初めての女が激白!息子のカテキョは“童貞大学生”でした #1

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2022-08-12 13:40
投稿日:2022-08-05 06:00
「初めての女」になりました(写真:iStock)
「初めての女」になりました (写真:iStock)

 オスカー・ワイルドの喜劇「つまらぬ女」に次のような格言がある。

「男はいつも最初の男になりたがり、女は最後の女になりたがる」。

 皆さんはいかがだろうか?

 確かに恋愛中は「愛する男性の最後の女になれたら、どんなに幸せだろう」と思う女性は多いだろう。

 では、逆の立場なら? もしも、あなたが若く優秀な男の「初めての女」になったら――?

 今回、取材に応じてくれたのはA子さん(37歳主婦/子供アリ)だ。

 やや垂れ気味の瞳に艶やかな唇。ショートボブヘアが似合うキュート系の女性だ。とても中2の息子がいるとは思えない初々しいオーラが漂っている。

 しかし、彼女こそある若者の「初めての女」になった本人である。しかも16歳年下の大学生。

 今も夫に内緒で熱いひと時を過ごしているという。

 そんな彼女に筆者が迫ってみました。

息子の家庭教師と運命の出会い

マスクを外したら姿にキュン(写真:iStock)
マスクを外したら姿にキュン (写真:iStock)

――まずは、16歳年下の彼との出会い、そして男女の関係になるまでをお聞かせください。

「恥ずかしいのですが、実は彼、中2になる長男の家庭教師なんです。

 都内には登録制の家庭教師会社が多くありますが、口コミで評判が良く、理数系の弱い息子にマンツーマンで教えてくれる家庭教師を探していました。オンライン授業も考えましたが、対面で指導してもらうほうが息子も勉強に身が入ると思って家に来ていただくことにしたんです。

 そこで紹介されたのが、某有名私大3年のU君(21歳)です。

 初めて彼が我が家を訪れたのは、今から5カ月前。スラッと背が高く短髪で、ブルーのシャツに細身のパンツというシンプルなファッションでした。コロナ禍ですので、マスク姿でしたが、『ご挨拶の時だけ、マスクを外させてください』と一礼したんですね。

 で、マスクを外すと、思いのほか整った顔立ちで……。ちょっとトキめきました。涼し気な一重の瞳と高い鼻梁、引き締まったアゴのラインが、たまに読むレディースコミックに登場する美青年と重なって……」

関連キーワード

ラブ 新着一覧


アラサー以降の大人女性が「運命の人」と“高確率”で出会う法
「運命の人と出会う」なんて、もう自分には関係ないこと。アラサー以降って、そんな年齢ですよね。もう運命とか言ってらんなくな...
ミクニシオリ 2022-08-01 06:00 ラブ
結婚に焦らなくても大丈夫! 女性の「晩婚」に5つのメリット
 女性は、20代後半から結婚ラッシュがはじまりますよね。友達や同僚などの結婚が続くと、結婚への焦りを感じる人も多いでしょ...
恋バナ調査隊 2022-08-01 06:00 ラブ
なぜ夫は妊活に協力してくれない? 理由4つ&イライラ対処法
 本来、妊活は夫婦が協力して行うべきなのですが、実際は女性ばかりが頑張っている夫婦が多いように感じます。  そこで今回...
恋バナ調査隊 2022-08-01 06:00 ラブ
激白!男の“恋愛と結婚の違い”イマイチ踏み切れないワケとは
「結婚したいけど、彼氏にはその気がないみたい……」と悩んでいる大人女性は少なくないようですね。そうした女性は、同時に「そ...
恋バナ調査隊 2022-07-31 06:00 ラブ
「抱けばイライラが収まる」離婚協議中に妻を求める夫の本音
「冷酷と激情のあいだvol.101〜女性編〜」では、夫のヒロタダさん(仮名)と離婚の話し合いを進めている妻・華絵さん(仮...
並木まき 2022-07-30 06:00 ラブ
「あとでサインする」離婚協議中に体を求める夫、嫌悪する妻
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-30 06:00 ラブ
不倫懇願に浮気バレ…お酒の失敗で恋愛終了! ヤバすぎ体験談
 仕事終わりの一杯や、友達との飲み会を楽しみに過ごしている人は多いはず。  お酒の席での経験があるあなたも、他人には言...
恋バナ調査隊 2022-07-30 06:00 ラブ
なんで? 彼に「結婚式やりたくない」と言われた時の対処法
 40代を目前に控えて、こっぱずかしい……という気持ちを抱くと同時に、「つつましい結婚式でもやりたい」「一生の思い出にな...
恋バナ調査隊 2022-07-30 06:00 ラブ
意外と身近に…モテ男に埋もれた“隠れイイ男”の特徴はこれ♪
 彼氏がなかなかできない女性の中には、「周りにイイ男がいない」と思っている人も多いでしょう。確かに、周りに恋愛対象になる...
恋バナ調査隊 2022-07-29 06:00 ラブ
お金目的で女性経営者を狙う…「起業したいフリ男」の接近手口と撃退法
 女性からお金を引っ張ることを目的にマッチングアプリを利用する男性が増えています。  いわゆる「ママ活」や「ヒモ」狙い...
内藤みか 2022-07-28 06:00 ラブ
気づけば“レスカップル”に…別れるべきか判断するポイント
 付き合いたての頃はたくさん触れ合っていたのに、気づけば「レスカップル」状態になり、悩んでいる人は少なくありません。デー...
恋バナ調査隊 2022-07-28 06:00 ラブ
好きな人ができないっ! 恋愛モチベが上がらない時の対処法
 年齢が上がるとともに、仕事で忙しくなり、彼氏がいたのは数年前……。なんてことになっていませんか? 「男性とは出会...
若林杏樹 2022-07-27 06:00 ラブ
年収の低い年下男性 「伸びる」or「ヒモ化」タイプの見分け方
 恋愛映画やドラマでも人気の「年下男性」。でも、実際に付き合うとなると、多くの女性を悩ませているのが年収による格差のよう...
恋バナ調査隊 2022-07-27 06:00 ラブ
ナメたらアカン! 出張中のはずの彼が…浮気バレ体験談3つ
 スリリングな恋愛に燃える女性たちは、いくつになっても浮気をやめられない傾向にあるようです。そんな人のなかには、思わぬボ...
恋バナ調査隊 2022-07-26 11:30 ラブ
「色恋にかまけるのか!」再婚話をしたら親に再び絶縁された
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
【経験者は明かす】私が“ダラダラ不倫”を卒業できたきっかけ
 不倫をしている女性の中には「卒業したいけどできないでいる」と悩んでいる人が少なくないようですね。はじめからダメな恋だと...
恋バナ調査隊 2022-07-25 06:00 ラブ