これぞ港区女子が生きる術か。ボンビー女が港区おぢ経営者に口説かれた話

時短美容協会 一般社団法人
更新日:2024-07-09 06:00
投稿日:2024-07-09 06:00

そこらへんのビンボーな女ですが、なにか

 筆者は都心から外れたアパートに住む「そこらへんの女」だが、ボンビーなくせに実業家の知り合いが多い。港区のタワマンで行われるタワマンパーティーに顔を出し、おぢさん経営者とも出会うことができた。

 今日はその話を読者の皆さんに包み隠さずお話ししたいと思う。“底辺ボンビー女子”が、港区おぢとどのような関係を築いているのか、そのリアルを垣間見ていただければ幸いだ。

人生初のタワマンパーティー、夜景はそれほどでもない

 その日は、赤坂の某有名人が住みついているという有名タワマンで開催するパーティー。“ラブホ通り”を抜けると、厳重なセキュリティーに石畳が迎えるエントランスに高すぎる天井が別世界で、ボンビーフリーランスの筆者(当時21歳)はきょどる(編集部注:挙動不審のこと)。

 何台もあるエレベーターに高級ホテルかよ、と心の中で突っ込み、表向きは平然とした顔で部屋に入る。夜景が残念なくらい、いや死ぬほどフツーだったことに悪い衝撃を受ける。

 わざわざパーティーを開催するために無償でパーティー主催者に部屋を貸し出す家主に挨拶をする。この家主はのちに筆者が個人的にデートする経営者おぢ46歳である。

 身長188cm、進撃の巨人。整ったお顔立ちで、清潔感があって、アンチエイジングや体型維持に勤しんでいらっしゃる様子だ。

 さて、皆さんここで覚えておいてほしい。この人の家は夜景こそ微妙だが、家賃が何十万円もする部屋を無償で貸し出していることを。

【人気で読まれています】初の顔出し告白!1日最高40万円稼ぐ 格闘技好きギャラ飲み女子の私生活

初めて飲むシャンパンに小躍り。自分は港区女子だと自信を持つ

 部屋の間取りは1LDK、リビングの隣にドアが閉まっている部屋がある。たまたま早めに到着した筆者は、おぢとリビングで盛り上がる。すると「シャンパン飲めますか?」と言い出すではないか。

 正直、飲んだことはないが「はい」とだけ答えてみると、筆者だけが隣りの個室に呼ばれることになってしまった。その部屋では、おぢの取引先の相手を個室接待しているらしく、パーティーに来た子をたまに個室に呼んで一緒に飲んでいるようだ。

 要するに、筆者は接待要員だ。これこそ港区女子が生きる術か…と驚愕する。

おぢがまさかのお見送り

 個室に入ると、おぢの取引先という男性と小顔で細身のラウンジにいそうな「ザ・港区女子」がちょこんと座っている。シングルベッドが1つと、小さなテーブル、椅子が2つあるだけだ。

 仕方がないので、港区女子の隣にどすんと座る、ずんぐりむっくりな筆者。たるんだ自分の体型が恥ずかしく、穴があれば入りたいと思っていたところにシャンパンの栓が開いた。

「これが港区飲みか…」

 初めて飲むシャンパンの味に気持ち悪さを抑えつつ、思っていた以上に話が弾んでいく。そして終電もそろそろ…といった帰り際、なんとおぢがエントランスまで見送ってくれるではないか。

 エントランスで2人きりのデートを申し込まれる。かなりの急展開だ。筆者は怖いもの知らずなところも長所なので、ものは試しと快諾した。

時短美容協会
記事一覧
一般社団法人
「時短美容」を単なる「省略美容」「ながら美容」ではないものと定義し、多忙な現代女性が「美容の時間を効率的に確保するため」に欠かせない正しい美容知識の普及に努めるとともに、美容にまつわる正確な時短知識を有する「時短美容家」「時短美容協会認定美容家」ならびに、薬機法(旧薬事法)を遵守する「美容ライター」の育成および普及活動を行っています。
WEB:https://fastbeauty.biz

