はじめての食事デート♡ 心がける4つのこと&会話のポイント

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2022-01-14 06:00
投稿日:2022-01-14 06:00
 気になる男性とはじめての食事デートの約束ができたら、「絶対にデートを成功させたい!」と思うのは当然でしょう。そこで今回は、はじめての食事デートで心がける4つのことと、食事中の会話のポイントをご紹介します! 今の恋を成就させたいですよね。

はじめての食事デートで心がける4つのこと♡

はじめての食事デート♡(写真:iStock)
はじめての食事デート♡ (写真:iStock)

 まずはじめに、はじめての食事デートで心がける4つのことを確認していきましょう!

1. 食事に行く場所に合ったファッションを心がける

 デートに行くお店の雰囲気とかけ離れたファッションで行くと、男性にドン引きされてしまう可能性も。事前に行く場所がわかる場合は、食事に行くお店に合わせたファッションを心がけることが大事です。

 もしどんなお店に行くのかわからない場合は、清潔感のある上品な服装で行けば間違いないでしょう。

2. メイクはナチュラル系が基本

 はじめてのデートであれば、気合いを入れてメイクするのは当然のことですが、食事デートの場合、あまり濃いメイクは好まれません。

 お店の食器やグラスに口紅の跡が残るのはマナー的にもNGなので、食事デートの際にはできるだけナチュラル系のメイクを心がけましょう。

3. 小さめのバッグで荷物は少なめに

 はじめての食事デートがたまたま仕事帰りの場合は仕方がありませんが、それ以外であれば、小さめのバッグで荷物を少なめにしておきましょう。

 もしも彼が高級なレストランを予約してくれていた場合、大きな荷物を持っているより、小さなバッグを持っている方が女性らしくスマートに見えますよ。

4. 食事のときは髪をまとめる

 はじめての食事デートの際には、髪の毛が長い人はまとめ髪でデートに出かけるか、食事の前にさりげなくトイレで髪の毛をまとめるようにしましょう。

 清潔感が出るのはもちろん、突然髪の毛をまとめることで、ちょっとしたギャップをアピールすることもできますよ。

はじめての食事デートでの会話のポイント3選♡

明るく笑顔で聞き役に(写真:iStock)
明るく笑顔で聞き役に (写真:iStock)

 はじめての食事デートは、どんな会話をしていいのかわからずに悩んでしまう人も多いでしょう。続いては、食事デートでの会話のポイントをご紹介します!

1. はじめての食事デートでプライベートな話はNG

 はじめての食事デートで、プライベートなことをあれこれ質問するのはNGです。

 まだ付き合っていないのに根掘り葉掘り聞いてしまうと、男性に「もしかしてこの子って面倒なタイプかも……」と思われてしまうかも。はじめての食事デートでは、できるだけ当たり障りのない話題を心がけるようにしましょう。

2. 最初はできるだけ聞き役に徹する

 相手の男性が話をしてくれるタイプの場合、最初はできるだけ聞き役に徹して、少し慣れてきたら少しずつ自分のことを話してみるといいでしょう。

 最初から自分の話だけで暴走してしまうと、男性から“疲れる女性”だと思われる可能性もあるので、十分に注意してくださいね。

3. 食事中の会話は明るく笑顔で

 はじめての食事デートは、誰だって緊張するものです。とはいえ、無表情のまま座っているだけでは、男性につまらない思いをさせてしまいます。

 緊張していても、食事中はできるだけ明るく笑顔で会話することを意識しましょう。

事前にしっかり準備をしてはじめての食事デートを楽しもう♡

素敵な時間を過ごせますように(写真:iStock)
素敵な時間を過ごせますように (写真:iStock)

