海外はもう古い!? 新婚旅行を国内にする4つの大きなメリット

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2022-10-01 06:00
投稿日:2022-10-01 06:00
 新婚旅行の定番といえば、海外のリゾート地を思い浮かべる人も多いでしょう。でも実は今、コロナ禍の影響もあり、国内での新婚旅行が新たな定番になりつつあるようです。
 今回は国内新婚旅行のメリットや、成功させるポイントをご紹介するので、参考にしてみてくださいね!

やっぱり日本が一番! 国内で新婚旅行をする4つのメリット

「新婚旅行はやっぱり海外がいい」と思っている人は、あまり国内に魅力を感じないかもしれませんが、冷静に考えればメリットだらけなのです。さっそく見ていきましょう!

1. 移動時間が短い

 新婚旅行を国内にする最大のメリットといえば、移動時間が短いことです。海外旅行の場合、人気の国は移動に半日以上かかる場所も多く、到着してからの滞在時間が短くなってしまうケースも……。

 その点、国内なら長くても目的地の主要都市には3時間前後で着いてしまうため、滞在時間をたっぷりとって楽しめますね。時差ボケもなく、忙しい人は短い休暇でも十分に新婚旅行を楽しめるため、おすすめです。

2. 出費が少なくて済む

 新婚旅行で海外に行く場合、パスポートやビザの取得費用、海外旅行保険、両替手数料、さらに海外での通信量が日本にいる時よりも高くなるなど、出費がかさみます。

 国内旅行の場合にはこれらが不要となるため、その分浮いたお金をアクティビティや観光にあてましょう。思い出を増やすのにお金を使えると思うとお得な気がしますね!

3. 治安が良くて安全

 海外に比べて治安がいいのも日本のメリットのひとつ。海外旅行に慣れていない場合、トラブルに巻き込まれて嫌な思い出になってしまうケースもあります。それはそれで思い出になりそうですが、やはり安全第一。

 国内なら治安が良いため、安心して旅行を楽しめます。日本語が通じるので、トラブルの際にも通報したり交渉したりするのもスムーズで、リラックスして旅行ができますね。

4. ご飯がおいしい

 日本といえば、とにかくご飯がおいしいのがメリットです。海外の料理を楽しんで非日常を味わうのもいいですが、日本人の口に合わなかったり、時にはお腹を壊してしまったりする人も……。

 日本では、食べ慣れた食材で豪華な食事をするのもいいですし、地域ごとの名物料理を楽しんでも非日常を味わえますね。

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

ライフスタイル 新着一覧


ガーデナーの必見「服部牧場」ルポ ペレニアルガーデンってなんですか?
 神奈川の片田舎が立地の猫店長「さぶ」率いる我がお花屋にも夏がやってきました。店先には鮮やかな夏の花が、屋外にはガーデニ...
3大加工アプリ有料版比較!K-POPアイドル“名指しフィルター”の実力は…
 SNSで写真を投稿するのが当たり前になった今、プリクラ並みに盛れる加工アプリも続々と登場しています。無料でも十分ハイレ...
無重力空間みたい! クネクネころんな“たまたま”君をパチリ
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
夕暮れ時に浮かび上がる曲線美
 夕暮れ時に浮かび上がる曲線美――。  それに気づく人はあまりいないようだ。  あなたはどうですか?
【難解女ことば】「御御御付」はなんて読む? ヒントは日本食
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
毎月誰かに「誕生日おめでとう」義家族グループLINEは面倒くさいの極み
 結婚した夫の母親から、ある日突然「家族のLINEグループを作ったんだけど、入ってくれるわよね?」と言われたら、あなたは...
梅雨に負けるな! ラブリー「たまたま7選」で元気チャージ♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 6月にご紹介したもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまた...
海外旅行と整形手術、そして私。
 久しぶりの海外旅行だ。まだ「コロナ」といえばメキシコのビールでしかなかった頃に、友人と台湾へ茶を飲みに行って以来である...
酒癖悪い夫の最悪エピ集「口臭いんですけどいつも歯磨きしてます?」
 酒癖の悪い夫を持つと、女性は苦労するもの。場合によっては周りに迷惑をかけてしまうため、夫の代わりに謝罪したり止めに入っ...
本当に防災対策してますか? 大切な人を守るために家庭でできること
 2024年元旦の石川県能登地方の地震は、まだ記憶に新しいですよね。日本のどこかで災害が起こると、一時的に防災意識が高ま...
【3COINS】梅雨シーズン突入! 全身汗ベタ40女を救う神アイテム3選
 6月21日、とうとう関東地方も梅雨入りしました。汗かき民としてはつらい季節の到来です。  代謝がいいのか、年齢的なも...
去勢手術直前! 驚きを隠せない少年“たまたま”キュートな瞳
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
きたきたきた遅刻常習犯の言い訳。お仕置きだべ!笑面虎な返信LINE3選
 世の中には、集合時間や出勤時間にいつも遅れてくる「遅刻常習犯」がいます。彼らは、反省している顔を見せながらも、何度も遅...
義母「昼ご飯何入れた?」嫁姑戦線!陰湿系から誤爆まで壮絶LINE10選
 嫁姑の関係は、昔から多くの人が悩んできた課題でもありますよね。大切な息子を取られた姑が同居の嫁をいびるなんて話は、星の...
地方組が「東京人は冷たい」と感じる5つの理由、人間関係ドライすぎない?
「東京人は冷たい」という言葉を一度は聞いたことがありますよね。東京で生まれ育った人にはわからないかもしれませんが、地方か...