彼とつきあうべきか結婚すべきか迷った時の超簡単チェック法

内藤みか 作家
更新日:2020-01-06 06:00
投稿日:2020-01-06 06:00
「この彼とつきあったほうがいい?」と「この彼と結婚しても大丈夫?」は、恋愛する女性の2大悩みだと言ってもいいでしょう。特に結婚は一生に一度のことですから、間違えたくないと真剣になるのも当然です。サクッと判断できるポイントがあるので、お伝えします。

つきあうイコール、エッチするということ

自分の直感を信じてみる(写真:iStock)
自分の直感を信じてみる (写真:iStock)

 私は恋愛小説を書いているからなのか、しばしば「この男の人とつきあっても大丈夫だと思う?」と相談されます。相手の男性が積極的にアプローチしてくるけど、どうしよう、というものが多いです。迷っている女性に対し、私が放つのはたったひとことだけ。「その人とキスできる?」です。

 男女がおつきあいするということは、つまりエッチをする可能性がかなり高い、ということです。ごく普通の恋人同士は、キスをしたり、ベッドに一緒に入ったりします。相手の男性が積極的だということは、向こうは性的欲求もあなたに抱いているかもしれません。交際がスタートしたら、手をつなぐことから始まり、キスやそれ以上も求められるということが想定されます。

自分の生理的直感は、案外正しい

その男性とキスできますか?(写真:iStock)
その男性とキスできますか? (写真:iStock)

 私が「その人とキスできるの?」と聞くと、女性たちはほぼ100%「できる!」「あ、無理」のどちらかで、はっきり結論を出すことができます。キスというのは粘膜同士の触れ合いなので、好きでない人とはなかなかできません。風俗のお仕事をしている人でも「キスはしない」と言っている人がいるくらい、キスはデリケートなものなのです。

 なので「つきあってほしい」と言われた時にはまず、その人とのキスを想像していただきたいのです。人によっては生理的に難しい場合があります。それは顔が好みとか好みじゃないとかそういう外見的なものではありません。直感的に「この人は友達だから」などと自分の心がキスを拒むのです。その直感を大切にするべきだと私は考えています。そしてキスが無理だと感じたら、恋人になるのも難しいでしょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


恋愛での嫉妬をやめるには? 苦しさから解放される4つの方法
 大好きなのに、なかなか彼のことを信じられずに嫉妬してしまう……そんな恋愛って、本当に苦しいですよね。今回は、そんな「恋...
恋バナ調査隊 2021-08-13 06:00 ラブ
イケメンナンパ師だった大学生が普通の会社員になった理由
 ナンパ師を自称したこともある36歳の男性が電車内で無差別に人を切りつけ、殺人未遂容疑で逮捕されるという事件が起きました...
内藤みか 2021-08-12 07:04 ラブ
大人女性が彼と両思いになる方法&デートで使えるテクニック
 恋愛経験を積んで大人になると、傷つくことを恐れたり、人間関係を考えたりして、2人の関係がなかなか発展しない人も多いです...
恋バナ調査隊 2021-08-12 06:00 ラブ
カレの方が年収が高いのに…割り勘デートをする男性の心理
 みなさん、デートの時のお会計はどうしてますか。できれば男性に払って欲しいと思っている方も多いのでは? しかし、なかなか...
若林杏樹 2021-08-11 06:00 ラブ
年下彼氏だからこそ不安を感じてしまう5つの原因&解消方法
 好きな人と交際できれば嬉しいですが、付き合いがはじまれば新たな悩みが増えるものです。中でも、年下彼氏と付き合っている女...
恋バナ調査隊 2021-08-11 06:00 ラブ
男性に思わせぶりな態度を取る女性の心理&上手に付き合うコツ
 思わせぶりな態度を取る女性に、イライラしてしまった経験がある女性も多いでしょう。中には悪気がない人もいるようですが、身...
恋バナ調査隊 2021-08-10 06:00 ラブ
遊び人を好きになったら…4つの対処方法&本気にさせる方法
 恋に落ちる瞬間は、本当に一瞬のこと。「この人はダメ」と頭でわかっていても、一度恋に落ちてしまえば、心が言うことを聞かな...
恋バナ調査隊 2021-08-10 06:00 ラブ
男友達と彼氏の違いを見極めるボーダーライン&付き合い方
 異性との付き合いは、大きく分けると「男友達」or「彼氏」の二つに分かれます。しかし、中には異性となると一色単に考えてし...
恋バナ調査隊 2021-08-09 06:00 ラブ
真似できる♡倦怠期がないカップルの共通点6つ&乗り越え方
 好きな人と交際できても、いつまでもラブラブな状態が続くとは限りません。多くのカップルは、倦怠期を経験しているでしょう。...
恋バナ調査隊 2021-08-08 06:00 ラブ
不倫相手の妻から届いた…青ざめるほど恐ろしい報復LINE5つ
 道ならぬ恋だということはわかっているけど、好きになってしまうとなかなか抜け出せない女性が多い不倫。でも、「きっとバレな...
恋バナ調査隊 2021-08-07 06:00 ラブ
根拠のない自信にうんざり…口先だけの妻に心底呆れる男性
「冷酷と激情のあいだvol.50〜女性編〜」では、新婚の夫から愛されていないと不満を抱く女性の苦悩をご紹介しました。では...
並木まき 2021-08-07 06:01 ラブ
愛されていない?新婚なのに文句ばかりの夫に心を痛める女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-08-07 05:57 ラブ
男性から告白してほしい…男性が決意する瞬間&アピール方法
 気になる男性との距離が縮まると、「彼から告白してほしいなぁ」と、心待ちにしている女性も多いのではないでしょうか。そこで...
恋バナ調査隊 2021-08-06 06:00 ラブ
“恋愛したいけど怖い”と思ってしまう5つの原因&抜け出す方法
 恋愛の仕方は誰かに教わるわけではありませんが、自然と恋に落ち、恋人との時間を楽しんでいる人は多くいます。しかし、中には...
恋バナ調査隊 2021-08-06 06:00 ラブ
夫と入籍し続ける意義を見つけられなくなった女性が選んだ道
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-08-06 06:00 ラブ
“本当の恋”と男性が感じる5つの瞬間&そう思わせるテクニック
 好きな男性から好意を抱かれるのは嬉しいことですが、相手が本気で思ってくれていなければ意味がありません。実は、男性は女性...
恋バナ調査隊 2021-08-05 06:00 ラブ