マウント女を完全撃退! スカッと返り討ちにしたLINE5選

コクハク編集部
更新日:2022-01-08 06:00
投稿日:2022-01-08 06:00
 女性の中には、とにかくマウントを取らないと気が済まない人っていますよね。会った時の会話だけならまだしも、ひどい時にはLINEでまでマウントを取ってくることも……。そこで今回は、そんなマウント女をスカッと撃退した女性たちの返り討ちLINEを5つ、ご紹介します!

マウント女をスカッと撃退! 返り討ちLINE5選

1. 高収入アピールでのマウントに

 CAをしている友達が、やたらとLINEでマウントを取ってくるのに困っていたこちらの女性。お給料が上がるたびに、自慢のLINEをしてくるそうです。最近送られてきたLINEには「今月厳しい?」と、こちらを見下すような内容も……。

 でも、実はこのLINEを心待ちにしていたそう。なぜなら、弁護士の男性と結婚式の準備中だったからだそうです。満を辞して「最近プロポーズされて、結婚式の準備中だから無理。お金は弁護士と結婚するから問題ないよ」と送ったところ、独り身の彼女は悔しかったのかマウントLINEを送って来なくなったそうですよ。

2. 決して相手を褒めずに撃退

 こちらの女性は、芸能人の友達がいることを自慢してくるマウント女にうんざりしていたそう。しかも今回に関しては、かなり大物の芸能人と友達だと自慢してきたようです。自慢の仕方も「応援してあげて」という、“かなり親しい間柄”を匂わせてくるのが癪に触ったのだとか。

 そんなマウントに対して、「芸能人と友達なんてすごい!」とは決して褒めずに、友達の芸能人だけを褒めちぎる作戦に出てみた女性。「ドラマ録画してるから大丈夫」とさらっとかわされたマウント女は、きっとイライラしたことでしょう。

3. 相談風の自慢にははっきり回答

 マウント女にありがちなのが、悩んで相談するフリをして自慢してくる人。こちらの友達も「彼氏がイケメンでモテるのが辛い。本当に悩んでいる」と、LINEしてきたそうです。もちろん、別れる気なんてないはずなのに……。

 そこでこの女性が送ったスカッとLINEが、「モデル女性がライバルなら勝ち目ないもんね。辛いなら別れたら?」という内容(笑)。遠回しに現実を突き付けつつ、心配しているフリをして「別れたら?」と、どうせできないであろうことをおすすめするというダブルの嫌味効果で撃退したそうです。

4. マウント返しで返り討ち

 こちらの女性は、LINEの会話の中でコロナ太りしていることを伝えると「ごめん、太れない体質だからわからない」という回答がきて、イラッとしたそう。そこで考えたのが、「凹凸がない体だもんね。私もバストだけが今みたいに大きいだけでいいのにな」という内容。

 相手のマウント女は、痩せているからかバストもまったくないので「凹凸がない」という言葉にきっと「やられた!」と思ったことでしょう。見事なマウント返し! うーん、女子って怖いですね!

5. 同情するフリして対策

 モテることを自慢しながら、マウントしてくる人も多いですよね。こちらの友達は、その典型的なタイプ。「自慢じゃないけどめちゃくちゃ告白される。彼氏が心配するんだよなー」という贅沢な悩みでマウントを取ってきました。

 こんなマウントに対してスカッと撃退した文章がこちら。「軽く落とせる女って思われてない?」というもの。「モテるのは可愛いからじゃなくて、軽い女と思われてるからだよ」と伝えたところ、その後、モテる自慢のマウントはなくなったそうですよ。

マウント女はスカッとLINEでしっかり撃退しよう!

 きっとあなたの周りにも、マウント女はいるはず。でも、もしかしたら彼女たちはマウントを取っているということにすら気づいていない可能性があります。あなたがスカッとLINEでしっかり撃退することで、彼女たちも「マウントだと思われてる?」と気がつけるかもしれません。

 お互いが嫌な思いをしてせっかくの友情が壊れてしまわないように、上手に対策していきましょう!

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


エンディングノートを書くことを決めた!息子に残したい思い
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
1月17日~1月23日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
喧嘩じゃないよ!“にゃんたま”の闘いごっこにハラハラドキドキ
 きょうは、猫プロレス「闘いごっこ」で華麗な技を披露してくれたにゃんたま君。  これは喧嘩ではなく、鍛えた肉体と習...
フレネミー女子5つの特徴&狙われた時の上手な対処方法
 友達だと思わせておいて、実は裏であなたの悪口を言ったり、陥れようとする「フレネミー女子」。あなたの周りに、そんな人はい...
仕事中にやっちゃった誤字LINE! 今すぐ忘れたい内容5選
 プライベートだけでなく、仕事でもLINEを使っている人は多いですよね。でも、気軽に送り慣れているLINEだからこそ、チ...
疲れてない? SNS断ちをするメリット&やめる6ステップ
 今では、一人一台スマホを持つ時代。スマホは、情報収集を簡単に行うことができる便利なツールです。しかし、周りについていこ...
本当は内緒にしたい!「formie(フォーミー)」スマホだけで資格取得できるサブスク体験記
 テレワークの普及などで、これまでよりも“自分磨き”の時間を取りやすくなった昨今。仕事に直結するスキルアップや「いつかは...
褒め言葉じゃない?「才能あるね」で人を傷つけてしまった話
「すごいね、才能があるんだね」。誰かにこんな言葉をかけられた経験はあるでしょうか。気軽に言ってしまうこのセリフですが、実...
専属モデルになって! レア柄“にゃんたま”の魅力にメロメロ
 きょうは前回に引き続き、左右半分に綺麗に色が分かれている、レアデザインのにゃんたま君です。  おやつのプレゼント...
インテリア度高し! オシャレ上級者注目の「コウモリラン」
 コウモリランという植物をご存知ですか?  本当の名前はビカクシダという名前ですが、最近……といってもここ数年です...
「ママよりパパがいい!」我が子の言葉にいちいち傷つかない
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
1月10日~1月16日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
肉球が濡れちゃった…雨宿り“にゃんたま”のサービスショット
 きょうは、肉球濡れちゃった!  にわか雨に遭って、雨宿りのにゃんたまω君です。  外猫なのに、柔らかそうな...
嫁姑の復讐LINE5選! 嫌がらせの痛快「倍返しエピソード」
 嫁姑でお互いの関係に悩み、「いつか復讐してやりたい……!」と決意している女性は多いでしょう。今回は、そんなバチバチの敵...
びっくりするほど愛されて幸せになる…簡単な引き寄せの法則
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。新しい年が始まると、今年の抱負としてさまざまな目標を掲げる人も多いのではない...
あったかアイテム5選。2022.1.8(土)
 例年より寒いといわれる今年の冬。どのような寒さ対策をしていますか? エアコンをつけると電気代がかかるし、お肌は容赦なく...