これぞ港区女子が生きる術か。ボンビー女が港区おぢ経営者に口説かれた話

時短美容協会 一般社団法人
更新日:2024-07-09 06:00
投稿日:2024-07-09 06:00

そこらへんのビンボーな女ですが、なにか

 筆者は都心から外れたアパートに住む「そこらへんの女」だが、ボンビーなくせに実業家の知り合いが多い。港区のタワマンで行われるタワマンパーティーに顔を出し、おぢさん経営者とも出会うことができた。

 今日はその話を読者の皆さんに包み隠さずお話ししたいと思う。“底辺ボンビー女子”が、港区おぢとどのような関係を築いているのか、そのリアルを垣間見ていただければ幸いだ。

人生初のタワマンパーティー、夜景はそれほどでもない

 その日は、赤坂の某有名人が住みついているという有名タワマンで開催するパーティー。“ラブホ通り”を抜けると、厳重なセキュリティーに石畳が迎えるエントランスに高すぎる天井が別世界で、ボンビーフリーランスの筆者(当時21歳)はきょどる(編集部注:挙動不審のこと)。

 何台もあるエレベーターに高級ホテルかよ、と心の中で突っ込み、表向きは平然とした顔で部屋に入る。夜景が残念なくらい、いや死ぬほどフツーだったことに悪い衝撃を受ける。

 わざわざパーティーを開催するために無償でパーティー主催者に部屋を貸し出す家主に挨拶をする。この家主はのちに筆者が個人的にデートする経営者おぢ46歳である。

 身長188cm、進撃の巨人。整ったお顔立ちで、清潔感があって、アンチエイジングや体型維持に勤しんでいらっしゃる様子だ。

 さて、皆さんここで覚えておいてほしい。この人の家は夜景こそ微妙だが、家賃が何十万円もする部屋を無償で貸し出していることを。

【人気で読まれています】初の顔出し告白!1日最高40万円稼ぐ 格闘技好きギャラ飲み女子の私生活

初めて飲むシャンパンに小躍り。自分は港区女子だと自信を持つ

 部屋の間取りは1LDK、リビングの隣にドアが閉まっている部屋がある。たまたま早めに到着した筆者は、おぢとリビングで盛り上がる。すると「シャンパン飲めますか?」と言い出すではないか。

 正直、飲んだことはないが「はい」とだけ答えてみると、筆者だけが隣りの個室に呼ばれることになってしまった。その部屋では、おぢの取引先の相手を個室接待しているらしく、パーティーに来た子をたまに個室に呼んで一緒に飲んでいるようだ。

 要するに、筆者は接待要員だ。これこそ港区女子が生きる術か…と驚愕する。

おぢがまさかのお見送り

 個室に入ると、おぢの取引先という男性と小顔で細身のラウンジにいそうな「ザ・港区女子」がちょこんと座っている。シングルベッドが1つと、小さなテーブル、椅子が2つあるだけだ。

 仕方がないので、港区女子の隣にどすんと座る、ずんぐりむっくりな筆者。たるんだ自分の体型が恥ずかしく、穴があれば入りたいと思っていたところにシャンパンの栓が開いた。

「これが港区飲みか…」

 初めて飲むシャンパンの味に気持ち悪さを抑えつつ、思っていた以上に話が弾んでいく。そして終電もそろそろ…といった帰り際、なんとおぢがエントランスまで見送ってくれるではないか。

 エントランスで2人きりのデートを申し込まれる。かなりの急展開だ。筆者は怖いもの知らずなところも長所なので、ものは試しと快諾した。

時短美容協会
記事一覧
一般社団法人
「時短美容」を単なる「省略美容」「ながら美容」ではないものと定義し、多忙な現代女性が「美容の時間を効率的に確保するため」に欠かせない正しい美容知識の普及に努めるとともに、美容にまつわる正確な時短知識を有する「時短美容家」「時短美容協会認定美容家」ならびに、薬機法(旧薬事法)を遵守する「美容ライター」の育成および普及活動を行っています。
WEB:https://fastbeauty.biz