 お付き合いを始める前のはじめての食事デートでは、適度な距離感とマナーが大事なポイントになるようです。行き当たりばったりで失敗しないように事前にしっかり準備をして、はじめての食事デートを思い切り楽しんでくださいね♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「おはよ、本日の足」夫ウケ狙ったのに撃沈!愛の傍迷惑LINE
 世間には「夫のことが大好きで仕方がない妻」も、たくさんいますよね。そんな女性は、LINEでも健気に夫ウケを狙ってあれこ...
「肉体関係は神聖なもの」頑なに恋人を抱かない36歳男の事情
「冷酷と激情のあいだvol.88〜女性編〜」では、恋人のヨウヘイさん(仮名・36歳)と、交際開始から一度もカラダの関係が...
並木まき 2022-04-30 06:00 ラブ
交際4カ月でキスだけ 恋人と“性交渉ゼロ”34歳女性のモヤモヤ
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-04-30 06:00 ラブ
「男は収入」お金目当てで結婚した女性のその後から学ぶこと
 あなたは、結婚相手に何を求めますか? アラサー・アラフォーになると、自分自身にも経済力がついてくるため、男性を「収入」...
恋バナ調査隊 2022-05-02 18:52 ラブ
“結婚は考えてない”と言う彼 怒りを呑み込んだ35歳女性の例
「結婚は考えてない」。恋人にそんなことを言われてショックを受ける女性が最近増えているようです。このようなことを言われたら...
内藤みか 2022-04-28 06:00 ラブ
本命の男が貴女から去る言動 能ある女性は爪を隠しています
 涼香(リョウカ)と言います。銀座で長らくお仕事をさせていただいています。といって、接客型のクラブではなく、カウンター越...
涼香 2022-04-28 06:00 ラブ
ザワザワする!本気or遊び「告白なし」で付き合う男性の心理
 男性に告白されていないのに親密な関係になると、なんだかモヤモヤしてしまいますよね。本当は告白されてから付き合うのが理想...
恋バナ調査隊 2022-04-28 06:00 ラブ
恋愛モード復活! 彼氏欲しい…恋人ってどう作るんだっけ?
「学生時代はすぐに恋愛ができたけど、今は好きな人すら見つからない」と悩んでいる方も多いはず。彼氏がいない期間が長ければ長...
若林杏樹 2022-04-27 16:49 ラブ
あれ? 彼氏が負担に感じる…前向きな対処法4つを試してみて
 恋愛中には、時に彼氏の存在を負担に感じてしまうことがありますよね。そう感じている時は、自分をごまかしてもつらくなるだけ...
恋バナ調査隊 2022-04-27 17:19 ラブ
W不倫に溺れ、別居した元妻から婚姻費月10万円を請求された
 ステップファミリー5年目になる会社員ライターひでまるです。大学卒業と同時に、当時付き合っていた彼女と結婚→当時の妻に2...
30代40代大人の恋愛「きっかけのハードル」を下げてみない?
 大人になって恋愛の経験値が上がっていくと、付き合いはじめる前に「この人とは合わなそう」「この人はやめておいたほうがいい...
恋バナ調査隊 2022-04-25 06:00 ラブ
「長い不倫」の終わらせ方 “無知”ほど怖いものはありません
 恋愛は自由なもの。しかし、相手が既婚者となれば話は変わってきます。「出会ったのが遅すぎただけ」なんてセリフは、ドラマで...
恋バナ調査隊 2022-04-24 06:00 ラブ
夜の営みも“女優”であれ!離婚回避のために思考を切り替える
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。約8割のご夫婦が恋愛結婚ですが、離婚理由の男女とも第1位は「性格の不一致」。...
山崎世美子 2022-04-23 06:00 ラブ
罪悪感なく元妻を抱く男性「ソッチは嫌いじゃないですから」
「冷酷と激情のあいだvol.87〜女性編〜」では、元夫であるマサカズさん(仮名)と将来的な話が何もないままセフレ関係が続...
並木まき 2022-04-23 06:00 ラブ
元夫と肉体関係にある42歳女性「私は彼女でも妻でもない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-04-23 06:00 ラブ
男ウケのいい顔の特徴って?色気やフェロモンを感じる部位も
「男ウケのいい顔になりたい」と、思っている女性は多いはず。でも実際には、男性が感じる女性の「モテ顔」は女性が感じる感覚と...
恋バナ調査隊 2022-04-22 06:00 ラブ