100年の恋も冷めるでしょ…彼氏のドン引き行動エピソード4選

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2022-01-14 18:15
投稿日:2022-01-12 06:00
 彼氏に100年の恋も一瞬で冷めるような「ドン引き行動」をされたことがある女性は多いようです。ドン引き行動の原因はさまざまですが、やはり度を超えた行動は、人の心を変えてしまうようですね……。今回は、そんなドン引き行動エピソードをご紹介します。

ありえない! 彼氏のドン引き行動エピソード4選

絶対、嘘ついてるわ…(写真:iStock)
絶対、嘘ついてるわ… (写真:iStock)

 それではさっそく、女性たちがドン引きした彼氏の行動の数々を見ていきましょう。

1. 平気で嘘をつく

 ある女性は自分のお財布がないことに気がつき、同棲中の彼氏に聞いたそうなのですが「知らない」との返答。でも、なんとなく不自然な様子だったので、後日問いただしたところ、「パチンコでお金がなくなったから、もらった」と、白状したそう。

 さらに、そのお金はどうしたか聞くと「もうパチンコで使ってしまった」とのこと。これって、立派な犯罪ですよね。平気で嘘をつこうとした彼氏に対して、別れを決意したようです。

2. 不潔

 不潔さも、度を越すとドン引きの原因に……。ある女性は、彼氏と同棲するようになって、彼氏が「歯磨きをしない」ということに気がついたそう。1週間経った頃にさすがに聞いてみたところ、「昔から歯磨きをしたことがない。しなくても虫歯になったことがないから」との返答が。

 ……ということは今までキスしていた時もずっと……!? そう思ったら、彼への気持ちが一気に冷めてしまったそうです。

3. 弱者に対して偉そう

店員さんに偉そうなのって何なん(写真:iStock)
店員さんに偉そうなのって何なん (写真:iStock)

 老人や子供、女性など、自分よりも下だと感じる存在に偉そうに接するのは、人としてもってのほかですよね。ある女性は、レストランの女性店員に対して横柄な態度をとった彼氏の行動にドン引き。

 また、別の日、バスに乗っている時に老人を押しのけて優先席を陣取った姿をみて、さすがに別れようと思ったそうです。こういった行動をする彼氏は、結婚して子供ができても、良いパパにはなってくれないでしょう……。

4. 潔癖症

 最近は、男性で潔癖症だという人も増えているようです。ある女性は、彼氏の部屋に招待された時、入り口で靴下を脱いで来客用の靴下に履き替えるようにと言われたそうです。

 さらに、「トイレに入ってもトイレットペーパーは絶対に三角に折らないで、バイキンが付くから」と言われ、ドン引きしたそう。綺麗好きならまだしも、彼女をバイキン扱いするのはなしですよね……。

彼氏にドン引き行動をされた時の賢い対処法

ケンカにならないよう冷静に(写真:iStock)
ケンカにならないよう冷静に (写真:iStock)

 では、彼氏にドン引き行動をされたら、どのように対処したら良いのでしょうか? チェックしてみましょう。

少しずつ距離を置く

 彼氏の性格にもよりますが、ドン引きするような行動を取る男性は、突然別れを切り出すと、途端にストーカーのように豹変しないとも限りません。

 冷静に少しずつ距離を置きながら様子を見て、別れる方向に持っていったほうが良いでしょう。

愛情が残っているなら冷静に話す

 もしも、彼氏に対してまだ愛情が残っているのであれば、ドン引きするような行動を見て見ぬふりをするのではなく、きちんと嫌だと伝えましょう。

 付き合いを続けるとして、何かを我慢することは、爆発する日を先延ばししているだけのこと。ストレスは溜まり続けていきます。それでわかってくれない相手とは、縁がなかったと考えたほうがいいかもしれません。

彼氏の行動にドン引きしたら心の声に従って

別れる? 続ける?(写真:iStock)
別れる? 続ける? (写真:iStock)

 大好きな彼氏の行動って、ドン引きしてもついつい許してしまいがち。そして、そのうちに慣れてしまい、気づけば彼氏の行動がエスカレートしてしまうことも……。ドン引きした時点で、ぜひ自分の心の声に蓋をせずに、考え直すチャンスだと捉えてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


