「荷物持って」甘え方しくると地獄…“愛され女子”何が違う?

若林杏樹 漫画家
更新日:2022-06-22 06:00
投稿日:2022-06-22 06:00
 恋人や気になっている人に甘えたいけれど、年齢が上がっていくうちに甘え方がわからなくなってしまう「甘え下手症候群」になっていませんか?
 甘えたいけれど、甘えられない。ついつい自分でやってしまう……というか、自分でやった方が早い。デキる女性は、すべてを自分でやってしまいがち。全部自分で背負ってしまうクセ、少しだけでも変えていきませんか?
 甘え方にも、相手から「かわいいな」と思ってもらえる場合と、逆に「重い……」と思われてしまう場合があります。今回は、かわいい甘え方と重い甘え方の違いについてお伝えしていきます。
 
 

 

 
 

 

 

(漫画:若林杏樹)
(漫画:若林杏樹)

 

「重い甘え方=ウザい!」甘え上手な人がやっていること

 前提として、男性は基本的に頼られると嬉しいと思う方が多いです。誰かの役に立ったり、感謝されると男女関係なく、心がハッピーになりますよね。

 そのため、甘える時は彼にとっての「小さな頼み事」+「感謝」が基本セットになります。

 甘えるのが下手くそな人は、まず荷物を持ってもらいましょう。

「ねぇねぇ、荷物持って欲しいな〜」とか、

「ちょっと重くて……荷物持ってもらってもいい?」

 この謙虚かつ、自分の希望を伝える言い方が重要です。

 小さな頼み事に加えて、しっかりと感謝を伝えると、「こんなことで喜んでくれるのか、嬉しい!」と彼もあなたをより好きになり、お互いに良い人間関係が築けます。

上から目線になってない?

 逆に彼が「重いな」と思う甘え方は、「ちょっと、少しくらい荷物持ってよ!」という上から目線の言い方です。

 これは、はっきり言ってウザいです。恋人なら別れるきっかけにもなりかねません。

 別れた時に「荷物持ってって言ったら、彼が怒って別れたんだけど〜」とグチもセットになる可能性があります。できれば、そんな負のオーラをまとった女性になりたくないですよね。

 言い方を変えるだけで、かわいさを作れたり、逆にイヤな人間にもなれます。

 何かやってもらったら、しっかり感謝を伝えて、愛される甘え上手な女性になってくださいね。

登場人物紹介

ダラ先輩、ギャルちゃん(漫画:若林杏樹)
ダラ先輩、ギャルちゃん (漫画:若林杏樹)

ダラ先輩
友人が海外旅行に行ってて、SNSにアップされた写真が美しかったー。やっぱり海外の景色って特別だよね。日本もいいけれど、海外もいい。地球最高。

ギャルちゃん
コロナ前は結構ダラ先輩と海外旅行に行ってたんですけれど、「やっぱり今はまだ行きづらいっすよねー」なんて言いながら、会社のパソコンで飛行機とホテル調べちゃった☆

関連キーワード

ラブ 新着一覧


恋愛中でも“やんごとなき秘密”だらけ?彼氏が隠したがるワケ
 彼氏との交際が長い女性は、「彼氏のことならなんでも知ってる!」という自信があるかもしれませんね。しかし、男性には「大好...
恋バナ調査隊 2022-06-02 06:00 ラブ
“俺ら合わない”発言の一撃!それでも別れたくない時の対処法
 自分は相手のことを好きなのに、「俺らって合わないよね……」なんて言われたらショックですよね。相手の気持ちが冷めたと思う...
若林杏樹 2022-06-01 06:00 ラブ
年上女性からの告白は“仕込み”次第…必死な印象も与えません
 年下の彼といい感じになっているのに、なかなか告白してくれない……。そんな悩みを抱えている人は多いようです。でも年上女性...
恋バナ調査隊 2022-06-01 06:00 ラブ
不倫サレ夫の僕は悟った、女はシタタカで自立した生き物だと
 ステップファミリー5年目になる会社員ライターひでまるです。私は大学卒業と同時に、当時付き合っていた彼女と結婚→当時の妻...
ブサメンこそメリット多数! 男も女も顔だけで判断しないで
 ブサメン男性に告白されたとき、「顔がちょっと……」と断ってしまう女性は多いようです。でも、ちょっと待ってください。実は...
恋バナ調査隊 2022-05-31 06:00 ラブ
「元彼から連絡来る」のはなぜ?秒でレスせず“理由”を考えて
 元彼から連絡が来たーー。そんな時はどう対処しようか考える前に「なぜ連絡をしてきたのか?」と、理由を探ることが大切です。...
恋バナ調査隊 2022-05-30 06:00 ラブ
クチャラー発覚!勝負デートで彼にドン引きされたエピソード
 大好きな彼とデートの日。致命的なミスをして彼にドン引きされた経験はありませんか? 女性からしたら普段何気なくしている...
恋バナ調査隊 2022-05-30 06:00 ラブ
「だらしない彼氏」のトリセツ それでも好きならしゃーない
 付き合いはじめた彼氏のだらしない部分を見て、イライラした経験がある人も多いのではないでしょうか。でも、会うたびにだらし...
恋バナ調査隊 2022-05-29 06:00 ラブ
「わざとFBを選んだんだけど?笑」サレ妻が送信した復讐LINE
 幸せな結婚をしたはずなのに、気づいたら夫に浮気をされる「サレ妻」になっていた……。  そんな悲しい思いをしている女性...
恋バナ調査隊 2022-06-01 12:35 ラブ
「来週もう一度話そう」女心を熟知してる!彼氏の神対応LINE
 世の中には、まるで悟りを開いたかのように優しい彼氏が存在します。彼女のわがままでさえ、すべて優しく受け止める彼氏の器の...
恋バナ調査隊 2022-05-28 06:00 ラブ
探偵つけて年下妻の浮気を確認!束縛夫に変貌した男性の悲哀
「冷酷と激情のあいだvol.92〜女性編〜」では、夫であるヒロシさんからの束縛が強くなってきていることに苦しむ妻・麻子さ...
並木まき 2022-05-28 06:00 ラブ
“モラハラ”に束縛まで…!突然変異した夫に困惑する41歳女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-28 06:00 ラブ
脈なしから一発逆転!「脈あり女」に昇格するための方法4つ
 気になる人ができると、彼にとって自分が脈ありなのかどうか気になるもの。なかには脈なしだと感じてしまい、告白する前に恋を...
恋バナ調査隊 2022-05-28 06:00 ラブ
将来有望なハイスペ男子 好きなタイプは美人とは限りません
 容姿端麗で経済力もあり、家柄も申し分なしのハイスペ男子。どうせなら、そんな人と恋愛したい!と思う女性は多いのではないで...
恋バナ調査隊 2022-05-27 06:00 ラブ
【男に走る女】母親が子どもを捨てて“恋愛”に溺れる深層心理
 お子さんがいるにもかかわらず家を飛び出し、他の男性と生きていくことを選ぶ女性が時々います。芸能人や有名人にもそうした女...
内藤みか 2022-05-26 06:00 ラブ
人生一度きり「イケメンの彼女」目指しちゃう? 特徴は?
 見た目がすべてとは言いませんが、やはり彼氏がイケメンだと人に自慢したくなるものですよね。そんな世のイケメン男性たちは、...
恋バナ調査隊 2022-05-26 06:00 ラブ