海外はもう古い!? 新婚旅行を国内にする4つの大きなメリット

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2022-10-01 06:00
投稿日:2022-10-01 06:00
 新婚旅行の定番といえば、海外のリゾート地を思い浮かべる人も多いでしょう。でも実は今、コロナ禍の影響もあり、国内での新婚旅行が新たな定番になりつつあるようです。
 今回は国内新婚旅行のメリットや、成功させるポイントをご紹介するので、参考にしてみてくださいね!

やっぱり日本が一番! 国内で新婚旅行をする4つのメリット

「新婚旅行はやっぱり海外がいい」と思っている人は、あまり国内に魅力を感じないかもしれませんが、冷静に考えればメリットだらけなのです。さっそく見ていきましょう!

1. 移動時間が短い

 新婚旅行を国内にする最大のメリットといえば、移動時間が短いことです。海外旅行の場合、人気の国は移動に半日以上かかる場所も多く、到着してからの滞在時間が短くなってしまうケースも……。

 その点、国内なら長くても目的地の主要都市には3時間前後で着いてしまうため、滞在時間をたっぷりとって楽しめますね。時差ボケもなく、忙しい人は短い休暇でも十分に新婚旅行を楽しめるため、おすすめです。

2. 出費が少なくて済む

 新婚旅行で海外に行く場合、パスポートやビザの取得費用、海外旅行保険、両替手数料、さらに海外での通信量が日本にいる時よりも高くなるなど、出費がかさみます。

 国内旅行の場合にはこれらが不要となるため、その分浮いたお金をアクティビティや観光にあてましょう。思い出を増やすのにお金を使えると思うとお得な気がしますね!

3. 治安が良くて安全

 海外に比べて治安がいいのも日本のメリットのひとつ。海外旅行に慣れていない場合、トラブルに巻き込まれて嫌な思い出になってしまうケースもあります。それはそれで思い出になりそうですが、やはり安全第一。

 国内なら治安が良いため、安心して旅行を楽しめます。日本語が通じるので、トラブルの際にも通報したり交渉したりするのもスムーズで、リラックスして旅行ができますね。

4. ご飯がおいしい

 日本といえば、とにかくご飯がおいしいのがメリットです。海外の料理を楽しんで非日常を味わうのもいいですが、日本人の口に合わなかったり、時にはお腹を壊してしまったりする人も……。

 日本では、食べ慣れた食材で豪華な食事をするのもいいですし、地域ごとの名物料理を楽しんでも非日常を味わえますね。

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

ライフスタイル 新着一覧


お店で見かけたら幸運! 超レア「バードネスト」の正体は野良ニンジン!?
北海道出身の主人とは衣食住、風習や慣習など折に触れ、関東で生まれ育った者(ワタクシ)との違いを感じます。結婚当初は行き来...
銀座で“750円のみほ&時間無制限”の「AOU銀座の森」がまさかの改悪!?
 コロナ禍以降、基本在宅勤務な方も多いのでは? 出勤のわずらわしさから解放されるのはいいけれど、たまには気分転換をしたい...
Threadsで実感!「クソリプを送る人」は概ねコレ、主婦の心の闇は深い
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  私はX(旧T...
階段道の“たまたま”君♡嬉しいスリスリ攻撃であわや転落危機
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
南アルプスのコントラスト【春】
 柔らかな陽の光、鮮やかな桃色、雪をかぶる南アルプス。  まだ少し冷たい空気と一緒に胸に入り込まれてしまう。
【難解女ことば】「湯湯婆」パソコンで変換できないかも…なんて読む?
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
ぐはっ!金欠で焼き肉のお誘い…ギクシャクも翌日リスケも回避する断り方
 金欠の時、友達から飲みや遊びの誘いが入ると、どうやって断るか悩んでしまう人は多いはず。  断り方によっては、人間...
資格勉強中の彼。ウザイも既読スルーも回避!気遣い上級国民のLINEテク
 せっかくLINEを送ったのに、相手から返信が来ないと不安になりますよね。特に、LINEに気づいているのに既読スルーだっ...
脱力と見せかけて宇宙と交信中?くねくねコロンな“たまたま”
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
義母と喧嘩したら仲直りは?顔見ずLINEで「韓ドラで仲良くなりたい」
 義母と喧嘩してしまうと、とても気まずいですよね。  特に子供がいる家庭では、祖母としてこれからも付き合いが続くで...
何じゃコレー!モクモクの正体は開運の木「スモークツリー」♂♀どっち?
 GWが過ぎた5月中旬あたりから毎日無言の“圧”をかけ、見つめております。我が家のほっぽらかし園芸に植えられたアノ樹木を...
嘘吐きピンクローター
「知ったかぶり」という言葉がある。実際は知らないのに、知っているようなフリをすることだ。  知らなかったことを恥ず...
LINEで退職届は“フツーにある”と聞いてたが…辞めるの簡単すぎじゃね?
「退職する場合は1カ月前までに申し出ること」などと、会社ごとにルールが設けられている場合が多いですよね。でも最近は「今日...
友達褒めるはずが「シェイシェイのワンピ可愛い」で自滅…知ったか、恥っ
 人間誰しも知ったかぶりをしてしまった経験があるはず。知ったかぶりでその場を乗り切れるならいいものの、中にはボロが出て顔...
控えめな家族葬が200万ってマジ? 祖母急死で痛感!葬儀業者の“こっそり上乗せ”テク
 幼い頃に両親が離婚し母方の実家で暮らすことになりました。そんな筆者を優しく迎えてくれた祖母が2023年の11月に他界。...
2024-07-02 16:36 ライフスタイル
「楽しく暮らしています」“たまたま”が遠く離れた母上に一筆啓上
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...