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「真面目で大事にされてもときめかない」味気ない男との再婚迷う41歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
年齢を言いたがらないアラフォー女性 “私は若く見える”が招く婚活トラブル
 結婚相談所では生年月日はプロフィール上に掲載されていますが、相談所外での恋愛相談を聞いていると、「年齢」を巡って揉める...
植草美幸 2024-06-07 06:00 ラブ
ド緊張して顔が土色!? 夫の人見知り発動時に隣の妻がやるべき3つのこと
「夫が人見知りで困っている」という悩みを抱える妻は少なくありません。ご近所付き合いや親戚の集まり、子育て関係のイベントや...
恋バナ調査隊 2024-06-07 06:00 ラブ
“女風”で気持ち良くなりたいのに…アラフォー女性初回利用でなぜ大失敗?
 女性用風俗、略して「女風」の勢いが止まりません。東京都だけで約100店舗ほどがあるとされ、どのお店の誰を選べばいいのか...
内藤みか 2024-06-06 06:00 ラブ
唇かむ“サレ女”。高度化する浮気バレ対策、奴らはLINEに証拠残さない!
 今、SNSのショート動画には“スマホから浮気を発見する方法”に関する動画が溢れ返っています。LINEはトーク画面上から...
ミクニシオリ 2024-06-06 06:00 ラブ
「野球大好き男」彼氏がうざい件 たまには違う話をしてー!対処法は?
 野球大好き男を彼氏にもつと、一緒に野球観戦デートをしたり、勝利を祝ったり、楽しいこともありますよね。でも、時にはあまり...
恋バナ調査隊 2024-06-06 06:00 ラブ
「関西の女はモテない」のざっくり感。関東男性の本音と好相性のいい人
 恋愛において、相手の出身地は意外と大きな影響があるものです。文化や習慣、価値観などに関わるので、相性にも差が出てきそう...
恋バナ調査隊 2024-06-04 06:00 ラブ
【調香師監修】梅雨はフェロモン危機!パワフルシトラスで恋愛運UPを
 雨の日が続く梅雨時は、出かけるのも仕事に行くのも憂鬱な気分…ヘアスタイルも決まらないし、肌も心も曇りがちなフェロモンピ...
太田奈月 2024-06-04 06:00 ラブ
セルフプレジャーは私を解放してくれた。性欲は恥ずかしいものではない
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳までセックスをしたことはなくても「セルフプ...
mirae.(みれ) 2024-06-03 06:00 ラブ
お金に寛容な年上彼女、急募! 遊びの延長の同棲を後悔するバツ1男
「冷酷と激情のあいだvol.197〜女性編〜」では、同棲を始めた途端にセコい金銭感覚をあらわにした8歳年下の恋人・ユウタ...
並木まき 2024-06-01 06:00 ラブ
私のアカウントで買い物し、支払いはスルー。セコさ増す彼に悩む49歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-01 06:00 ラブ
「年収500万の星野源似=普通の男」問題も再燃…でも最近は「普通の男=吉沢亮」の深層
 歌手の星野源(43)に対する“臆測”投稿が世間の注目を集めた件。インフルエンサーに拡散されたアナウンサーとの不倫疑惑は...
思い込み? 年下独身男性が既婚女性を「好き避け」するサインが知りたい
「職場の年下の独身男性が、なんだか素っ気ない…」と悩んでいる女性、必見! それはもしかして好き避けかもしれません。  ...
恋バナ調査隊 2024-05-31 06:00 ラブ
同じ空気ムリ、離婚する? 本音で話せない夫婦が抱えるリアルな悩み5選
 あなたはパートナーと本音で話せているでしょうか? 本音で話さずにいると、異性問題が勃発するケースもあるようです。  ...
恋バナ調査隊 2024-05-31 06:00 ラブ
地雷踏んでませんか? 年下男子が“即ブロ”認定する年上女性のLINEとは
「どうして? 彼からブロックされちゃった…」と、茫然とする年上女性が増えています。  うまくいってると思っていたのに、...
内藤みか 2024-05-30 06:00 ラブ
夫の不倫相手はまだ独身w 離婚を思いとどまってよかった~な、瞬間5つ
 喧嘩、不倫、借金、教育方針の違いなど理由はさまざまありますが、現在進行形で「夫と離婚しようかな」と考える女性もいるので...
恋バナ調査隊 2024-05-28 06:00 ラブ