怒れない人は損してる? 優しい人ほど習得すべき「怒る力」

おくげちゃん 漫画家・イラストレーター
更新日:2022-03-18 06:00
投稿日:2022-03-18 06:00
 あなたは何か許せないことや、「それってどうなのよ?」と思った時、すぐに怒れますか? 私はすぐには怒れず、後からじわじわと怒りがこみ上げるタイプなので、何かとモヤモヤしてしまいがち……。
 とっさに、しかも上手に怒れる人って、私のようなタイプと何が違うのでしょうか? さて、閉店後のどろんぱでは、コミがママに何かを訴えています。

 

 

考えるな、感じろ! の精神を意識する

「いやだ」と感じた時、反射的に怒れる人って、実はすごいと思います。当たり前のように聞こえますが、私はこれができないまま、30年も生きてきました。しかし、ここ数年は怒れなくて「損した」と感じる機会が増えてきています。

 せせこましいですが、私は“損をする”のが本当に嫌いです。そういった体験をすると、執念深くずっと根に持ってしまいます。

 例えば、数年前ドイツに住んでいた頃、鉄道旅行に出かけた際の話です。窓口の手違いで、間違った切符を発行されてしまいました。気づいた頃には、時すでに遅し。車内で車掌さんから問い詰められてしまいました。

 なんとか穏便に「窓口の発行ミスだ」と伝えようとしたのですが、認めてもらえず、結局5000円くらいの罰金を支払う羽目になってしまったのです。

 しかし、同じ体験談をもつ友人は、その場で怒って罰金を払うどころか、なんと返金までしてもらったというのです。それを聞いた時のショックと悔しさは、今でも忘れられません。

怒るのが苦手な私が実践していること

 それから私は、普段からなるべく、感情を瞬間的に出すように意識し始めました。返金させた友人は、素早く感情を表せる人だったので、その真似です。おかげさまで、昔よりは早く怒れるようになりました。

 失礼なことを言われたり、理不尽をぶつけられたりすることは、生きていればたくさんあると思います。そのたびにモヤモヤするだけでは、精神的な負担が大きいですし、繰り返していくほど損な役回りはありません。

 言葉選びは後回し! とにかく、怒っていることを伝えられるようになるのが先決です。もしも私と同じような、“怒るの苦手族”がこの記事を読んでくれていたのなら、ぜひ普段から感情を出すことを意識してみてください。自然と怒るのも早く、上手くなりますよ!

登場人物紹介

コミ:どろんぱのホステス。いつもそつなく仕事をこなしているが、たまにはこうやって悔しい思いをすることもある。何かとママのことを怒らせがち。

ママ:どろんぱの主。怒るスピードとお金の計算スピードは天下一。嫌いな言葉は苦労と損。

おくげちゃん
記事一覧
漫画家・イラストレーター
酒呑みまんが家。ふしぎで妖しい話を描いています。就活が嫌すぎて3年間ドイツに逃亡するなど放浪癖あり。京都市出身、東京在住。水商売歴10年。XInstagramでは毎日漫画を更新中。実績などはこちら

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


玄関でモワ~ン、子供の足が臭い! 家庭で簡単にできる3つのニオイ対策
 子供が成長するにつれて気になってくるのが「子供の足の臭い」です。特にスポーツをやっている子供や、汗をかきやすい夏などは...
40女と20代男子、親子並みの年齢差だけど…! ホンネの残念LINE3選
 40女と20代男子とでは、親子並みの年齢差があります。だからこそ、LINEの送り方には注意したほうがよいかもしれません...
えっ、そんな理由で? スナック「出禁客」がやらかすアウトな共通点
 みなさん、行きつけの飲食店で「出禁」の人って実際に見たことありますか?  スナックなんかだと多そうだし、そうい...
神秘的な尊さの“たまたま”…会えなくなるその日まで雄姿を記録しよう
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
ストレス発散で爆買い! それでも後悔しない3大成功例と3大失敗例
 女性のストレス発散方法といえば? そうですね、ショッピングです。気のむくままに爆買いをするとなぜか爽快な気分になります...
2024-07-04 06:00 ライフスタイル
ガーデナーの必見「服部牧場」ルポ ペレニアルガーデンってなんですか?
 神奈川の片田舎が立地の猫店長「さぶ」率いる我がお花屋にも夏がやってきました。店先には鮮やかな夏の花が、屋外にはガーデニ...
3大加工アプリ有料版比較!K-POPアイドル“名指しフィルター”の実力は…
 SNSで写真を投稿するのが当たり前になった今、プリクラ並みに盛れる加工アプリも続々と登場しています。無料でも十分ハイレ...
無重力空間みたい! クネクネころんな“たまたま”君をパチリ
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
夕暮れ時に浮かび上がる曲線美
 夕暮れ時に浮かび上がる曲線美――。  それに気づく人はあまりいないようだ。  あなたはどうですか?
【難解女ことば】「御御御付」はなんて読む? ヒントは日本食
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
毎月誰かに「誕生日おめでとう」義家族グループLINEは面倒くさいの極み
 結婚した夫の母親から、ある日突然「家族のLINEグループを作ったんだけど、入ってくれるわよね?」と言われたら、あなたは...
梅雨に負けるな! ラブリー「たまたま7選」で元気チャージ♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 6月にご紹介したもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまた...
海外旅行と整形手術、そして私。
 久しぶりの海外旅行だ。まだ「コロナ」といえばメキシコのビールでしかなかった頃に、友人と台湾へ茶を飲みに行って以来である...
酒癖悪い夫の最悪エピ集「口臭いんですけどいつも歯磨きしてます?」
 酒癖の悪い夫を持つと、女性は苦労するもの。場合によっては周りに迷惑をかけてしまうため、夫の代わりに謝罪したり止めに入っ...
本当に防災対策してますか? 大切な人を守るために家庭でできること
 2024年元旦の石川県能登地方の地震は、まだ記憶に新しいですよね。日本のどこかで災害が起こると、一時的に防災意識が高ま...
【3COINS】梅雨シーズン突入! 全身汗ベタ40女を救う神アイテム3選
 6月21日、とうとう関東地方も梅雨入りしました。汗かき民としてはつらい季節の到来です。  代謝がいいのか、年齢的なも...