モテる天然女子とモテない天然女子 決定的な違いと見極め方
「天然の女性は男子にモテる」と思っていませんか? でも実は、“天然”には2種類あるようなのです。そして、その種類によって...
恋バナ調査隊 2022-05-08 06:00 ラブ
【女性の浮気】結婚後に遊び始めた“元・非モテ女子”の勘違い
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。「浮気」といえば一昔前まで男性がすることがほとんどというイメージでしたが、今...
山崎世美子 2022-05-07 06:00 ラブ
妻に不倫がバレたけど…頑なに認めない43歳控えめ男性の主張
「冷酷と激情のあいだvol.89〜女性編〜」では、夫であるユウスケさんの不倫の証拠を掴みつつも、夫が認めないことに悩む妻...
並木まき 2022-05-07 06:00 ラブ
薄給夫に不倫疑惑!証拠隠滅&ノー自白に翻弄される43歳女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-07 14:51 ラブ
恋愛下手から恋愛上手になりたい!特徴5つ&注意点3つを習得
 好きな人ができてもなかなか恋愛に進展できない人や、せっかく彼氏ができても交際が長続きしない人は、「私は恋愛下手かも……...
恋バナ調査隊 2022-05-06 06:00 ラブ
【30代女の体験談】ほぼ毎日ささみ!モデル男と交際した顛末
 キレイめモデル系男子と付き合いたい! という女性は大勢います。けれど、実際にイケメン男性モデルとお付き合いしたら、想像...
内藤みか 2022-05-05 06:00 ラブ
綾瀬はるかなら許せても…“干物女あるある”から脱却方法まで
 数年前、綾瀬はるかさん主演のドラマ「ホタルノヒカリ」でも話題になった「干物女」。何をするにも「面倒臭い!」が前提で、恋...
恋バナ調査隊 2022-05-05 06:00 ラブ
男ドン引き!恋愛成就のお邪魔虫“マウント女”になってない?
「アラフォーになっても、なかなか結婚相手が現れない」と焦っていませんか。それ、もしかしたら、恋愛における“マウント女”に...
恋バナ調査隊 2022-05-05 06:00 ラブ
重い女と思われる二大瞬間!男性から嫌われないための解決策
 付き合うきっかけは彼からなのに、いつの間にか「重い女」になってしまう経験はありませんか。そんなつもりはないのに、男性側...
若林杏樹 2022-05-04 06:00 ラブ
「女友達に恋愛相談」やっぱり誰でもいいわけではありません
 恋愛で悩んだ時に、同性の女友達に相談する人は多いですよね。でも、実はこの選択、場合によっては危険なケースもあるようなの...
恋バナ調査隊 2022-05-04 06:00 ラブ
ぽっちゃりはモテ!“抱き心地がいい女性”が磨くべき場所は?
 アラサー・アラフォーになると、今までと変わらない生活をしているのに「だんだんぽっちゃり体型になってきた……」と、焦る人...
恋バナ調査隊 2022-05-04 06:00 ラブ
「愛情不足では?」元旦那と離婚、呪縛から逃れた先の“偏見”
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
“バツが多い”男性との恋愛 離婚の原因以外に確認すべきこと
 3組に1組が離婚しているといわれる現代。年齢を重ねていくごとに、“バツ”ありの男性と出会うことは増えてくるでしょう。で...
恋バナ調査隊 2022-05-02 06:00 ラブ
“不幸な恋愛”が続く理由と特徴を考えてみた 経験に糸口あり
 ある程度の年齢になってくると、恋愛経験も増えてくるはず。しかし、それにも関わらず、いくつになっても今までの経験を活かす...
恋バナ調査隊 2022-05-02 06:00 ラブ
「痔の薬よろしく」彼氏に誤送信LINE!終わったと思いきや…
 大好きな人の前では、いつでも可愛くいたいもの。でも、私たちの日常には、それを脅かす危険なツールがあります。  そう、...
恋バナ調査隊 2022-05-01 06:00 ラブ
「モテる女性」こその悩み…大変だと同情するか、嫉妬するか
 モテる女性を見て「私もあんな風にモテてみたい! と、羨ましく感じる人は多いでしょう。中には「あの子ばっかりモテてずるい...
恋バナ調査隊 2022-05-01 06:00 ラブ