褒め言葉じゃない?「才能あるね」で人を傷つけてしまった話

おくげちゃん 漫画家・イラストレーター
更新日:2022-01-14 06:00
投稿日:2022-01-14 06:00
「すごいね、才能があるんだね」。誰かにこんな言葉をかけられた経験はあるでしょうか。気軽に言ってしまうこのセリフですが、実はものすごく気をつけて使う必要があると私は感じています。それは私が「才能」という言葉で、お姉さんを傷つけてしまったことがあるからです。さて、どろんぱではママがカウンターで常連さんの接客中——。

(漫画:おくげちゃん)
(漫画:おくげちゃん)

才能ではなく、開花させた努力に注目を

「漫画家なんです」と自己紹介すると「え! すごい!」と言ってもらえることが多々あります。そして、高い確率で続くのが「才能あるんだね」という言葉。もちろん言われると嬉しいし、私自身も自分には漫画の才能があると思いたいです。

 そして私も、自分ができないこと・苦手なことができたり、それでご飯を食べられている人はすごく尊敬します。きっと誰もがそう思っているし、そういう尊敬を込めて”才能”という言葉を使っているはず。私も同じです。

 だからある時、自分にはできないことを職業にしているお姉さんに「すごいね、才能あるんだなあ」と言ったことがありました。リスペクトの意味を込めた褒め言葉のつもりで。でもお姉さんは少し黙った後、「まあ……これでも頑張ったからねえ」とボソッと呟いたのです。この時、私はすごくびっくりしました。

「え? 褒めてるのになんで? テンション下がること??」

 当時はそう思っただけでしたが、今ならわかります。「才能がある」という言葉が「努力で得たものではない」という風に聞こえたんですよね。そしてきっとその当時、お姉さんはすごく頑張っていたんだと思います。

 私はその努力ではなく、もともと持っていた資質みたいな方を褒めた形になっていたわけです。漫画家になった今、自分が努力している最中にかけられるその言葉がどれほど苦しいか、本当によくわかります。

 神様から与えられた才能(ギフト)があったとしても、それを開花させるためには必ず努力が必要です。私はそれを分かっていませんでした。当時のお姉さんの顔を思い出すと、今でも胸が苦しくなります。これからはギフトの部分ではなく、開花させた努力の部分を褒められる人になりたいものです。

登場人物紹介

ママ、ヘビ森さん(漫画:おくげちゃん)
ママ、ヘビ森さん (漫画:おくげちゃん)

ママ
どろんぱのママ。若い頃はとびきり腕のいいホステスで、若い時に店を持った。しかしここまで来るには色んな苦労があったらしい。お客さんから起業の相談を受けることが多い。

ヘビ森さん
どろんぱの常連客。酒乱で横暴な面もあるが、ママのことをとても尊敬している。アパレル会社を運営している独身。今年は年男らしい。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


あなたは受け恋?追い恋? 7月4日~7月10日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
「40代の女子会」手抜きメークは“ご法度”!NGマナーの確認を
 気の合う女性同士が集まって、本音を言い合いながら楽しめる「女子会」ですが、大人になると、やはりそれなりのマナーが必要で...
「枕元に麻婆豆腐置いとくわね」世界一意地悪な姑LINE3選!
 大切な息子をとられた恨みがあるからなのか、世の中には嫁をいびる意地悪な姑が存在します。今回は、運悪く意地悪な姑と家族に...
自分ファーストは難しい…他人軸で生きる人のメンタル安定術
 みなさんは、“自分のため”だけにできる行動って何かありますか? 「スキルアップに繋がる」「誰かのためになるかも」とか...
“たまたま”そっくりな口元に注目!ソファの上で寝落ち寸前!!
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
暑い夏!“NO.1”の青い花「デルフィニウム」で頭も体も冷やす
 ここ数日の暑さには本当にまいっちゃいます。暑いのが大の苦手で、基本毎日薄着のワタクシ。夏だからとはいえ、女である以上脱...
悲劇のヒロイン説も浮上!「疲れるネガティブ」ちゃんへのお作法
「どうせ自分なんて」「もう嫌だ」……あなたの周囲にも「他人を疲れさせる」ネガティブな人はいませんか? 悲観的な発言を聞か...
事前準備が命!子連れ引っ越しこう乗り切る 2022.6.28(火)
 ただでさえ、やることだらけでバタバタするのがお引越しですが、小さな子がいる家族は環境の変化や子どもの体調など、心配事も...
タイ→ホーチミンへ!ベトナムドン、やっぱりゼロ多すぎ問題
こんにちは! 複業家の林知佳です(占い師もやってます!)。全4回にわたり、コロナ後初の海外について書かせていただきます。...
招き猫“たまたま”の「おいでおいで♪」に吸い寄せられちゃう
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 6月27日~7月4日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
すいかばかと呼ばれる男<2>ハッパ64で10年に一度のすいかを
 山梨県のすいかの生産量は全国で最下位の47位。その山梨県北杜市で、ひとりこだわりのすいかを作る男がいる。寿風土(ことぶ...
「40こえたら大変」うぜえ!思い込み激しい系からの迷惑LINE
「思い込み」は、本人が気づいていないからやっかいなもの。悪気があるわけでもないから、こちらが傷ついても文句が言えないのも...
自称・田中みな実系女子のウザLINE!日焼け止めはパーツ別で
 フリーアナウンサーで女優の田中みな実さん。その美意識の高さや、あざと可愛い性格に憧れる女性は多いですよね! でも、“田...
自分は何フェチ? 先輩お姉さんらも実践する「幸福度」の話
 みなさんは自分のフェチ、分かってますか? 何故それが好きなのか、具体的な理由は言えるでしょうか。私は最近、心のダメージ...
「エシカルな暮らし方」って何?知ったかぶりしそうな貴女へ
 近年、リサイクルや自然保護といった活動が当たり前になってきましたよね。その中のひとつでもあるのが、「エシカル」です。言...