、奥さまはややふっくらした愛らしい女性で、二人ともスーツ姿。見るからにセレブといった印象です」

関連キーワード

エロコク 新着一覧


初心者におすすめの吸引系♡ 11段階で好みの加減を追求して
 ラブグッズに限った話ではないですが、ひとつのヒット商品が出て、その派生商品が続々と発売されると、ひとつのジャンルが形成...
桃子 2021-01-23 06:00 エロコク
女性官能作家が提案する「ウィズコロナのセックス5選」#2
「ウィズコロナ」の生活が当たり前になった昨今。セックスも「安心・安全・心地よさ」をモットーに、パートナーとの愛を深めたい...
蒼井凜花 2021-01-22 06:00 エロコク
直径8ミリの極細ローター 強すぎず弱すぎずの刺激にうっとり
 クリトリスは、“性的に気持ちよくなる”ためだけに存在する器官といわれることもありますが、快感に対してほんと貪欲ですよね...
桃子 2021-01-18 11:06 エロコク
女性官能作家が提案する「ウィズコロナのセックス5選」#1
 二回目の緊急事態宣言が発令されて、セックスに恐怖をお持ちの方も多いことでしょう。しかし、一方では「ここさえクリアすれば...
蒼井凜花 2021-01-15 06:00 エロコク
パーフェクト!自分の手ではできない小刻みな動きが病みつき
 最近パフェがブームですが、語源は「パーフェクト」。一つのグラスにさまざまな素材が絶妙なバランスで詰め込まれ、完成してい...
桃子 2021-01-10 06:00 エロコク
官能作家オススメ「寒い冬こそしたい」おすすめセックス4選
 日に日に寒さが強まってまいりましたが、こんなときこそ、愛するパートナーとのセックスを充実させたいですね。そこで、官能作...
蒼井凜花 2021-01-08 06:00 エロコク
電マのヘッドだけ ユニークなアイディアグッズで実力も◎
 国内外のアダルトグッズをかなりの数見てきているという自負のある私ですが、今でもハッとする斬新なアイデアに出合うことがあ...
桃子 2020-12-27 06:00 エロコク
女性官能作家直伝!クリスマスのセクシーデート&セックス4選
 クリスマスには、愛しいパートナーとのデートや情熱的なセックスを楽しむ方も多いでしょう。そこで官能作家の筆者が提案したい...
蒼井凜花 2020-12-24 06:00 エロコク
凹凸がダイナミックに刺激…パワフルな振動と摩擦がやみつき
 ビビッドカラーの雪だるまといった風情のバイブがお目見えです。その名も「完全防水 ビーバイブ スノーマン」。  私...
桃子 2020-12-20 06:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #3
 これまで二回にわたって「フェラチオの奥義」についてお話ししました。今回は最終回。やや難易度は上がりますが、官能作家なり...
蒼井凜花 2020-12-18 17:02 エロコク
一瞬で昇天確実 強烈なオーガズムで、深い眠りをサポート
 今年とても元気だった「極天(キワミテン)」シリーズから、「アンモナイト ベロ」が届きました。まさに古代生物のような形状...
桃子 2020-12-13 16:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #2
 皆さん、こんにちは。前回に引き続き、今回も官能作家が伝授する「フェラチオの奥義」についてお伝えしたいと思います。十年間...
蒼井凜花 2020-12-11 17:52 エロコク
激しいプレイでも挿入部はしなやか…根元はぶれないティルド
 この連載では、私が振動刺激を好むということもあって、ディルドを紹介してきませんでした。張り形といわれることもありますが...
桃子 2020-12-06 06:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #1
 もうすぐクリスマス。今から愛するパートナーとの熱い夜を待ちわびている女性も多いことでしょう。今回から数回にわたり「官能...
蒼井凜花 2020-12-04 18:00 エロコク
リアルが怖い時は…バーチャルセックスでいいんじゃない?
 冬を迎え、新型コロナウイルスの感染が加速しています。こんな時は濃厚感染なセックスをするのが怖い、という女性たちも増えて...
内藤みか 2020-12-03 06:00 エロコク
力加減が絶妙!Gスポットの広い範囲を的確に刺激してくれる
 その年を象徴するラブグッズというものがあり、2020年は、今回紹介する「LELO ソラーヤ・ウェーブ」がそうなりそうで...
桃子 2020-11-28 06:00 エロコク