関連キーワード

ラブ 新着一覧


【調香師監修】暑い夏。あなたの気分とフェロモンを上げるアロマオイルは
 夏は思いっきり汗をかいてフェロモンを放出する最高のシーズン! 暑さに負けず夏を満喫するために、天然植物の恵みのアロマで...
太田奈月 2024-07-02 06:00 ラブ
レス妻が共感! 公認不倫を採用する「1122」はセックスレス夫婦を救う?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  Amaz...
豆木メイ 2024-07-02 06:00 ラブ
既婚男性が不倫相手に冷めた残酷な瞬間6選 道ならぬ恋はやっぱりもろい?
「いつか彼と一緒になれるはず」と夢見て、既婚男性と不倫している女性もいるでしょう。でも相手があなたに冷めてしまったら、そ...
恋バナ調査隊 2024-07-03 15:22 ラブ
「うちに泊まる?」オタ友以上恋人未満の彼にそう言わせた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った男性に恋し...
mirae.(みれ) 2024-07-01 06:00 ラブ
付き合う付き合わないの二択だけ?マチアプの即決文化に馴染めない50男
「冷酷と激情のあいだvol.202〜女性編〜」では、マッチングアプリで知り合った男性と進展しない関係に悩む46歳の絵里さ...
並木まき 2024-07-03 14:06 ラブ
50まで恋愛したい46歳女。「私は暇つぶし要員?」マチアプ男に恋煩い中
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-03 13:58 ラブ
脳筋知ってる?筋肉LOVE彼氏をおバカで可愛いと思えるか判定LINE3選
「脳筋」とは、「脳みそまで筋肉」の略語。ポジティブな言葉として使われる時もあるけれど、とにかく頭を使うより体を使うのが得...
恋バナ調査隊 2024-06-29 06:00 ラブ
“リアル峰不二子”と運命の出会い。俺どうする?局部のコンプレックス #1
 恋愛をするにあたり、避けて通れないのが「ベッドでの秘め事」だ。愛する人と肌を合わせ、温もりを感じ、ひとつになる幸せは何...
蒼井凜花 2024-07-05 12:34 ラブ
夫や彼氏からの「ドン引き誕プレ」5選 女ゴコロが1ミリも分かってないな
 夫や彼氏からの誕プレには期待しちゃいますよね。自分のことをよくわかっている相手ですし、誰よりも「喜ばせたい」と思ってく...
恋バナ調査隊 2024-06-28 06:00 ラブ
「私、CAの試験に受かっていたの」お見合い現場で遭遇する"怪しい経歴”
 アラフォー世代の婚活で見栄を張って“怪しい経歴”を語る方がいます。これまで何件か聞いたのが、航空会社のCA(客室乗務員...
植草美幸 2024-06-28 06:00 ラブ
やる気マンマン? 起業したい系男子が増殖中…本気か、金目当てか?
 年上の女性を狙う「起業したいんです」系男子が増殖しています。そのなかには起業を口実に女性からお金を引っ張ろうとするウソ...
内藤みか 2024-06-27 06:00 ラブ
田舎に住んでるとマッチングアプリは役立たず!? 婚活女性が涙した悲劇4選
 マッチングアプリが普及してからは出会いの幅が一気に広がりましたよね。ですが、田舎ではあまり役に立たないようです。いった...
恋バナ調査隊 2024-06-27 06:00 ラブ
1年365日少年すぎる夫の操縦法 うちの旦那はピュアなの? おバカなの?
 結婚すると、女性はより現実的な思考になる人が多いのに比べて、男性はいつまでも夢を追いかけがち。時には、少年すぎる考えの...
恋バナ調査隊 2024-06-24 06:00 ラブ
夫はバツイチ。元妻の「あんた」呼ばわり“カチコミ”LINEどう対応する?
 夫がバツイチだった場合、どうしても避けられないのが元妻との関係…。理解のある人ならいいのですが、夫に未練があったり、不...
恋バナ調査隊 2024-06-23 06:00 ラブ
ゾッコンした女は恋愛上級系?それなら…交際戸惑う48歳バツ1男の胸の内
「冷酷と激情のあいだvol.200〜女性編〜」では、たまたま入ったバーで出会った男性と友達以上恋人未満の関係が続き、40...
並木まき 2024-06-22 06:00 ラブ
40代、昔なら“無い男”と告白前旅行はアリ?恋の始め方を見失う45歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-22 06:00 ラブ