もう致しません!セフレから本命彼女にじわじわ昇格する方法

若林杏樹 漫画家
更新日:2022-08-03 06:00
投稿日:2022-08-03 06:00
「最初は自分も遊びのつもりだったのに……」
「これ以上の関係を、望んじゃダメだとわかっているのに……」
 カラダの関係だけの男性を、「好きじゃない」と割り切るのはすごく難しいですよね。また、曖昧な関係でスタートしてしまった仲だと、本命彼女に昇格したいと思っても、なかなか厳しいのが現実です。
 男性にとって、彼女にしたい女性と、遊びの関係のままでいたい女性は違います。カレから“セフレ認定”された自分の見られ方を、大きく変えなくてはなりません。
 それでも「彼女になりたい」と思うのであれば、男性にとってどんな存在になればいいのかを考えていく必要があります。今回はセフレから本命彼女になる方法をお伝えします。

 

 

 

(漫画:若林杏樹)
(漫画:若林杏樹)

 

セフレから本命になるには…「都合がいい存在」から変化する

 結論から言うと、最後はあなたから「彼女になりたい」と伝えなければ、何も変わりません。ほとんどの場合、男性側からは告白してくれないのです。

 しかし、すぐに“彼女になりたいムーブ”をしてしまうと断られる可能性が高いので、カレにとって「都合がいい存在」だけではなくなった時に伝えましょう。

 さて、どんな存在になれば、カレは付き合う対象としてみてくれるのでしょうか? LINEで連絡が来て、ホイホイ家に上がって致してしまったら、付き合うイメージができません。

 この「都合がいい関係」から徐々に、癒される存在になったり、仕事の相談にのったり「この子と付き合ったら楽しいだろうな」と想像させるのが重要です。

 カレとカラダの関係以外のことをしてみましょう。二人の仲に、自信が出てきたら、自分から切り出しましょう。

彼女への昇格は“リスク大”

 ただし、「セフレはセフレ」としか思ってない男性も多数いるため、彼女になるための行動はリスクになります。あいまいな関係で、楽チンだからあなたといるーー。そんな関係を解消される場合もあります。

 お互いに気楽な関係でいいのであれば、そこを無理に求めないのも手です。セフレとの関係にもやもやした時は、頑張りたいと思えるかどうかなど、自分の気持ちを確認してみるのがベストですよ。

登場人物紹介

ダラ先輩、ギャルちゃん(漫画:若林杏樹)
ダラ先輩、ギャルちゃん (漫画:若林杏樹)

ダラ先輩
ハマっているゲームを布教して、友達と通話しながらプレイできるようになりました。ゲームをして家にいるので、お金を使わなくなりました。

ギャルちゃん
いや、夏。控えめにいって楽しすぎる。今年は音楽フェスにも行きます。プライベート充実しまくってます! 足りないのは彼氏だけ……イケメンいないかなー!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「バツイチ同士の再婚」“最良”のきっかけと幸せゲットの心得
 一度離婚を経験したバツイチの人は、「また同じ失敗をするのでは?」と、再婚を躊躇するケースが多いようです。でも、相手が同...
恋バナ調査隊 2022-07-10 06:00 ラブ
「俺、僧侶になる!」浮気彼氏のぶっとんだ爆笑謝罪LINE3選
 男性の中には一度の過ちでは懲りずに、何回も浮気を繰り返す人がいます。そういった男性の場合、いつしか彼女に謝り慣れていき...
恋バナ調査隊 2022-07-09 06:00 ラブ
「浮気性の男」に引っかかる余裕はない!特徴5つから見抜く
 せっかく彼氏ができたのに、浮気性だとわかったらショックですよね。悲しい思いをしたり、後悔しないためにも、できれば交際前...
恋バナ調査隊 2022-07-09 06:00 ラブ
パっと見“50代”の年上妻に嫌気…「浮気の入り口」に立つ男性
「冷酷と激情のあいだvol.98〜女性編〜」では、3歳年下の夫であるケンジさん(仮名)とのセックスレスに深刻に悩む妻・有...
並木まき 2022-07-09 06:00 ラブ
なぜ抱いてくれないの? 年下夫とのレスに超不満な40代女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-09 06:00 ラブ
新山千春は“第2子希望”発言 娘に「女」を出す好機っていつ?
 熱愛特需にわくタレントといえば、この人。マッチングアプリで出会った14歳年下のデザイナーの男性と真剣交際している新山千...
BBQでモテる女は必ずいる!日焼けの気にしすぎは悪印象の元
 夏といえばBBQ! 女同士で楽しむのも良いですが、やはり男性もいるとテンションが上がりますよね。特に、彼氏がいない人に...
恋バナ調査隊 2022-07-08 06:00 ラブ
年上を狙うハイエナに注意!アプリで出会った自己中心浮気男
 近ごろ、マッチングアプリで年下男性を希望する女性が急増しています。  若い男性とのスイートな真剣交際を夢見る女性に忍...
内藤みか 2022-07-07 06:00 ラブ
復縁後の彼氏が冷たいって何なん? “地獄の過ち”二度は嫌!
 別れた元彼と復縁をした経験がある人は少なくありません。別れを後悔し、念願叶ってやっと復縁できたとなれば、当然嬉しいです...
恋バナ調査隊 2022-07-07 06:00 ラブ
元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